• 鶏むね肉とカラフル野菜のガーリックしょうが炒め
    むね肉のカラフル炒め 大
    ヘルシーな鶏むね肉の炒め物を作りました~。味付けはしょうが焼きれのタレに、おろし生にんにく(チューブタイプ)を加えたコクのある合わせ調味料です。今回はアスパラ、玉ねぎ、パプリカ(赤)を使ってカラフルな彩りに仕上げました。むね肉はしょうがや片栗粉などで下味をつけているので、炒めてもジューシーで柔らかい食感が楽しめます。ぜひぜひ、食卓が華やぐ彩りを楽しんで下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(200gぐらい) ・アスパラ2~3本 ・玉ねぎ1/2個 ・パプリカ(赤)1/3個
    むね肉のカラフル炒め 材料① むね肉のカラフル炒め 材料②
    <鶏むね肉のガーリックしょうが炒め 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ2
    ・ハウスおろし生しょうが大さじ1  ・ハウスおろし生にんにく小さじ1/2

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・酒大さじ1  ・胡麻油小さじ1  ・塩、胡椒適量  ・片栗粉大さじ1と1/2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.アスパラは筋と袴を取り、食べやすい長さに切って下ゆでして冷水に放ち、
      粗熱を取って水気を切ります。玉ねぎ、パプリカは1.5cm角ぐらいに切ります。
    むね肉のカラフル炒め 【下準備】① むね肉のカラフル炒め 【下準備】②
    2.鶏むね肉は一口ぐらいの削ぎ切りにしてボウルに入れ、<下味調味料>を加えて
      混ぜます。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<鶏むね肉のガーリックしょうが炒め 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    むね肉のカラフル炒め 調理① むね肉のカラフル炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、鶏むね肉の両面を中火で焼いて火を通し、別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、玉ねぎを入れて炒め合わせます。
    むね肉のカラフル炒め 調理③ むね肉のカラフル炒め 調理④
    4.玉ねぎがしんなりしてきたら、パプリカを加えて炒め合わせます。

    5.鶏むね肉を戻し入れ、アスパラを加えてさっと炒め合わせます。
    むね肉のカラフル炒め 調理⑤ むね肉のカラフル炒め 調理⑥
    6.<鶏むね肉のガーリックしょうが焼き 合わせ調味料>回し入れます。全体を炒め
      合わせ、調味料の味がからめば火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      合わせ調味料の味付けはお好みの味に調えて下さい。

    むね肉のカラフル炒め 拡大
    ガーリック(にんにく)としょうがの香りが引き立つ炒め物が出来上がりました~。下味に片栗粉をまぶして焼いた鶏むね肉はジューシーで柔らかく炒め上がります。カラフル野菜も一緒に加えたので、彩りもぐっとアップしますよ~♪

    むね肉のカラフル炒め B
    チューブタイプのねりスパイスを使うことで調理そのものがカンタン、時短になります。むね肉は冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすめです。一緒に炒める野菜はお好みの食材にアレンジして下さいね~♪

    下味と調味料として使ったハウス食品さんの「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウスおろし生にんにく 説明用写真
    ハウス「おろし生にんにく」はすりおろしたにんにくの風味。素材をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜は「小松菜とお揚げ(油揚げ)の煮物<ほっこり♪>」です。
    小松菜の煮物 大
    【材料(二~三人分)】
    ・小松菜1袋   ・お揚げ(油揚げ)1枚 
    小松菜の煮物 材料① 小松菜の煮物 材料②
    <小松菜とお揚げの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁200㏄(1カップ)  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・薄口醤油大さじ1  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.小松菜は水洗いして根元を少し切り落とし、4~5cmぐらいの長さに切ります。
      お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。
    2.鍋に油を熱し、小松菜の茎の部分を炒めます。茎がしんなりしてきたら、
      <小松菜とお揚げの煮物 お出汁と調味料>を入れてひと煮たちさせます。
    3.お揚げと小松菜の葉の部分を加え、調味料の味がしみ込むまで煮ます。
      全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    小松菜の煮物 B
    優しい味わいが楽しめる「小松菜とお揚げの煮物」が出来上がりました~。小松菜とお揚げは相性抜群ですよね。さっぱりしてお箸の進む一品です。身体にも優しくて飽きのこない副菜、おすすめです~♪

    汁物は「白菜の芯とベーコンのスープ<甘みとうま味>」です。
    白菜スープ 大
    白菜の芯を細切りにして、ベーコンや身近な野菜と一緒に鶏がらスープ(顆粒)でさっと煮ました。ベーコンとスープのうま味が柔らかくて甘味のある白菜にしみて、気持ちもホッと和みます。白菜を丸ごと活用するにはピッタリの一品です。3月とは言え、まだまだ春本番には遠いこの時期、さっぱりして美味しいスープは身体も温まりますよ~。ぜひぜひ、味わってみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・白菜の芯1/4株ぐらい  ・ベーコン2枚  ・お好みでにんじん、もやし適量
    白菜スープ 材料① 白菜スープ 材料②
    <白菜の芯とベーコンのスープ 水と調味料>
    ・水500㏄  ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ2   ・胡椒適量
    ・お好みでドライパセリ(またはドライチャービル)のみじん切り適量

    【作り方】
    1.白菜の芯は繊維に沿って細切りにします。にんじんは拍子切り、ベーコンは
      ひと口ぐらいの角切りにします。お好みでもやしのひげ根を取ります。
    白菜スープ 調理① 白菜スープ 調理②
    2.鍋に水と鶏がらスープ(顆粒)を入れて火にかけ、白菜の芯、にんじん、もやし
      を入れて白菜が柔らかくなるまで煮ます。ベーコンを加え、胡椒で味を調えます。
      ひと煮たちさせて火を止め、具材とスープを器に盛り付けて出来上がりです。
      お好みでドライパセリ(またはドライチャービル)のみじん切りをふります。

    白菜スープ B
    白菜の芯とベーコンのスープが出来上がりました~。柔らかくなるまで煮た白菜が甘くて、うま味がしっかりしみています。具沢山の身体に優しいスープで身体も温まりますよ~♪
    GABANチャービル 説明用写真
    仕上げにふったGABANチャービルはパセリによく似ていますが、香味はより繊細で、ほのかに甘さも感じさせる香りです。香味がデリケートなので、高温、長時間の料理は避け、仕上げに加える、またはできあがりにふって使います。サラダ、スープ、ドレッシング、魚、卵など、パセリが合う料理であればチャービルもおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • 白菜の芯とベーコンのスープ<甘みとうま味>
    白菜スープ 大
    白菜の芯を細切りにして、ベーコンや身近な野菜と一緒に鶏がらスープ(顆粒)でさっと煮ました。ベーコンとスープのうま味が柔らかくて甘味のある白菜にしみて、気持ちもホッと和みます。白菜を丸ごと活用するにはピッタリの一品です。3月とは言え、まだまだ春本番には遠いこの時期、さっぱりして美味しいスープは身体も温まりますよ~。ぜひぜひ、味わってみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・白菜の芯1/4株ぐらい  ・ベーコン2枚  ・お好みでにんじん、もやし適量
    白菜スープ 材料① 白菜スープ 材料②
    <白菜の芯とベーコンのスープ 水と調味料>
    ・水500㏄  ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ2   ・胡椒適量
    ・お好みでドライパセリ(またはドライチャービル)のみじん切り適量

    【作り方】
    1.白菜の芯は繊維に沿って細切りにします。にんじんは拍子切り、ベーコンは
      ひと口ぐらいの角切りにします。お好みでもやしのひげ根を取ります。
    白菜スープ 調理① 白菜スープ 調理②
    2.鍋に水と鶏がらスープ(顆粒)を入れて火にかけ、白菜の芯、にんじん、もやし
      を入れて白菜が柔らかくなるまで煮ます。ベーコンを加え、胡椒で味を調えます。
      ひと煮たちさせて火を止め、具材とスープを器に盛り付けて出来上がりです。
      お好みでドライパセリ(またはドライチャービル)のみじん切りをふります。

    白菜スープ B
    白菜の芯とベーコンのスープが出来上がりました~。柔らかくなるまで煮た白菜が甘くて、うま味がしっかりしみています。具沢山の身体に優しいスープで身体も温まりますよ~♪
    GABANチャービル 説明用写真
    仕上げにふったGABANチャービルはパセリによく似ていますが、香味はより繊細で、ほのかに甘さも感じさせる香りです。香味がデリケートなので、高温、長時間の料理は避け、仕上げに加える、またはできあがりにふって使います。サラダ、スープ、ドレッシング、魚、卵など、パセリが合う料理であればチャービルもおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング