2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2017.05.29 (Mon)

たたききゅうりの一味レモン昆布茶和え

一味昆布茶 大
味をしみ込ませやすくするため「きゅうり」を麺棒でたたき、一味唐がらし、レモン汁、胡麻油、昆布茶で味を調えました。ほど良い辛味、さわやかな風味、うま味が合わさった和え物です。さっぱりしたきゅうりの食感、ピリ辛でしっかりした味付けでお箸も進みます。昆布茶は100均で購入したので、うまくて家計にも優しい一品です。初夏のおつまみにピッタリ♪ 一度試してみて下さいね~。

【材料(二人分)】
・きゅうり1本
一味昆布茶 材料 一味昆布茶 調味料
<たたききゅうりの一味レモン昆布茶和え 調味料>
・一味唐がらし適量 ・胡麻油小さじ1 ・レモン汁小さじ2 ・昆布茶小さじ1

【作り方】
1.きゅうりに味がしみやすいよう、すりこぎや麺棒、または包丁の背でたたいて
  から乱切り、または食べやすい形に切ります。
一味昆布茶 調理① 一味昆布茶 調理②
2.ボウルにたたききゅうりを入れ、胡麻油、レモン汁、昆布茶、一味唐がらしを加え
  て混ぜます。15~20分ほど置いて味をなじませ、器に盛り付け出来上がりです。

一味昆布茶 B
たたききゅうりの一味レモン昆布茶和えが出来上がりました。さわやかでちょっとピリ辛、うま味がしっかりした歯ざわり楽しめます。副菜、箸休め、お酒の肴として、ぜひぜひ味わってみて下さいね~♪
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:38  |  おうちのみ大使  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.28 (Sun)

三つ葉のおひたし<かつお風味の小鉢>

三つ葉のおひたし 大
香り野菜の三つ葉をおひたしでいただきました~。定番副菜ですが、三つ葉の香りと歯ざわりがしっかり味わえます。さっと下ゆでした三つ葉をお出汁と和の調味料で和え、仕上げにかつお節を添えるだけでカンタンに出来ます。暑さが厳しくなってくると、さっぱりした副菜が食べたくなりますよね。風味、歯ざわりが楽しめる三つ葉のおひたし、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・三つ葉2パック  ・かつお節適量
三つ葉おひたし 材料① 三つ葉おひたし 材料②
<おひたし 調味料>
・お出汁大さじ1  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん小さじ2

【作り方】
1.三つ葉は根元を切り落とし、熱湯でさっと下ゆでして冷水に放ち、水気を切って
  食べやすい長さに切ります。
三つ葉おひたし 調理① 三つ葉おひたし 調理②
2.ボウルか器に<おひたし 調味料>を入れて混ぜます。

3.ボウルに三つ葉と<おひたし 調味料>を入れて混ぜます。
三つ葉おひたし 調理③ 三つ葉おひたし 調理④
4.器に盛り付け、かつお節を添えて出来上がりです。

三つ葉のおひたし B
さわやかな香りの三つ葉のおひたしが出来上がりました~。調理時間がない場合は、調味料に麺つゆを使うとカンタンに出来ます。小鉢に盛り付け、お酒の肴として味わうのもおすすめです~♪
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:40  |  おうちのみ大使  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.26 (Fri)

レタスと塩昆布のサラダ<オリーブオイル和え>

塩昆布レタス 大
シャキッとした歯ざわりが美味しいレタスをサラダでいただきました~。味付けはうま味とほど良い塩分がきいた塩昆布とオリーブオイルだけです。オリーブオイルと塩昆布、意外な組み合わせと思われるかも知れませんが、昆布のうま味がオイルと合わさって、風味がグッとアップします。他の調味料は加えなくてもOKです。ぜひぜひ、うま味とコクかせ味わえるサラダを試してみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・レタスの葉適量  ・お好みできゅうり1/3本ぐらい
塩昆布レタス 材料① 塩昆布レタス 材料②
<レタスと塩昆布のサラダ 調味料>
・塩昆布適量 ・オリーブオイル適量

【作り方】
1.レタスは食べやすい大きさに切るか、手でちぎって冷水に漬けてシャキッとさせます。
  きゅうりは斜め切りにしてレタスと一緒に冷水に漬けます。
塩昆布レタス 調理① 塩昆布レタス 調理②
2.ボウルに水気を切ったレタスときゅうりを入れ、塩昆布とオリーブオイルを加えて
  さっと混ぜ、10分ほど置いて器に盛り付けて出来上がりです。

塩昆布レタス B
さっぱりした中にうま味を感じさせるサラダが出来上がりました~。召し上がる直前に塩昆布とオリーブオイルを加えるとシャキッとした歯ざわりが楽しめます。少し時間が経つと、しっとりした歯ざわりのサラダになりますよ~♪
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:43  |  おうちのみ大使  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.24 (Wed)

おろしきゅうりとみょうがの冷奴<映える緑>

みどり奴 大
暑さとともに冷奴の季節を迎えましたね。初夏から夏にかけての定番副菜、冷奴に緑色が鮮やかに映える「おろしきゅうり」、さわやかな風味の「みょうが」を添えていただきました。きゅうりをすりおろし、みょうがを千切りにしてのせるだけの簡単・超速で出来る一品です。涼しげな色合いが食欲をそそりますよ~。この時期のお酒の肴にもぴったりです。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・豆腐(絹ごし、または木綿豆腐)1/2丁 ・きゅうり1/2本 ・みょうが1/2個
みどり奴 材料① みどり奴 材料②
<調味料>
・ポン酢醤油、または醤油適量

【作り方】
1.きゅうりをすりおろし、水気をしっかり切ります。
みどり奴 調理① みどり奴 調理②
2.みょうがは千切りにします。

3.器に食べやすい大きさに切った豆腐を盛り付け、おろしきゅうりとみょうがを
  のせます。ポン酢醤油、または醤油をかけて出来上がりです。

みどり奴 B
さっぱりした冷奴にひと手間をかけた一品が出来上がりました~。いつもの冷奴と違う出来上がりにサプライズ(笑)副菜としても、またビール(お酒)のおつまみとしてもおすすめです~♪
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  おうちのみ大使  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.05.20 (Sat)

ナスと舞茸の揚げ浸し<胡麻油の風味でうまコク>

ナスと舞茸の揚げ浸し 大
柔らかさを増してきたナス、香りきのこの舞茸を揚げ浸しでいただきました~。ナスを油で揚げるとコクが加わり、美味しさが引き立ちます。肉厚の舞茸も油を通すとうま味が感じられます。漬けダレは醤油、酢などの調味料に胡麻油を加え、しっかりした風味に仕上げました。具材2品のシンプルな揚げ浸しですが、ご飯にもお酒にもぴったりの一品です。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・長ナス2個  ・舞茸1パック  ・お好みで青ねぎ適量
ナスと舞茸の揚げ浸し 材料① ナスと舞茸の揚げ浸し 材料②
<ナスと舞茸の揚げ浸し お出汁と調味料>
・お出汁150cc ・醤油大さじ2と1/2 ・酒大さじ1 ・みりん大さじ1 ・酢大さじ3
・胡麻油小さじ1

【作り方】
1.ナスはガク(へた)を落として縦半分に切り、お好みで格子の切り込みを入れて
  から水に放って10分ほど漬け、アクを抜きます。
ナスと舞茸の揚げ浸し 調理① ナスと舞茸の揚げ浸し 調理②
2.舞茸は食べやすい大きさに裂きます。

3.手鍋に<ナスと舞茸の揚げ浸し お出汁と調味料>を入れ、ひと煮立ちさせ、
  火を止めてボウルに移し、漬けダレを用意します。
ナスと舞茸の揚げ浸し 調理③  ナスと舞茸の揚げ浸し 調理⑤
4.水気をふいたナスを170℃ぐらいの揚げ油に入れて素揚げします。

5.続いて舞茸を揚げます。揚がればナス、舞茸の油を切ります。
ナスと舞茸の揚げ浸し 調理④ ナスと舞茸の揚げ浸し 調理⑥
6.ボウルにナス、舞茸を入れてタレの味をしみ込ませます。15分ぐらい置いて器に
  盛り付け、漬けダレをかけます。お好みで斜め切りした青ねぎを添えて出来上が
  りです。タレは薄味なので、お好みで調えて下さい。 

ナスと舞茸の揚げ浸し 拡大
ナスと舞茸の揚げ浸しが出来上がりました~。ナスに格子の切れ目を入れて素揚げにすると彩りがはっきり出て、見た目も楽しめます。舞茸の歯ざわりもバッチリです~♪

ナスと舞茸の揚げ浸し B
身がトローと柔らかくなったナスに胡麻油の風味がきいた漬けダレがしみてお箸が進みます~。ビールなどのお酒にもピッタリの一品です。初夏の和風おつまみとして、おすすめです~♪
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


副菜の一品目は「春キャベツとわかめのからし酢味噌掛け」です。
春キャベツ酢味噌 大

【材料(二人分)】
・春キャベツ1/8個 ・わかめ適量 ・きゅうり5cmぐらい
春キャベツ酢味噌 材料 春キャベツ酢味噌 調味料
<春キャベツとわかめのからし酢味噌え 調味料>
・からし酢味噌(市販)適量

【作り方】
1.キャベツはザク切り、きゅうりは縦半分に切ってから斜め切りにします。生わかめは
  食べやすい長さに切ります。乾燥わかめは水で戻してから食べやすい長さに切ります。
2.器にキャベツ、わかめ、きゅうりを盛りつけ、市販のからし酢味噌をかけて出来上がりです。

春キャベツ酢味噌 B
みずみずしくて甘味のある春キャベツ、磯の風味豊かなわかめのからし酢味噌掛けが出来上がりました~。ほんのりつ~んとくるからし酢味噌は美味しさがあとをひく一品です。旬の副菜、お酒の肴にぴったりです~♪

主菜は「アジのフライ<フレンチハーブ風味>」です。
アジフライ 大
初夏から夏が旬のアジ(鯵)をフライでいただきました~。サイズは小さいものの、しっかりした味わいのアジに塩、胡椒とタイム、スイートバジルなどがブレンドされたGABANオリジナルの「フレンチハーブミックス」をふって下味をつけ、カラッと揚げました。旬のアジは甘味もあり、身体に良い栄養素がバランスよく含まれています。フレンチハーブの風味がアジの美味しさを引き立ててくれますよ~♪

【材料(二人分)】
・小アジ6尾 ・お好みの付け合わせ野菜
・フライ衣(小麦粉適量、溶き卵1/2個、パン粉適量)
アジフライ 材料 アジフライ 調味料
<アジのフライ 下味調味料>
・GABANフレンチハーブミックス適量  ・塩、胡椒適量

【作り方】
1.アジ(鯵)はエラとゼイゴを取り、お腹に切り込みを入れて内臓を取り出し、
  流水で全体をキレイに洗ってから水気をふきます。
アジフライ 調理① アジフライ 調味料②
2.アジに下味調味料をふります。

3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
アジフライ 調理③ アジフライ 調理④
4.油温を170度ぐらいに熱し、アジを入れてきつね色に揚げます。揚げたアジの油を
  切り、お好みの付け合わせ野菜とともに盛り付けて出来上がりです。そのまま召し
  上がれますが、お好みでソースをかけてもOKです。
  
アジフライ B
ハーブの風味をきかせたアジのフライが出来上がりました~。サクサクした衣と身のうま味がたまりません~。ご飯にもお酒にも合うハーブフライ、おすすめです~♪
GABANフレンチハーブミックス 説明用写真
GABANフレンチハーブミックス<フリーズドライ>はタイム、スイートバジル、パセリ、タラゴン、チャイブをGABANオリジナルでミックス。スパイス初心者の方におすすめです~。家庭で手軽にフレンチテイストを楽しみたい時に便利です。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  おうちのみ大使  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
<<PREV  | ホーム |  NEXT>>