fc2ブログ
  • 塩さばの一味マヨポンソース<うま味とコク♪>
    塩さばの一味マヨポンソース 大
    安価でうま味たっぷりの「塩さばフィレ」を焼き上げ、ちょっとピリ辛ですがコクのあるソースをかけていただきました~。ソースは一味唐がらし、マヨネーズ、ポン酢の身近な調味料で作ります。一味のピリッとくる辛さと香り、マヨポンのうま味とコクが塩さばにもピッタリはまります。いつもとひと味違う塩さばの美味しさが楽しめますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

    【材料(一人分)】
    ・塩さばフィレ(小)1枚  ・レタスときゅうり適量  ・お好みで青ねぎの小口切り適量
    塩さばの一味マヨポンソース 材料 塩さばの一味マヨポンソース 調味料
    <一味マヨポン酢ソース 調味料>
    ・ハウス一味唐がらし適量  ・マヨネーズ大さじ1と1/2  ・ポン酢醤油小さじ2

    【下準備】
    付け合わせ野菜のレタス、きゅうりを用意します。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<一味マヨポン酢ソース 調味料>を入れて混ぜます。
    塩さばの一味マヨポンソース 調理① 塩さばの一味マヨポンソース 調理②
    2.塩さばフィレは食べやすいひと口ぐらいに切ります。
      小骨があれば取り除きます。

    3.クッキングシートを敷いた耐熱板に塩さばフィレの身側を上にしてのせます。
    塩さばの一味マヨポンソース 調理③ 塩さばの一味マヨポンソース 調理④
    4.レンジグリル(またはオーブントースター)で片面6分、裏返して6分(計12分)ぐらい焼い
      て火を通します。器具、機種、塩さばフィレのサイズに合わせて時間を調整して下さい。

    5.器にレタス、きゅうり、塩さばフィレを盛り付けます。
    塩さばの一味マヨポンソース 調理⑤ 塩さばの一味マヨポンソース 調理⑥
    6.一味マヨポンソースをかけて出来上がりです。

    塩さばの一味マヨポンソース 拡大
    うま味たっぷりの塩さば、身近な野菜に一味マヨポンソースをかけた一品が出来上がりました~。ジューシーな焼き塩さばにピリ辛でコクのあるソースがぴったりです。ご飯にもお酒の肴にも合いますよ~♪

    塩さばの一味マヨポンソース B
    塩さばフィレは下ごしらえが不要で、手軽に調理が出来るがうれしいですよね。身近な食材と調味料でカンタンに出来て、満足度の高い一品、おすすめです~♪
    ハウス一味唐がらし 説明用写真
    ハウス一味唐がらしは刺激的な辛さが特徴です。英語では“hot”と表現する、口の中がカッと熱くなるような辛さが特徴の赤唐辛子。辛味だけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果も大きいスパイスです

    副菜は「アスパラの梅かつお和え」です。
    アスパラ梅かつお 大

    【材料(二人分)】
    ・アスパラ3~4本  ・梅干(小)1個(またはチューブの梅肉小さじ2)
    ・かつお節適量  ・醤油ほんの少々

    【作り方】
    1.梅干しは種を取り除き、皮と身はみじん切りにします。
    2.アスパラは筋と袴を取り、食べやすい長さに切ってから熱湯でさっと下ゆでして
      冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切ります。
    3.ボウルにアスパラ、梅干(梅肉)、かつお節、醤油をほんの少し入れて和えます。
      器に盛り付け出来上がりです。

    アスパラ梅かつお B
    ほど良い酸味とかつお節の風味をきかせたアスパラの梅肉和えが出来上がりました~。さっぱりした味わいでお箸も進みます。梅肉とかつお節の相性もバッチリ♪ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    もう一品は「豚こまボールとおでん種の煮物<カンタン♪>」です。
    豚おでん 大
    家計に優しい豚こま(豚こま切れ肉)をホール状にまるめて串を刺し、おでん種(練り物)と一緒に煮物でいただきました。今回は時間のかかる大根、ゆで卵は入れず、シンプルな具材だけを使った一品です。出汁はおでん種に同封されている市販の出汁を使いました。豚こまは下ゆでして煮ると灰汁(アク)も出ません。あっと言う間に出来る副菜、おすすめです~♪

    【材料(三人分)】
    ・豚こま150~180gぐらい  ・市販のおでん種(練り物)1袋
    豚おでん 材料① 豚おでん 材料②
    <豚こまボールとおでん種の煮物 お出汁>
    ・おでん種についているお出汁と規定の量の水

    【作り方】
    1.豚こま(豚こま切れ肉)を広げて丸め、ボール状にします。ボール3個に串を打ちます。
    豚おでん 調理① 豚おでん 調理②
    2.熱湯に豚こまボールを入れてさっと下ゆでします。

    3.おでん種に添付されている出汁に水を加え、練り物と下ゆでした豚こまホール
      を入れて中火で煮立てます。煮立てば弱火にしてじっくり味を含ませます。
    豚おでん 調理③ 豚おでん 調理④
    4.全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。添付されて
      いる出汁の量では少し多いので、出汁を全部入れずに量を調えて下さい。

    豚おでん B
    9月に入り、店頭にはおでんの具材が並び始めましたね。主菜がおでん、には少し早いので豚こまボールと一緒に煮物でいただきました。本格的なシーズンに入れば大根、卵、こんにゃくなどと一緒に、豚こまボールのおでんを味わってみますね♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまボールとおでん種の煮物<カンタン♪>
    豚おでん 大
    家計に優しい豚こま(豚こま切れ肉)をボール状にまるめて串を刺し、おでん種(練り物)と一緒に煮物でいただきました。今回は時間のかかる大根、ゆで卵は入れず、シンプルな具材だけを使った一品です。出汁はおでん種に同封されている市販の出汁を使いました。豚こまは下ゆでして煮ると灰汁(アク)も出ません。あっと言う間に出来る副菜、おすすめです~♪

    【材料(三人分)】
    ・豚こま150~180gぐらい  ・市販のおでん種(練り物)1袋
    豚おでん 材料① 豚おでん 材料②
    <豚こまボールとおでん種の煮物 お出汁>
    ・おでん種についているお出汁と規定の量の水

    【作り方】
    1.豚こま(豚こま切れ肉)を広げて丸め、ボール状にします。ボール3個に串を打ちます。
    豚おでん 調理① 豚おでん 調理②
    2.熱湯に豚こまボールを入れてさっと下ゆでします。

    3.おでん種に添付されている出汁に水を加え、練り物と下ゆでした豚こまホール
      を入れて中火で煮立てます。煮立てば弱火にしてじっくり味を含ませます。
    豚おでん 調理③ 豚おでん 調理④
    4.全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。添付されて
      いる出汁の量では少し多いので、出汁を全部入れずに量を調えて下さい。

    豚おでん B
    9月に入り、店頭にはおでんの具材が並び始めましたね。主菜がおでん、には少し早いので豚こまボールと一緒に煮物でいただきました。本格的なシーズンに入れば大根、卵、こんにゃくなどと一緒に、豚こまボールのおでんを味わってみますね♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • おうちでカンタン酢豚<レンジグリルで豚肉調理>
    酢豚 大
    中華の定番料理、酢豚を作りました~。甘酢あんでいただく豚肉と野菜のうま味、これはもう酢豚ならではですよね。今回は下味をつけた豚肉を揚げたり、フライパンで焼かず、レンジグリルで調理しました。片栗粉効果とじっくり加熱した豚肉が柔らかくてジューシーです。照りの出た甘酢あんでいただく酢豚、これはもうご飯が進みます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肩ロース肉140~180g位  ・玉ねぎ(大)1/2個  ・ピーマン2個
    ・筍の水煮(小)1個  ・にんじん1/2本  ・水溶き片栗粉適量
    酢豚 材料① 酢豚 材料②
    <酢豚 豚肉の下味調味料>
    ・醤油小さじ2  ・酒大さじ1  ・胡麻油小さじ1  ・片栗粉大さじ2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    <酢豚 合わせ調味料>
    ・水(またはぬるま湯)150cc ・顆粒の鶏がらスープ小さじ1 ・醤油大さじ2
    ・トマトケチャップ大さじ3  ・酢大さじ2  ・砂糖大さじ2  ・酒大さじ1

    【下準備】
    1.常温に戻した豚肉を食べやすい大きさに切ってボウルに入れます。下味調味料
      を加えて全体を混ぜ、15~20分ほど漬け込みます。
    酢豚 【下準備】① 酢豚 【下準備】②
    2.玉ねぎ、ピーマン、筍の水煮、にんじんをひと口位の大きさに切ります。今回は
      にんじんを乱切りにしたので、熱湯で5分ほど下ゆでしています。

    【作り方】
    1.ボウルに、<酢豚 合わせ調味料>の調味料を入れて混ぜます。
    酢豚 調理① 酢豚 調理②
    2.レンジグリル用の耐熱板にクッキングシートを敷き、下味をつけた豚肉を並べ
      ます。片面8分、裏面7分ぐらい加熱して火を通します。

    3.レンジグリルを使用している間を利用してフライパンに油を熱し、中火で玉ねぎ、
      筍の水煮、にんじん、ピーマンを炒めます。
    酢豚 調理③ 酢豚 調理④
    4.野菜に火が通れば豚肉を加え、さっと炒め合わせます。

    5.<酢豚 合わせ調味料>を加えて煮立てます。
    酢豚 調理⑤ 酢豚 調理⑥
    6.合わせ調味料の味がしみたら火を弱め、水溶き片栗粉を回し入れてトロミを
      つけます。中火に戻して全体に調味料をからめて火を止めます。器に盛り付け
      て出来上がりです。

      ■ピーマンの調理と盛り付け
      酢の加わった合わせ調味料と一緒にピーマンを煮ると色落ちしてしまいます。
      炒めたピーマンを取り出し、最後の盛り付けに添えると彩り良く仕上がります。

    酢豚 拡大
    油で揚げない、フライパンで焼かない、レンジグリルで調理する豚肉で作る酢豚が出来上がりました~。ひと手間省けるのもうれしいですよね。柔らかくてジューシーな豚肉のうま味がしっかり味わえますよ~♪白ご飯との相性もバッチリです。

    酢豚 B
    おうちでカンタンに出来る酢豚、鶏がらスープのうま味とコク、ケチャップの風味がきいた合わせ調味料と具材の相性も抜群です。甘酸っぱいあんが、豚肉と野菜にからんで口の中に広がりますよ~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

    酢豚に添えた副菜は「揚げ餃子のサラダ」です。
    揚げ餃子 大
    【材料(二人分)】
    ・餃子(チルド、または冷凍)6個  ・レタス、きゅうり、パプリカ(赤)適量

    <揚げ餃子のサラダ ドレッシング>
    ・添付されていた餃子のタレ、胡麻油、ポン酢醤油などお好みのドレッシング

    【作り方】
    1.レタス、きゅうり、パプリカは食べやすい大きさに切って水にさらし、シャキッと
      させて水気を切ります。
    2.餃子は170度位の中温でじっくり中まで火を通し、油を切ります。
    揚げ餃子 材料 揚げ餃子 調理
    3.器に野菜と餃子を盛り付け、餃子のタレ、またはお好みのドレッシングを
      かけてけて出来上がりです。

    揚げ餃子 B
    揚げ餃子のサラダが出来上がりました~。パリパリした揚げ餃子、揚げたてが美味しいですよね~。焼き餃子とはひと味違う美味しさが楽しめますよ~♪身体にも優しい一品です。

    もう一品は「たくあんの和風ナムル<カリッカリッ♪>」です。
    沢庵 大
    大根のお漬物「沢庵(たくあん)」ときゅうりをさっぱりしたナムルでいただきました~。材料を細切りにして胡麻油で和え、白煎り胡麻とポン酢で味を調えました。カリッカリッとしたたくあんの食感、胡麻ポンの風味がたまりません~♪ 超速、超カンタンで一品出来上がります。具材を増やして、サラダ感覚でいただくのおすすめです。お酒にも合いますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・沢庵(たくあん)5cm位  ・きゅうり7~8cmぐらい
    沢庵 材料 沢庵 調味料
    <たくあん(沢庵)の和風ナムル 調味料>
    ・胡麻油小さじ1位  ・ポン酢醤油小さじ2  ・白煎り胡麻適量

    【作り方】
    1.たくあん、きゅうりを細切りにしてボウルに入れ、白煎り胡麻、胡麻油を
      加えて全体を混ぜますます。
    沢庵 調理① 沢庵 調理②
    2.全体に風味がついたらポン酢醤油を加えてさっと混ぜ合わせ、器に盛り
      付けて出来上がりです。

    沢庵 B
    たくあんときゅうりに胡麻油の風味をきかせた和風ナムルが出来上がりました~。たくあんだけでも美味しく召し上がれますが、身近な野菜を加えると彩りも良くなります。いつもと違うお漬物の味わいが楽しめますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • たくあんの和風ナムル<カリッカリッ♪>
    沢庵 大
    大根のお漬物「沢庵(たくあん)」ときゅうりをさっぱりしたナムルでいただきました~。材料を細切りにして胡麻油で和え、白煎り胡麻とポン酢で味を調えました。カリッカリッとしたたくあんの食感、胡麻ポンの風味がたまりません~♪ 超速、超カンタンで一品出来上がります。具材を増やして、サラダ感覚でいただくのおすすめです。お酒にも合いますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・沢庵(たくあん)5cm位  ・きゅうり7~8cmぐらい
    沢庵 材料 沢庵 調味料
    <たくあん(沢庵)の和風ナムル 調味料>
    ・胡麻油小さじ1位  ・ポン酢醤油小さじ2  ・白煎り胡麻適量

    【作り方】
    1.たくあん、きゅうりを細切りにしてボウルに入れ、白煎り胡麻、胡麻油を
      加えて全体を混ぜますます。
    沢庵 調理① 沢庵 調理②
    2.全体に風味がついたらポン酢醤油を加えてさっと混ぜ合わせ、器に盛り
      付けて出来上がりです。

    沢庵 B
    たくあんときゅうりに胡麻油の風味をきかせた和風ナムルが出来上がりました~。たくあんだけでも美味しく召し上がれますが、身近な野菜を加えると彩りも良くなります。いつもと違うお漬物の味わいが楽しめますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏もも肉のサフランスープ煮<鮮やかな黄金色>
    鶏肉のサフランスープ煮 大
    パエリアやブイヤベースなどに欠かせないスパイス「サフラン」を使った煮込み料理のご紹介です~。本日は身近な食材を使う普段の日のおうちご飯です。水につけて色と香りを出し、炒めた鶏もも肉、玉ねぎ、にんじんと一緒にヴィヨンスープで煮込みます。味付けは香りソルト<イタリアンハーブミックス>だけ♪ 鮮やかな黄金色のスープと上品な香りと味わいがたまりません~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏もも肉220~240g  ・玉ねぎ(大)1/2個  ・にんじん7~8㎝  ・塩、胡椒適量
    ・ブロッコリー小房で6個  ・おろししょうが(チューブタイプ)小さじ1
    ・おろしにんにく(チューブタイプ)小さじ1/2
    鶏肉のサフランスープ煮 材料 鶏肉のサフランスープ煮 材料②
    <鶏もも肉のサフランスープ煮 水と調味料>
    ・水、またはぬるま湯500㏄  ・固形のコンソメンスープ1個  ・サフランひとつまみ
    ・ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>適量

    【下準備】
    1.ボウルに水500㏄とサフランひとつまみを入れ、20~30分置きます。
    鶏肉のサフランスープ煮 【下準備】① 鶏肉のサフランスープ煮 【下準備】②
    2.玉ねぎは櫛形、にんじんは乱切り、鶏もも肉はひと口大に切ります。
      ブロッコリーは下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って水気を切ります。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、中火で軽く塩、胡椒をふった鶏もも肉の両面を
      焼いて別皿に取ります。後で煮込むので完全に火が通っていなくても大丈夫です。
    鶏肉のサフランスープ煮 調理① 鶏肉のサフランスープ煮 調理②
    2.フライパンをキレイにしてオリーブオイルを熱し、おろししょうが(チューブタイプ)、
      おろしにんにく(チューブタイプ)を  入れて弱火で香り付けをします。

    3.香りが付けば、中火で玉ねぎとにんじんを炒めます。
    鶏肉のサフランスープ煮 調理③ 鶏肉のサフランスープ煮 調理④
    4.鶏もも肉を戻し入れてさっと炒め合わせ、サフランを溶かした水、固形のヴィヨン
      スープを入れてにんじんが柔らかくなるまで煮ます。

    5.ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>で味を調えます。
    鶏肉のサフランスープ煮 調理⑤ 鶏肉のサフランスープ煮 調理⑥
    6.味が調えばさって煮立てて火を止め、器に盛り付けます。ブロッコリーを添えて
      出来上がりです。

    鶏肉のサフランスープ煮 拡大
    鮮やかな黄金色をした鶏もも肉のサフランスープ煮が出来上がりました~。鶏もも肉のうま味とサフランやねりスパイスの風味がきいた深い味わいの煮込み料理です。ワインやビールなどのお酒にもピッタリです~♪

    鶏肉のサフランスープ煮 B
    おうちでいつも使う食材で作る普段のおかずも、スパイスさえあれぱバリエーションが広がります。パエリアやブイヤベース、サフランライス以外にもサフランの色合い、香りを楽しんで下さいね~♪おすすめのヘルシー料理です~。

    GABANサフラン<ホール>は貴重なスパイスです。黄金色の仕上がりと、ほのかで上品な香りが魅力です。10gのサフランを得るには1500本以上の花のめしべが必要、摘み取り等は手作業なのでとても高価なスパイスです。パエリア、ブイヤベース、サフランライスが代表的なお料理です。※色素は水溶性で油には溶けにくいので、あらかじめ水かお湯につけて色と香りと味を十分に出し、その水とともに使いましょう 。
    GABANサフラン<ホール> 説明用写真 ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>説明用写真
    味付けに使ったハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>はイタリア料理によく使われる、オレガノ、バジル、セージなどのハーブ、さらに塩とブラックペパーをバランスよくブレンド。1本でイタリアンな風味になるのでとても便利です。サラダ、チキンソテー、パスタなどにおすすめです。

    GABANサフラン<ホール>はハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手 ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪ 」でいただきました。美味しい煮込み料理が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    家バルおつまみの料理レシピ
    家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索

    副菜は「キャベツの黒胡椒サラダ」です。
    キャベツの黒胡椒サラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・キャベツ1/8個ぐらい  ・塩適量  ・粗びき黒胡椒適量
    キャベツの黒胡椒サラダ 材料 キャベツの黒胡椒サラダ 調味料
    【作り方】
    1.キャベツは食べやすい大きさにザク切り、または手でちぎります。
    2.カットしたキャベツは熱湯でさっと下ゆでしてザルにあげ、水気を切ります。
    3.器に粗熱の取れたキャベツを盛りつけ、塩、粗びき黒胡椒をふって出来上
      がりです。

    キャベツの黒胡椒サラダ B
    ゆでると甘みを増すキャベツをさっとゆでて、シンプルに塩と粗びき黒胡椒をふりました~。柔らかくて、ほど良い塩分が甘みを引き立ててお箸も進みます。お好みでポン酢やドレッシングをかけていただくもおすすめです~♪
    キャベツの黒胡椒サラダ 調味料
    味付けに使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

    もう一品は「竹輪としめじの七味ポン酢炒め<さっぱり♪>」です。
    竹輪七味 大
    身近な食材の竹輪(ちくわ)、しめじ、ピーマンを使って炒め物を作りました。味付けはさわやかな風味のポン酢、ピリッとした辛味と香りが楽しめるハウス七味唐がらしです。時間もかからず、カンタンに一品出来上がります。うま味のある竹輪、食感と香りが味わえるしめじにポン酢七味の風味がたまりません~。ご飯にもお酒にもぴったりの風味豊かな一品、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・竹輪2本  ・しめじ100g  ・ピーマン2個
    竹輪七味 材料 ハウス七味唐がらし 説明用写真ミツカン味ポン 説明用写真
    <竹輪としめじの七味ポン酢め 調味料>
    ・ハウス七味唐がらし適量  ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    【下準備】
    1.竹輪は斜め切り、ピーマンは細切りにします。
    2.しめじは石づきを取り小房に裂きます。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、中火でしめじ、ピーマン、竹輪の順に炒めます。
    竹輪七味 調理① 竹輪七味 調理②
    2.ポン酢醤油、七味唐がらしを加えて味を調えます。全体をさっと炒めて火を
      止め、器に盛りつけて出来上がりです。

    竹輪七味 B

    ちくわ、しめじ、ピーマンをさっと炒め、七味唐がらしとポン酢で味を調えた一品が出来上がりました~。うま味、食感、香りが味わえる家庭料理ならではの副菜です。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすすめです~♪
    ハウス七味唐がらし 説明用写真
    味付けに使ったハウス七味唐がらしは焙煎釜にて仕立てた深みのある色合いと香りの唐がらしなど7種類をブレンドした七味唐がらしです。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 竹輪としめじの七味ポン酢炒め<さっぱり♪>」です
    竹輪七味 大
    身近な食材の竹輪(ちくわ)、しめじ、ピーマンを使って炒め物を作りました。味付けはさわやかな風味のポン酢、ピリッとした辛味と香りが楽しめるハウス七味唐がらしです。時間もかからず、カンタンに一品出来上がります。うま味のある竹輪、食感と香りが味わえるしめじにポン酢七味の風味がたまりません~。ご飯にもお酒にもぴったりの風味豊かな一品、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・竹輪2本  ・しめじ100g  ・ピーマン2個
    竹輪七味 材料 ハウス七味唐がらし 説明用写真ミツカン味ポン 説明用写真
    <竹輪としめじの七味ポン酢め 調味料>
    ・ハウス七味唐がらし適量  ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    【下準備】
    1.竹輪は斜め切り、ピーマンは細切りにします。
    2.しめじは石づきを取り小房に裂きます。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、中火でしめじ、ピーマン、竹輪の順に炒めます。
    竹輪七味 調理① 竹輪七味 調理②
    2.ポン酢醤油、七味唐がらしを加えて味を調えます。全体をさっと炒めて火を
      止め、器に盛りつけて出来上がりです。

    竹輪七味 B

    ちくわ、しめじ、ピーマンをさっと炒め、七味唐がらしとポン酢で味を調えた一品が出来上がりました~。うま味、食感、香りが味わえる家庭料理ならではの副菜です。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすすめです~♪
    ハウス七味唐がらし 説明用写真
    味付けに使ったハウス七味唐がらしは焙煎釜にて仕立てた深みのある色合いと香りの唐がらしなど7種類をブレンドした七味唐がらしです。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • トマトと卵のオイスターソース炒め<マヨでふんわり>
    トマトと卵のオイスターソース炒め B
    トマトと卵の中華風炒め物のご紹介です~。甘酸っぱいトマトと食感の優しい卵、相性抜群の組み合わせですよね。今回は鶏がらスープ、オイスターソースで味付けをしました。ふんわりした卵にするにはマヨネーズを加えるのが一番♪ 溶き卵にマヨネーズを加えると加熱した際に卵が固くなるのを防ぎ、ふわふわの状態に仕上がります。カンタン、超速で美味しい卵料理が楽しめますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・トマト(大)1個   ・卵2個  ・マヨネーズ大さじ1 ・塩、胡椒適量
    トマトと卵のオイスターソース炒め 材料 トマトと卵のオイスターソース炒め 調味料
    <トマトと卵のオイスターソース炒め  調味料>
    ・顆粒の鶏がらスープ小さじ1/2  ・オイスターソース小さじ2

    【作り方】
    1.湯むきしたトマトを食べやすい大きさに切ります。
    トマトと卵のオイスターソース炒め 調理① トマトと卵のオイスターソース炒め 調理②
    2.ボウルに卵を割り入れ、マヨネーズ、塩、胡椒を加えて溶き卵にします。

    3.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れて中火で全体を混ぜ、半熟状の炒り卵
      にして別皿に取ります。卵のふんわり感を保つため、一旦取り出しました。
    トマトと卵のオイスターソース炒め 調理③ トマトと卵のオイスターソース炒め 調理④
    4.フライパンをキレイにして油を熱し、トマトを加えてさっと炒めます。

    5.炒り卵を戻し入れます。
    トマトと卵のオイスターソース炒め 調理⑤ トマトと卵のオイスターソース炒め 調理⑥
    6.鶏がらスープ、オイスターソースで味を調え、全体を炒め合わせて火を止め、
      器に盛り付けて出来上がりです。

    トマトと卵のオイスターソース炒め 拡大
    トマトと卵のオイスターソース炒めが出来上がりました~。マヨネーズを加えたふんわりした食感がたまりません~。今回は青みを加えず、トマトと卵だけで作りました、あっと言う間に一品出来上がりますよ~♪

    トマトと卵のオイスターソース炒め 大
    甘酸っぱいトマトとふんわり卵のコンビーネーションが絶妙です~。手早くできるトマトを使った炒め物、ご飯に乗せて丼で召し上がるのもおすすめです。炒める際にトマトが崩れても、トマトの甘みが調味料になってくれますよ~♪

    もう一品の副菜は「ほうれん草の塩昆布ナムル」です。
    ほうれん草塩昆布 大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パック位 ・にんじん5cm ・塩昆布適量 ・胡麻油小さじ1

    【下準備】
    1.水洗いしたほうれん草をさっと下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が取れたら
      水気をしっかり絞って、5~6cmの食べやすい長さに切ります。
    2.にんじんは細切りにして、ほうれん草と一緒に下ゆでします。

    【作り方】
    1.ボウルにほうれん草、にんじんを入れ、胡麻油を入れて混ぜます。
    2.塩昆布を加えて混ぜ合わせます。10分ほど置いて器に盛り付けて出来上がり
      です。味が薄いと思われる場合は少量の醤油を加えて下さい。

    ほうれん草塩昆布 B
    ほうれん草の塩昆布ナムルが出来上がりました~。ヘルシーなほうれん草に塩昆布のうま味と胡麻油の香りが加わり、さっぱりといただけます。メインをしっかりと引き立ててくれる副菜、おすするです~♪

    主菜は「牛バラ肉の中華風煮込み<青梗菜添え>」です。
    牛ばら肉中華風煮込み 大
    うま味たっぷりの牛バラ肉を使って中華風の煮込み料理を作りました~。牛バラ肉の塊(ブロック肉)を食べやすい大きさに切り、焼き色をつけてうま味をとじ込めたら圧力鍋で柔らかくします。あとは鶏がらスープや醤油、スターアニス(八角茴香)で風味を調えます。下ゆでした青梗菜と一緒に盛り付けると、おうちで本格的な中華料理の味わいが楽しめますよ~♪

    【材料(二人前)】
    ・牛バラ肉(塊)400g位 ・しょうが(薄切り)6~7枚 ・長ねぎの青い部分1本分
    ・青梗菜(大)1株  ・水溶き片栗粉適量  ・お好みで粗挽き黒胡椒適量
    牛ばら肉中華風煮込み 材料 牛ばら肉中華風煮込み 調味料
    <牛バラ肉の中華風煮込み 水と調味量>
    ・水200㏄  ・鶏がらスープ小さじ1  ・酒大さじ2  ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ2
    ・オイスターソース小さじ2  ・GABANスターアニス(八角茴香)1個 

    【作り方】
    1.常温に戻した牛バラ肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩・胡椒(分量外)をふります。
      フライパンに油を熱し、中火で牛バラ肉の全面に焼き色をつけます。
    牛ばら肉中華風煮込み 調理① 牛ばら肉中華風煮込み 調理②
    2.圧力鍋に水600㏄、しょうがの薄切り、長ねぎの青い部分を入れ、牛バラ肉を入れ、
      蓋をして火にかけます。20分加圧し、圧が下がるまで自然放置して取り出します。

    3.圧力鍋をキレイにするか、別鍋に<牛バラ肉の中華風煮込み 水と調味量>を
      入れて煮立てます。煮立てば牛バラ肉を加え、20分ぐらい煮ます。お肉に味が
      しみたら水溶き片栗粉でトロミをつけます。
    牛ばら肉中華風煮込み 調理③ 牛ばら肉中華風煮込み 調理④
    4.下ゆでした青梗菜を器に盛り付け、牛バラ肉を盛り付けます。煮汁をお肉にかけて
      出来上がりです。お好みで粗挽き黒胡椒をふります。

    牛ばら肉中華風煮込み B
    牛バラ肉の中華風煮込みが出来上がりました~。中華風の味付けをした煮汁に今回は八角(スターアニス)の風味を加えました。うま味と香り、どちらも味わえる一品です。牛バラ肉の代わりに、豚バラ肉でも美味しく召し上がれますよ~♪
    GABANスターアニス(八角) 説明用写真
    GABANスターアニス(八角茴香)<ホール>はフェンネルやアニスにも似た、甘さを感じる香味で、名の通り8つの実を放射状につけた独特の形をしています。香りが強いので、1個丸ごとではなく割って数片を使うのがおすすめです。豚肉や鴨料理、また川魚のくさみ取りなど、中国料理に広く使われるスパイスです。

    GABANスターアニス(八角茴香)<ホール>はハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 アツアツがおいしい♪グリル&煮込み料理」でいただきました。おいしい煮込み料理が出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    グリル&煮込み料理レシピ
    グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                          
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 牛バラ肉の中華風煮込み<青梗菜添え>
    牛ばら肉中華風煮込み 大
    うま味たっぷりの牛バラ肉を使って中華風の煮込み料理を作りました~。牛バラ肉の塊(ブロック肉)を食べやすい大きさに切り、焼き色をつけてうま味をとじ込めたら圧力鍋で柔らかくします。あとは鶏がらスープや醤油、スターアニス(八角茴香)で風味を調えます。下ゆでした青梗菜と一緒に盛り付けると、おうちで本格的な中華料理の味わいが楽しめますよ~♪

    【材料(二人前)】
    ・牛バラ肉(塊)400g位 ・しょうが(薄切り)6~7枚 ・長ねぎの青い部分1本分
    ・青梗菜(大)1株  ・水溶き片栗粉適量  ・お好みで粗挽き黒胡椒適量
    牛ばら肉中華風煮込み 材料 牛ばら肉中華風煮込み 調味料
    <牛バラ肉の中華風煮込み 水と調味量>
    ・水200㏄  ・鶏がらスープ小さじ1  ・酒大さじ2  ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ2
    ・オイスターソース小さじ2  ・GABANスターアニス(八角茴香)1個

    【作り方】
    1.常温に戻した牛バラ肉は食べやすい大きさに切り、軽く塩・胡椒(分量外)をふります。
      フライパンに油を熱し、中火で牛バラ肉の全面に焼き色をつけます。
    牛ばら肉中華風煮込み 調理① 牛ばら肉中華風煮込み 調理②
    2.圧力鍋に水600㏄、しょうがの薄切り、長ねぎの青い部分を入れ、牛バラ肉を入れ、
      蓋をして火にかけます。20分加圧し、圧が下がるまで自然放置して取り出します。

    3.圧力鍋をキレイにするか、別鍋に<牛バラ肉の中華風煮込み 水と調味量>を
      入れて煮立てます。煮立てば牛バラ肉を加え、20分ぐらい煮ます。お肉に味が
      しみたら水溶き片栗粉でトロミをつけます。
    牛ばら肉中華風煮込み 調理③ 牛ばら肉中華風煮込み 調理④
    4.下ゆでした青梗菜を器に盛り付け、牛バラ肉を盛り付けます。煮汁をお肉にかけて
      出来上がりです。お好みで粗挽き黒胡椒をふります。

    牛ばら肉中華風煮込み B
    牛バラ肉の中華風煮込みが出来上がりました~。中華風の味付けをした煮汁に今回は八角(スターアニス)の風味を加えました。うま味と香り、どちらも味わえる一品です。牛バラ肉の代わりに、豚バラ肉でも美味しく召し上がれますよ~♪
    GABANスターアニス(八角) 説明用写真
    GABANスターアニス(八角茴香)<ホール>はフェンネルやアニスにも似た、甘さを感じる香味で、名の通り8つの実を放射状につけた独特の形をしています。香りが強いので、1個丸ごとではなく割って数片を使うのがおすすめです。豚肉や鴨料理、また川魚のくさみ取りなど、中国料理に広く使われるスパイスです。

    GABANスターアニス(八角茴香)<ホール>はハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 アツアツがおいしい♪グリル&煮込み料理」でいただきました。おいしい煮込み料理が出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    グリル&煮込み料理レシピ
    グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                          
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ナスと豚バラのイタリアンハーブソテー<調味料一つ>
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 大
    ナスと相性抜群の豚肉(今回は豚バラ肉)を使って炒め物を作りました~。味付けはこれ一つでイタリアン風に仕上がるハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>です。柔らかいナスに豚バラ肉のうま味、風味豊かなハーブの香りがあわさっと食欲がそそります。青みとしてきぬさやを加えたので彩りもぐっと良くなりました。調味料一つで作る、ちょっと洋風の味わいがおすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・ナス(小)3個  ・豚バラ肉130~150g  ・きぬさや10枚ぐらい
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 材料① ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 材料②
    <ナスと豚バラのイタリアンハーブソテー 調味料>
    ・ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>適量

    【下準備】
    1.ナスは縦半分に切ってから斜め切りにして、水にさらしてアクを取ります。
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 【下準備】① ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 【下準備】②
    2.豚バラ肉は食べやすい大きさに切ります。
    3.きぬさやは下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って斜め半分に切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに少量ノオリーブオイルを熱します。
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理① ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理②
    2.中火で豚バラ肉を炒め、火が通れば別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにしてオリーブオイルを熱し、中火でナスを炒めます。
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理③ ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理④
    4.ナスが柔らかくなれば豚バラ肉を戻し入れ、きぬさやを加えてさっと炒めます。

    5.香りソルト<イタリアンハーブミックス>で味を調えます。
    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理⑤ ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 調理⑥
    6.全体に調味料の味がからむようにさっと炒め合わせて火を止め。器に盛り付けて
      出来上がりです。きぬさやに代えて、いんげんでも彩り良く仕上がります。

    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー 拡大
    ナスと豚バラのイタリアンハープソテーが出来上がりました~。豚バラのうま味が加わったトローとしたナスの美味しさがたまりません~。和風・中華風とはひと味違う、ハーブの香りがしっかりきいた味わいです~♪

    ナスと豚肉のイタリアンハープソテー B
    調味料一つでカンタンに出来るのもうれしいですよね。ビール、ワインにもぴったりのしっかりした味に仕上がります。相性の良い組み合わせなので、ぜひぜひ一度試してみて下さいね~♪
    ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス> 説明用写真
    味付けに使ったハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>はイタリア料理によく使われる、オレガノ、バジル、セージなどのハーブ、さらに塩とブラックペパーをバランスよくブレンド。1本でイタリアンな風味になるのでとても便利です。サラダ、チキンソテー、パスタなどにおすすめです。

    副菜は「りんごとマカロニのサラダ」です。
    りんごマカロニサラダ 大
    【材料】
    りんご、マカロニ、きゅうり、にんじん、ベーコン、レッドオニオン

    <粒マスタードドレッシング 調味料>
    ・粒マスタード小さじ1  ・サラダオイル大さじ1  ・酢大さじ1と1/2
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.マカロニをゆで、りんごなどのお好みの野菜を切り揃えます。
    2.ボウルに材料を入れ、粒マスタードドレッシングで和えて出来上がりです。

    りんごマカロニサラダ B
    りんごとマカロニのサラダが出来上がりました~。シャキシャキしたりんごと、マカロニ、野菜がバランスよく味わえます。今回はマヨネーズを使っていませんが、お好みでマヨネーズで和えても美味しくいただけますよ~♪

    ご飯は「キーマカレー<スパイシー♪>」です。
    キーマカレー 大
    玉ねぎなどの野菜やひき肉をじっくりと炒め、カレーパウダー、ガラムマサラ、レッドペパーなどで味を調えたスパイシーな「キーマカレー」を作りました~。あめ色になるまで炒めた玉ねぎの甘みがカレーの辛さをまろやかにしてくれます。食べ始めると、もうスプーンが止まりません~(笑) 残暑が続く今日この頃ですが、キーマカレーで元気もいただきました~♪

    【材料(三~四人前)】
    ・ひき肉(合びき)300g  ・たまねぎ(みじん切り)中2個  ・セロリ(みじん切り)中1本
    ・生姜(みじん切り)小さじ1  ・にんにく(みじん切り)小さじ1  ・ピーマン(みじん切り)2個
    ・にんじん(みじん切り)中1本  ・お好みでゆで卵2個
    ハウスカレーパウダー 説明用写真 GABANガラムマサラ 説明用写真
    <キーマカレー 水と調味料>
    ・固形のコンソメヴィヨン1個  ・白ワイン(または酒)大さじ2  ・カレーパウダー大さじ2
    ・ローリエ(月桂樹の葉)1枚  ・醤油小さじ2  ・トマトケチャップ大さじ1  ・塩、胡椒適量
    ・水600cc   ・お好みでガラムマサラ、レッドペパー適量

    【作り方】
    1.鍋に油を入れて熱し、中火でみじん切りした玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透き通って
      きたら弱火にして、焦がさないようにして「あめ色」になるまで炒めます。
    2.セロリ、しょうが、にんにくを加え、さらに5分位炒めます。ピーマン、にんじんも加えて、
      さっと炒め合わせます。
    キーマカレー 鍋
    3.ひき肉を加えてパラパラになるまで炒め、水、コンソメ、白ワイン、ローリエ、カレーパウ
      ダーを加えます。弱火にして鍋にあたらないよう、時々混ぜながら30分ほど煮ます。
    4.醤油、トマトケチャップ、塩、胡椒、お好みでガラムマサラ、レッドペパーを加え、全体に
      味をなじませて出来上がりです。

    キーマカレー B
    キーマカレーが出来上がりました~。スパイシーな香りとジューシーなひき肉、そして野菜が全部一体となった美味しさはキーマカレーならではの味わい です~♪

    ハウスカレーパウダー<顆粒>は厳選したスパイスを独自の配合でブレンドしたカレーパウダーです。振り出しやすい&混ぜやすい顆粒状なので、使い勝手も抜群です。※この製品はナトリウムを含まないので、食塩相当量は0gです。
    ハウスカレーパウダー 説明用写真 GABANガラムマサラ 説明用写真
    GABANガラムマサラ<パウダー>はカルダモン、ブラックペパー、クローブ、クミン、コリアンダー、シナモンなどが入ったミックススパイスです。ガラムはhot(熱い)、warm(温かい)、マサラは混合スパイスを挽いたものを意味します。料理の香味を増すために使われることが多く、カレーの仕上げや、野菜の炒め煮(サブジ)やヨーグルト風味のサラダなどがおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • キーマカレー<スパイシー♪>
    キーマカレー 大
    玉ねぎなどの野菜やひき肉をじっくりと炒め、カレーパウダー、ガラムマサラ、レッドペパーなどで味を調えたスパイシーな「キーマカレー」を作りました~。あめ色になるまで炒めた玉ねぎの甘みがカレーの辛さをまろやかにしてくれます。食べ始めると、もうスプーンが止まりません~(笑) 残暑が続く今日この頃ですが、キーマカレーで元気もいただきました~♪

    【材料(三~四人前)】
    ・ひき肉(合びき)300g  ・たまねぎ(みじん切り)中2個  ・セロリ(みじん切り)中1本
    ・生姜(みじん切り)小さじ1  ・にんにく(みじん切り)小さじ1  ・ピーマン(みじん切り)2個
    ・にんじん(みじん切り)中1本  ・お好みでゆで卵2個
    ハウスカレーパウダー 説明用写真 GABANガラムマサラ 説明用写真
    <キーマカレー 水と調味料>
    ・固形のコンソメヴィヨン1個  ・白ワイン(または酒)大さじ2  ・カレーパウダー大さじ2
    ・ローリエ(月桂樹の葉)1枚  ・醤油小さじ2  ・トマトケチャップ大さじ1  ・塩、胡椒適量
    ・水600cc   ・お好みでガラムマサラ、レッドペパー適量

    【作り方】
    1.鍋に油を入れて熱し、中火でみじん切りした玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透き通って
      きたら弱火にして、焦がさないようにして「あめ色」になるまで炒めます。
    2.セロリ、しょうが、にんにくを加え、さらに5分位炒めます。ピーマン、にんじんも加えて、
      さっと炒め合わせます。
    キーマカレー 鍋
    3.ひき肉を加えてパラパラになるまで炒め、水、コンソメ、白ワイン、ローリエ、カレーパウ
      ダーを加えます。弱火にして鍋にあたらないよう、時々混ぜながら30分ほど煮ます。
    4.醤油、トマトケチャップ、塩、胡椒、お好みでガラムマサラ、レッドペパーを加え、全体に
      味をなじませて出来上がりです。

    キーマカレー B
    キーマカレーが出来上がりました~。スパイシーな香りとジューシーなひき肉、そして野菜が全部一体となった美味しさはキーマカレーならではの味わい です~♪

    ハウスカレーパウダー<顆粒>は厳選したスパイスを独自の配合でブレンドしたカレーパウダーです。振り出しやすい&混ぜやすい顆粒状なので、使い勝手も抜群です。※この製品はナトリウムを含まないので、食塩相当量は0gです。
    ハウスカレーパウダー 説明用写真 GABANガラムマサラ 説明用写真
    GABANガラムマサラ<パウダー>はカルダモン、ブラックペパー、クローブ、クミン、コリアンダー、シナモンなどが入ったミックススパイスです。ガラムはhot(熱い)、warm(温かい)、マサラは混合スパイスを挽いたものを意味します。料理の香味を増すために使われることが多く、カレーの仕上げや、野菜の炒め煮(サブジ)やヨーグルト風味のサラダなどがおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 野菜たっぷりタンメン<ヘルシー&さっぱり>
    野菜たっぷりタンメン 大
    身近な野菜と豚こまを炒め、塩味の鶏がらスープで味を調えるタンメンを作りました~。関東以外ではなじみがあまり無いかも知れませんが、野菜がたっぷり摂れるヘルシーな麺料理です。お好みの具財を炒め、顆粒の鶏がらスープベースの出汁で煮込んでうま味をしみ込ませ、あとは麺に汁を注ぐだけ♪おうちでカンタンにさっと作れるさっぱりタンメン、おすすめです~。

    【野菜たっぷりタンメン 麺とトッピングの具材(二人分)】
    ・ラーメン用の中華麺2玉 ・豚こま80g
    ・キャベツ、もやし、にんじん、玉ねぎ、キクラゲ、青ねぎ(または長ねぎ)など適量
    野菜たっぷりタンメン 材料① 野菜たっぷりタンメン 材料②
    <野菜たっぷりタンメン 水と調味料>
    ・水1000cc  ・鶏がらスープ(顆粒)大さじ2  ・酒大さじ2  ・胡椒適量
    ・お好みで塩適量(スープの塩加減をみて加えて下さい)

    【下準備】
    1.鍋に<野菜たっぷりタンメン 水と調味料>を入れて煮立てておきます。
    野菜たっぷりタンメン 【下準備】① 野菜たっぷりタンメン 【下準備】②
    2.お好みの具材を用意し、食べやすい大きさに切ります。
      キクラゲを加える場合は水で戻しておいて下さい。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、豚こま、キクラゲ、玉ねぎ、にんじんを中火で炒めます。
    野菜たっぷりタンメン 調理① 野菜たっぷりタンメン 調理②
    2.キャベツ、もやしを加えて炒めます。

    3.用意しておいたスープ用の鍋に炒めた具材、青ねぎを入れて煮立てます。
    野菜たっぷりタンメン 調理③ 野菜たっぷりタンメン 調理④
    4.別鍋で中華麺を規定通りゆでます。

    5.麺をザルにあげて水気を切って丼に入れます。
    野菜たっぷりタンメン 調理⑤ 野菜たっぷりタンメン 調理⑥
    6.具材とスープ(汁)を麺にかけ、麺にスープをからめて出来上がりです。
      スープ(汁)の塩分は塩で調えて下さい。

    野菜たっぷりタンメン 拡大
    身近な具材(野菜)たっぷりのタンメンが出来上がりました~。味付けは塩味がベースなのでさっぱりしています。タンメンにはキクラゲの食感が欠かせないので、あればぜひぜひ加えて下さいね~♪

    野菜たっぷりタンメン B
    野菜を多く使うのでボリューム感も楽しめます。具材もヘルシーで身体に優しいタンメンです。鶏がらスープと豚こま、野菜のうま味が麺にからんで食べ出すと止まりません~(笑)女性、お子様には特におすすめです~♪

    副菜の一品目は「缶詰のイカと卵の炒め物」です。
    イカ缶炒り卵 大
    【材料(二人分)】
    ・イカ缶1缶  ・卵1個  ・にんじん5cm  ・あればブロッコリーの茎適量

    <缶詰のイカ缶と卵の炒め物 調味料>
    ・イカ缶の煮汁大さじ2  ・塩・胡椒適量

    【作り方】
    1.ブロッコリーの茎とにんじんは太めの拍子切りにしてから熱湯でさっと
      下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切ります。
    2.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れてよく混ぜ、半熟状の炒り卵にします。
    3.にんじん、ブロッコリーの芯、イカ缶の中身を加えて炒めます。
    4.具材に油がなじんだら、イカ缶の煮汁、塩、胡椒で味を調え、さっと炒め合わ
      せて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    イカ缶炒り卵 B
    柔らかいイカの缶詰と卵と身近な野菜ょさっと炒めた一品が出来上がりました~。うま味のしみたイカ缶の煮汁も使ったうま味も味わえる炒め物です。お酒にも合いますよ~♪

    もう一品は「竹輪ときゅうりの高菜漬け和え<胡麻風味>」です。
    たかな竹輪 大
    ピリッとした辛みと食感が美味しい高菜漬けを和え物にしていただきました。具材は竹輪(ちくわ)ときゅうりです。さっぱりした具材に高菜漬けのほど良い塩味、仕上げに加える胡麻油と煎り胡麻の風味が合わさってお箸も進みます。身近な食材と高菜漬けを組み合わせた風味がたまりません~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・高菜漬け60gぐらい  ・竹輪2本  ・きゅうり1/2本
    たかな竹輪 材料① たかな竹輪 材料②
    <竹輪ときゅうりの高菜漬け和え 酢調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・白煎り胡麻適量

    【作り方】
    1.高菜漬けは粗くみじん切りにします。竹輪は5㎜幅位の輪切りにします。
      きゅうりは輪切りにして塩少々をふり、しんなりすれば水気を絞ります。
    たかな竹輪 調理① たかな竹輪 調理②
    2.ボウルに高菜漬け、ちくわ、きゅうりを入れます。

    3.胡麻油、白煎り胡麻を加えて混ぜます。
    たかな竹輪 調理③ たかな竹輪 調理④
    4.器に盛りつけて出来上がりです。

    たかな竹輪 B
    高菜漬けの風味がきいた和え物が出来上がりました~。カンタンで、あっと言う間にできる一品です。高菜漬けの塩分がしっかりしているので、他の調味料はなくても美味しく召し上がれます。副菜としても、またお酒の肴にも合いますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 竹輪ときゅうりの高菜漬け和え<胡麻風味>
    たかな竹輪 大
    ピリッとした辛みと食感が美味しい高菜漬けを和え物にしていただきました。具材は竹輪(ちくわ)ときゅうりです。さっぱりした具材に高菜漬けのほど良い塩味、仕上げに加える胡麻油と煎り胡麻の風味が合わさってお箸も進みます。身近な食材と高菜漬けを組み合わせた風味がたまりません~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・高菜漬け60gぐらい  ・竹輪2本  ・きゅうり1/2本
    たかな竹輪 材料① たかな竹輪 材料②
    <竹輪ときゅうりの高菜漬け和え 酢調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・白煎り胡麻適量

    【作り方】
    1.高菜漬けは粗くみじん切りにします。竹輪は5㎜幅位の輪切りにします。
      きゅうりは輪切りにして塩少々をふり、しんなりすれば水気を絞ります。
    たかな竹輪 調理① たかな竹輪 調理②
    2.ボウルに高菜漬け、ちくわ、きゅうりを入れます。

    3.胡麻油、白煎り胡麻を加えて混ぜます。
    たかな竹輪 調理③ たかな竹輪 調理④
    4.器に盛りつけて出来上がりです。

    たかな竹輪 B
    高菜漬けの風味がきいた和え物が出来上がりました~。カンタンで、あっと言う間にできる一品です。高菜漬けの塩分がしっかりしているので、他の調味料はなくても美味しく召し上がれます。副菜としても、またお酒の肴にも合いますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏手羽元のレンジコチュジャン蒸し<カンタン美味>
    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 大
    コラーゲンとうま味たっぷりの鶏手羽元を使って、レンジだけで調理する料理のご紹介です。味付けは韓国の唐辛子味噌:コチュジャンにおろししょうが、おろしにんにく、中濃ソースで作ったタレをからめました。下味をつけ、レンジで火を通した鶏手羽元にタレをからめて再加熱するだけの超カンタン料理です。ガスコンロ、電磁調理器などの火を使わないうま味たっぷりの一品、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏手羽元4~6本  ・お好みでレタス適量
    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 材料 手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調味料
    <鶏手羽元 下味調味料>
    ・酒小さじ2  ・塩、胡椒適量  ・胡麻油小さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    <鶏手羽元のレンジコチュジャン蒸し タレ調味料>
    ・コチュジャン大さじ1と1/2  ・中濃ソース(またはウスターソース)大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・ハウスおろし生にんにく小さじ1/2

    【作り方】
    1.鶏手羽元は常温に戻し、水気をふき取ります。皮目に1箇所包丁を入れ
      (2cm幅位)、火の通りと身離れを良くします。
    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理① 手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理②
    2.ボウルに<鶏手羽元のレンジコチュジャン蒸し タレ調味料>を入れて混ぜます。

    3.耐熱皿に鶏手羽元を入れ、<鶏手羽元 下味調味料>を加えて混ぜます。
    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理③ 手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理④
    4.耐熱皿にラップをかけ、600Wの電子レンジで7分加熱します。
      レンジの性能、鶏手羽元の量で加熱時間を調整して下さい。

    5.レンジから取り出した鶏手羽元にタレをからめます。
    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理⑤ 手羽元のレンジコチュジャン蒸し 調理⑥
    6.耐熱皿に残る汁気をキッチンペーパーでふき取り、タレをからめた鶏手羽元を
      再度耐熱皿に移してラップはかけずに2~3分加熱して取り出します。レタスを
      敷いた皿に盛り付けて出来上がりです。

    手羽元のレンジコチュジャン蒸し 拡大
    鶏手羽元のレンジコチュジャン蒸しが出来上がりました~。コチュジャンのうま味とコクがしっかりからまった鶏手羽元の美味しさがたまりません~。あとを引く味わいの一品です。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    手羽元のレンジコチュジャン蒸し B
    鍋やフライパンを使うこともなく、レンジだけで作る蒸し料理です。調味料もコチュジャンさえあればシンプルそのものです。ねりスパイスを使うとカンタンにタレも作れます。ご飯にも、お酒にも合いますよ~♪

    タレと下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウスおろし生にんにく 説明用写真
    ハウス「おろし生にんにく」はすりおろしたにんにくの風味。素材をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜は「ほうれん草とわかめのナムル」です。
    ほうれん草とお揚げのナムル 大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パック  ・わかめ適量  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚  ・胡麻油小さじ1

    <ほうれん草とわかめのナムル 調味料>
    ・醤油小さじ1  ・砂糖小さじ1/2  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.ほうれん草はさっと下ゆでして冷水に放ち、水気をしっかり絞ってから
      食べやすい5~6cm位の長さに切ります。
    2.乾燥、または塩蔵わかめを水で戻し、食べやすい大きさに切ります。  
      お揚げ(油揚げ)はフライパンで両面に焼き色を付け、拍子切りにします。
    3.ボウルにほうれん草、わかめ、お揚げ(油揚げ)を入れ、胡麻油を加えて
      混ぜます。醤油、砂糖、塩で味を調え、器に盛り付けて出来上がりです。

    ほうれん草とお揚げのナムル B
    ほうれん草とわかめのナムルが出来上がりました~。ヘルシーな食材を三つを組み合わせたナムルです。胡麻の風味がきいて、さっぱりといただけますよ~。

    もう一品は「サラダパン<たくあんサンドのアレンジ版>」です。
    サラダパン 大
    滋賀県長浜市にある1951年創業の老舗パン屋さん、「つるやパン」の名物「サラダパン」をアレンジしました。サラダパンは刻んだたくあん(沢庵)をマヨネーズで和えてコッペパンにはさんだ惣菜パンです。たくあんのカリカリとして心地よい食感、マヨネーズのうま味とコクがきいたマイルドな味わいが楽しめます。今回は少し太めにきざんだたくあんと、からしバターを塗ったパンにはさんでいただきました~♪

    【材料 さらだパン2個分】
    ・お好みのたくあん(沢庵)適量  ・ホットドッグ用のパン2個(本来はコッペパンを使用) 
    ・からしバター適量  ・マヨネーズ適量
    サラダパン 材料① サラダパン 材料②

    【サラダパンの作り方】
    1.スライスしたたくあんを細切りにします(つるやパンのたくあんは千切りです)。
    サラダパン 調理① サラダパン 調理②
    2.ボウルにたくあん、マヨネーズを入れます。

    3.全体を混ぜ合わせます。
    サラダパン 調理③ サラダパン 調理④
    4.横から切り込みを入れたホットドッグ用のパンにマスタードバターを薄く塗り、
      3のたくあんをはさみます。
      お好みで付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。

    サラダパン B
    滋賀の名物、サラダパンが出来上がりました~。マヨネーズで和えたたくあんとパンの相性が抜群です。シンプルでマイルドな味わいがくせになりますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • サラダパン<たくあんサンドのアレンジ版>
    サラダパン 大
    滋賀県長浜市にある1951年創業の老舗パン屋さん、「つるやパン」の名物「サラダパン」をアレンジしました。サラダパンは刻んだたくあん(沢庵)をマヨネーズで和えてコッペパンにはさんだ惣菜パンです。たくあんのカリカリとして心地よい食感、マヨネーズのうま味とコクがきいたマイルドな味わいが楽しめます。今回は少し太めにきざんだたくあんと、からしバターを塗ったパンにはさんでいただきました~♪

    【材料 さらだパン2個分】
    ・お好みのたくあん(沢庵)適量  ・ホットドッグ用のパン2個(本来はコッペパンを使用) 
    ・からしバター適量  ・マヨネーズ適量
    サラダパン 材料① サラダパン 材料②

    【サラダパンの作り方】
    1.スライスしたたくあんを細切りにします(つるやパンのたくあんは千切りです)。
    サラダパン 調理① サラダパン 調理②
    2.ボウルにたくあん、マヨネーズを入れます。

    3.全体を混ぜ合わせます。
    サラダパン 調理③ サラダパン 調理④
    4.横から切り込みを入れたホットドッグ用のパンにマスタードバターを薄く塗り、
      3のたくあんをはさみます。
      お好みで付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。

    サラダパン B
    滋賀の名物、サラダパンが出来上がりました~。マヨネーズで和えたたくあんとパンの相性が抜群です。シンプルでマイルドな味わいがくせになりますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ナメタガレイの煮付け<クッキングシート活用>
    ナメタガレイの煮付け 大
    身が厚く、きめの細かいしっとりしたナメタガレイを煮付けでいただきました。今回の煮付けはクッキングシート落し蓋として使うだけでなく、鍋に敷いてその上にカレイをのせて煮ました。盛り付ける際の型崩れを防ぐことが出来ます。甘辛い煮汁としょうがの香り、柔らかい身の舌ざわりが楽しめます。ぜひぜひ、クッキングシートを活用して煮魚の美味しさを味わってみて下さいね~♪

    【材料(三人分)】
    ・カレイの切り身3枚  ・しょうが(薄切り)6~7枚ぐらい
    ・お好みでしょうがの千切り、焼きねぎ適量
    ナメタガレイの煮付け 材料 ナメタガレイの煮付け 調味料
    <カレイの煮付け 煮汁>
    ・水150㏄  ・酒100㏄  ・みりん大さじ3  ・醤油大さじ3  ・砂糖大さじ3

    【作り方】
    1.カレイの切り身を水でさっと洗って水気を切り、黒い皮側に十字の切り込みを入れます。
      しょうがは皮をむかずに薄切りにします。
    ナメタガレイの煮付け 調理① ナメタガレイの煮付け 調理②
    2.大きめの鍋、またはフライパンに<カレイの煮付け 煮汁>を入れ、円形に切ったクッキ
      ングシートを敷きます。しょうがとカレイの黒い皮側を上にして入れて火にかけます。

    3.煮立てばクッキングシートの中央に切り口を開けてのせ、中火よりやや弱火で15分ほど
      煮ます。
    ナメタガレイの煮付け 調理③ ナメタガレイの煮付け 調理④
    4.上のクッキングシートを外し、仕上げにおたまで煮汁を全体にすくいかけ、カレイの表面
      に照りを出します。火を止めて器に盛り付け、煮汁を少しかけて出来上がりです。
      お好みでしょうがの千切り、焼きねぎを添えます。  

    ナメタガレイの煮付け 拡大
    ナメタガレイの煮付けが出来上がりました~。子持ちのカレイは煮付けにするとうま味が増し、身が絹のような食感でとても美味しいです。上品で優しい味わいがたまりません~♪

    ナメタガレイの煮付け B
    煮魚の下にクッキングシートを敷くと、器に盛り付ける際にすっとすべるように移せます。クッキングシートごと持ち上げ、器に移してもOKです。煮魚を作る際はクッキングシートが強い味方になりますよ~♪

    副菜は「舞茸とかにかまの炒め物」です。
    舞茸とかにかまの炒めもの 大
    【材料(二人分)】
    ・舞茸(小)1パック  ・かにかま(フレークタイプ)1/2パック  ・きぬさや適量
    舞茸とかにかまの炒めもの 材料① 舞茸とかにかまの炒めもの 材料②
    <舞茸とかにかまの炒め物 調味料>
    ・酒大さじ1  ・顆粒の鶏がらスープ小さじ1/2  ・塩、胡椒ほんの少々

    【下準備】
    1.舞茸とかにかまは小房に裂きます。
    2.きぬさやは下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って斜め半分に切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、中火で舞茸を炒めます。
    舞茸とかにかまの炒めもの 調理① 舞茸とかにかまの炒めもの 調理②
    2.舞茸に火が通ればかにかまを加えてさっと炒め合わせます。酒、顆粒の鶏がら
      スープ、塩、胡椒で味を調え、さっと炒め合わせて火を止めます。
      器に盛りつけ、きぬさやを添えて出来上がりです。

    舞茸とかにかまの炒めもの B
    香りと食感が楽しめる舞茸にかにかまを加えた炒め物が出来上がりました~。超速でカンタンに出来る一品です。かにかまのうま味、風味もたまりません~♪

    もう一品は「豚しゃぶの胡麻ポンサラダ<さっぱり♪>」です。
    豚しゃぶサラダ 大
    薄切りの豚肉をしゃぶしゃぶにして、身近な野菜と一緒にサラダ感覚で味わう一品を作りました。タレは煎り胡麻を粗くすり、ポン酢、胡麻油、砂糖を加えた胡麻ポンドレッシングです。すり胡麻と胡麻油の風味、ポン酢のさわやかな味わいがからまって、さっぱりした豚しゃぶのうま味を引き立てます。身近な材料と調味料で作れるので、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肉(しゃぶしゃぶ用)150g位  ・出汁昆布5×10㎝角1枚  ・お好みの野菜

    <胡麻ポンドレッシング 材料と調味料>
    ・白煎り胡麻大さじ2  ・ポン酢醤油大さじ3  ・胡麻油小さじ2  ・砂糖小さじ1

    【作り方】
    1.白煎り胡麻を粗くすります。
    豚しゃぶサラダ 調理① 豚しゃぶサラダ 調理②
    2.ボウルか器にすり胡麻を入れ、ポン酢、胡麻油、砂糖を加えて混ぜます。

    3.鍋に水と出汁昆布を入れ、昆布出汁を用意します。昆布出汁が出来たら、豚肉を
      5~6枚ずつ入れてさっと泳がせ、火が通れば別皿に取ります。
    豚しゃぶサラダ 調理③ 豚しゃぶサラダ 調理④
    4.器に野菜を敷き、上に豚しゃぶをのせます。全体に<胡麻ポンドレッシング>を
      かけて出来上がりです。

    豚しゃぶサラダ B
    すり胡麻と胡麻油の風味、さわやかなポン酢を組み合わせたドレッシングでいただく豚しゃぶサラダが出来上がりました~。豚肉で夏の疲れをしっかり回復できる一品、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚しゃぶの胡麻ポンサラダ<さっぱり♪>
    豚しゃぶサラダ 大
    薄切りの豚肉をしゃぶしゃぶにして、身近な野菜と一緒にサラダ感覚で味わう一品を作りました。タレは煎り胡麻を粗くすり、ポン酢、胡麻油、砂糖を加えた胡麻ポンドレッシングです。すり胡麻と胡麻油の風味、ポン酢のさわやかな味わいがからまって、さっぱりした豚しゃぶのうま味を引き立てます。身近な材料と調味料で作れるので、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肉(しゃぶしゃぶ用)150g位  ・出汁昆布5×10㎝角1枚  ・お好みの野菜

    <胡麻ポンドレッシング 材料と調味料>
    ・白煎り胡麻大さじ2  ・ポン酢醤油大さじ3  ・胡麻油小さじ2  ・砂糖小さじ1

    【作り方】
    1.白煎り胡麻を粗くすります。
    豚しゃぶサラダ 調理① 豚しゃぶサラダ 調理②
    2.ボウルか器にすり胡麻を入れ、ポン酢、胡麻油、砂糖を加えて混ぜます。

    3.鍋に水と出汁昆布を入れ、昆布出汁を用意します。昆布出汁が出来たら、豚肉を
      5~6枚ずつ入れてさっと泳がせ、火が通れば別皿に取ります。
    豚しゃぶサラダ 調理③ 豚しゃぶサラダ 調理④
    4.器に野菜を敷き、上に豚しゃぶをのせます。全体に<胡麻ポンドレッシング>を
      かけて出来上がりです。

    豚しゃぶサラダ B
    すり胡麻と胡麻油の風味、さわやかなポン酢を組み合わせたドレッシングでいただく豚しゃぶサラダが出来上がりました~。豚肉で夏の疲れをしっかり回復できる一品、おすすめですよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏もも肉のバジルチーズ焼き<さわやか風味>
    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 大
    鶏もも肉(チキン)を使う定番料理のグリルチキン(チキンソテー)ですが、今回はドライバジル(ハーブ)と溶けるチーズをのせてレンジグリルで仕上げました。香ばしくカリッと焼いた鶏もも肉にさわやかなバジルの風味、チーズのうま味とコクが加わり、いつもとひと味違うチキンソテーが楽しめます。スパイスとチーズが鶏もも肉のうま味をしっかり引き出してくれますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏もも肉1枚(200~250g位) ・塩、胡椒適量  ・お好みの付け合せ野菜
    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 材料 鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調味料
    <鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調味料>
    ・GABANバジル適量  ・溶けるチーズ(スライスタイプ)2枚

    【作り方】
    1.鶏もも肉を広げ、肉の厚い部分に切り込みを入れ、半分にカットします。
    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理① 鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理②
    2.フライパンに少量の油を熱し、軽く塩、胡椒をした鶏もも肉の皮目から中火で
      焼きます。皮面がきつね色になったら返して、身側を焼き火を通します。
      
    3.耐熱板にクッキングシートを敷き、食べやすい大きさにカットした鶏もも肉をのせます。
    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理③ 鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理④
    4.鶏もも肉の上にバジルをふります。

    5.溶けるスライスチーズを半分に折り曲げ、バジルの上にのせます。
    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理⑤ 鶏もも肉のバジルチーズ焼き 調理⑥
    6.レンジグリル、またはオーブントースターでチーズに焼き色をつけて取り出します。
      お好みの付け合わせ野菜と一緒に器に盛りつけて出来上がりです。

    鶏もも肉のバジルチーズ焼き 拡大
    レンジグリルでチーズに焼き色をつけている写真です。フライパンでカリッと焼き上げた鶏もも肉(チキン)に、さわやかなバジルの風味と香ばしいチーズの風味が加わり、ジューシーな鶏もも肉のうま味をしっかりと味わえますよ~♪

    鶏もも肉のバジルチーズ焼き B
    鶏もも肉のバジルチーズ焼きが出来上がりました~。今回は鶏もも肉を使いましたが、鶏むね肉、豚ロース肉、白身魚、鮭のグリルなどなど、お好みの食材で試してみて下さいね~♪
    GABANバジル 説明用写真
    GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。

    副菜の一品目は「ハムとゴーヤの胡麻マヨ和え」です。
    ハムゴーヤ 大

    【材料(二人分)】
    ・ハム3枚  ・ゴーヤ(小)1/2本

    <ハムとゴーヤの胡麻マヨ和え 調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・マヨネーズ大さじ2  ・醤油小さじ1

    【作り方】
    1.ゴーヤは種を取り除き、縦半分にカットしてから3~4mm位の厚さに切ります。
      塩(分量外)をふって、少し置いてから水で洗います。鍋に熱湯を沸かし、ゴー
      ヤを入れて2分ほど下ゆでし、冷水にさらして粗熱を取り、水気を切ります。
    2.ボウルに拍子切りにしたハム、ゴーヤを入れます。
    3.胡麻油を加えて全体にからめて混ぜ、マヨネーズと醤油で味を調えます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    ハムゴーヤ B
    ほど良い苦味が美味しいゴーヤ、うま味のあるハムを組み合わせた和え物が出来上がりました~。胡麻マヨの風味とコクがゴーヤの美味しさを引き立ててくれます。ご飯にもお酒にも合う一品、おすすめです~♪

    もう一品は「竹輪とキャベツの麺つゆ黒胡椒炒め<ほど良い辛み>」です。
    竹輪キャベツ 大
    身近な食材の竹輪(ちくわ)とキャベツを使って超速で出来る副菜のご紹介です。味付けはかつお出汁のきいた麺つゆとキリッとした辛みの荒挽き黒胡椒です。材料をさっと炒め、麺つゆと黒胡椒で味を調えるだけ♪5分で一品出来上がります。竹輪のうま味とキャベツの甘みを風味豊かな調味料がしっかりと引き立ててくれます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・竹輪(ちくわ)2本  ・キャベツ(小)1/8個ぐらい
    竹輪キャベツ 材料 竹輪キャベツ 調味料
    <竹輪とキャベツの麺つゆ黒胡椒炒め 調味料>
    ・麺つゆ大さじ1  ・GABANブラックペッパー荒粗き(黒胡椒)適量

    【作り方】
    1.竹輪は縦半分に切ってから斜め切り、キャベツはザク切りにします。
    竹輪キャベツ 調理① 竹輪キャベツ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、中火でキャベツを炒めます。

    3.キャベツがしんなりしてきたら竹輪を加えて炒め合わせます。
    竹輪キャベツ 調理③ 竹輪キャベツ 調理④
    4.全体に油がなじんだら、麺つゆと荒挽き黒胡椒で味を調えます。
      強火でさっと炒め合わせて火を止め、器に盛り付け出来上がりです。

    竹輪キャベツ B
    身近な材料二つと調味料二つで作る副菜が出来上がりました。麺つゆと黒胡椒の風味がたまりません~。カンタン、超速で出来て、うま味も味わえます。ご飯にもお酒にも合いますよ~♪
    GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真
    味付けに使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                  ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 竹輪とキャベツの麺つゆ黒胡椒炒め<ほど良い辛み>
    竹輪キャベツ 大
    身近な食材の竹輪(ちくわ)とキャベツを使って超速で出来る副菜のご紹介です。味付けはかつお出汁のきいた麺つゆとキリッとした辛みの荒挽き黒胡椒です。材料をさっと炒め、麺つゆと黒胡椒で味を調えるだけ♪5分で一品出来上がります。竹輪のうま味とキャベツの甘みを風味豊かな調味料がしっかりと引き立ててくれます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・竹輪(ちくわ)2本  ・キャベツ(小)1/8個ぐらい
    竹輪キャベツ 材料 竹輪キャベツ 調味料
    <竹輪とキャベツの麺つゆ黒胡椒炒め 調味料>
    ・麺つゆ大さじ1  ・GABANブラックペッパー荒粗き(黒胡椒)適量

    【作り方】
    1.竹輪は縦半分に切ってから斜め切り、キャベツはザク切りにします。
    竹輪キャベツ 調理① 竹輪キャベツ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、中火でキャベツを炒めます。

    3.キャベツがしんなりしてきたら竹輪を加えて炒め合わせます。
    竹輪キャベツ 調理③ 竹輪キャベツ 調理④
    4.全体に油がなじんだら、麺つゆと荒挽き黒胡椒で味を調えます。
      強火でさっと炒め合わせて火を止め、器に盛り付け出来上がりです。

    竹輪キャベツ B
    身近な材料二つと調味料二つで作る副菜が出来上がりました。麺つゆと黒胡椒の風味がたまりません~。カンタン、超速で出来て、うま味も味わえます。ご飯にもお酒にも合いますよ~♪
    GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真
    味付けに使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                  ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 高菜漬けと豚こまの炒め物<炒り卵で彩りアップ>
    高菜と豚こま 大
    九州の代表的な漬物「高菜漬け」をメインにした炒め物のご紹介です~。今回はうま味のある豚こまに、いんげんと炒り卵を加えました。高菜漬けのほど良い塩分をそのままいかした味わいが楽しめます。胡麻油で炒めた具材の風味、彩り良く仕上がる炒り卵の優しい味は食欲をそそります。白ご飯にも、お酒にも合う炒め物が出来上がりました~♪一度試してみて下さいね。

    【材料と調味料(二人分)】
    ・高菜漬け50g位  ・豚こま(豚こま切れ肉)120~140gぐらい ・卵1個
    ・いんげん6~8本
    高菜と豚こま 材料② 高菜と豚こま 材料①
    <高菜漬けと豚こまの炒め物 調味料>
    ・顆粒の鶏がらスープほんの少々  ・酒大さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・お好みで醤油ほんの少々

    【下準備】
    1.高菜漬けはきざみ以外であれば食べやすい長さに切ります。
      いんげんは下ゆでして食べやすい長さに切ります。
    高菜と豚こま 【下準備】① 高菜と豚こま 【下準備】②
    2.お好みで豚こまを下ゆでして食べやすいひと口大に切ります。下ゆでせず、
      そのままひと口大に切ってもOKです。 

    【作り方】
    1.ボウルか器に卵を割り入れ、溶き卵にします。フライパンに油を熱し、溶き卵を加えて
      中火で半熟状にし、炒り卵を作って別皿に取ります。
    高菜と豚こま 調理① 高菜と豚こま 調理②
    2.フライパンをキレイにして胡麻油を熱し、高菜漬けを中火で香ばしく炒めます。

    3.豚こまを加えてさっと炒め合わせます。
    高菜と豚こま 調理③ 高菜と豚こま 調理④
    4.いんげんを加えて炒め合わせます。

    5.炒り卵を戻し入れ、顆粒の鶏がらスープ、酒、砂糖で味を調えます。薄く感じる場合は
      醤油を加えます。
    高菜と豚こま 調理⑤ 高菜と豚こま 調理⑥
    6.全体をさっと炒め合わせて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      高菜漬けの塩分に合わせて、鶏がらスープと醤油の量で味を調えて下さい。

    高菜と豚こま 拡大
    高菜漬けと胡麻油の風味が漂う炒め物が出来上がりました~。高菜漬けと豚こまのうま味があわさってお箸も進みます。普段は漬物として名脇役に徹する高菜漬けが主役に躍り出る一品です~♪

    高菜と豚こま B
    高菜漬けの塩分を調味料として使うので、カンタンに味付けが決まります。緑のいんげん、黄の炒り卵が加わると彩りもぐっと良くなります。しっかりした味わいでお弁当のおかずにもおすすめですよ~♪

    副菜の一品目は「切干し(千切り)大根とお揚げの煮物」です
    千切り大根 大
    【材料】
    ・切干し(千切り)大根30g  ・お揚げ(油揚げ)1枚  ・お好みできぬさや3枚

    <切干し(千切り)大根の煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁300cc  ・砂糖大さじ1  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ1  ・薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.切干し(千切り)大根は流水で洗い、水につけて20~30分間ほど置きます。
      大根の水気を絞り、食べやすい長さに切ります。
    2.お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。
    千切り大根 材料 千切り大根 調理
    3.鍋にお出汁と千切り(切干し)大根を入れて煮立てます。大根が柔らかくなればお揚げ
      を加え、砂糖、みりん、酒、薄口醤油で味を調えます。煮汁が半量位になるまで煮て火
      を止めます。器に盛り付け、お好みで下ゆでしたきぬさやを添えて出来上がりです。

    千切り大根 B
    切干し(千切り)大根とお揚げの煮物の出来上がりました~。しっとりと煮汁を含んだ大根の優しい味わいはやはり格別です。ヘルシーなおばんざいで気持ちも和みます~♪

    もう一品は「鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え<さっぱり♪>」です。
    鶏皮 大
    うま味のある鶏皮をフライパンでカリッカリッに焼き上げ、身近な野菜と一緒に柚子こしょうポン酢で和えました~。ほど良い辛みが味わえる柚子こしょう、さわやかなポン酢が鶏皮の美味しさを引き立ててくれます。家計にも優しくて、コラーゲンもっぷり♪お酒との相性も抜群です。おうちでカンタンに居酒屋の味が楽しめますよ~(笑)一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏皮4~5枚  ・きゅうり1/2本  ・長ねぎ2/3本
    鶏皮 材料① 鶏皮 材料②
    <鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え 調味料>
    ・ハウス本きざみ粗切り柚子こしょう適量 ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.ボウルか器に<鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え 調味料>を入れて混ぜます。
    鶏皮 調理① 鶏皮 調理②
    2.フライパンに油は入れずに鶏皮を入れ、中火で焼きます。自然と鶏皮から脂が出てきます。
      キッチンペーパーで脂を取りながらカリカリになるまで焼き揚げ、焼ければキッチンペーパー
      にのせて余分な脂を切ります。

    3.きゅうりと長ねぎは縦半分に切ってから斜め切りにします。ボウルにひと口大に切った鶏皮、
      長ねぎ、きゅうりを入れます。
    鶏皮 調理③ 鶏皮 調理④
    4.<鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え 調味料>を加えて混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

    鶏皮 B
    カリカリの鶏皮を風味豊かに味わえる「鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え」が出来上がりました~。ピリッとくる柚子こしょうとポン酢の香り立ちがたまりません~。きゅうりと長ねぎの相性も抜群♪ さっぱりした柚子ポンで召し上がってみて下さいね~。
    ハウス【本きざみ】粗切り柚子こしょう 説明用写真
    ハウス本きざみ粗切り柚子こしょうは粗く大きくきざんだ黄柚子皮のつぶつぶ食感が味わえる、のっけて食べる薬味ですチキンソテー、焼き鳥、焼き魚、冷奴、餃子、鍋ものなどにおすすめ。塩味ひかえめ、無着色です。

    ハウス本きざみ粗切り柚子こしょうはハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 和のスパイスで香り立つ春の和食レシピ」でいただきました。美味しい和え物が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    春の和食料理レシピ
    春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え<さっぱり♪>
    鶏皮 大
    うま味のある鶏皮をフライパンでカリッカリッに焼き上げ、身近な野菜と一緒に柚子こしょうポン酢で和えました~。ほど良い辛みが味わえる柚子こしょう、さわやかなポン酢が鶏皮の美味しさを引き立ててくれます。家計にも優しくて、コラーゲンもっぷり♪お酒との相性も抜群です。おうちでカンタンに居酒屋の味が楽しめますよ~(笑)一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏皮4~5枚  ・きゅうり1/2本  ・長ねぎ2/3本
    鶏皮 材料① 鶏皮 材料②
    <鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え 調味料>
    ・ハウス本きざみ粗切り柚子こしょう適量 ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.ボウルか器に<鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え 調味料>を入れて混ぜます。
    鶏皮 調理① 鶏皮 調理②
    2.フライパンに油は入れずに鶏皮を入れ中火で焼きます。自然と鶏皮から脂が出てきます。
      キッチンペーパーで脂を取りながらカリカリになるまで焼き揚げ、焼ければキッチンペー
      パーにのせて余分な脂を切ります。

    3.きゅうりと長ねぎは縦半分に切ってから斜め切りにします。ボウルにひと口大に切った
      鶏皮、長ねぎ、きゅうりを入れます。
    鶏皮 調理③ 鶏皮 調理④
    4.<鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え調味料>を加えて混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

    鶏皮 B
    カリカリの鶏皮を風味豊かに味わえる「鶏皮ときゅうりの柚子ポン和え」が出来上がりました~。ピリッとくる柚子こしょうとポン酢の香り立ちがたまりません~。きゅうりと長ねぎの相性も抜群♪ さっぱりした柚子ポンで召し上がってみて下さいね~。
    ハウス【本きざみ】粗切り柚子こしょう 説明用写真
    ハウス本きざみ粗切り柚子こしょうは粗く大きくきざんだ黄柚子皮のつぶつぶ食感が味わえる、のっけて食べる薬味ですチキンソテー、焼き鳥、焼き魚、冷奴、餃子、鍋ものなどにおすすめ。塩味ひかえめ、無着色です。

    ハウス本きざみ粗切り柚子こしょうはハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 和のスパイスで香り立つ春の和食レシピ」でいただきました。美味しい和え物が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    春の和食料理レシピ
    春の和食料理レシピ  スパイスレシピ検索

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ローストポーク<つぶマスタードソース>
    ローストポーク粒マスタードソース 大
    ほど良いうま味が味わえる豚肩ロースのブロック(塊)肉を使ったローストポークのご紹介です~。ソースはマイルドな辛さのつぶ入りマスタード、トマトケチャップ、ウスターソースに荒挽きの黒胡椒を加えた身近な調味料で作りました。カリッと焼き上げたお肉はジューシーで、さわやかなソースとの相性も抜群です。風味豊かなカンタンローストポーク、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肩ロース肉のブロック(350~400g位) ・塩適量 ・黒胡椒(できれば荒挽き)適量
    ・あればGABANローズマリー適量  ・お好みの付け合せ野菜
    ローストポーク粒マスタードソース 材料 ローストポーク粒マスタードソース 調味料
    <つぶマスタードソース 調味料>
    ・トマトケチャップ大さじ1  ・ウスターソース大さじ1と1/2  ・荒挽き黒胡椒適量
    ・ハウスつぶ入りマスタード小さじ2

    【作り方】
    1.豚肩ロース肉は冷蔵庫から出して室温で常温に戻します(30~60分ぐらい)。
      お肉にしっかり塩、黒胡椒をふり、20~30分置きます。
    ローストポーク粒マスタードソース 調理① ローストポーク粒マスタードソース 調理②
    2.フライパンに油を熱し、豚肩ロース肉の全面に焼き色をつけます。

    3.オーブンの天板にクッキングシートか、アルミホイルを敷き、豚肉をのせます。
      あればお好みでローズマリーを適量ふります。
    ローストポーク粒マスタードソース 調理③ ローストポーク粒マスタードソース 調理④
    4.220℃に余熱したオーブンに入れ、20分~30分ほど焼き上げます。
      お肉の重量によって焼き上げる時間を調整して下さい。

    5.その間にボウルか器に<つぶマスタードソース 調味料>を入れて混ぜます。
    ローストポーク粒マスタードソース 調理⑤ ローストポーク粒マスタードソース 調理⑥
    6.お肉に竹串を刺し、透明な肉汁が出てくれぱ中まで火が通っています。粗熱を取り、
      肉汁を切って食べやすい厚さに切ります。付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付け、
      <つぶマスタードソース 調味料>をかけて出来上がりです。

    ローストポーク粒マスタードソース 拡大①
    塩、胡椒、ローズマリーの風味をきかせたローストポークを焼き上げ中の写真です~。調味液に長時間漬け込んだりしない超カンタンバージョンですが、豚肩ロースのうま味を塩とスパイスがしっかり引き立ててくれますよ~♪

    ローストポーク粒マスタードソース B
    ローストポークとケチャップ・ウスターソースのコクにさわやかなつぶ入りマスタードと黒胡椒の合わさったソースが絶妙です。お肉本来の味わいが楽しめてボリューム感もたっぷりです。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    ハウスつぶ入りマスタードはりんご酢とワインビネガーの風味を生かしたマイルドな辛さ。からし種の食感がアクセントです。無着色なので素材本来の色と風味が味わえます。風味豊かでつぶつぶ食感が楽しいスパイスです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」です。
    ハウスつぶ入りマスタード 説明用写真 GABANローズマリー 説明用写真
    GABANローズマリーは短い松葉のような葉の独特な姿をしています。甘い芳香とほろ苦さが、料理ができあがった後も残っています。肉のくさみ消しによく使われますが、私たち日本人が使う場合は、むしろローズマリーの香味を楽しみたいときに使うことが多いようです。

    ハウスつぶ入りマスタードはハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手 スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ」でいただきました。美味しいステーキが出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    さわやか風味の料理レシピ
    さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索

    汁物は「豆腐とえのき茸のスープ」です。
    豆腐えのきスープ 大
    【材料(二人分)】
    ・豆腐1/4丁  ・えのき茸1/2パック  ・にんじん少々  ・長ねぎ1/2本

    <豆腐とえのき茸のスープ 水と調味料>
    ・顆粒のコンソメスープ小さじ2を水500㏄で溶いたスープ  ・醤油大さじ1/2
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.えのき茸は根元の部分をきれ落とし、さらに半分に切ります。豆腐はひと口ぐらい、
      にんじんは拍子切り、長ねぎは斜め切りにします。
    2.鍋に<豆腐とえのき茸のスープ 水と調味料>を入れて火にかけ、豆腐、えのき茸、
      にんじん、ねぎを入れて煮立てます。
    3.具材に火が通れば火を止め、器に注いて出来上がりです。

    豆腐えのきスープ B
    ヘルシーな豆腐とえのき茸に身近な野菜を加えたスープが出来上がりました~。野菜たっぷりの栄養バランスがとても良いスープです。さっぱりした味わいが楽しめますよ~♪

    副菜は「鮭とみょうがのサラダ<ごまポンドレッシング>」です。
    ネギ鮭サラダ 大
    うま味たっぷりの焼き鮭にみょうが、長ねぎ、きゅうりを加えてサラダを作りました~。ドレッシングはさわやかなポン酢醤油、風味豊かなごま油、おだやかな辛みのホワイトペパーです。鮭とシャキッとした歯ざわりの良い野菜の相性もバッチリです。風味がしっかりした
    ドレッシングでお箸(フォーク)で進みます。鮭の切り身1枚で出来るおすすめサラダです~♪

    【材料(二人分)】
    ・塩鮭の切り身1枚 ・みょうが1個  ・青ねぎ2/3本  ・きゅうり1/2本
    ネギ鮭サラダ 材料① ネギ鮭サラダ 材料②
    <ごまポンドレッシング 調味料>
    ・ポン酢醤油大さじ1と1/2  ・ごま油小さじ2  ・GABANホワイトペパー適量

    【下準備】
    魚焼きグリル、オーブン、レンジグリルなどで塩鮭を香ばしく焼き上げ、骨、皮を
    除いて身をほぐします。今回はレンジグリルで焼き上げました。

    【作り方】
    1.器かボウルに<ごまポンドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    ネギ鮭サラダ 調理① ネギ鮭サラダ 調理②
    2.みょうがは千切り、長ねぎは斜め切り、きゅうりは縦半分に切って斜め切りにします。

    3.ボウルにみょうが、長ねぎ、きゅうり、焼き鮭を入れます。
    ネギ鮭サラダ 調理③ ネギ鮭サラダ 調理④
    4.ごまポンドレッシングを加え混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。
      
    ネギ鮭サラダ B
    塩鮭(焼き鮭)と身近な野菜のサラダが出来上がりました~。さっぱりした中にうま味を感じさせてくれる一品です。ドレシングもカンタンに出来ます。お酒の肴としてもおすすめです~♪
    GABANホワイトペパー<パウダー> 説明用写真
    GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 焼き鮭とみょうがのサラダ<ごまポンドレッシング>
    ネギ鮭サラダ 大
    うま味たっぷりの焼き鮭にみょうが、長ねぎ、きゅうりを加えてサラダを作りました~。ドレッシングはさわやかなポン酢醤油、風味豊かなごま油、おだやかな辛みのホワイトペパーです。鮭とシャキッとした歯ざわりの良い野菜の相性もバッチリです。風味がしっかりした
    ドレッシングでお箸(フォーク)で進みます。鮭の切り身1枚で出来るおすすめサラダです~♪

    【材料(二人分)】
    ・塩鮭の切り身1枚 ・みょうが1個  ・青ねぎ2/3本  ・きゅうり1/2本
    ネギ鮭サラダ 材料① ネギ鮭サラダ 材料②
    <ごまポンドレッシング 調味料>
    ・ポン酢醤油大さじ1と1/2  ・ごま油小さじ2  ・GABANホワイトペパー適量

    【下準備】
    魚焼きグリル、オーブン、レンジグリルなどで塩鮭を香ばしく焼き上げ、骨、皮を
    除いて身をほぐします。今回はレンジグリルで焼き上げました。

    【作り方】
    1.器かボウルに<ごまポンドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    ネギ鮭サラダ 調理① ネギ鮭サラダ 調理②
    2.みょうがは千切り、長ねぎは斜め切り、きゅうりは縦半分に切って斜め切りにします。

    3.ボウルにみょうが、長ねぎ、きゅうり、焼き鮭を入れます。
    ネギ鮭サラダ 調理③ ネギ鮭サラダ 調理④
    4.ごまポンドレッシングを加え混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。
      
    ネギ鮭サラダ B
    塩鮭(焼き鮭)と身近な野菜のサラダが出来上がりました~。さっぱりした中にうま味を感じさせてくれる一品です。ドレシングもカンタンに出来ます。お酒の肴としてもおすすめです~♪
    GABANホワイトペパー<パウダー> 説明用写真
    GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • しらたきと竹輪の一味きんぴら<辛みがうま味に>
    しらたきと竹輪のきんぴら 大
    低カロリーでヘルシーなしらたき(糸こんにゃく)、身近な食材の竹輪といんげん(三度豆)できんぴらを作りました。味付けはいつもの調味料+鷹の爪(赤唐辛子)ではなく、一味唐がらしを使いました。一味のほど良い辛みと香味でうま味がぐっと増します。身近な食材と調味料でカンタンに出来る一品です。いんげんを加えることで彩りアップにもなりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・しらたき(糸こんにゃく)1/2パック位  ・竹輪(小)2本  ・白煎り胡麻適量  
    しらたきと竹輪のきんぴら 材料① しらたきと竹輪のきんぴら 材料②
    <しらたきと竹輪の一味きんぴら 調味料>
    ・薄口醤油小さじ2 ・みりん小さじ2 ・砂糖小さじ1 ・酒大さじ1  ・水大さじ1
    ・顆粒のかつお出汁ほんの少々  ・ハウス一味唐がらし適量

    【下準備】
    1.しらたきは食べやすい長さに切り、鍋に水と一緒に入れます。中火にかけて煮たっ
      たらザルに上げ、しっかり水気を切ります。アク抜き不要のしらたきの場合は、食べ
      やすい長さに切って水洗いします。
    2.いんげんは下ゆでして食べやすい長さに切ります。

    【作り方】
    1.竹輪はお好みの形に切ります(今回は小口切りにしました)。
    しらたきと竹輪のきんぴら 調理① しらたきと竹輪のきんぴら 調理②
    2.鍋に胡麻油を熱し、しらたきと竹輪を炒めます。

    3全体に油がなじんだら、<しらたきと竹輪の一味きんぴら 調味料>、白煎り胡麻、
      一味唐からしを加え、からめるようにして炒めます。
    しらたきと竹輪のきんぴら 調理③ しらたきと竹輪のきんぴら 調理④
    4.気がなくなる直前に火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    しらたきと竹輪のきんぴら 拡大
    しらたきと竹輪の一味きんぴらが出来上がりました~。甘辛の味付けはご飯にもお酒にも合います。ヘルシーなしらたきはダイエットにもおすすめです~♪

    しらたきと竹輪のきんぴら B
    しらたきのツルンとした食感がたまりません~。一味の辛みがうま味をしっかり引き出してくれます。身近な食材と調味料でカンタンに出来て、お箸も進みます~。ぜひぜひ、うま味と食感をぜひ味わってみて下さいね~♪
    ハウス一味唐がらし 説明用写真
    ハウス一味唐がらしは刺激的な辛さが特徴です。英語では“hot”と表現する、口の中がカッと熱くなるような辛さが特徴の赤唐辛子。辛味だけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果も大きいスパイスです

    もう一品の副菜は「トマトとしらすのサラダ<ポン酢黒胡椒ドレッシング>」です。
    しらすトマト 大
    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・しらす大さじ3  ・きゅうり1/3本
    しらすトマト 材料 しらすトマト 調味料
    <ポン酢黒胡椒ドレッシング 調味料>
    ・ポン酢醤油大さじ1と1/2 ・オリーブオイル大さじ1 ・GABANブラックペッパー荒挽適量

    【下準備】
    ボウルか器に<ポン酢黒胡椒ドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.トマトはお好みで湯むきしてから食べやすい大きさに切ります。
      きゅうりは縦半分に切ってから斜め切りにします。
    しらすトマト 調理① しらすトマト 調理②
    2.ボウルにトマト、きゅうり、しらすを入れ、ポン酢黒胡椒レッシングを加えて
      さっと混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

    しらすトマト B
    甘酸っぱいトマト、甘みのあるしらすのサラダが出来上がりました~。さわやかなポン酢にオリーブオイルのコク、ピリ辛な黒胡椒のきりりとした香りがさわさってさっはり感のあるサラダです。しらすはサラダでいただいても美味しいですよ~♪
    GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真
    ドレッシングに使ったギャバン(GABAN)のブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

    主菜は「アブラガレイのバジルフライ<上品な風味>」です。
    アブラガレイのバジルフライ 大
    回転寿司のエンガワ(縁側)として広く使われているアブラガレイですが、身は脂がのって柔らかく、口の中で溶ける食感が味わえます。今回はさわやかな風味のバジル(ドライ)をふってフライでいただきました。脂のうま味と上品な身の味わいをバジルがしっかり引き出してくれます。とろけるような味わいでアブラガレイならではの美味しさが楽しめますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・アブラガレイの切り身適量(250gぐらい)  ・お好みの付け合せ野菜
    ・フライ衣(小麦粉適量、溶き卵1/2個、パン粉適量)
    アブラガレイのバジルフライ 材料 アブラガレイのバジルフライ 調味料
    <アブラガレイのフライ 味付け調味料>
    ・GABANバジル適量  ・GABANホワイトペパー<パウダー>

    【作り方】
    1.アブラガレイの切り身を食べやすい大きさに切ります。
    アブラガレイのバジルフライ 調理① アブラガレイのバジルフライ 調理②
    2.両面にバジル、ホワイトペパー(胡椒)をふります。
      アブラガレイの切り身(フィレ)には塩分がついているので塩は不要です。

    3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
    アブラガレイのバジルフライ 調理③ アブラガレイのバジルフライ 調理④
    4.油温を170度位に熱し、アブラガレイを入れてカリッと揚げます。油をしっかり切り、
      お好みの付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
      
    アブラガレイのバジルフライ 拡大
    アブラガレイのバジルフライが出来上がりました~。柔らかい身にバジルの風味がきいて、うま味たっぷりのフライです。これまでアブラガレイをソテーしたり、煮付けにしていつも身が溶けてパラパラになっていましたが、フライが一番調理しやすいですよ~♪

    GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。
    GABANバジル 説明用写真 GABANホワイトペパー 説明用写真
    GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • アブラガレイのバジルフライ<上品な風味>
    アブラガレイのバジルフライ 大
    回転寿司のエンガワ(縁側)として広く使われているアブラガレイですが、身は脂がのって柔らかく、口の中で溶ける食感が味わえます。今回はさわやかな風味のバジル(ドライ)をふってフライでいただきました。脂のうま味と上品な身の味わいをバジルがしっかり引き出してくれます。とろけるような味わいでアブラガレイならではの美味しさが楽しめますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・アブラガレイの切り身適量(250gぐらい)  ・お好みの付け合せ野菜
    ・フライ衣(小麦粉適量、溶き卵1/2個、パン粉適量)
    アブラガレイのバジルフライ 材料 アブラガレイのバジルフライ 調味料
    <アブラガレイのフライ 味付け調味料>
    ・GABANバジル適量  ・GABANホワイトペパー<パウダー>

    【作り方】
    1.アブラガレイの切り身を食べやすい大きさに切ります。
    アブラガレイのバジルフライ 調理① アブラガレイのバジルフライ 調理②
    2.両面にバジル、ホワイトペパー(胡椒)をふります。
      アブラガレイの切り身(フィレ)には塩分がついているので塩は不要です。

    3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
    アブラガレイのバジルフライ 調理③ アブラガレイのバジルフライ 調理④
    4.油温を170度位に熱し、アブラガレイを入れてカリッと揚げます。油をしっかり切り、
      お好みの付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
      
    アブラガレイのバジルフライ 拡大
    アブラガレイのバジルフライが出来上がりました~。柔らかい身にバジルの風味がきいて、うま味たっぷりのフライです。これまでアブラガレイをソテーしたり、煮付けにしていつも身が溶けてパラパラになっていましたが、フライが一番調理しやすいですよ~♪

    GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。
    GABANバジル 説明用写真 GABANホワイトペパー 説明用写真
    GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまと玉ねぎの花椒しょうが焼き<山椒風味>
    豚こまの花椒しょうが焼き 大
    節約料理の食材王「豚こま」を使ったしょうが焼きですが、今回はいつもの甘辛のタレに花椒(ホアジャオ)を加えました。さわやかなしょうがの風味とピリッとした辛味の花椒、お肉のうま味をしっかり引き出してくれます。玉ねぎやいんげんと一緒に炒めた豚こまに風味豊かなタレがからんでご飯にぴったりのおかずです。いつもとひと味違うしょうが焼きの美味しさが楽しめますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)200gぐらい ・玉ねぎ1/2個  ・いんげん6~8本
    ・お好みの付け合せ野菜
    豚こまの花椒しょうが焼き 材料① 豚こまの花椒しょうが焼き 材料②
    <花椒しょうが焼き タレ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2  ・GABAN花椒適量

    【下準備】
    1.いんげんは下ゆでして食べやすい長さに切ります。玉ねぎは繊維と逆方向
      に幅0.7~0.8mm位に切ります。
    豚こまの花椒しょうが焼き 【下準備】① 豚こまの花椒しょうが焼き 【下準備】②
    2.ボウルか器に<花椒しょうが焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.お好みで豚こまを下ゆでして食べやすいひと口大に切ります。下ゆでせず、
      そのままひと口大に切ってもOKです。
    豚こまの花椒しょうが焼き 調理① 豚こまの花椒しょうが焼き 調理②
    2.フライパンに油を熱し、中火で玉ねぎを炒め、別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、下ゆでした豚こまを中火でさっと炒めます。
    豚こまの花椒しょうが焼き 調理③ 豚こまの花椒しょうが焼き 調理④
    4.いんげんを加え、豚こまを戻し入れてさっと炒め合わせます。

    5.<花椒しょうが焼き タレ調味料>を回し入れます。
    豚こまの花椒しょうが焼き 調理⑤ 豚こまの花椒しょうが焼き 調理⑥
    6.全体を炒め合わせ、照りと濃度が出たら火を止めます。
      付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付け、タレをかけて出来上がりです。

    豚こまの花椒しょうが焼き 拡大
    さわやかなしょうがの風味、花椒の辛味が一緒に味わえる花椒しょうが焼きが出来上がりました~。いつものしょうが焼きに比べると味に深みが加わり、ご飯にぴったりの炒め物に仕上がりますよ~♪

    豚こまの花椒しょうが焼き B
    タレと野菜を用意すれば、炒めてタレをからめるだけであっと言う間にメインの料理が出来上がります。チューブタイプのおろしょうがを使うと、さらにカンタン、超速で出来上がりますよ~♪

    タレに使ったGABAN花椒<パウダー>はピリッとした辛みとさわやかな香りを持つ中国産山椒です。麻婆豆腐、野菜炒めなどによく使われます。花椒(日本語読みで「かしょう」、中国語読みでは「ホアジャオ」)別名:チャイニーズペパーとも呼ばれます。
    GABAN花椒 説明用写真 ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    ハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

    副菜の一品目は「コーンとしめじのチーズ焼き」です。
    コーンとしめじのチーズ焼き 大

    【材料(二人分)】
    ・コーン缶1/2缶  ・しめじ1/4パック  ・ゆでたブロッコリー4個
    ・塩、胡椒適量  ・溶けるチーズ適量  ・お好みでパセリのみじん切り適量

    【作り方】
    1.しめじは石づきを取り、小房に分けます。
    2.フライパンに油を熱し、中火でしめじ、コーンの順に炒め、塩、胡椒で味を調えます。
    3.耐熱皿に炒めたコーンとしめじを入れ、ゆでたブロッコリーを添えて溶けるチーズを
      のせます。
    4.オープントースターでチーズに焼き色をつけて出来上がりです。
      お好みでパセリのみじん切りをふります。
      
    コーンとしめじのチーズ焼き B
    缶詰のコーンとしめじを炒め、溶けるチーズをのせてオープントースターで焼き上げました~。身近な食材を使ってカンタンに出来る一品です。副菜として、またお酒の友としてもおすすめです~♪

    もう一品は「たたききゅうりの明太子和え<うま辛の味わい>」です。
    明太きゅうり 大
    うま味とプチプチした食感が楽しめる、ちょっとピリ辛の明太子を使った和え物のご紹介です~。明太子がからみやすいよう、たたききゅうりにして、ほぐした明太子に少量の酒を加えて和えるだけです。パパッと出来て、あと一品何にしようかな、と悩んだ時は超おすすめです。明太子ときゅうりの相性も良く、ご飯にもお酒にも合いますよ~♪

    【材料と調味料(二人分)】
    ・きゅうり1本 ・明太子大さじ1(20g位) ・酒小さじ1 ・お好みで醤油ほんの少々

    【作り方】
    1.きゅうりに味がしみやすいよう、すりこぎや麺棒、または包丁の背でたたいて
      から乱切り、または食べやすい形に切ります。
    明太きゅうり 調理① 明太きゅうり 調理②
    2.器かボウルに薄皮をはずした明太子を入れ、酒小さじ1を入れて混ぜます。

    3.ボウルにたたききゅうりを入れ、2の明太子を加えます。
    明太きゅうり 調理③ 明太きゅうり 調理④
    4.全体を軽く混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。味が薄いと感じる場合は
      少量の醤油を加えて下さい。

    明太きゅうり B
    たたききゅうりの明太子和えが出来上がりました~。明太子のうま味とほど良い辛みがからまったきゅうりの食感が楽しめます。超速で出来る一品なので、ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • たたききゅうりの明太子和え<うま辛の味わい>
    明太きゅうり 大
    うま味とプチプチした食感が楽しめる、ちょっとピリ辛の明太子を使った和え物のご紹介です~。明太子がからみやすいよう、たたききゅうりにして、ほぐした明太子に少量の酒を加えて和えるだけです。パパッと出来て、あと一品何にしようかな、と悩んだ時は超おすすめです。明太子ときゅうりの相性も良く、ご飯にもお酒にも合いますよ~♪

    【材料と調味料(二人分)】
    ・きゅうり1本 ・明太子大さじ1(20g位) ・酒小さじ1 ・お好みで醤油ほんの少々

    【作り方】
    1.きゅうりに味がしみやすいよう、すりこぎや麺棒、または包丁の背でたたいて
      から乱切り、または食べやすい形に切ります。
    明太きゅうり 調理① 明太きゅうり 調理②
    2.器かボウルに薄皮をはずした明太子を入れ、酒小さじ1を入れて混ぜます。

    3.ボウルにたたききゅうりを入れ、2の明太子を加えます。
    明太きゅうり 調理③ 明太きゅうり 調理④
    4.全体を軽く混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。味が薄いと感じる場合は
      少量の醤油を加えて下さい。

    明太きゅうり B
    たたききゅうりの明太子和えが出来上がりました~。明太子のうま味とほど良い辛みがからまったきゅうりの食感が楽しめます。超速で出来る一品なので、ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • タコとオクラのわさびポン酢和え<さっぱり♪>
    タコとオクラのわさび和え 大
    ほど良いうま味が味わえるタコ、旬のオクラとみょうがを和え物でいただきました~。味付けはさわやかなポン酢醤油にチューブタイプのねりわさびです。ツーンとくるわさびの辛味とポン酢のさっぱりした酸味で味わうタコとオクラが絶妙です。みょうがの香りも加わり、暑い日もさっぱり召し上がれます。風味が良くてお箸も進みますよ~♪一度試してみて下さいね。

    【材料 (二人分)】
    ・タコの足1~2本  ・オクラ6~8本  ・みょうが1個
    タコとオクラのわさび和え 材料① タコとオクラのわさび和え 材料②
    <タコとオクラのわさびポン酢和え 調味料>
    ・ハウス料亭生わさび(チューブタイプのねりわさび)適量  ・ポン酢醤油大さじ2

    【作り方】
    1.オクラに少量の塩(分量外)をまぶし、板ずりしてから表面のうぶ毛を取り除き、
      さっと洗います。
    タコとオクラのわさび和え 調理① タコとオクラのわさび和え 調理②
    2.オクラは熱湯で下ゆでしてから冷水に取り、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。

    3.みょうがは千切りにします。
    タコとオクラのわさび和え 調理③ タコとオクラのわさび和え 調理④
    4.ボウルか器にポン酢醤油とねりわさびを入れて混ぜます。

    5.ボウルに食べやすい大きさに切ったタコとオクラ、千切りにしたみょうがを入れます。
    タコとオクラのわさび和え 調理⑤ タコとオクラのわさび和え 調理⑥
    6.<タコとオクラのわさびポン酢和え 調味料>を加えて混ぜます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    タコとオクラのわさび和え 拡大
    さわやかなポン酢とわさびの風味をきかせた和え物が出来上がりました~。かむほどにうま味が味わえるタコ、ほど良い粘り気が楽しめるオクラ、さわやかなみょうがの食感とわさびポン酢の相性もバッチリです~♪

    タコとオクラのわさび和え B
    身近な食材と調味料でカンタン、しかも超速で出来て、さっぱりした味わいがたまりません~。暑い日は特におすすめの一品です♪ぜひぜひ、風味豊かな味わいを一度試してみて下さいね~。
    ハウス料亭生わさび 説明用写真
    ハウス料亭生わさびは長野県安曇野で栽培された本わさび原料の辛さと味わいが楽しめます。使用しているわさびは100%本わさび。無着色・無香料です。 醤油溶け・口溶けの良さにこだわりました。・最後まで絞り出しやすいチューブ、使いやすいキャップ、はがしやすい口部シールを採用しています。

    もう一品の副菜は「ツナと蒸し大豆のサラダ」です。
    ツナと蒸し大豆のサラダ 大

    【材料(二人分)】
    ・ツナ(シーチキン)缶1/2缶 ・蒸し大豆(市販:フジッコ)60~70g位 ・玉ねぎ1/4個
    ツナと蒸し大豆のサラダ 材料① ツナと蒸し大豆のサラダ 材料②
    <ツナと蒸し大豆のサラダ ドレッシング調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・オリーブオイル大さじ1   ・ねりからし(チューブタイプ)ほんの少々
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.玉ねぎは薄くスライスして水にさらし、シャキッとさせて水気を切ります。
    ツナと蒸し大豆のサラダ 調理① ツナと蒸し大豆のサラダ 調理②
    2.ボウルに蒸し大豆、油を切ったツナ、玉ねぎを入れ、<蒸し大豆とツナのサラダ
      ドレッシング調味料>を加えて混ぜます。器に盛り付けて出来上がりです。

    ツナと蒸し大豆のサラダ B
    北海道産大豆を100%使用した蒸し大豆は、そのまま食べられて食物繊維、大豆イソフラボンなどの栄養素が豊富なヘルシー食材です。ツナのうま味とシャキッとした玉ねぎの食感をプラスして、身体に優しいサラダが出来上がりました~♪

    メインの料理は「すだち冷やし中華<香りさわやか>」です。
    すだち冷やし中華 大
    徳島の特産、「すだち」を冷やし中華(冷麺)にのせていただきました~。9月とは言え、まだまだ暑い毎日が続いていますが、夏から初秋にかけてが旬のすだちの香りと一緒に味わう冷やし中華です。今回は札幌:菊水さんの寒干し麺を使いました。生麺のようなコシとツヤがあり、醤油ベースのタレとすだちの相性も抜群です。ぜひぜひ、この時期だけの味わいを楽しんでみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・お好みの冷やし中華(麺とタレ)二人前  ・すだち2個
    ・お好みの具材(今回はハム、レタス、トマト、きゅうり、薄焼き卵)
    すだち冷やし中華 材料① すだち冷やし中華 材料②
    <冷麺のタレ>
    ・添付されているタレ二人前

    【下準備】
    1.すだちは輪切りにします。
    2.トッピングする具材を用意します。

    【作り方】
    1.冷やし中華の麺を規定通りゆで、ザルにあげて冷水で冷やしたらよく水気を切ります。
    すだち冷やし中華 調理① すだち冷やし中華 調理②
    2.器に麺を入れ、お好みのトッピングを盛り付けます。スープをかけ、すだちを添えて出来
      上がりです。

    すだち冷やし中華 B
    さわやかな香りをきかせた冷やし中華(冷麺)が出来上がりました~。すだちの風味、すっきりしたタレと生麺のような食感が味わえてお箸も進みます~。暑い日のすだち冷やし中華(冷麺)、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • すだち冷やし中華<香りさわやか>
    すだち冷やし中華 大
    徳島の特産、「すだち」を冷やし中華(冷麺)にのせていただきました~。9月とは言え、まだまだ暑い毎日が続いていますが、夏から初秋にかけてが旬のすだちの香りと一緒に味わう冷やし中華です。今回は札幌:菊水さんの寒干し麺を使いました。生麺のようなコシとツヤがあり、醤油ベースのタレとすだちの相性も抜群です。ぜひぜひ、この時期だけの味わいを楽しんでみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・お好みの冷やし中華(麺とタレ)二人前  ・すだち2個
    ・お好みの具材(今回はハム、レタス、トマト、きゅうり、薄焼き卵)
    すだち冷やし中華 材料① すだち冷やし中華 材料②
    <冷麺のタレ>
    ・添付されているタレ二人前

    【下準備】
    1.すだちは輪切りにします。
    2.トッピングする具材を用意します。

    【作り方】
    1.冷やし中華の麺を規定通りゆで、ザルにあげて冷水で冷やしたらよく水気を切ります。
    すだち冷やし中華 調理① すだち冷やし中華 調理②
    2.器に麺を入れ、お好みのトッピングを盛り付けます。スープをかけ、すだちを添えて出来
      上がりです。

    すだち冷やし中華 B
    さわやかな香りをきかせた冷やし中華(冷麺)が出来上がりました~。すだちの風味、すっきりしたタレと生麺のような食感が味わえてお箸も進みます~。暑い日のすだち冷やし中華(冷麺)、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • マグロのアラの竜田揚げ<激うまっ♪>
    マグロのアラの竜田揚げ 大
    家計に優しい本マグロのアラを使って竜田揚げを作りました~。血合いのあまり含まれていないアラ1パックがなっ、なんと300円♪ 醤油、しょうが、にんらくなどでしっかりと下味をつけ、カラッと揚げていただきました。マグロのアラは高タンパクで低カロリー、血合いには鉄分が多く含まれ、ヘルシーそのものです。鯨(くじら)の竜田揚げを思い起こす、激うまの一品が出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・まぐろのアラ300~400gぐらい(出来れば血合いの少ないアラがおすすめです)
    ・お好みの付け合わせ野菜
    マグロのアラの竜田揚げ 材料 マグロのアラの竜田揚げ 調味料
    <竜田揚げ 下味調味料>
    ・酒大さじ1  ・醤油大さじ1と1/2  ・塩、胡椒適量  ・片栗粉大さじ3
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・ハウス特選本香り生にんにく小さじ1/2

    【作り方】
    1.マグロのアラはキッチンペーパーで表面の水気をふき取り、食べやすい大きさに
      切ってボウルに入れます。
    マグロのアラの竜田揚げ 調理① マグロのアラの竜田揚げ 調理②
    2.<竜田揚げ 下味調味料>を加えて混ぜ合わせ、15~20分ぐらい置いて下味を
      なじませます。

    3.揚げる直前に下味をつけたマグロのアラに片栗粉をまぶします。
    マグロのアラの竜田揚げ 調理③ マグロのアラの竜田揚げ 調理④
    4.170度位の油温でカラッと揚げて火を通します。

    5.揚げたら油をしっかり切ります。
    マグロのアラの竜田揚げ 調理⑤ マグロのアラの竜田揚げ 調理⑥
    6.付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。お好みでレモンを添えて
      いただきます。

    マグロのアラの竜田揚げ 拡大
    うま味たっぷりのマグロのアラの竜田揚げが出来上がりました~。おろししょうが、おろしにんにくの風味がきいて、血合いの部分の臭みも気になりません。ご飯にもお酒にもぴったりで、お箸が進みますよ~♪

    マグロのアラの竜田揚げ B
    外はカリッカリッと香ばしく、中の身がジューシーな竜田揚げです。ねりスパイスを使うとカンタン、時短で下味がつけられます。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすすめです~♪

    下味に使ったハウス食品さんの「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウス特選本香りおろし生にんにく 説明用写真
    ハウス食品さんの特選本香り生にんにくはおろしたてのようなにんにくの旨さと風味が味わえる仕立てられています。細かいすりおろしと、粒状のにんにくを使用。無着色で最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「小松菜とツナの煮物」です。
    小松菜とツナの煮物 大

    【材料(二~三人分)】
    ・小松菜1袋   ・ツナ(シーチキン)缶1缶  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚

    <小松菜とツナの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁200㏄(1カップ)  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.小松菜は水洗いして根元を切り落とし、5~6cm程度に切ります。
      お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。
    小松菜とツナの煮物 調理① 小松菜とツナの煮物 調理②
    2.鍋に油を熱し、小松菜の茎の部分を炒めます。茎がしんなりしてきたら、
      <小松菜とツナの煮物 お出汁と調味料>を入れてひと煮たちさせます。
    3.油を切ったツナ、お揚げ、小松菜の葉の部分を加え、調味料の味がしみ込む
      まで煮ます。全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    小松菜とツナの煮物 B
    小松菜、ツナ、お揚げ(油揚げ)は相性がとても良くて、ツナのうま味もしっかり味わえます。定番の副菜ですが、身体に優しい副菜が出来上がりました~♪おすすめの一品です。

    もう一品は「カ二カマのスクランブルエッグ<ふわっトロッ>」です。
    かにかまエッグ 大
    身近な食材のカ二カマと卵を使って副菜を一品作りました。全体がふわっとして、とろーりとした卵の美味しさが楽しめます。カンタンに出来て、調理の時間がかからないのもうれしいですよね。卵をよく溶ききほぐし、焼く際は卵をあまりいじらないでさっと仕上げます。マヨネーズを加えるとうま味とコクが出て、ふんわりしたスクランブルエッグが出来上がりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・卵2個  ・カ二カマ(フレーク、もしくはスティックタイプ)60gぐらい
    ・お好みで青ねぎの小口切り適量
    カ二カマエッグ 材料① カ二カマエッグ 材料②
    <カ二カマのスクランブルエッグ 調味料>
    ・塩、胡椒ほんの少々 ・牛乳大さじ1  ・マヨネーズ小さじ2

    【作り方】
    1.ボウルに卵を割り入れ、溶き卵にして身をほぐしたカ二カマやを加えます。
    2.塩、胡椒、牛乳、マヨネーズで味を調えます。
    3.フライパンにオリーブオイル(またはサラダ油)を熱し、卵液を流し入れて固まりかけたら
      さっと大きく混ぜます。
    4.8分目まで火が通ったら火を止め、後は余熱で火を通します。卵の固さはお好みで調整
      して下さい。器に盛り付け、お好みで青ねぎの小口切りを添えて出来上がりです。

    かにかまエッグ B
    カ二カマのスクランブルエッグが出来上がりました~。風味豊かなカ二カマと半熟卵のふんわりした美味しさが口の中に広がります~♪トローとした食感がたまりません~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • カ二カマのスクランブルエッグ<ふわっトロッ>
    かにかまエッグ 大
    身近な食材のカ二カマと卵を使って副菜を一品作りました。全体がふわっとして、とろーりとした卵の美味しさが楽しめます。カンタンに出来て、調理の時間がかからないのもうれしいですよね。卵をよく溶ききほぐし、焼く際は卵をあまりいじらないでさっと仕上げます。マヨネーズを加えるとうま味とコクが出て、ふんわりしたスクランブルエッグが出来上がりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・卵2個  ・カ二カマ(フレーク、もしくはスティックタイプ)60gぐらい
    ・お好みで青ねぎの小口切り適量
    カ二カマエッグ 材料① カ二カマエッグ 材料②
    <カ二カマのスクランブルエッグ 調味料>
    ・塩、胡椒ほんの少々 ・牛乳大さじ1  ・マヨネーズ小さじ2

    【作り方】
    1.ボウルに卵を割り入れ、溶き卵にして身をほぐしたカ二カマやを加えます。
    2.塩、胡椒、牛乳、マヨネーズで味を調えます。
    3.フライパンにオリーブオイル(またはサラダ油)を熱し、卵液を流し入れて固まりかけたら
      さっと大きく混ぜます。
    4.8分目まで火が通ったら火を止め、後は余熱で火を通します。卵の固さはお好みで調整
      して下さい。器に盛り付け、お好みで青ねぎの小口切りを添えて出来上がりです。

    かにかまエッグ B
    カ二カマのスクランブルエッグが出来上がりました~。風味豊かなカ二カマと半熟卵のふんわりした美味しさが口の中に広がります~♪トローとした食感がたまりません~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

検索フォーム

カレンダー

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング