2017-06- / 05-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>07-

2016.09.14 (Wed)

おうちでカンタン酢豚<レンジグリルで豚肉調理>

酢豚 大
中華の定番料理、酢豚を作りました~。甘酢あんでいただく豚肉と野菜のうま味、これはもう酢豚ならではですよね。今回は下味をつけた豚肉を揚げたり、フライパンで焼かず、レンジグリルで調理しました。片栗粉効果とじっくり加熱した豚肉が柔らかくてジューシーです。照りの出た甘酢あんでいただく酢豚、これはもうご飯が進みます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・豚肩ロース肉140~180g位  ・玉ねぎ(大)1/2個  ・ピーマン2個
・筍の水煮(小)1個  ・にんじん1/2本  ・水溶き片栗粉適量
酢豚 材料① 酢豚 材料②
<酢豚 豚肉の下味調味料>
・醤油小さじ2  ・酒大さじ1  ・胡麻油小さじ1  ・片栗粉大さじ2
・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

<酢豚 合わせ調味料>
・水(またはぬるま湯)150cc ・顆粒の鶏がらスープ小さじ1 ・醤油大さじ2
・トマトケチャップ大さじ3  ・酢大さじ2  ・砂糖大さじ2  ・酒大さじ1

【下準備】
1.常温に戻した豚肉を食べやすい大きさに切ってボウルに入れます。下味調味料
  を加えて全体を混ぜ、15~20分ほど漬け込みます。
酢豚 【下準備】① 酢豚 【下準備】②
2.玉ねぎ、ピーマン、筍の水煮、にんじんをひと口位の大きさに切ります。今回は
  にんじんを乱切りにしたので、熱湯で5分ほど下ゆでしています。

【作り方】
1.ボウルに、<酢豚 合わせ調味料>の調味料を入れて混ぜます。
酢豚 調理① 酢豚 調理②
2.レンジグリル用の耐熱板にクッキングシートを敷き、下味をつけた豚肉を並べ
  ます。片面8分、裏面7分ぐらい加熱して火を通します。

3.レンジグリルを使用している間を利用してフライパンに油を熱し、中火で玉ねぎ、
  筍の水煮、にんじん、ピーマンを炒めます。
酢豚 調理③ 酢豚 調理④
4.野菜に火が通れば豚肉を加え、さっと炒め合わせます。

5.<酢豚 合わせ調味料>を加えて煮立てます。
酢豚 調理⑤ 酢豚 調理⑥
6.合わせ調味料の味がしみたら火を弱め、水溶き片栗粉を回し入れてトロミを
  つけます。中火に戻して全体に調味料をからめて火を止めます。器に盛り付け
  て出来上がりです。

  ■ピーマンの調理と盛り付け
  酢の加わった合わせ調味料と一緒にピーマンを煮ると色落ちしてしまいます。
  炒めたピーマンを取り出し、最後の盛り付けに添えると彩り良く仕上がります。

酢豚 拡大
油で揚げない、フライパンで焼かない、レンジグリルで調理する豚肉で作る酢豚が出来上がりました~。ひと手間省けるのもうれしいですよね。柔らかくてジューシーな豚肉のうま味がしっかり味わえますよ~♪白ご飯との相性もバッチリです。

酢豚 B
おうちでカンタンに出来る酢豚、鶏がらスープのうま味とコク、ケチャップの風味がきいた合わせ調味料と具材の相性も抜群です。甘酸っぱいあんが、豚肉と野菜にからんで口の中に広がりますよ~♪
ハウスおろし生しょうが 説明用写真
下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

酢豚に添えた副菜は「揚げ餃子のサラダ」です。
揚げ餃子 大
【材料(二人分)】
・餃子(チルド、または冷凍)6個  ・レタス、きゅうり、パプリカ(赤)適量

<揚げ餃子のサラダ ドレッシング>
・添付されていた餃子のタレ、胡麻油、ポン酢醤油などお好みのドレッシング

【作り方】
1.レタス、きゅうり、パプリカは食べやすい大きさに切って水にさらし、シャキッと
  させて水気を切ります。
2.餃子は170度位の中温でじっくり中まで火を通し、油を切ります。
揚げ餃子 材料 揚げ餃子 調理
3.器に野菜と餃子を盛り付け、餃子のタレ、またはお好みのドレッシングを
  かけてけて出来上がりです。

揚げ餃子 B
揚げ餃子のサラダが出来上がりました~。パリパリした揚げ餃子、揚げたてが美味しいですよね~。焼き餃子とはひと味違う美味しさが楽しめますよ~♪身体にも優しい一品です。

もう一品は「たくあんの和風ナムル<カリッカリッ♪>」です。
沢庵 大
大根のお漬物「沢庵(たくあん)」ときゅうりをさっぱりしたナムルでいただきました~。材料を細切りにして胡麻油で和え、白煎り胡麻とポン酢で味を調えました。カリッカリッとしたたくあんの食感、胡麻ポンの風味がたまりません~♪ 超速、超カンタンで一品出来上がります。具材を増やして、サラダ感覚でいただくのおすすめです。お酒にも合いますよ~。

【材料(二人分)】
・沢庵(たくあん)5cm位  ・きゅうり7~8cmぐらい
沢庵 材料 沢庵 調味料
<たくあん(沢庵)の和風ナムル 調味料>
・胡麻油小さじ1位  ・ポン酢醤油小さじ2  ・白煎り胡麻適量

【作り方】
1.たくあん、きゅうりを細切りにしてボウルに入れ、白煎り胡麻、胡麻油を
  加えて全体を混ぜますます。
沢庵 調理① 沢庵 調理②
2.全体に風味がついたらポン酢醤油を加えてさっと混ぜ合わせ、器に盛り
  付けて出来上がりです。

沢庵 B
たくあんときゅうりに胡麻油の風味をきかせた和風ナムルが出来上がりました~。たくあんだけでも美味しく召し上がれますが、身近な野菜を加えると彩りも良くなります。いつもと違うお漬物の味わいが楽しめますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

Topic : 料理レシピ - Genre : Gourmet

03:55  |  豚肉  |  Trackbacks:(0)  |  Comments:(8)

Comment

syu♪さん
おはようございます
おうちでカンタン酢豚
餃子のサラダ
たくあんの和風ナムル
素敵なお料理美味しそうです
丁寧な作り方ありがとうございます。
強から雨の日が続きそうですね
お体を縦説に
ryuji_s1 |  2016.09.14(水) 07:50 | URL |  [編集]

お早うございます
成程って感心しました。
これですと億劫になりませんね。
ついつい構えて仕舞い、作らず仕舞いになっています。有難うございました。
相子 |  2016.09.14(水) 09:32 | URL |  [編集]

コメント、ありがとうございました。

ryuji_s1さん、こんにちは~。
コメント、ありがとうございました。
今日もおおきにです。

下味をつけた豚肩ロース肉をレンジグリルで焼き上げて酢豚にしました。
柔らかくてジューシーな豚肉にたっぷりの甘酢あんがからんで美味しかったです。
カンタンに出来る酢豚、大好きです♪

季節の変わり目で秋雨も続いています。
体調にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

こちらこそ、いつもありがとうございます。
ryuji_s1さん |  2016.09.14(水) 11:41 | URL |  [編集]

コメント、ありがとうございました。

相子さん、こんにちは~。
コメント、ありがとうございました。

酢豚は手がかかると思いがちですが、豚肉や野菜を揚げなければ(油通ししなければ)簡単に出来ます。
合わせ調味料も身近な調味料です。

ぜひぜひ、折を見てトライしてみて下さいね。

今日も良い一日をお過ごし下さい。
相子さん |  2016.09.14(水) 11:42 | URL |  [編集]

こんにちは(=´∀`)人(´∀`=)

外で食べる中華なら 酢豚は黒酢あんで食べたいけれど、お家ならケチャップっぽい甘酢あんがいいですね(*´~`*)
美味しそう♡
野菜たっぷり♡彩りが綺麗ですね。
マロンまろん |  2016.09.14(水) 11:58 | URL |  [編集]

イタリアンハーブミックスの件

わざわざありがとうございました
問い合わせてみます
ありがとうございました。
小判鮫のコバンちゃん |  2016.09.14(水) 18:22 | URL |  [編集]

こんにちは~♪

マロンまろんさん、こんにちは~♪

久しぶりに酢豚を作りました~。
おうち酢豚はケチャップベースの甘酸っぱいあんが美味しいですよね。

揚げたり、フライパンで焼かない柔らかい豚肉とたっぷりの野菜で大満足です。
ご飯に合う酢豚が出来上がりました~♪
マロンまろんさん |  2016.09.14(水) 19:47 | URL |  [編集]

おはようございます。

小判鮫のコバンちゃんさん、おはようございます。
昨日はご丁寧な返信、ありがとうございました。

ぜひ一度お問い合わせしてみて下さいね。

近くのスーパーで、イタリアンハーブミックスがゲットできますように~☆
小判鮫のコバンちゃんさん |  2016.09.15(木) 06:36 | URL |  [編集]

Comments:を投稿する

Url
Comment
Pass  編集・Deleteするのに必要
Secret  管理者だけにComments:を表示  (非公開Comments:投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のTrackbacks URL

→http://alldayrecipe.blog.fc2.com/tb.php/2310-a4206ba8

Use trackback on this entry.

この記事へのTrackbacks:

▲PageTop

 | HOME |