2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2017.06.02 (Fri)

鶏むね肉のジューシー唐揚げ<下味におろし玉ねぎ>

胸肉のジューシー唐揚げ 大
ヘルシーな鶏むね肉を唐揚げでいただきました~。下味にすりおろした玉ねぎを加えると、柔らかくてジューシーな唐揚げが楽しめます。玉ねぎの自然の甘味が加わることで、さっぱりした鶏むね肉のうま味が引き出されますよ~。おろししょうが、おろしにんにく、胡麻油など、しっかり下味をつけてカラッと揚げるだけ♪玉ねぎをすりおろすのにひと手間かかりますが、一度試してみて下さいね~。

【材料(二人分)】
・鶏むね肉(大)1枚  ・お好みの付け合わせ野菜  ・片栗粉大さじ3
胸肉のジューシー唐揚げ 材料① 胸肉のジューシー唐揚げ 材料②
<鶏むね肉のジューシー唐揚げ 下味調味料>
・玉ねぎ1/4個  ・酒小さじ2  ・醤油小さじ2  ・胡麻油小さじ2  ・黒胡椒適量
・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・ハウスおろし生にんにく小さじ1/2

【作り方】
1.鶏むね肉をひと口大に切り、ボウルに入れます。
胸肉のジューシー唐揚げ 調理① 胸肉のジューシー唐揚げ 調理②
2.玉ねぎをすりおろし、他の下味調味料を用意します。

3.鶏むね肉に下味調味料を加えて混ぜます。
胸肉のジューシー唐揚げ 調理③ 胸肉のジューシー唐揚げ 調理④
4.片栗粉を加えて混ぜ合わせ、15~20分ほど漬け込みます。

5.油温を中温(170度ぐらい)にして鶏むね肉をカラッと揚げます。
胸肉のジューシー唐揚げ 調理⑤ 胸肉のジューシー唐揚げ 調理⑥
6.油をしっかり切り、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付け出来上がりです。

胸肉のジューシー唐揚げ 拡大
下味におろし玉ねぎを加えた「鶏むね肉の唐揚げ」が出来上がりました~。柔らかくてジューシーな鶏むね肉ならではの美味しさが楽しめます。しっかりした下味は淡白な鶏むね肉にぴったりです~♪

胸肉のジューシー唐揚げ B
外はカリッと、中はジューシーな鶏むね肉の唐揚げ、お酒にもぴったりの一品です。鶏もも肉やささみでも美味しく召し上がれます。お好みの鶏肉を使って、おろし玉ねぎを加えた唐揚げを味わってみて下さいね~♪

下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。
ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウスおろし生にんにく 説明用写真
同じく、ハウスおろし生にんにくはすりおろしたにんにくの風味。素材をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

副菜の一品目は「甘塩鮭ときゅうりの酢の物<みょうが添え>」です。
甘塩鮭 大
【材料(二人分】
・甘塩鮭1枚  ・きゅうり1/2本  ・みょうが1個

<酢の物 合わせ酢>
・酢大さじ1と1/2 ・お出汁大さじ1 ・薄口醤油小さじ1 ・砂糖小さじ1

【下準備】
1.ボウルか器に、<酢の物 合わせ酢>を入れて混ぜます。
2.きゅうりは輪切りにして塩(分量外)少々をふってもみ、10分置いて水気を絞ります。
  みょうがは細切りにします。

【作り方】
1.甘塩鮭は魚焼きグリル、焼き網、レンジグリル等で火を通します。
  焼き上がれば粗熱を取り、骨、小骨等を取り除き、身をほぐします。
甘塩鮭 調理① 甘塩鮭 調理②
2.ボウルにほぐした塩鮭、きゅうり、みょうがを入れ、<合わせ酢>を加えて和え、
  器に盛り付け出来上がりです。合わせ酢はお好みで味を調えて下さい。

甘塩鮭 B
甘塩鮭ときゅうりの酢の物が出来上がりました~。さわやかなみょうがの風味がきいてお箸が進みます。塩鮭が余っているときはぜひぜひ、試してみて下さいね♪

もう一品は「湯引きレタスのオイスターソース風味」です。
湯引きレタス 大
このところ、レタスの価格が安定しているのでうれしいですよね。シャキッとしたみずみずしいレタスをさっとゆで、オイスターソースなどで作った中華風のタレをかけていただきました~。タレの調味料はオイスターソース、鶏がらスープ(顆粒)、胡麻油、砂糖、酒です。生で味わうレタスとはひと味違うシンプルな美味しさが楽しめます。しっかりしたタレで、レタスがいくらでも召し上がれますよ~♪

【材料(二人分】
・レタス1/2玉ぐらい
湯引きレタス 材料 湯引きレタス 調味料
<レタスの湯引き タレ調味料>
・オイスターソース大さじ1  ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々 ・胡麻油小さじ2
・砂糖小さじ1  ・酒大さじ1


【作り方】
1.手鍋に<レタスの湯引き タレ調味料>を入れて煮立て、沸騰したら火を止めます。
湯引きレタス 調理① 湯引きレタス 調理②
2.レタスは食べやすい大きさ(5cm角ぐらい)にちぎります。

3.大き目の鍋にお湯をわかします。沸騰しているお湯の中にレタスを入れます。
湯引きレタス 調理③ 湯引きレタス 調理④
4.20秒ぐらい加熱したら取り出し、水気をしっかり切ってお皿に盛り付けます。
  <レタスの湯引き タレ調味料>を適量かけて出来上がりです。

  時間を置くとレタスが変色するので、ゆでたら直ぐに召し上がって下さい。
  タレは薄味です。お好みで醤油を加えてもOKです。

湯引きレタス B
中華風のタレで味わう湯引きレタスが出来上がりました~。レタスを湯引きする際、熱湯にサラダ油、塩を加える調理方法もありますが、今回はシンプルに何も加えずにゆでました。タレは作らず、そのままオイスターソースをかけて召し上がっても美味しいです。オイスターソースの代わりにポン酢でもOKですよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:38  |  鶏むね肉  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)

Comment

おはようございます。

そして初めまして!

鶏胸肉はパサパサ感があって 敬遠していましたが
おろし玉ねぎを使う事でジューシーに変身するのですね?
ヘルシーでジューシー・・・
ぜひ試してみたいと思います。
圭 |  2017.06.02(金) 06:51 | URL |  [編集]

syu♪さん
おはようございます
鶏むね肉のジューシー唐揚げ
甘塩鮭ときゅうりの酢の物
湯引きレタスのオイスターソース風味
美味しそうです
素晴らしいお料理
献立
丁寧な作り方ありがとうございます。
ryuji_s1 |  2017.06.02(金) 08:25 | URL |  [編集]

こんにちは(*´꒳`*)

鳥むね肉のジューシーからあげ。
見るからに ふっくら♡してるのがわかります。
美味しそう(≧∀≦)
マロンまろん |  2017.06.02(金) 10:26 | URL |  [編集]

はじめまして。

圭さん、はじめまして。

コメント、ありがとうございました。
感謝しております。

おっしゃる通り、鶏胸肉はもも肉に比べると肉のジューシーさが劣りますよね。

今回はすりおろした玉ねぎを下味に加えて揚げてみました。
しっかりした下味をつけて揚げると、柔らかくてジューシー感が楽しめました。

さらに効果を高めるならば、胸肉にフォークで何箇所か穴を開けると玉ねぎが浸透しやすくなると思います。

ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

本日は本当にありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
圭さん |  2017.06.02(金) 11:19 | URL |  [編集]

コメント、ありがとうございました。

ryuji_s1さん、こんにちは~。
コメント、ありがとうございました。
今日も励みになります。

ヘルシーな鶏むね肉を唐揚げでいただきました。
ジューシー感を出すため、今回はすりおろした玉ねぎを加えて揚げました。

しっかりした下味をつけると淡白なむね肉を美味しく召し上がれます。
機会があれば、一度試してみて下さいね。

体調にはくれぐれも気をつけて、良い一日をお過ごし下さい。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
ryuji_s1さん |  2017.06.02(金) 11:24 | URL |  [編集]

こんにちは~♪

マロンまろんさん、こんにちは~♪

さっぱりした鳥むね肉を唐揚げでいただきました~。
しょうが、にんにくなど、いつもの下味に今回はおろし玉ねぎを加えました。

玉ねぎ効果でお肉も柔らかくなり、ジューシーさがアップしたように思います。
ヘルシーなむね肉の唐揚げ、お箸も進みます~☆
マロンまろんさん |  2017.06.02(金) 11:26 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://alldayrecipe.blog.fc2.com/tb.php/2835-d97cc4ff

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |