2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.11.12 (Sat)

里芋の豚汁うどん<豚汁リメイクレシピ♪>

里芋豚汁うどん 大
具だくさんで身体の温まる豚汁(とんじる・ぶたじる)が美味しい季節になってきましたね。本日は汁物の豚汁が余った際のリメイクレシピのご紹介です~。豚汁を作った翌日、麺つゆと水を加え、うどんの汁(つゆ)に仕立てました。豚肉や里芋などのうま味がしみた具材がいっぱい入っているので、うどん麺との相性も抜群です。味噌と麺つゆの風味とコクが合わさった豚汁うどん、一度味わってみて下さいね~♪

【材料二人分)】
・豚汁の残り適量  ・うどん2玉(チルド、または冷凍)  ・麺つゆ適量  ・水適量  
・青ねぎ(まだは長ねぎ)適量  ・お好みでハウス香り七味適量
里芋豚汁うどん 材料① 里芋豚汁うどん 材料②
【豚汁に使った材料と調味料 四人分ぐらい】
豚肉(薄切り) 里芋 大根 人参 ごぼう こんにゃく お揚げ(油揚げ) 
お出汁800~900㏄(4カップ)  味噌大さじ4

【作り方】
1.お好みの具材で豚汁の材料を用意します。
里芋豚汁うどん 調理① 里芋豚汁うどん 調理②
2.具材を煮て、火が通れば味噌を溶き入れ、豚汁を作ります。

3.出来上がった豚汁はそのまま汁物としていただます。
里芋豚汁うどん 調理③ 里芋豚汁うどん 調理④
4.余った豚汁に麺つゆと水を加え、二人分の汁(つゆ)として800~900㏄
  ぐらい用意します。味付けはお好みのうどんつゆの味付けに調えて下さい。

5.大きめの鍋に熱湯を沸かし、うどんを入れて温めます。温めたらザルに取り、
  水気を切ります。
里芋豚汁うどん 調理⑤ 里芋豚汁うどん 調理⑥
5.温めたうどんを丼に入れ、豚汁つゆをかけて出来上がりです。
  お好みで七味、一味をふります。

里芋豚汁うどん 拡大
豚汁をリメイクしたうどんが出来上がりました~。今回は豚汁に里芋を使っているので、ボリューム感もたっぷり味わえます。香り七味のピリッとした辛味との相性のバッチリで、身体も温まりますよ~♪

里芋豚汁うどん B
おうちの味の豚汁に麺つゆと水を加えるだけなので、超カンタンに美味しいうどんが出来上がります。豚汁を少し多めに作って、休日のランチタイムにいただくのもおすすめです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪
ハウス香り七味 説明用写真
仕上げにふったハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

副菜は「長ひじきとお揚げの煮物<定番の副菜>」です。
長ひじきとお揚げの炊いたん 大
【材料(三~四人分)】
・長ひじき(乾燥)20g  ・お揚げ(油揚げ)1枚

<ひじきとお揚げの炊いたん 調味料>
・お出汁200㏄  ・薄口醤油大さじ1  ・酒大さじ1と1/2  ・砂糖大さじ1
・みりん大さじ1

【下準備】
1.長ひじきは水で戻し、2~3回水を変えて汚れを落とし食べやすい長さに切ります。
2.お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。

【作り方】
1.鍋に胡麻油を熱し、長ひじきを炒めます。
長ひじきとお揚げの炊いたん 調理① 長ひじきとお揚げの炊いたん 調理②
2.お出汁、薄口醤油、酒、砂糖、みりんで味を調えます。お揚げも加えて汁気が
  なくなるまで煮ます。味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
  味付けは薄味なので、お好みの味に調えて下さい。

長ひじきとお揚げの炊いたん B
長ひじきとお揚げの煮物が出来上がりました~。ひじきの風味をいかし、さっぱりした味に仕上げました。ひじきとお揚げの相性は抜群ですよね。シンプルですが、ほっこり味わえる定番の副菜、おすすめです~♪

主菜は「鶏むね肉のかっぱえびせん唐揚げ<クリスピー>」です。
クリスピー海老せん唐揚げ 大
ヘルシーな鶏むね肉を使ったアレンジ唐揚げのご紹介です。今回は下味をつけた鶏むね肉にスナック菓子の代表:かっばえびせんを細かく砕いた衣をまぶして揚げました~。サクサク衣が淡白な鶏むね肉にしっかりからまって、うま味を引き立ててくれます。えびせんにはほど良い塩分があるので、下味は少し薄めがおすすめです。クリスピーな食感を味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・鶏むね肉(中)1枚  ・かっぱえびせん適量  ・お好みの付け合わせ野菜
クリスピー海老せん唐揚げ 材料① クリスピー海老せん唐揚げ 材料②
<鶏むね肉のかっぱえびせん唐揚げ 下味調味料>
・酒大さじ1  ・醤油小さじ1  ・片栗粉大さじ1と1/2
・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

【作り方】
1.かっぱえびせんをポリ袋に入れ、上から手のひらで砕いて細かくします。
  さらにすりこぎでムラなく砕いてボウルに移します。
クックパッド掲載予定レシピ 調理① クリスピー海老せん唐揚げ 調理②
2.鶏むね肉をひと口大に切り、ボウルに入れて下味調味料を加えます。
  全体を混ぜ合わせて15~20分ほど漬け込みます。

3.下味をつけた鶏むね肉にかっぱえびせん衣をまぶします。
クリスピー海老せん唐揚げ 調理③ クリスピー海老せん唐揚げ 調理④
4.油温を中温(170度位)にして鶏むね肉をカラッと揚げて油を切ります。
  器に付け合わせ野菜と一緒に唐揚げを盛り付け出来上がりです。

クリスピー海老せん唐揚げ B
かっぱえびせんの衣をまとった唐揚げが出来上がりました~。しっかりした風味、食感、うま味が楽しめます。えびせんの代わりにぽんち揚げ(歌舞伎揚げ)のようなお菓子でも作れます。お酒の肴、お弁当のおかずにもおすすめです~♪
ハウスおろし生しょうが 説明用写真
鶏むね肉の下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:45  |  麺・飯  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)

Comment

syu♪さん
おはようございます

里芋の豚汁うどん
美味しそうです素敵なうどん料理ですね
長ひじきとお揚げの煮物
鶏むね肉のかっぱえびせん唐揚
巣素晴らしいお料理
丁寧な作り方ありがとうございます。
ryuji_s1 |  2016.11.12(土) 08:24 | URL |  [編集]

コメント、ありがとうございました。

ryuji_s1さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。
今日も感謝です~。

豚汁の残りをうどんにリメイク(アレンジ)しました。
うま味がしっかり含まれているので、うどんの汁にぴったりです。
身体も温まるヘルシーなうどん、一度味わってみて下さいね。

鶏むね肉にかっぱえびせんを砕いた衣をまぶして揚げてみました。
クリスピーな衣でお箸も進みます。
こちらもおすすめです。

今日は小春日和の一日になりそうですね。
ゆったりとした時間をお過ごし下さい。
ryuji_s1さん |  2016.11.12(土) 11:28 | URL |  [編集]

こんにちは(*´꒳`*)

豚汁で作るリメイクうどん。
おいしそう(๑>◡<๑)
コレを作る為に 豚汁を作りたくなりますね(о´∀`о)

かっぱえびせんの衣をまとった鶏から、おいしそう(๑>◡<๑)
マロンまろん |  2016.11.12(土) 13:03 | URL |  [編集]

こんにちは~♪

マロンまろんさん、こんにちは~。

豚汁の残りに水と麺つゆを加え、うどん汁(つゆ)にリメイクしてみました。
具材の味がしみた翌日作ったので、めっちゃ美味しかったです。
七味もたっぷりふって身体の温まるうどんが出来上がりました~♪

かっぱえぴせん衣の唐揚げ、こちらもおすすめです~。
衣がカリッとして、パクパク食べられました♪
マロンまろんさん |  2016.11.12(土) 14:44 | URL |  [編集]

「鶏むね肉のかっぱえびせん唐揚げ<クリスピー>」

これいいな~!
今度やってみよ。
小判鮫のコバンちゃん |  2016.11.12(土) 19:59 | URL |  [編集]

おはようございます♪

小判鮫のコバンちゃんさん、おはようございます。

かっぱえぴせんを唐揚げの衣して揚げてみました~♪
衣に風味がついて、カリッと揚がります。

カンタンに出来るので、ぜひぜひトライしてみて下さいね。

今日も良い一日になりますように~☆
小判鮫のコバンちゃんさん |  2016.11.13(日) 06:28 | URL |  [編集]

コメント:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメント:を表示  (非公開コメント:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバック URL

→http://alldayrecipe.blog.fc2.com/tb.php/2429-7a769a7d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | ホーム |