京風ばら寿司(ちらし寿司)

京風ちらし寿司 大
妻のリクエストで、京風のばら寿司(ちらし寿司)を作りました~♪我が家のばら寿司は、酢飯におじゃこ(ちりめんじゃこ)と煎り胡麻を加えます。基本の具材は高野豆腐、干し椎茸、酢れんこん、にんじん、錦糸卵、具だくさんが特徴です。具材は別々の味付けをして、甘酢をきかせたさっぱりした寿司飯と一緒に合わせます。本日は我が家の京風ばら寿司のご紹介です♪

【材料(三~四人分)】
・米3合  ・昆布(10cm角) 1枚  ・基本の甘酢大さじ6  ・白煎り胡麻適量

<基本の甘酢>鍋で調味料を煮立てます。
・酢150㏄  ・砂糖大さじ4  ・塩小さじ2

<ばら寿司の具材と作り方>
①おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ4
京風ちらし寿司 調理 おじゃこ
⇒ 塩抜きしたおじゃこは、基本の甘酢大さじ2につけておきます。

②干し椎茸2枚(またはスライスした干し椎茸適量)
京風ちらし寿司 調理 しいたけ
⇒ 椎茸の戻し汁100㏄、酒大さじ2、 砂糖大さじ2、濃口醤油大さじ1 薄口醤油大さじ1で煮ます。
  粗熱が取れたらトッピング用は薄くスライス、寿司飯と合わすのは粗みじん切りにします。

③酢れんこん
京風ちらし寿司 調理 酢れんこん
⇒ 皮をむいて5mm幅に切り、水に放ちアクを取ります。
   鍋に熱湯を沸かし塩、酢少々を加えてさっとゆでます。
   しっかり水気を切り、熱いまま基本の甘酢大さじ3につけます。
   トッピング用は半月、寿司飯と合わすのは粗みじん切りにします。

④高野豆腐2個位(今回は市販のカット済み高野豆腐を使いました。)
 にんじん(1cm位の細拍子切り)1/4本
京風ちらし寿司 調理 高野豆腐
⇒ 鍋に高野豆腐の調味料を合わせて火にかけ、煮立てば高野豆腐を入れ、弱火で煮汁が
少なく なるまで煮ます。にんじんを加えてひと煮立ちさせて火を止めます。  
   高野豆腐は粗めの汁気を絞り、粗みじん切りにします。

  (高野豆腐煮汁⇒お出汁300㏄、酒大さじ2 砂糖大さじ2 薄口醤油小さじ1 塩小さじ1/2)

⑤錦糸卵
京風ちらし寿司 調理 錦糸卵
⇒  卵2個、砂糖ほんの少々、塩ほんの少々

京風ちらし寿司 調理 仕上げ
飯台に寿司飯、おじゃこ、白煎り胡麻、基本の甘酢をまわしかけ、ご飯を切るように混ぜ合わせます。粗みじん切りにした椎茸、にんじん、高野豆腐、酢れんこんを加え、全体を混ぜ合わせます。

京風ちらし寿司 拡大
錦糸卵、トッピング用の椎茸、れんこんを飾って出来上がりです。海老、まぐろ、いくらなどの海鮮食材をのせると豪華なばら寿司になります~。

京風ちらし寿司 B
おじゃこ(ちりめんじゃこ)の旨み、具材の食感が味わえる「ばら寿司(ちらし寿司)」、妻の実家(京都)で代々作られてきた料理を我が家でも引き継いで作っています~。お弁当にもおすすめです~♪

副菜の一品目は「春菊としめじの煮びたし」です。
春菊の煮びたし 大
【材料(二人分)】
・春菊1/2袋  ・しめじ1/2パック
<春菊としめじの煮びたし 合わせ出汁>
・お出汁200㏄  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・薄口醤油大さじ1/2  ・塩ほんの少々

【作り方】
1.春菊は葉の部分だけを摘み取り、水にさらしてシャキとさせます。
  水気を切った春菊をさっとゆでて冷水に取り、しっかり水気を切ります。
2.しめじは石づきを取り、小房に分けます。
3.鍋に<合わせ出汁>の材料を合わせて火にかけ、しめじを入れて煮ます。
  しめじに火が通れば春菊を加え、ひと煮たちさせて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
春菊の煮びたし B
春菊の香りとしめじの食感を味わう煮びたし、鮮やかな春菜の緑色が食欲をそそらせてくれる副菜です~♪さっぱりしたお出汁ごと味わえます~♪

もう一品は「焼きちくわの磯辺揚げ」です。青海苔の衣でちくわをカラッと揚げました~。
ちくわの磯辺揚げ 大
材料(二人分)】
・焼きちくわ2本  ・青海苔適量  ・天ぷら粉適量
【作り方】
1.市販の天ぷら粉に、水を規定量入れて溶きます。
2.衣に青海苔を加えて混ぜます。
3.衣をくぐらせた「ちくわ」を170度ぐらいの油温でカラッと揚げて出来上がりです。
ちくわの磯辺揚げ B
「ぼたん焼きちくわ」とも呼ばれる焼きちくわは、旨みとモチモチッとした弾力が楽しめます。煮物以外に、揚げ物でいただいてもすり身の美味しさが味わえます~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
スポンサーサイト

コメント

Miyu

おはようございます。
京風のちらしは、おじゃこを入れるのですね。高野豆腐も体に良さそうですね。
ちくわの磯辺揚げもひと手間でご馳走になりますね。
食の大切さを教えていただいています。

ryuji_s1

syu♪さん
京風ばら寿司(ちらし寿司)
春菊としめじの煮びたし
焼きちくわの磯辺揚げ
素敵なお料理
いつも
有難うございます

Miyuさん

おはようございます♪
Miyuさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございました~♪

妻の実家(京都)のちらし寿司は酢でしめたおじゃこをたっぷり入れます。
具材を別々に調理するので、手間がかかりますが、
雛祭りなど、ハレの日にはかかせないお寿司です。

時間のあるとき、一度試してみて下さいね。

あいにくの天候が続いていますが、今日も笑顔いっぱいの一日になりますように!!
いつも感謝です~☆

ryuji_s1さん

おはようございます。
ryuji_s1さん、おはようございます。
本日もコメント、感謝です。
ありがとうございました。

妻の実家で代々受け継がれてきたばら寿司(ちらし寿司)を作りました。
おじゃこの旨みも味わえるばら寿司、大好きです。
副菜もおすすめの料理が出来上がりました。
身体にも優しい組み合わせです。

いつも本当にありがとうございます。
今日も良い一日をお過ごし下さいね。

ゆいっちょん

バラ寿司って、無性に食べたくなる時があります・・・って、自分じゃ作りませんが(汗)。バラ寿司は出来上がるまでにものすごく時間がかかるイメージがあります。

中に入れる具材にいちいち味付けしないといけないでしょ? それが私には面倒なんです・・・。


syu♪さんの作るバラ寿司も手が込んでて、美味しさも格別でしょうね♪

岡山のバラ寿司は「祭り寿司」と言われて、具を混ぜたバラ寿司の上に、更に具をたっぷり乗せた豪華なお寿司なんです。

だから、余計に手が込んでるから作る気になりません、私には無理です・・・(汗)。

ゆいっちょんさん

岡山の祭り寿司、食べたいです~♪
ゆいっちょんさん、こんにちは♪
コメント、ありがとうございました。

確かにパラ寿司はひと手間どころかふた手間、三手間かかりますよね。
作っている最中にもう放り出したくなります~(笑)
でもバラ寿司の宿命で、あきらめながら作っています~♪

岡山の祭り寿司、大好きです~。特にままかりの酢漬け、小鯛の酢漬け、大好きです。
最近は食べていませんが、三好野本店さんの駅弁で祭り寿司を食べるのが何よりごちそうでした~。
今度、駅弁フェアで見つけて久しぶりに食べたいです。

素敵な週末を過ごして下さいね。
いつも感謝です☆
非公開コメント

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング