fc2ブログ
  • 寒ブリのキムチ煮♪
    ブリのキムチ煮(B)
    成長するごとに名前を変えることから「出世魚」と呼ばれるブリですが、美味しい旬を
    迎えていますね。冬にとれるブリは「寒ブリ」と呼ばれ、美味しさも一層増しています。

    普段であれば「照り焼き」、大根と炊く「ブリ大根」等でいただきますが、今回はキムチ
    と一緒に煮込みました。キムチのピリ辛さが生臭みを消して、ブリの旨みを美味しくいた
    だけます。ご飯のおかずとしてぴったりの料理になりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ブリの切り身2切れ  ・白菜キムチ適量  ・付け合せ(しめじ、青菜、にんじん等)適量

    <寒ブリのキムチ煮 水と調味料>
    ・水200㏄  ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・胡麻油小さじ1 

    【作り方】
    1.鍋に油を熱し、ブリの切り身に両面焼き色をつけます(旨みを閉じ込めます)。
      脂が出てくるので、キッチンペーハーでこまめにふき取って下さいね。
    2.ブリにあらかた火が通れば、水、醤油、酒、みりん、胡麻油を加えて5~6分
      ほど煮込みます。
    3.味がしみ込めば白菜キムチを加え、5~6分ほど煮込んで出来上がりです。
      
      白菜キムチの歯応えを残すため、キムチを煮すぎないようにして下さいね。

    ブリのキムチ煮大
    イワシ、鯖(さば)といった青魚にもキムチ煮は合います。キムチで煮ると臭みも
    消えて、ふっくらとした仕上がりになります。ご飯もお酒も進む魚料理です♪


    寒ブリのキムチ煮に添えた副菜は「厚揚げの卵とじ」です。
    厚揚げの卵とじ(B)
    【材料(厚揚げ1/2枚分)】
    ・厚揚げ1/2枚  ・菊菜(春菊)少々  ・溶き卵1個

    <厚揚げの卵とじ 調味料>
    ・お出汁大さじ4 ・薄口醤油大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.厚揚げは一口大に切ります。
    2.菊菜(春菊)は熱湯でさっと下茹でにして冷水に取り、水気を切って食べやすい
      長さに切ります。
    3.鍋に<厚揚げの卵とじ 調味料>と厚揚げを入れて煮立たせ、菊菜(春菊)が
      しんなりするまで弱火でしばらく煮ます。
    4.溶き卵を回し入れ、卵が半熟くらいになったら火を止めて出来上がりです。

    厚揚げの卵とじ大
    甘辛い味付けでご飯が進みます。
    このまま丼にしても美味しいですね♪



    もう一品は鹿児島の友人が送ってくれた「つけあげ(さつまあげ)」です。
    上棒天
    「つけあげ」は鹿児島県の串木野を中心に鹿児島県内で広く製造されており、
    関東では「さつまあげ」、関西では「てんぷら」と呼ばれています。

    串木野揚げセット
    獲れたての新鮮な魚をすり身にして揚げてあり、甘くて上品な味わいです。
    まさに串木野の名産ですね。写真は上棒天と呼ばれるさつまあげです。

    串木野揚げ大
    そのままでいただくのが一番ですね。美味しかったです。

    ブリのキムチ煮集合

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

    スポンサーサイト



プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

検索フォーム

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新コメント

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング