FC2ブログ
  • スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • じゃがいもとソーセージのオープンオムレツ<簡単>
    じゃがいものオープンオムレツ 大
    じゃがいも、ソーセージ、玉ねぎを炒め、アスパラと一緒にふわふわ卵にのせてオープンオムレツでいただきました~。卵は巻かないので作り方が超ラクラクです。ホクホクしたじゃがいもと相性の良いソーセージや玉ねぎなど、ボリューム感もしっかり味わえます。彩り良く仕上がるオープンオムレツは一人でも、家族全員でも楽しめる優しい味わいの一品です。ぜひぜひ、試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも(小)2個  ・玉ねぎ1/4個  ・ソーセージ適量  ・アスパラ2本
    ・塩、胡椒適量  ・お好みでパセリ(またはチャービル)のみじん切り適量
    じゃがいものオープンオムレツ 材料① じゃがいものオープンオムレツ 材料②
    <じゃがいものオープンオムレツ 卵液と調味料>
    ・卵(M)3個  ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.じゃがいもは皮をむき、2cm角ぐらいの大きさに切って水にさらしアクを取ります。
      玉ねぎはじゃがいもと同じ大きさの角切り、ソーセージは斜め半分に切ります。
      アスパラは下ゆでして冷水にとり、水気を切って4~5cmの長さに切ります。
    じゃがいものオープンオムレツ 【下準備】① じゃがいものオープンオムレツ 【下準備】②
    2.じゃがいもは下ゆでするか、レンジ調理で型崩れしない柔らかさにしておきます。

    【作り方】
    1.ボウルに卵を割り入れ、軽く塩、胡椒をふって溶きほぐし、卵液を用意します。
    じゃがいものオープンオムレツ 調理① じゃがいものオープンオムレツ 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、じゃがいも、玉ねぎ、ソーセージを入れて
      中火で炒め合わせます。全体にオリーブオイルがなじんだら軽く塩、胡椒で
      味を調え、さっと炒めて別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして、再度オリーブオイルを熱して卵液を流し入れ、
      中火でかき混ぜながら半熟状にします。
    じゃがいものオープンオムレツ 調理③ じゃがいものオープンオムレツ 調理④
    4.具材半熟卵の上にのせます。火加減を弱火にして蓋をして2分ぐらい蒸し焼きにします。

    5.アスパラをのせて蓋をかぶせ、2分ほど蒸し焼きにします。
    じゃがいものオープンオムレツ 調理⑤ じゃがいものオープンオムレツ 調理⑥
    6.火を止め、食べやすい大きさに切ってから器に盛り付けます。お好みで
      パセリ(またはチャービル)のみじん切りをふって出来上がりです。

      お好みでトマトケチャップをかけて召し上がって下さい。
      小さめのフライパンのほうが卵の厚みが出ます。
     
    じゃがいものオープンオムレツ 拡大
    焼き上げ中の写真はこちらです。のせる具材のうま味と食感が楽しめるオープンオムレツ、彩りも映えるのでフォークが進みます~。ソーセージの代わりにベーコンを使ったり、アスパラの代わりにピーマンやパプリカを使うなど、お好みの具材と組み合わせて下さいね♪

    じゃがいものオープンオムレツ B
    具材を卵で包んだり、スパニッシュ(スペイン風)オムレツのように両面を焼いたりしないので、簡単に出来上がります。じゃがいものホクホク感、ソーセージのうま味、玉ねぎやアスパラの甘味などがふんわり卵とからみあって止まりません~♪

    副菜の一品目は「春キャベツのペハーソテー<材料一つ、調味料一つ>」です。
    春キャベツ 大
    【材料(二人分)】
    ・春キャベツ適量
    春キャベツ 材料 春キャベツ 調味料
    <アスパラとソーセージの炒め物 調味料>
    ・ハウス香りソルト<4種のペバーミックス>適量

    【作り方】
    1.春キャベツは4cm角ぐらいのザク切りにします。
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、春キャベツをさっと炒めます。春キャベツ
      にオイルがなじんだら、香りソルト<4種のペパーミックス>で味を調え、火を
      止めて器に  盛り付けて出来上がりです。

    春キャベツ B
    材料一つ、調味料一つで作る春キャベツのペハーソテーが出来上がりました~。旬のみずみずしい春キャベツの美味しさが楽しめます。ほど良いペパーの辛味が甘いキャベツにぴったりです。ぜひぜひ、一度召し上がってみて下さいね~♪
    ハウス香りソルト<4種のペパーミックス>説明用写真
    味付けに使った香りソルト<4種のペパーミックス>は、ブラックペパーのきりりとした辛味を中心に、グリーンペパー、ピンクペパー、レッドペパーがブレンドされています。これ1本でお料理がスパイシーで、カラフルな仕上がりになります。

    もう一品は「きゅうりとカ二カマのサラダ<レモンマヨ醤油ドレッシング>」です。
    カ二カマきゅうり 大
    さっぱりしたきゅうり、うま味のあるカ二カマを使ってサラダを作りました。今回のドレッシングはオリーブオイル、レモン汁、マヨネーズ、醤油の組み合わせです。細切りにしたきゅうりと食べやすく裂いたカ二カマにコクのあるドレッシングがぴったり合います。身近な食材と調味料でカンタンに出来るのがうれしい一品です。さわやかで風味豊かなサラダを、ぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・きゅうり1/2本 ・カ二カマ(フレークタイプ)70gぐらい
    カ二カマきゅうり 材料 カ二カマきゅうり ドレッシング
    <レモンマヨ醤油ドレッシング 調味料>
    ・レモン汁小さじ2 ・オリーブオイル大さじ1 ・マヨネーズ大さじ1  ・醤油小さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<レモンマヨ醤油ドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    2.きゅうりは斜め切りにしてから細切り、カ二カマは食べやすい太さに裂きます。

    【作り方】
    1.ボウルにきゅうり、カ二カマを入れます。
    カ二カマきゅうり 調理① カ二カマきゅうり 調理②
    2.<レモンマヨ醤油ドレッシング 調味料>を加えて混ぜあわせ、器に盛りつけて
      出来上がりです。

    カ二カマきゅうり B
    きゅうりとカ二カマのサラダが出来上がりました~。きゅうりのシャキッとした食感、カ二カマのうま味とドレッシングの相性がバッチリです~。彩りもキレイに仕上がるので、お弁当のサラダとしてもおすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮<ひと味違う肉じゃが>
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 大
    柔らかい新じゃがをカラッと素揚げし、豚こま(豚こま切れ肉)、にんじん、玉ねぎと一緒に煮物でいただきました。定番の肉じゃがとは違う香ばしい皮の食感、中はホクホクしたじゃがいもの歯ざわりが楽しめます。豚こまは下ゆでしてから具材と煮るとに煮汁が濁らず、すっきりした味わいの煮物に仕上がります。じゃがいもを揚げるとコクと甘味が増します。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・新じゃが(小)8~10個 ・豚こま120g ・にんじん1/2本 ・玉ねぎ1/2個
    ・お好みでスナップエンドウ(またはきぬさや、インゲン)適量
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 材料① 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 材料②
    <揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 お出汁と調味料>
    ・お出汁400cc ・酒大さじ2 ・みりん大さじ1 ・砂糖大さじ1 ・薄口醤油大さじ2

    【下準備】
    1.豚こまは熱湯でさっと下ゆでしてから食べやすいひと口ぐらいに切ります。
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 【下準備】① 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 【下準備】②
    2.新じゃがは皮付きのままタワシ等で全体をキレイに洗います。

    【作り方】
    1.新じゃがを半分に切ります。大きい新じゃがならば、ひと口ぐらいに切ります。
      じゃがいもを切った後、4~5分間水に放ち、表面のでんぷん質を取ります。
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理① 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理②
    2.玉ねぎは櫛形、にんじんは輪切り(または半月)にします。

    3.新じゃがの水気をキッチンペーパーでふき取り、170度ぐらいの油温で揚げます。
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理③ 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理④
    4.新じゃががカラッと揚がれば油をしっかり切ります。

    5.鍋に<揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 お出汁と調味料>を入れて煮立て、
      にんじん、玉ねぎを入れて5分ぐらい煮ます。
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理⑤ 揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 調理⑥
    6.揚げた新じゃがを加え、お出汁と調味料がしみるまで7~8分煮ます。火を止め
      器に盛り付けます。お好みで下ゆでしたスナップエンドウを添えて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みに合わせて調えて下さい。  

    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 拡大
    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮が出来上がりました~。新じゃがの優しい味わいとホクホクした食感が楽しめます。肉じゃがの煮崩れたじゃがいもの食感とは違う美味しさが味わえますよ~♪

    揚げじゃがと豚こまのすっきり煮 B
    豚こまのうま味、玉ねぎとにんじんの甘味もたまりません~。揚げるひと手間がかかりますが、定番の肉じゃがで味わえない美味しさもまた格別です。新じゃがの季節ならではの一品をぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

    副菜の一品目は、「春わかめとちくわの酢の物<さっぱり♪>」です。
    わかめちくわ 大
    【材料(二人分)】
    ・生わかめ、または乾燥わかめ適量  ・ちくわ1~2本
    わかめちくわ 材料① わかめちくわ 材料②
    <春わかめとちくわの酢の物 合わせ酢調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・薄口醤油大さじ1/2  ・砂糖小さじ2

    【作り方】
    1.器に<春わかめとちくわの酢の物 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    2.ちくわは4~5㎜幅の小口(輪)切りにします。生わかめならばそのままザク切り、
      乾燥わかめならば水で戻してから水気を切り、長い場合はザク切りにします。
    3.ボウルにわかめ、ちくわ、、<合わせ酢調味料>を入れて混ぜ合わせ、器に
      盛りつけて出来上がりです。

    わかめちくわ B
    旬の柔らかくて風味のしっかりした春わかめ(生わかめ)と竹輪を使った酢の物が出来上がりました~。さっばりした味わいでお箸も進みます。ちくわのうま味とわかめの香りがたまりません~♪

    もう一品は「ブロッコリーとカ二カマのマヨポンサラダ<韓国海苔添え>」です。
    韓国海苔 大
    ホクホクしたブロッコリー、身近な食材のカ二カマを使った副菜のご紹介です~。味付け(ドレッシング)はシンプルにマヨネーズとポン酢だけ♪ 今回は胡麻の風味とほど良い塩加減が美味しい韓国海苔を添えました。カンタン、時短で出来てしっかりした味わいが楽しめます。韓国海苔の上にブロッコリーの緑、カ二カマの赤が鮮やかに映える一品です。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・ブロッコリー小房で10個  ・カ二カマ(フレークタイプ)適量  ・韓国海苔適量
    韓国海苔 材料① 韓国海苔 材料②
    <ブロッコリーとカ二カマのマヨポンサラダ ドレッシング調味料>
    ・マヨネーズ大さじ1と1/2  ・ポン酢醤油小さじ2

    【下準備】
    1.ブロッコリーは小房に切り分け、熱湯でさっと下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が
      取れたら水気を切ります。電子レンジで調理してもOKです。
    韓国海苔 調理① 韓国海苔 調理②
    2.器にマヨネーズ、ポン酢醤油を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.サラダ用の器に横半分に切った韓国海苔を敷き、ブロッコリーとカ二カマをのせます。
    2.マヨポンドレッシングをかけて出来上がりです。

    韓国海苔 B
    さっぱりしたブロッコリーとカ二カマのマヨポンサラダが出来上がりました~。胡麻油の風味がきいた韓国海苔と一緒に召し上がるとうま味も加わり、ご飯にもお酒にも合う一品に仕上がりますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 角切りジャーマンポテト<荒挽き黒胡椒風味>
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 大
    定番のじゃがいも料理、ジャーマンポテトの具材の切り方を角切りに変えたアレンジ料理です。具材はベーコン、じゃがいも、玉ねぎに、今回はにんじんも加えて彩り良く仕上げました。小さめの角切りにすることで口あたりが良くなり、均等に火が当たるのでうま味もアップします。ベーコンのうま味、ガーリックの香り、荒挽き黒胡椒のピリッとした辛みがたまりません~♪ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも(大)2個 ・玉ねぎ(小)1個 ・にんじん7~8cm ・ベーコン2~3枚
    ・にんにく1片  ・お好みでGABANパセリ<缶>適量
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 材料② ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 材料① 
    <角切りジャーマンポテト 調味料>
    ・GABANブラックペッパー荒挽適量  ・塩適量

    【下準備】
    1.じゃがいもは泥をタワシなどで洗い流し、皮をむいて食べやすい大きさの角切り
      にしてから水にさらしてアクを取ります。玉ねぎ、にんじんもじゃがいもと同じ大き
      さの角切りにします。
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 【下準備】② ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 【下準備】①
    2.ベーコンはひと口ぐらいの角切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に熱湯を沸かし、にんじん、じゃがいもの順に入れて柔らかく煮てザルに上げます。
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理① ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でにんにくを炒めて香り付けします。

    3.ベーコンを加えて炒め、オイルにうま味を付けてからベーコンは別皿に取ります。
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理③ ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理④
    4.香りとうま味の出たフライパンに玉ねぎを入れて中火で炒めます。

    5.じゃがいも、にんじんを加え、ベーコンを戻し入れて炒め合わせます。
    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理⑤ ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 調理⑥
    6.塩、荒挽き黒胡椒で味を調え、さっと炒めて火を止めます。
      器に盛り付け、お好みでパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め 拡大

    荒挽き黒胡椒の風味がきいた角切りジャーマンポテトが出来上がりました~。ガーリック(にんにく)の風味、ベーコンのうま味、、きりりとした辛味で味わうじゃがいもの美味しさは格別ですよね。ビールにピッタリの一品です~♪

    ベーコンと角切り野菜の黒胡椒炒め B
    今回、バターは使わずオリーブオイルで炒めました。バターのコクには及びませんがヘルシーな油ですっきりした仕上がりが楽しめます。いつもと違う切り方で、食感と具材の美味しさを味わってみて下さいね~♪

    味付けに使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。
    GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真 GABANパセリ<缶> 説明用写真
    仕上げにふっhttp://admin.blog.fc2.com/control.php?mode=editor&process=new#たGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

    汁物は「もやしとしいたけのスープ」です。
    しいたけともやしのスープ 大
    【材料(二人分)】
    ・もやし1/2袋  ・生しいたげ2個  ・豆腐1/4丁  ・にんじん1/4本
    ・お好みで青ねぎ適量

    <もやしとしいたけのスープ 水と調味料>
    ・水500cc  ・顆粒のヴィヨンスープ小さじ2位  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.生しいたけとにんじんは薄切りにします。もやしは可能であればひげ根を取ります。
      豆腐は小さめの角切りにします。
    2.鍋に水ヴィユンスープを入れて煮立て、生しいたけ、もやし、豆腐、にんじんを煮ます。
    3.具材に火が通れば、塩、胡椒で味を調えます。さっと煮立てて火を止め、器に注いで
      出来上がりです。

    しいたけともやしのスープ B
    さっぱりした野菜と豆腐のスープが出来上がりました~。身近でシンプルな具材ですが、身体に優しいヘルシーなスープです。すっきりした味わいが楽しめますよ~♪

    副菜は「鶏ささみのサラダ<すり胡麻ドレッシング>」です。
    ささみサラダ 大
    鶏のささみをレンジ調理で火を通し、身近な野菜と一緒にすり胡麻ドレッシングのサラダでいただきました。ドレッシングの調味料は白煎りすり胡麻、胡麻油、鶏がらスープ(顆粒)、醤油です。ヘルシーな鶏ささみに、胡麻の風味と鶏がらスープのうま味とコクがきいてさっぱり♪キャベツやきゅうりなどの野菜との相性もバッチリです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏ささみ2本 ・キャベツ1/8個 ・きゅうり1/3本 ・パプリカ(赤)1/6個
    ささみサラダ 材料① ささみサラダ 材料②
    <すり胡麻ドレッシング 材料と調味料>
    ・白煎り胡麻大さじ1と1/2  ・胡麻油大さじ1  ・醤油小さじ2
    ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々

    <鶏ささみ 下味調味料>
    ・酒小さじ2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.鶏ささみをレンジスチーマー(シリコンスチーマー)に入れ、酒、塩・胡椒をふって
      レンジで火を通します。耐熱皿に入れ、ラップをかけて調理してもOKです。
    ささみサラダ 調理① ささみサラダ 調理2
    2.ボウルか器に<すり胡麻ドレッシング 材料と調味料>を入れて混ぜます。

    3.ボウルに粗熱を取ってひと口ぐらいに切るか、手で裂いた鶏ささみ、細切りに
      したキャベツ、きゅうり、パプリカ(赤)を入れます。
    ささみサラダ 調理③ ささみサラダ 調理④
    4.<すり胡麻ドレッシング>を加えて混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

    ささみサラダ B
    胡麻の風味でいただく鶏ささみのサラダが出来上がりました~。ささみの柔らかさとさっぱりした味わいがたまりません~。レンジ調理で火を通すのでカンタンに出来るのもうれしい一品です~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • じゃがいもと枝豆コーンのガレット<旬の味わい>
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 大
    じゃがいものガレットに夏野菜の枝豆とフレッシュコーン(とうもろこし)を加えてフライパンで焼き上げました。ホクホクしたじゃがいもに枝豆とコーンの甘み、チーズのうま味とコクがたまりません~。いつもとひと味違う枝豆とコーンの美味しさが楽しめる一品です。冷たいビール、ワインとの相性もバッチリ♪ぜひぜひ、この時期ならではの優しい味わいを試してみて下さいね~。

    【材料 (フライパン1枚分)】
    ・じゃがいも(大)1個   ・枝豆(さや付きで)80~100g位  ・とうもろこし(生)1/3本
    ・溶けるスライスチーズ1枚(またはとけるチーズ適量)  ・塩適量
    ・GABANホワイトペパー<パウダー>適量
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 材料① じゃがいも枝豆コーンのガレット 材料②

    【下準備】
    1.とうもろこし(コーン)にラップをかけ、600Wの電子レンジで4分加熱します。
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 【下準備】① じゃがいも枝豆コーンのガレット 【下準備】②
    2.枝豆は熱湯で5~6分ほど塩ゆでして、粗熱を取ります。

    【作り方】
    1.レンジから取り出したとうもろこし(コーン)の粗熱が取れたら、包丁で芯から
      実をこそげるように切り取り、ほぐします。
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理① じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理②
    2.じゃがいもは皮をむいて細切りにします。じゃがいもは水にさらさず、そのまま
      使います。水にさらすとじゃがいものでんぷん質が流失してくっつかなくなります。

    3.ボウルにじゃがいも、さやから取り出した枝豆、とうもろこし(コーン)を入れます。
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理③ じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理④
    4.拍子切りにした溶けるスライスチーズ、塩、胡椒を入れて全体を混ぜます。

    5.フライパンにオリーブオイルを熱し、じゃがいもの片面を焼きます。焼くときは、
      じゃがいもがくっつくようにヘラなどで上から押さえながら焼きます。
    じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理⑤ じゃがいも枝豆コーンのガレット 調理⑥
    6.じゃがいもが透き通って、しっかり焼き色がつけばフライ返し、お皿を使って裏返
      します。器に盛り付け、食べやすい大きさに切って出来上がりです。
      お好みでパセりのみじん切り、ケチャップ等を添えます。

    じゃがいも枝豆コーンのガレット 拡大
    甘みのある枝豆、とうもろこし(コーン)とじゃがいもの相性がバッチリのチーズガレットを焼き上げ中の写真です。具材を用意し、あとは混ぜて焼くだけでカンタンに出来上がります。旬の野菜を味わう洋風料理、おすすめです~♪

    じゃがいも枝豆コーンのガレット B
    お酒の肴、おやつ、朝ごはん、メインディッシュ、いろいろな場面で活躍してくれるガレットは美味しいですよね。ガレットとはフランスの料理、菓子の呼び名で、「円く薄いもの」を意味しますが、一般的には「そば粉」を使ったガレットを指すことが多いです。今回のように、 じゃがいもを細切り、または薄くスライスしてから円形にまとめて焼いた料理は「じゃがいものガレット」と呼ばれています。
    GABANホワイトペパー 説明用写真
    ガレットの味付けに使ったGABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    メインはおつまみメニューにもおすすめの「鰹のたたき♪おろし添え」です。
    かつおのたたき 大
    【材料(二人分)】
    ・鰹のたたき(市販)1/2柵位  ・大根おろし適量  ・おろししょうが適量
    ・お好みで大葉2枚  ・ポン酢醤油適量

    【作り方】
    1.鰹のたたきは焼き目(皮目)を上にして、1cm位の厚さに切ります。
    2.大葉を敷いた器にたたきを盛り付け、水気を切った大根おろしをのせます。
      大根おろしの上におろししょうがを添え、ポン酢醤油をかけて出来上がりです。

    かつおのたたき B
    大根おろしを添えた鰹のたたきが出来上がりました~。定番の薬味でいただくたたきも大好きですが、大根おろしとおろししょうがも合いますね。定番とはひと味違うさっぱり感が楽しめる一品です~♪

    もう一品は「タコとオクラの梅かつお和え<ほど良い酸味>」です。
    タコとオクラの梅かつお和え 大
    ぶつ切りにしたタコ、旬のオクラを和え物でいただきました。味付けはほど良い酸味の梅肉、身近な調味料の麺つゆとかつお節です。梅干しをたたいて(みじん切り)にして麺つゆと混ぜ、タコ、オクラ、かつお節と一緒に和えました。タコの歯ざわり、オクラの粘りのある食感と梅かつおの相性もバッチリです。風味が良くてお箸も進みますよ~♪

    【材料 (二人分)】
    ・タコの足1~2本  ・オクラ4本  ・かつお節適量

    <タコとオクラの梅かつお和え 調味料>
    ・梅肉(梅干しのみじん切り)中サイズの梅干し1個  ・麺つゆ適量

    【下準備】
    1.梅干の種を取り出し、皮は細かくみじん切りにして身と混ぜ合わせます。
    2.器に梅肉と麺つゆを入れて混ぜ、合わせ調味料を用意します。

    【作り方】
    1.タコの足は食べやすいひと口位の大きさに切ります。
    タコとオクラの梅がつお和え 調理① タコとオクラの梅がつお和え 調理②
    2.オクラに少量の塩をまぶし、板ずりして表面のうぶ毛を取り除きさっと洗います。
      熱湯で下ゆでしてから冷水に取り、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。

    3.ボウルにタコ、オクラを入れます。
    タコとオクラの梅かつお和え 調理③ タコとオクラの梅かつお和え 調理④
    4.かつお節、<梅かつお和え 調味料>を加えて混ぜます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    タコとオクラの梅かつお B
    さわやかな梅肉とかつお節の風味をきかせた和え物が出来上がりました~。梅肉はチューブタイプのねりスパイスでもOKです。カンタンに出来て、さっぱりとした味わいがたまりません~。暑い日は特におすすめの一品です~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ハムとじゃがいものカツ<バッター液でカンタン>
    ハムとポテトのカツ 大
    家計に優しい切り落としハムをカツ(フライ)にしていただきました~。いつものハムカツと違うのは、ハムのハムの間にレンジ調理したじゃがいも(ポテト)をはさんで揚げました。ハムとじゃがいもがはがれないようホワイトソースを塗っています。衣はバッター液をくぐらせてからパン粉をつけました。ハムのほど良い塩加減とホクホクしたじゃがいもにサクサク衣、いつもとひと味違うハムカツが楽しめますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・切り落としハム8枚  ・じゃがいも1/2個  ・市販のホワイトソース大さじ2
    ・付け合わせ野菜
    ハムとポテトのカツ 材料① ハムとポテトのカツ 材料②
    <フライ衣>
    ・バッター液【小麦粉大さじ4、水大さじ4、卵1/2個(溶き卵)】 ・パン粉適量

    【下準備】
    1.ホワイトソースを用意します。
      ホワイトソースの代わりに小麦粉大さじ2と水大さじ2を溶いた粉でも可
      その際はじゃがいもに軽く塩、胡椒をふって下さい。
    ハムとポテトのカツ 【下準備】① ハムとポテトのカツ 【下準備】②
    2.バッター液を用意しておきます。

    【作り方】
    1.じゃがいもを半分に切り、皮をむいてハムの形状に合わせて厚さ7mm位の
      半月に切り水につけてアクを取ります。耐熱皿に移してラップをかけ、600W
      の電子レンジで2分ほど加熱します。
    ハムとポテトのカツ 調理① ハムとポテトのカツ 調理②
    2.ハムは半分に切り2枚重ねます。ハムにホワイトソースを適量塗ります。

    3.じゃがいもをのせ、ホワイトソースを塗ります。ソースが多すぎると垂れて
      くるので注意して下さい。
    ハムとポテトのカツ 調理③ ハムとポテトのカツ 調理④
    4.さらにハム(2枚重ね)をのせてサンドします。

    5.バッター液をくぐらせ、パン粉をつけます。
    ハムとポテトのカツ 調理⑤ ハムとポテトのカツ 調理⑥
    6.170度位の油温できつね色になるまでカラッと揚げて出来上がりです。
      ハムとホワイトソースの塩分でソース無しで召し上がれますが、お好みで
      ウスターソース、トマトケチャップ等をかけて下さい。
      
      今回ハムを半月に切りましたが、切らずにそのままレンジ調理したじゃが
      いもをはさんでもOKです。

    ハムとポテトのカツ 拡大
    ハムとじゃがいものカツが出来上がりました~。具材の相性もバッチリです♪サクサク衣でお箸も進みます~。ハムにポテトサラダをはさむカツは一般的ですが、今回のようにハムにはさむとじゃがいも本来の食感が楽しめますよ~。

    ハムとポテトのカツ B
    いつもとひと味違うハムカツ、ご飯にもお酒にも、またお弁当のおかずにもピッタリです。切り落としハムは形状が不揃いですが、価格は圧倒的に安価です。今回のように量を使う料理にはとてもおすすめです~♪

    お汁は「小松菜とみょうがのお味噌汁」です。
    小松菜とみょうがの味噌汁 大

    【材料(二人分)】
    ・小松菜2株  ・みょうが1個  ・豆腐(絹ごし、または木綿)1/2丁
    ・お好みの味噌大さじ2位   ・お出汁500cc
    小松菜の味噌汁 材料① 小松菜の味噌汁 材料②

    【作り方】
    1.小松菜は5cm位の長さに切ります。みょうがは千切りにします。
      豆腐は食べやすい大きさの角切りにします。
    2.鍋にお出汁を入れて中火にかけます。煮立てば弱火にして小松菜、豆腐を
      加えて煮ます。
    3.具材に火が通ればおたまに味噌を入れ、煮汁で溶き伸ばしながら加えます。
      ひと煮立ちさせて火を止め、器に注ぎます。みょうがを添えて出来上がりです。
      味噌の量はお好みで加減して下さい。

    小松菜とみょうがの味噌汁 B
    旬のみょうがを添えたお味噌汁が出来上がりました~。クセの無い小松菜、優しい味わいの豆腐の相性もバッチリです。さわやかなみょうがの風味がたまりません~♪

    副菜は「ほうれん草とにんじんの麺つゆ柚子こしょう和え」です。
    ほうれん草柚子こしょう 大
    ヘルシー野菜のほうれん草とにんじんを麺つゆと柚子こしょで和えました。ピリッとくるさわやかな辛味が具材の美味しさを引き立ててくれます。さっぱりした味のほうれん草にぴったりの味付けです。麺つゆを使うので超速でカンタンに出来上がります。時間のないときの副菜としておすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パック位  ・にんじん5cm位

    <ほうれん草とみょうがの麺つゆ柚子こしょう和え 調味料>
    ・柚子こしょう小さじ1/2位  ・麺つゆ大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.にんじんは細切りにして熱湯でさっと下ゆでして冷水に取り、粗熱が取れ
      たら水気をふきます。
    2.にんじんをゆでた鍋にほうれん草を入れ、さっとゆでて冷水に取り、水気を
      切り、4~5cm位の食べやすい長さに切ります。

    3.ボウルか器に麺つゆと柚子こしょうを入れて混ぜます。
    ほうれん草柚子こしょう 調理① ほうれん草柚子こしょう 調理②
    4.ボウルにほうれん草、にんじん、<ほうれん草とみょうがの麺つゆ柚子こし
      ょう和え 調味料>を入れて和えます。器に盛り付けて出来上がりです。

    ほうれん草柚子こしょう B
    さわやかな柚子こしょうの風味とピリッとした辛味で味わう「ほうれん草とにんじんの和え物」が出来上がりました~。麺つゆを使うので、カンタンに出来る副菜です。いつものおひたしとはひと味違うほうれん草の美味しさが味わえますよ~♪
    ハウス料亭柚子こしょう 説明用写真
    味付けに使ったハウスさんの「料亭柚子こしょう」は四国産の柚子と大分で栽培された青唐辛子原料を使用。素材の味をいかしたうす塩風味。無着色、無香料です。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 新じゃがのジャーマンポテト<カンタンレシピ>
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 大
    旬の柔らかい新じゃが、甘みの強い新玉ねぎにベーコンのうま味を加えたジャーマンポテトを作りました~。今回バターは使わず、ガーリック(にんにく)の風味をつけたオリーブオイルで炒めたヘルシー仕様です。調味料はこれ一本で味付けがビシッと決まるハウス香りソルト<4種のペパーミックス>だけ♪旬の食材の美味しさが味わえる一品が出来上がりました~。

    【材料(二人分)】
    ・新じゃがいも(中)3個  ・新玉ねぎ1/2個  ・ベーコン3枚
    ・にんにく1片  ・お好みでGABANパセリ(フリーズドライ)適量
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 材料① 新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 材料②
    <新じゃがのジャーマンポテト 調味料>
    ・ハウス香りソルト<4種のペパーミックス>適量

    【下準備】
    1.新じゃがいもは泥をタワシなどで洗い流し、皮付きのまま6~7mm位の厚さ
      の半月に切り、水にさらしてアクを取ります。熱湯で下ゆでするか、レンジ
      調理に火を通し、粗熱を取ります。
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 【下準備】① 新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 【下準備】②
    2.新玉ねぎは5mm幅位の薄切り、ベーコンは食べやすい大きさに切ります。
      にんにくは薄切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを炒めて香り付けします。
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理① 新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理②
    2.ベーコンを加えて炒め、オイルにうま味を付けてからベーコンは別皿に取ります。

    3.新じゃがいも、新玉ねぎを加えて炒め合わせます。
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理③ 新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理④
    4.新じゃがいもの表面にカリッとした焼き色が付けばベーコンを戻し入れて炒めます。

    5.香りソルト<4種のペパーミックス>で味を調え、さっと炒めて火を止めます。
    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理⑤ 新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 調理⑥
    6.器に盛り付け、お好みでドライパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト 拡大
    ガーリック(にんにく)の風味、ベーコンのうま味が、きりりとした辛味で味わう新じゃがと新玉ねぎ、この時期ならではの美味しさです。もちろんビールにはピッタリの一品です~♪

    新じゃがと新玉ねぎのジャーマンポテト B
    ヘルシーに仕上げるため、バターは使わずオリーブオイルで炒めました。ベーコン、じゃがいも、玉ねぎの相性はやはり抜群です~。ホクホクで甘みのある新じゃがいも、ご飯もパンもお酒も進みます~(笑)

    香りソルト<4種のペパーミックス>は、ブラックペパーのきりりとした辛味を中心に、グリーンペパー、ピンクペパー、レッドペパーがブレンドされています。これ1本でお料理がスパイシーで、カラフルな仕上がりになります。
    ハウス香りソルト<4種のペパーミックス> 説明用写真 GABANパセリ<フリーズドライ> 説明用写真
    仕上げにふったGABANパセリ<フリーズドライ>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブ。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

    副菜の一品目は「カ二カマのチーズ磯辺揚げ」です。
    カ二カマ磯辺揚げ 大
    【材料(二人分)】
    ・かにかま6個位  ・粉チーズ適量  ・青海苔適量  ・天ぷら粉適量
    カ二カマ磯辺揚げ 材料 カ二カマの磯辺揚げ 調味料

    【作り方】
    1.市販の天ぷら粉に冷たい水を規定量入れて溶きます。
    2.衣に粉チーズと青海苔を加えてさっと混ぜます。
    3.衣をくぐらせた「かにかま」を170度ぐらいの油温でカラッと揚げて
      出来上がりです。

    カ二カマ磯辺揚げ B
    粉チーズの風味とコク、青海苔の香りがきいた磯辺揚げは食欲をそそりますよね。たまに食べたくなるこの一品、お酒の肴にも、お弁当のおかずにもおすすめの揚げ物です。お箸も進みますよ~♪

    もう一品は『豚こまと茄子の煮物<トロトロの柔らかさ>」です。
    ナス 大
    家計に優しい豚こま(豚こま切れ肉)、身近な食材の茄子を使ってカンタンに出来る煮物を作りました~。茄子にうま味をしみ込ませるのには豚こまがピッタリです。夏秋ナスに比べると煮込むのに少し時間がかかりますが、トロトロになった茄子の優しい味わいが楽しめます。副菜としておすすめの煮物です~♪

    【材料 (二人分)】
    ・茄子(小)3本  ・豚こま(豚こま切れ肉)100g位  ・お好みで三つ葉適量

    <豚こまと茄子の煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁300㏄  ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1  ・醤油大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.茄子は縦半分に切り、水にさらしてアクを取り、お好みで茄子の表面に斜めの
      切り込みを入れます。豚こまは食べやすい大きさに切ります。
    ナス 材料 ナス 調理
    2.鍋に胡麻油を熱し、豚こまを炒めます。火が通れば茄子を加えて軽く焼き色を
      つけます。茄子がしんなりしてきたら、<豚こまと茄子の煮物 お出汁と調味料>
      を入れます。
    3.茄子が柔らかくなるまで煮て火を止め、器に盛り付けます。お好みで三つ葉を
      添えて出来上がりです。

    ナス B
    豚こまと茄子の煮物が出来上がりました~。豚こまから出たうま味がしみた茄子がもう絶妙の味わいです。豚肉と茄子の相性もバッチリですよ~♪ぜひぜひ、味わってみて下さいね~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • からしの風味をきかせたポテトサラダ
    ポテサラパプリカ 大
    ポテトサラダは私のブログで良く登場していますが、作り方を写真で初めて公開します~。我が家のポテトサラダはドレッシングにねりからし(チューブタイプ)を使っています。ピリッとした辛味がじゃがいもなど具材の味を引き締め、風味も味わえるポテトサラダに仕上げます。今回はカイワレを添え、パプリカ<パウダー>をふりました。ぜひ一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・じゃがいも(中)3個  ・きゅうり10cm  ・にんじん5cm  ・玉ねぎ1/8個
    ・ハム3枚、またはベーコン2枚  ・マヨネーズ大さじ3
    ・お好みでパプリカ<パウダー>適量 ・お好みでカイワレ少々

    <ポテトサラダ からしマヨドレッシング>
    ・チューブタイプのねりからし小さじ1 ・オリーブオイル大さじ1/2
    ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.皮をむいたじゃがいもを水でさらしてアクを取り、手鍋に入れてゆでます。
    ポテサラ 調理① ポテサラ 調理②
    2.楊枝がすっと通るようになれば火を止め、木べらでつぶしながら混ぜます。

    3.ボウルか器に<ポテトサラダ からしマヨドレッシング>を入れて混ぜます。
    ポテサラ 調理③ ポテサラ 調理④
    4.4.きゅうりとにんじんは小口切り、玉ねぎは細切りにして、塩少々をふり、
      しんなりすれば水気を絞ります。ハムは拍子切りにします。

    5.じゃがいもの粗熱が取れたらボウルに入れ、きゅうり、にんじん、玉ねぎ、ハムを加えます。
    ポテサラ 調理⑤ ポテサラ 調理⑥
    6.<ポテトサラダ マスタードマヨドレッシング>を回し入れて具材に味を
      なじませてからマヨネーズを加え、全体を混ぜ合わせて出来上がりです。

      ※じゃがいもは皮付きのままゆでてから皮をむき、つぶしても美味しいです。

    ポテサラパプリカ B
    からしの風味をきかせたドレッシングとマヨネーズで作るポテトサラダが出来上がりました~。今回はカイワレを添え、パプリカ<パウダー>を少しふりました。白系のじゃがいもに、赤い色合いが映えますよ~♪
    GABANパプリカ<パウダー> 説明用写真
    GABANパプリカ<パウダー>は辛味がほとんどなく、やや甘酸っぱい香りとほのかな苦みが特徴です。鮮やかな赤色はグラタンやポテトサラダなどの彩りアクセントになります。パプリカの色素は油溶性なので、油を使う料理に加えると色が鮮やかに出ます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • じゃがいものオイスターソース煮<ホクホク♪>
    じゃがいものオイスターソース炒め 大
    小ぶりのじゃがいもを使った料理のご紹介です~。じゃがいもは皮付きのまま下茹でし、軽く炒めてからオイスターソースなどの調味料をからめます。ホクホクしたじゃがいもの食感、うま味とコクのある味わいがおすすめです。オイスターソースがじゃがいもの美味しさを引き出し、ご飯に合う一品に仕上がります。いつもとひと味違う味わいをぜひ試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・小ぶりのじゃがいも12~14個位  ・青梗菜(小)1株
    じゃがいものオイスターソース煮 材料 じゃがいものオイスターソース炒め 調味料
    <じゃがいものオイスターソース煮 水と調味料>
    ・オイスターソース大さじ1  ・水大さじ2  ・醤油小さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・酒大さじ1/2  ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々

    【下準備】
    1.じゃがいもはたわしでこすって良く洗い、大きい物は半分に切ります。
    2.器かボウルに<じゃがいものオイスターソース煮 水と調味料>を入れて混ぜます。
    3.小松菜を縦半分に切り、熱湯で下ゆで(またはレンジ調理)して粗熱を取ります。

    【作り方】
    1.じゃが゜いも熱湯で下ゆでします。楊枝がすっと通ればOKです。
      じゃがいもは耐熱皿に入れてラップをかけ、レンジで火を通してもOKです。
    じゃがいものオイスターソース炒め 調理① じゃがいものオイスターソース炒め 調理②
    2.鍋に油を熱し、ゆでた(あるいはレンジ調理した)じゃがいもを入れて炒めます。

    3.じゃがいもに油がなじんだら、<じゃがいものオイスターソース煮 水と調味料>
      を回し入れて中火で煮ます。
    じゃがいものオイスターソース炒め 調理③ じゃがいものオイスターソース炒め 調理④
    4.調味料が無くなる寸前で火を止め、青梗菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

    じゃがいものオイスターソース炒め 拡大
    じゃがいものオイスターソース煮が出来上がりました~。ホクホクした食感、調味料のうま味とコクがしっかり味わえます。これからが旬の新じゃがいもを使うとさらに美味しい一品がカンタンに出来上がります~♪

    じゃがいものオイスターソース炒め B
    今回は青みとして青梗菜を添えました。地味な色合いのじゃがいもに緑色が映えて、彩りも鮮やかに仕上がります。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    もう一品の野菜料理は「新玉ねぎ(サラダオニオン)とツナのマヨサラダ」です。
    新玉ツナサラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・新玉ねぎ(サラダオニオン)1個  ・ツナ1/2缶位  ・きゅうり1/2本位
    新玉ツナサラダ 材料① 新玉ツナサラダ 材料②
    <新玉ねぎ(サラダオニオン)とツナのサラダ ドレッシング調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・オリーブオイル大さじ1  ・洋からしほんの少々
    ・塩、胡椒適量  ・マヨネーズ大さじ2

    【作り方】
    1.新玉ねぎときゅうりを薄切りにして、冷水にさらしてシャキッとさせます。
    2.ボウルか器に<新玉ねぎとツナのサラダ ドレッシング>調味料を入れて混ぜます。
    3.ボウルに水気を切った新玉ねぎときゅうり、油を切ったツナを入れ、ドレッシングで和
      えて和えます。器に盛り付けて出来上がりです。

    新玉ツナサラダ B
    新玉ねぎときゅうりのシャキシャキ感、ヘルシーなツナのうま味をマヨドレッシングでいただきました。この時期ならではの旬の美味しさが味わえますよ~♪

    主菜(メイン)は「豚こまと玉ねぎの柚子こしょう照り焼き」です。
    豚こま柚子こしょう照り焼き 大
    身近な食材の豚こま(豚こま切れ肉)、玉ねぎ、にんじんを使った炒め物のご紹介です~。味付けは家庭料理の定番調味料「照り焼きダレ」にさわやかな香り立ちがする「柚子こしょう」を加えたタレで仕上げました。うま味のある豚こまを柚子こしょうダレの甘辛さとコクがしっかり引き出してくれます。カンタンに出来て、白ごはんにピッタリのおかずが出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま切れ肉120~160g位  ・玉ねぎ(中)1/2個  ・にんじん5cm位
    ・お好みできぬさや5~6個
    豚こま柚子こしょう照り焼き 材料 豚こま柚子こしょう照り焼き 調味料
    <柚子こしょう照り焼き  タレ調味料>
    ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1/2
    ・ハウス本きざみ粗切り柚子こしょう小さじ2位

    【下準備】
    1.ボウルか器に<柚子こしょう照り焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。
    2.豚こまはひと口大、玉ねぎとにんじんは細切りにします。
      お好みできぬさやを下ゆでしておきます。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、中火で豚こまを炒めて火を通します。
    豚こま柚子こしょう照り焼き 調理① 豚こま柚子こしょう照り焼き 調理②
    2.玉ねぎ、にんじんを加えて炒め合わせます。

      玉ねぎがしんなりしてきたら火を弱め、<柚子こしょう照り焼き  タレ調味料>
      を回し入れます。強火でさっと炒め、照りが出たら火を止めます。器に盛りつけ
      きぬさやをちらして出来上がりです。調味料の分量はお好みで調整して下さい。

    豚こま柚子こしょう照り焼き B
    フライパン一つでカンタンに出来る「照り焼き」は忙しいときのお助けメニューです~。柚子こしょうのさわやかなピリ辛さ、どなたにも好まれる照り焼きダレ、うま味のある「豚こま」の美味しさを手軽に味わえますよ~♪
    ハウス本きざみ粗切り柚子こしょう 写真
    ハウス食品さんの【本きざみ】粗切り柚子こしょうは粗くきざんだ、黄柚子皮の食感と香り立ち、すりおろし青唐辛子の辛さが楽しめます。塩味ひかえめなので、たっぷりとのせて食べられます。無着色です♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 揚げじゃがと豚こまの塩煮<さっぱり♪>
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 大
    小ぶりのじゃがいもをカラッと素揚げし、豚こま(豚こま切れ肉)、玉ねぎ、にんじんと一緒に煮込みました。味付けは顆粒のコンソメスープの風味に、ほんの少し塩を加えたシンプル仕立てです。ホクホクした揚げじゃがの美味しさを塩が引き出し、お箸の進む一品です。揚げたじゃがいもを煮ると甘味が増します。具材の美味しさがストレートに味わえる塩煮、おすすめです~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・じゃがいも(小)6個  ・豚こま(豚こま切れ肉)120g  ・人参(小)1本
    ・玉ねぎ1個  ・お好みの下ゆでした青み適量(今回はきぬさや)
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 材料 豚こまと揚げじゃがの塩煮 材料②
    <揚げじゃがと豚こまの塩煮 水と調味料>
    ・水400㏄  ・顆粒のコンソメスープ小さじ1  ・塩適量

    【下準備】
    1.じゃがいもはたわしでこすって良く洗い、半分(大きい物は4つ切り)に切ります。
      アク抜きをしたじゃがいもの水気をキッチンペーパーでふき取り、揚げ油を170度
      位にしてカラッと素揚げします。
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 【下準備】① 豚こまと揚げじゃがの塩煮 【下準備】②
    2.揚げたじゃがいもの油を切ります。

    【作り方】
    1.にんじんは輪切り、玉ねぎはくし形に切ります。豚こまはひと口大に切ります。
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理① 豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理②
    2.鍋に水と顆粒のコンソメスープを入れて煮立て、煮立てばにんじん、玉ねぎを入れて
      弱火でにんじんが柔らかくなるまで煮ます。
    3.豚こまを加えて火を通します。アクが出るので、小まめに取り除きます。
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理③ 豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理④
    4.揚げじゃがを加えて5~6分煮ます。
    5.味をみて、塩の量で味を調え、ひと煮立ちさせます。
    豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理⑤ 豚こまと揚げじゃがの塩煮 調理⑤
    6.火を止め、器に盛り付けます。お好みで青みを添えて出来上がりです。

    豚こまと揚げじゃがの塩煮 B
    揚げじゃがと豚こまの煮物が出来上がりました~。コンソメスープと塩のさっぱりした味わいが楽しめます。にんじん、玉ねぎ、青みと一緒に煮ると、彩りも鮮やかに仕上がる一品です。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                    ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • じゃがいもとほうれん草のミートソースグラタン
    じゃがいもミートソース 大
    市販のミートソースを使った料理のご紹介です~。今回はじゃがいもとほうれん草を炒め、ミートソースと溶けるチーズをのせてレンジグリルで焼き上げました。ホクホクしたじゃがいもの食感、ヘルシーなほうれん草にうま味のあるミートソースとチーズがからんで絶妙の味わいです。野菜をしっかり摂れて、調理もカンタン。これからの季節にふさわしい熱々の一品が出来上がりました~。

    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも(中)2個  ・ほうれん草1/2パック(約100g)  ・溶けるチーズ適量
    ・市販(レトルト)のミートソース1/2袋(約100g)  ・お好みでパセリのみじん切り適量
    じゃがいもミートソース 材料① じゃがいもミートソース 材料②

    【下準備】
    1.水洗いしたほうれん草を熱湯で下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が取れたら
      水気をしっかり絞って4~5cm位の食べやすい長さに切ります。
    じゃがいもミートソース 【下準備】① じゃがいもミートソース 【下準備】②
    2.じゃがいもの皮をむき、6~7mm位の厚さに切ってから水にさらしてアクを取ります。
      じゃがいもはゆでるか、レンジ調理で火を通します。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、じゃがいもの両面に軽く焼き色がつくまで炒めます。
    じゃがいもミートソース 調理① じゃがいもミートソース 調理②
    2.ほうれん草を加えて炒め合わせ、塩、胡椒(分量外)で味を調えます。
    3.耐熱皿(グラタン皿)に炒めたじゃがいもとほうれん草を入れます。
    じゃがいもミートソース 調理③ じゃがいもミートソース 調理④
    4.ミートソースを全体にかけます。
    5.溶けるチーズをのせてレンジグリル(またはオーブントースター、オープン)に入れて、
      チーズに焼き色を付けて取り出します。
    じゃがいもミートソース 調理⑤ じゃがいもミートソース 調理⑥
    6.お好みでパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

    じゃがいもミートソース 拡大
    じゃがいもとほうれん草のミートソースグラタンの焼き上げている写真です。ビタミンAが豊富なほうれん草、ビタミンCを多く含むじゃがいも、身体に優しい一品です。具材とミートソースの相性がバッチリです~♪

    じゃがいもミートソース B
    市販のミートソースを使えば超速でカンタンにメインの料理が作れます。秋の深まりとともに、身体も気持ちも温まる料理が出来上がりました~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    野菜料理は「リンゴと人参のサラダ」です。
    りんごサラダ 大

    【材料(二人分)】
    ・リンゴ1/2個  ・人参、キャベツ適量

    <リンゴと人参のサラダ ドレッシング調味料>
    ・オリーブオイル大さじ1  ・レモン果汁大さじ1/2  ・酢大さじ1/2
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.器に<リンゴと人参のサラダ ドレッシング調味料>を入れて混ぜます。
    2.リンゴは皮付きのまま細切り、人参、キャベツは細切りにします。
      キャベツは少し塩をふり、しばらくおいて水気を絞ります。
    3.ボウルにリンゴ、人参、キャベツを入れ、ドレッシングを加えて混ぜます。
      器に盛り付けて出来上がりです。  
      
    りんごサラダ B
    リンゴと人参のサラダが出来上がりました~。シャキッとしたしたリンゴの食感、ほど良い酸味、甘みが楽しめます。見た目にもさわやかなサラダ、おすすめです~♪

    もう一品はおつまみメニュー、「鶏皮のはちみつ生姜焼き」です。
    鶏皮しょうが 大
    コラーゲンがたっぷり含まれる鶏皮をカリッと焼き上げ、余分な脂を落としてから生姜焼きでいただきました。今回のタレは砂糖に代えてはちみつを使いました。はちみつを加えることで、マイルドでコクのある生姜焼きが味わえます。鶏皮と甘辛の生姜焼きのタレ、相性バッチリです~。お酒の進む一品が出来上がりました~♪

    【材料(一人分)】
    ・鶏皮3~4枚  ・玉ねぎ1/4個  ・いんげん3~4本

    <鶏皮のはちみつ生姜焼き タレ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・はちみつ大さじ1/2
    ・すりおろし生姜大さじ1

    【作り方】
    1.ボウルか器に<鶏皮のしょうが焼き 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    鶏皮しょうが 調理① 鶏皮しょうが 調理②
    2.フライパンに油は入れずに鶏皮を入れ、中火で皮目から焼きます。に鶏皮から脂が
      出てきます。キッチンペーパーでこまめに脂を取りながらカリカリになるまで焼きます。
      鶏皮の脂を切って、食べやすい大きさに切ります。
    3.フライパンをキレイにして油を熱し、鶏皮、薄切りの玉ねぎ、下ゆでしたいんげんを
      炒めます。
    鶏皮しょうが 調理③ 鶏皮しょうが 調理④
    4.玉ねぎがしんなりしてきたら、<鶏皮のはちみつ生姜焼き タレ調味料>を入れます。
      全体を炒め合わせ、調味料の味がからめば火を止めます。付け合せの野菜と一緒に
      盛り付けて出来上がりです。

      生姜焼きのタレの味付けはお好みで調整して下さい。

    鶏皮しょうが B
    生姜の香り、はちみつのコクが引き立つ鶏皮の炒め物が出来上がりました~。カリカリに焼いた鶏皮にタレがからんでしっとりしています。一緒に炒めた玉ねぎも甘辛で美味しいです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。