• おうちで焼き鳥♪
    焼き鳥大
    今日で2012年も終わり、いよいよ大みそかとなりましたね。
    今年は4月からブログを始めた記念すべき年となりました。
    多くの皆さんにご訪問と応援をしていただき、本当にありがとうございました~♪

    昨日はおうち忘年会ということで(笑)、焼き鳥を作りました。焼き鳥屋さんや
    居酒屋さんの炭火には勝てませんが、フッ素加工のフライパンを使うことで
    鶏肉から出る旨みをうまくいかした焼き鳥がおうちでも出来ますよ~。
    焼き鳥のタレは、蜂蜜でコクを出すと美味しい焼き鳥に仕上がります♪

    【材料(二~三人分)】
    ①ねぎま
    ・鶏もも肉一枚 180g  ・ねぎ (白い部分)1本分
    ②つくね
    ・鶏ひき肉150g位  ・長ねぎ(みじん切り)10cm位  ・生姜(絞り汁)ほんの少々
    ・酒小さじ1 ・薄口醤油ほんの少々

    <焼き鳥のタレ 調味料>
    ・酒大さじ2  ・みりん大さじ2  ・醤油大さじ2  ・蜂蜜大さじ1
    焼き鳥仕込み

    【ねぎまとつくねの準備】
    ①ねぎま
    1.鶏もも肉は食べやすい一口位の大きさに切ります。
    2.ねぎはカットした鶏肉の大きさに合わせて切ります。
    3.竹串に鶏肉とねぎを交互に刺します。
    ねぎま大

    ②つくね
    1.ボウルに鶏ひき肉、長ねぎのみじん切り、生姜の絞り汁、酒、薄口醤油を入れて
      粘りが出るまでよく混ぜ合わせ、一口大に丸めます。
    2.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら弱火にして「つくね」を入れます。
    3.色が変わって、つくねが浮いてきたら、ざるに取ります。
    4.つくねを竹串に刺します。
    つくね大

    【作り方】
    1.竹串を刺した焼き鳥が入る少し大きめの鍋に<焼き鳥のタレ 調味料>を入れて
      煮詰め、照りが出てきたら火を止めます。
    2.フッ素加工のフライパンを熱し、油を少々入れて串に刺した①ねぎまと②つくねの
      両面を色付けします。
    3.色が付いたら酒大さじ2(分量外)を加え、蓋をして火を通します。
    4.火が通れば<焼き鳥のタレ>にからめて出来上がりです。

    器に盛り、お好みで七味(一味)唐辛子、粉山椒をふっていただきます。

    ねぎまはタレと塩と二種類にしました。
    つくねはタレで仕上げましたが、お好みで塩も美味しいです。
    つくねと全体
    おうちで作る「手作りの焼き鳥」はまた格別です。
    お酒にはもちろろん、ご飯のおかずにも美味しい料理ですよ~♪


    手作りの焼き鳥と一緒にいただいたのは「なまこのおろしポン酢添え」です。
    なまこのおろしポン酢和え大
    「こりこり」とした食感がとても美味しいなまこ。大根おろしとの相性が抜群です。
    大根おろし、ポン酢醤油、そして柚子の千切りを添えました。
    柚子の香りも楽しめてあっさりといただけます。

    なまこのおろしポン酢和え(B)
    なまこは日本や中国において、古くから食用とされてきたことが知られています。
    その最古の記録は古事記に記されています。見た目はともかく、コリコリ感は
    何とも言えず美味ですね♪


    もう一品は「たことわさび菜のからし酢味噌和え」です。
    たことわさび菜のからし酢味噌和え大
    「わさび菜」は九州の「からし菜」をベースにして育成された青菜で、ギザギザした
    大きな葉は軟らかく、わさびに似たピリッとした辛みが特徴です。
    わさび菜写真
    さっと茹でてから冷水に取り、水気を切って食べやすい長さに切ります。

    たことわさび菜のからし酢味噌和え(B)
    たこと一緒にからし酢味噌で和えていただきました。

    お家で焼き鳥大

    来年も、妻共々楽しいご飯を作り、少しでも皆さんのお役にたてれば幸いです。
    どうぞよいお年をお迎え下さいね~♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
    スポンサーサイト
  • サクサク♪鯵の竜田揚
    アジの竜田揚げ(B)
    いよいよ今年も今日と明日の二日間を残すだけとなりましたね。あっという間の
    2012年でしたが、残る二日間をバタバタしながらも楽しみたいと思います♪

    息子から「魚の唐揚げが食べたい」とのリクエストがあり、鯵(アジ)の竜田揚げを
    作りました。しっかりと下味をつけてから、カリッと揚げる竜田揚げ、身はふっくら、
    そしてサクサク感でご飯もお酒も進みます~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・鯵(アジ)3尾  ・お好みでカットレモン

    <鯵の竜田揚げ 下味>
    ・生姜の絞り汁ほんの少々 ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.鯵は三枚におろします。※切り身でも美味しくできます。
    2.ボウルかバットに鯵と下味の調味料を入れて15~20分ほど漬け込みます。
    アジの竜田揚げ仕込み
    3.下味をつけた鯵はキッチンペーパーなどで拭いてからビニール袋に入れ、
      片栗粉をまぶして余計な粉を取ります。
    4.油温は中温(170度位)でカリッと揚げて出来上がりです。

    アジの竜田揚げ大
    カリッと揚げた鯵、下味がついているのでそのままで美味しくいただけます。
    やはり熱々の揚げたてが一番ですね~♪


    鯵の竜田揚げに添えた野菜料理は「小松菜とお揚げの炊いたん」です。
    小松菜とお揚げの炊いたん
    【材料(二~三人分)】
    ・小松菜1袋  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚  ・しめじ1/2パック

    <小松菜とお揚げの炊いたん 調味料>
    ・お出汁200㏄(1カップ)  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1
    ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油大さじ1  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.小松菜は水洗いして根元を少し切り落とし、3~4cm程度に切ります。
    2.お揚げは1cm幅位の短冊に切ります。
    3.しめじは石づきを取り、小房に分けます。
    4.<小松菜とお揚げの炊いたん 調味料>を入れて煮立てます。
    5.しめじとお揚げを入れて煮立て、小松菜を加えてさっと煮て出来上がりです。

    小松菜とお揚げの炊いたん大
    小松菜は余熱で火が入るので、煮すぎないようにして下さいね。
    短時間でできるヘルシーな副菜、ほっこりする定番のおばんさいです♪


    もう一品の野菜料理は「れんこんと牛肉のきんぴら」です。
    牛肉と蓮根のきんぴら(B)1
    【材料(二~三人分)】
    ・れんこん(カットされたもの)1個  ・牛肉(細切れ)80~100g位 
    ・にんじん(細切り)1/4本  ・白煎りごま適量

    <れんこんと牛肉のきんぴら 調味料>
    ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油大さじ1/2  ・酒大さじ1  ・胡麻油小さじ1

    【作り方】
    1.れんこんは皮をむき、歯ごたえが残るよう少し厚めにスライスして
      酢水にさらしておきます。
    2.鍋に油を熱し、牛肉を炒めて火が通ればお皿に取り出します。
    3.牛肉を炒めた鍋に胡麻油小さじ1を入れ、水気をよく切ったれんこんと
      にんじんを炒めます。
    4.れんこんが透き通るようになれば、牛肉を戻し入れ、砂糖、薄口醤油、
      酒を加え、からめるようにして汁気をとばして出来上がりです。

    牛肉と蓮根のきんぴら(B)
    牛肉の旨みが、しゃきしゃきのれんこんにしみわたり、美味しさをぐっと
    アップさせてくれます。食物繊維たっぷりの副菜です♪


    鯵の竜田揚げ仕上げ


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 忙しい日のオムそば♪
    オムソバ(B)②
    今日からお休みの方も多いと思いますが、お正月の準備、大掃除、買い物と
    バタバタですよね。忙しいときは簡単で安価で、しっかりと食べられる料理が
    一番です。昨夜はボリュームたっぷりの「オムそば」を作りました~♪

    【材料(二人分)】
    ・焼きそば用の中華麺2玉  ・豚バラ肉か細切れ肉(薄切り)80~100g位
    ・キャベツ1/8~1/4個  ・もやし1/2袋   ・にんじん1/6本  ・卵(小サイズ)4個
    ・ウスターソース適量(添付の粉末ソースでも可)  ・塩、胡椒、適量
    ・お好みで青海苔、マヨネーズ、ケチャップ、紅生姜を適量

    【作り方】
    1.豚バラ肉は食べやすい長さ(3cm位)に切ります。
    2.キャベツはザク切り、もやしは冷水に放ってシャキとさせ、水気を切ります。
    3.フライパンに油を熱し、豚バラ肉、野菜を炒めて麺を入れ、焼きそばを作り、
      ボウル等に取り出します。
    オムソバ フライパン
    4.洗ったフライパンを中火にかけ、油を薄くしいて、溶き卵(一人2個)を流し
      入れ、大きく円を描くように混ぜて、半熟状態になったら火を止めて焼き
      そばを入れて巻きます。
    オムソバ 巻き上がり
    忙しいとき「オムそば」は焼きそばを卵で包むだけという、手軽さが大好きです。
    たまにどうしても食べたくなる料理です♪

    オムソバ(B)
    お好みの野菜を入れて、オリジナルのオムそばを楽しんで下さいね、。

    オムソバ&白ご飯③
    関西人らしく、白ご飯も一緒にいただきました~(笑)



    オムそばに添えたのは「エリンギと玉ねぎの中華風スープ」です。
    エリンギとうま茸のスープ大
    【材料(二人分)】
    ・エリンギ1本  ・玉ねぎ1/4個  ・ミニしいたけ適量  ・青ねぎ適量

    <エリンギと玉ねぎの中華風スープ 水と調味料>
    ・顆粒の中華だし大さじ1を水400㏄で溶いた鶏がらスープ   ・酒大さじ1
    ・薄口醤油大さじ1/2  ・胡麻油少々  ・塩、胡椒少々

    【作り方】
    1.エリンギと玉ねぎは細切りにします。
    2.鍋に顆粒の中華だし大さじ1を水400㏄で溶いた鶏がらスープ、エリンギ、
      玉ねぎ、ミニしいたけを入れて火にかけます。
    3.野菜に火が通れば、酒、薄口醤油、塩、胡椒で味を調え、仕上げに胡麻
      油を回し入れてひと煮して出来上がりです。
    エリンギとうま茸のスープ(B)
    焼きそばに合うよう、あっさり味の中華風スープで身体も温もります♪


    野菜料理は「たくあんと茎わかめの柚子胡椒和え」です。
    お漬物のたくあんに、茎わかめ、きゅうりを加え、柚子胡椒ポン酢で和えました。
    たくあんと茎わかめの柚子胡椒和え大
    1.たくあん、茎わかめ、きゅうりを細切りにします。
    2.柚子胡椒小さじ1/2、ポン酢醤油大さじ1を加えてよく和え、白の煎り胡麻を
      少しふりました。
    たくあんと茎わかめの柚子胡椒和え(B)
    柚子胡椒のピリ辛さとたくあんが合いますね。
    簡単に出来て、あっさりといただける副菜です♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 熱々ビーフシチュー♪
    ビーフシチュー大(B)
    寒い日の煮込み料理として、ご馳走感のある「ビーフシチュー」を作りました。今回
    はハインツさんのデミグラスソース缶を利用させていただきました。赤ワインを加えて
    牛肉を煮込むと風味とコクが加わって、ソースにぐっと深みが出ます。おもてなしの
    メニューにもなるビーフシチュー、家庭で洋食屋さんの味を楽しめますね♪

    【材料(三~四人分】
    ・ハインツ デミグラスソース1缶  ・牛肉(すね肉/もも肉/バラ肉)300~400g
    ・玉ねぎ(中)1個  ・にんじん(中)1本  ・じゃがいも中2個  
    ・お好みでブロッコリー、スナップいんげん
    ハインツデミ缶
    ・水500㏄  ・赤ワイン100cc  ・お好みでローリエ(月桂樹の葉)1枚
    ・トマトケチャップ大さじ1  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.食べやすい大きさに切った牛肉に軽く、塩、胡椒を振り、フライパンに油を熱して
      牛肉の両面に焼き色をつけ(牛肉の旨みを閉じ込め)ます。
    ビーフシチュー 肉ソテー
    2.鍋に牛肉、水500㏄、赤ワイン100㏄、ローリエを加え、肉が柔らかくなるまで煮ます。
    3.一口大に切った玉ねぎは、牛肉を炒めたフライパンの脂をふき取り、軽く炒めます。
    4.にんじん、じゃがいもは一口大に切り、柔らかくなるまで手鍋で茹でます。
    5.牛肉が柔らかくなれば、玉ねぎ、デミグラス缶、トマトケチャップを加え、弱火で60分位
      煮込み、とろみが出たら塩、胡椒で味を調えます。
    ビーフシチュー煮込み
    6.お皿に茹でたじゃがいも、にんじん、青み(ブロッコリー、スナップいんげん)を盛り付け、
      シチューをかけて出来上がりです。

    彩りをよくするため、にんじんとじゃがいもは別鍋で茹でてから盛り付けました。
    牛肉は圧力鍋を利用すると短時間で柔らかく出来ます。

    ビーフシチュー大
    赤ワインを加えるとソースにコクが出ます。野菜も一緒にいただくと、ボリューム感と食べ
    応えのあるメイン料理になりますね。身体も温まりました~♪


    ビーフシチューに添えた野菜料理は「ほうれん草としめじのバターソテー」です。
    ほうれん草としめじバターソテー大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2把  ・しめじ1/2バック
    <ほうれん草としめじのバターソテー 調味料>
    ・バター大さじ1  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.ほうれん草はさっと茹でて、冷水にとり、水気を切って食べやすい大きさに切ります。
    2.しめじは小房にほぐしておきます。
    3.フライパンにバター熱し、しめじを炒めます。
    4.しめじがしんなりして火が通ればほうれん草を加えて炒め合わせ、塩、胡椒で味を
      整えます。

    シンプルな炒めものですが、バターソテーしたほうれん草としめじが合いますね。


    二品目は「鶏ささみ肉とカリカリベーコンのサラダ」です。
    ベーコンサラダ大
    【材料(二人分)】
    ・鶏ささみ1本  ・ベーコン1枚  ・リーフレタス、パプリカ(黄)適量   ・茹で卵1個

    <レモン風味ドレッシング>
    ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・レモン果汁大さじ1  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.鶏ささみ肉はレンジ(シリコン)スチーマーで火を通します。
      もしくは、フライパンで両面を焼いて火を通しても美味しいです。
    2.粗熱が取れれば食べやすい大きさに裂きます。
    3.ベーコンはフライパンかオープントースターでカリカリに焼いて小口切りにします。
    4.リーフレタス、パプリカ、茹で卵、鶏ささみ肉、ベーコンを盛り付け、
      <レモン風味ドレッシング>を掛けて出来上がりです。

    ベーコンサラダ(B)
    さっぱりとした鶏ささみ肉、カリカリのベーコン、お好みの野菜をさわやかなレモン風味
    ドレッシングで野菜をいただきます。彩りも良いので食欲がそそりますね♪

    ビーフシチュー(B)①


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 寒い日♪ふろふき大根
    ふろふき大根(B)
    今が旬の大根を使って、和の定番「ふろふき大根」をつくりました。寒い冬の日には、
    ことこと昆布出汁で大根を炊いて淡い味に仕上げ、たっぷりと味噌を掛けます。大根
    と味噌が絶妙に合いますね。今の時期ならではの甘味たっぷりの大根、素材本来の
    美味しさを味わえますよ~♪

    【材料(三~四人分)】
    ・大根1/3~1/2本  ・昆布(10cm角)2枚  ・お米のとぎ汁適量(またはお米大さじ2位)
    ・酒大さじ2  ・柚子(千切り)適量

    <柚子味噌>
    ・白味噌大さじ3  ・砂糖大さじ1  ・みりん大さじ1  ・柚子皮のすりおろしほんの少々
    ・柚子汁小さじ1 

    <赤味噌>
    ・赤味噌大さじ3  ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ3  ・みりん大さじ1

    【柚子味噌と赤味噌の作り方】
    1.<柚子味噌>は鍋に調味料をよく混ぜ合わせてから火にかけ、少し固めに仕上げます。
    2.<赤味噌>は鍋に調味料を入れてよく混ぜ合わせてから火にかけ、練り上げます。
    ふろふき大根大
    【ふろふき大根の作り方】
    1.大根は厚さ3cmの輪切りにして皮をむき、面取りをしておきます。
    2.鍋にかぶる位の米のとぎ汁(無ければ米大さじ2位を入れて)と大根を入れて火にかけ、
      煮立てば弱火にして15分ほど下茹でてから水洗いします。
    3.鍋に昆布を敷き、下茹でした大根を並べ、酒とひたひたの水を加えて火にかけます。
      煮立てば弱火にして、30~40分ほど茹でます。大根に竹串がすっと通れば大丈夫です。
    4.器に半分に切った昆布を敷いて大根を乗せ、二つの味噌を掛けます。

      柚子味噌には柚子の千切りを添えると香りもよくて美味しいです。
    ふろふき大根(B)赤
    大根は中央の部分が最も甘みが強く、一番美味しいと言われ、煮物には最適です。
    ふろふき大根のような薄味の煮物にすると、美味しさが一層引き立ちますね。


    ふろふき大根と一緒にいただいた野菜料理は「豆苗のおひたし」です。
    豆苗のおひたし大
    【材料(二人分)】
    ・豆苗1パック  ・かつお節適量
    豆苗写真 村上農園
    <豆苗のおひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酒小さじ1   ・みりん小さじ1   ・薄口醤油小さじ1   ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.豆苗は根元の部分を切り、熱湯でさっと下茹でしてから冷水に取ります。
    2.水気をしっかり切り、食べやいす長さに切って<豆苗のおひたし 調味料>と
      かつお節で和えて出来上がりです。

    豆苗のおひたし(B)
    豆苗はビタミン・ミネラル・食物繊維などが豊富に含まれる緑黄色野菜です。
    炒めものも美味しいですが、くせのない豆苗は和風のおひたしもさっぱりして美味しいです♪


    メインの主菜は、こちらも今が旬の「わかさぎの南蛮漬け」にしました。
    わかさぎの南蛮漬け大
    【材料(二人分)】
    ・わかさぎ 15~20匹位  ・片栗粉適量
    ・玉ねぎ1/2個  ・にんじん1/4本  ・パプリカ1/4個  ・カイワレ適量

    <南蛮漬け 漬け汁 調味料>
    ・酢1/4カップ(50㏄)  ・醤油(出来れば薄口醤油)1/4カップ(50㏄)
    ・水大さじ2  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ1  ・赤唐辛子(小口切り)1本

    【作り方】
    1.南蛮漬けの漬け汁の調味料を鍋でひと煮立ちさせ、粗熱を取ります。
    2.わかさぎと片栗粉をビニール袋に入れ、わかさぎに粉をつけます。
    3.フライ用の鍋か、フライパンで油を中温(170度位)に熱し、
      余分な粉を取ったわかさぎを揚げます。
    4.タッパーかバットに揚げたわかさぎと、生のままの野菜を並べ、
      漬け汁を注いで出来上がりです。

    1時間程度寝かせればいただけますが、翌日のほうがさらに味がしみて美味しく
    いただけます。写真は前日に仕込んだ南蛮漬けを翌日いただきました。  

    漬け汁は野菜の量が多いと水分が出て薄くなるので、醤油を増やして調節して
    下さいね。
    わかさぎの南蛮漬け大①
    甘酸っぱい南蛮漬けの漬け汁がしみ込み、柔らかくしっとり感のあるわかさぎ、
    これはもう格別の美味しさですね~♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • いわしの実山椒煮♪
    いわしの実山椒煮大
    初夏の頃、ちりめん山椒を作った際に冷凍しておいた実山椒の佃煮を使って、
    骨まで全部まるごと食べられる「いわしの実山椒煮」を作りました。

    圧力鍋でコトコト煮込んで骨まで柔らかくなりました。実山椒と生姜の風味を
    いかした「いわし料理」のご紹介です。

    【材料(二人分)】
    ・いわし4尾   ・生姜スライス適量  ・実山椒の佃煮大さじ1

    <いわしの実山椒煮 水と調味料>
    ・水400㏄  ・酒100cc   ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ3  ・みりん大さじ1

    【作り方】
    1.いわしは頭と尾を切り落とし、腹ワタを取り除いた後、水で洗います。
    2.圧力鍋にいわしと調味料を入れて蓋をし、強火にかけます。
    3.加圧後は弱火にし、20分ほど加圧します。
    4.圧が抜けたら、蓋をとり、照りが出るまで10分位煮詰めて出来上がりです。
    いわし圧力鍋
    山椒がない場合は梅干、また酒の代わりに梅酒を入れても美味しくできます。

    いわしの実山椒煮(B)
    山椒の香りで、いわし特有の匂いが気にならなくなり、さっぱりいただけます。
    白ご飯が進む料理ですね~♪


    いわしの実山椒煮に添えた野菜は「里芋」です。
    地元の友人が集まって家庭菜園で野菜を栽培しており、リーダーから収穫祭の
    御礼にと、里芋と大根をいただきました。

    いただいた採れたての里芋を使って二品作りました。
    一品目は「里芋といかの炊いたん」です♪
    里芋といかの炊いたん(B)
    里芋といか、本当に相性が良いですね。
    作り方は以前ご紹介したブログに掲載しています。 ⇒ 里芋といかの炊いたんレシピ
    採れたての里芋、ホクホクでした~♪


    もう一品の里芋料理は「芋煮」です。
    山形の郷土料理として知られる「芋煮」をお家ご飯として味わいました。
    芋煮汁大①
    【材料】
    ・里芋  ・牛肉(切り落とし)  ・こんにゃく  ・ごぼう  ・舞茸  ・ねぎ

    <芋煮 水と調味料>
    ・水800㏄  ・出汁昆布5cm角1枚  ・酒大さじ3  ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ3
    芋煮鍋写真
    材料を切り揃え、あとはは鍋で材料が柔らかくなるまで煮込みます。
    味付けは酒、砂糖、醤油で付けました。

    ※里芋は下茹でせずに、塩でよくもんでからヌメリを出して煮込みました。
    芋煮汁(B)
    里芋の美味しさを味わうには、牛肉からでる旨みをいかした「芋煮」が一番ですね。


    先日の家庭菜園のメンバー+地元の友人15名が集まって催された「収穫祭」に料理担当と
    して招かれた際に作った「芋煮」はこちらです。地区センターの厨房を借りて、寸胴で30人前
    ほど作りました~♪
    芋煮会① 芋煮会②
    芋煮が余ったら、カレー粉を少しふっていただくと、また一味違う「芋煮」になると
    教わりました♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 押し寿司♪彩りキレイ
    押し寿司1225大
    クリスマス三連休最後の昨日は押し寿司を作りました。具材は息子の好きな
    スモークサーモン、妻の好きな玉子、そして私の好きな海老です。色鮮やかな
    押し寿司があれば食卓が華やぎますよ~♪

    【材料(三~四人分)】
    ・米三合  ・スモークサーモン6~8枚  ・玉子焼き(玉子1個)
    ・海老6~8尾  ・大葉8~10枚

    <基本の甘酢>
    ・酢150㏄  ・砂糖大さじ4  ・塩小さじ2

    【作り方】
    1.予め手鍋に<基本の甘酢>調味料を入れて火を入れて、粗熱を取ります。
    2.炊き上げたご飯に<基本の甘酢>を加えて、よく混ぜ合わせて寿司飯を作ります。
    3.四角の容器に寿司ご飯をぎっちり詰め、大葉を敷き詰めて、さらにご飯を詰めます。
    4.それぞの具材を乗せて、重石を乗せてしばらく置いて出来上がりです。
    押し寿司 型
    今回は「押し寿司」の型(木枠)で作りましたが、流し型や密封容器、牛乳パック等の
    四角の容器を使っても出来ます。
      
    押し寿司1225(B)
    彩りの良い「押し寿司」はおもてなし料理としてもお奨めです。



    主菜は「カワハギの唐揚げ」です。
    スーパーで皮を剥いだ「カワハギ」を見つけました。お鍋にでもと思ったのですが、
    身がプリプリしていたので、唐揚げでいただくことにしました。
    かわはぎの唐揚げ大
    【材料(二~三人分)】
    ・カワハギ(小さいサイズ 骨付きのまま)6尾  ・お好みでカットレモン

    <カワハギの唐揚げ 下味>
    ・生姜の絞り汁ほんの少々 ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.ボウルかバットにカワハギと下味の調味料を入れて15~20分ほど漬け込みます。
    かわはぎ仕込み
    2.下味をつけたカワハギはビニール袋に入れ、片栗粉をまぶして余計な粉を取ります。
    3.油温は中温(170度位)でカリッと揚げて出来上がりです。

    かわはぎの唐揚げ(B)
    カリッと揚げたカワハギ、身がプリップリッです。
    淡白な味ですか、揚げると旨みが出ます。
    お酒にも合う一品になりました~♪


    野菜料理は「湯豆腐」にしました。一人用の土鍋で作っています。
    湯豆腐大
    【材料(二人分)】
    ・絹ごし豆腐一丁  人参(型抜き)  長ねぎ  白菜  花麩

    昆布で出汁を取り、豆腐と野菜を入れて煮込みます。
    豆腐の中心が温まって、ゆらゆらと動きだした頃が食べ頃です。

    湯豆腐(B)
    熱々の豆腐と野菜、寒い冬のこの時期ならではの料理です♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • あっさり♪牛肉のたたき
    牛肉のたたき大
    皆さん、クリスマスは楽しくお過ごしですか~♪我が家では特にクリスマス料理を作ると
    いうことはありませんが、今年は家族のそれぞれの食べたい料理を作ってのんぴり過ごし
    ています。

    まずは息子の食べたいとリクエストのあった「牛肉のたたき」です。ローストビーフも
    大好きですが、「たたき」は作り置きができて、お箸でいただける和風のご馳走ですね。
    牛肉のもも肉を使ってあっさりと仕上げました♪

    【材料】
    ・牛もも肉300~400g位  ・塩、胡椒適量  ・万能ねぎ適量  ・おろし生姜適量
    【作り方】
    1.室温に戻した牛肉の表面に塩、胡椒をふります。
    2.フライパンに油を熱し、強火で牛肉の表面にしっかりと焼き色をつけます。
    牛肉のたたき フライパン
    3.焼き色がつけば、氷水に入れて牛肉を冷やし、水気を良く切ります(ふき取ります)。
    4.食べやすい厚さに切り、お皿に盛って出来上がりです。
      お好みで万能ねぎ、おろし生姜を添えて下さいね。

    牛肉のたたき(B)
    昨日はおろし生姜とポン酢醤油でいただきました。
    牛肉の旨みを、さっぱりといただくには「たたき」は最高ですね♪


    妻からのリクエストは「まぐろの漬け丼」です。
    まぐろの漬け丼大
    赤身の「まぐろ」は漬けダレで味をしみこませてから熱々のご飯にのせていただくと
    本当に美味いですね。

    <漬けダレ>
    ・醤油大さじ3   ・みりん大さじ2  ・酒大さじ1

    マグロの漬け丼(B)
    ご飯の上に大葉を敷き、漬けたまぐろを乗せ、カイワレを散らしました。
    漬け丼は食べやすいので、ご飯が進みます~。
    赤身をお刺身でいただくより、漬け丼にすると風味が増して美味しくいただけますね♪


    私が食べたかった料理は「干し柿の生ハム巻き」です。
    和歌山の友人からいただいたあんぽ柿を生ハムで巻きました。
    あんぽ
    【材料】
    ・干し柿(あんぽ柿)  ・生ハム  ・カイワレ
    あんぽ柿
    【作り方】
    1.干し柿は半分の大きさに切り分けます。
    2.干し柿にカイワレを添え、生ハムとを巻いて出来上がりです。
    あんぽ(B)
    塩気のある生ハムと甘みのある干し柿、とても相性が良いです。
    簡単に出来て、食卓を楽しませてくれる華やかな一品になりますよ~♪
    お酒に合う一品になりました。


    野菜料理は「しめさばとたこのサラダ」です。わさびをきかせた簡単ドレッシングで、
    いつものシメサバとたこを美味しいサラダにしました。
    たことしめ鯖サラダ大
    【材料(三人前)】
    ・しめさば1枚  ・たこ(足)1本  ・ベビーリーフ適量
    しめさばパック写真
    <わさびドレッシング>
    ・わさび小さじ2  ・ポン酢醤油大さじ2  ・オリーブオイル大さじ1

    【作り方】
    1.予め<わさびドレッシング>を作っておきます。
    2.しめさばとたこは食べやすい厚さにそぎ切りします。
    3.ベビーリーフにしめさば、たこを盛り付け、<わさびドレッシング>を掛けます。
    たことしめ鯖のサラダ ドレッシング掛け
    わさびがピリッときいたドレッシングは少しつーんときて、これがまたしめさば、
    たことマッチして食欲をそそります~。

    どうぞ皆さん、クリスマスの休日を穏やかにお過ごし下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 照り焼き♪柚子胡椒
    ポークソテー柚子胡椒大
    洋風のポークソテーを今回は和風にアレンジしました。照り焼きソースに柚子胡椒
    を加え、コクを出すため砂糖の代わりに蜂蜜(はちみつ)を使いました。

    厚切りのポーク(豚ロース)をフライパンで焼いてから、照り焼きタレで煮込むので、
    色とツヤが出て、食卓が映えますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(厚切り)2枚  ・塩、胡椒適量  ・お好みで柚子(千切り)適量  

    <柚子胡椒 はちみち照り焼きソース>
    ・蜂蜜大さじ1  ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・柚子胡椒小さじ1位
    柚子胡椒写真
    【作り方】
    1.予め<柚子胡椒 はちみち照り焼きソース>の調味料を器に用意しておきます。
    2.室温に戻した豚ロース肉は包丁で筋切りをして、塩、胡椒を軽くふります。
    3.フライパンに油を熱し、豚肉を入れて両面を焼いて焼き色をつけます。
    4.豚肉に火が通れば<柚子胡椒 はちみつ照り焼きソース>を加え、少し煮詰めて
      照りが出てくれば出来上がりです。お好みで柚子の千切りを添えて下さいね。

    ポークソテー柚子胡椒(B)
    フライパン一つで簡単に出来る「照り焼き」は忙しいときのお助けメニューです。
    柚子胡椒のピリ辛と、コクのある照り焼きソースでご飯が進みます。

    <柚子胡椒 はちみち照り焼きソース>は鶏肉やお魚にも使えるので、いろいろな
    スタイルにアレンジして下さいね。丼、お弁当にもお奨めです♪


    和風ポークソテーに添えた野菜料理は「もやしと二色ピーマンの炒めもの」です。
    もやしの三色炒め大①
    【材料(二人分)】
    ・もやし1/2袋  ・ピーマン(細切り)1個  ・パプリカ 赤(細切り)1/4個

    <味付け調味料>
    ・酒大さじ1  ・塩、胡椒適量  ・中華スープの素(顆粒)小さじ1/2  ・胡麻油小さじ1

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、もやし、ピーマン、パプリカを炒め合わせます。
    2.酒、塩、胡椒を入れ、野菜が少ししんなりしてきたら、中華スープ(顆粒)を
      加えてさっと炒めます。仕上げに胡麻油を回し入れて出来上がりです。

    もやしの三色炒め(B)
    もやしの白、ピーマンの緑、パプリカの赤で色合いがキレイになります。
    しゃきしゃきしたもやしの食感が残るよう、炒めすぎないように仕上げて下さいね。


    もう一品の野菜料理は「青梗菜とツナの炊いたん」です。
    青梗菜とツナの炊いたん大
    【材料(三~四人分)】
    ・青梗菜2個  ・ツナ缶1缶  ・エリンギ大1本

    <青梗菜とツナの炊いたん 調味料>
    ・お出汁300㏄  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.青梗菜はよく洗ってから、食べやすい大きさに切ります。
    2.エリンギは半分にして、食べやすい大きさに切ります。
    3.鍋に胡麻油を熱し、青梗菜の茎の部分とエリンギをさっと炒めます。
    4.<青梗菜とツナの炊いたん 調味料>を加え、煮立ってきたら
      青梗菜の葉の部分、ツナを入れてひと煮して出来上がりです。
    青梗菜とツナの炊いたん(B)
    ツナの旨みが青梗菜にしみ込み、ほっこりしますね。
    あっさりいただける青菜の副菜です♪

    ポークソテー柚子胡椒集合①

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • ジャーマンポテトのチーズ焼き♪
    ジャーマンポテトグラタン
    ドイツの家庭料理として、またビールのおつまみとして広く知られる「ジャーマンポテト」
    ですが、このジャーマンポテトにピザチーズを乗せてオープンで焼き上げました。

    茹でたじゃがいもとベーコン、玉ねぎをオリーブクオイルで炒め、塩、胡椒で味付けして
    から、チーズを乗せて焼き上げただけの簡単な料理ですが、熱々のじゃがいもとチーズ
    が冷えた身体を温めてくれますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも大き目1個  ・ベーコン2枚位  ・玉ねぎ1/2個  ・ピザチーズ適量
    ・塩、胡椒適量  ・粒マスタード大さじ1/2 ・お好みでパセリのみじん切り適量  

    【作り方】
    1.じゃがいもは皮をむき、6~7mm位の厚さにスライスして水にさらしアクを取ります。
    2.玉ねぎは薄くスライス、ベーコンは食べやすいひと口ぐらいの大きさに切ります。
    3.じゃがいもは茹でるか、レンジで火を通します。
    ジャーマンポテトグラタン材料
    4.フライパンにオリーブオイルを油をひき、玉ねぎとペーコンを炒めます。
    5.じゃがいもを加えてさっと炒め、粒マスタード、塩、胡椒で味を付けます。
    6.グラタン皿か耐熱皿にジャーマンポテトを盛り、ピザチーズをのせてオーブンか
      オーブントースターでチーズに色付けして出来上がりです。

    ジャーマンポテトグラタン(B)
    簡単にできて、熱々のじゃがいもの美味しさを味わえます。
    ご家庭でのクリスマス料理にも使えますね♪


    ジャーマンポテトのチーズ焼きに添えた野菜料理は「かぼちゃサラダ」です。
    かぼちゃサラダ
    【材料(二人分)】
    ・かぼちゃ1/4個  ・玉ねぎ(スライス)1/4個  ・塩、胡椒適量  ・マヨネーズ適量

    【作り方】
    1.かぼちゃは食べやすいひと口ぐらいの大きさに切り、茹でるか、レンジで火を通します。
    2.薄くスライスした玉ねぎは水でさらしてから、水気をしっかり切ります。
    3.粗熱を取ったかぼちゃと玉ねぎを塩、胡椒、マヨネーズで和えて出来上がりです。


    メイン料理は「ホタテ貝のハーブ焼き」です。
    ホタテのハーブ焼き大
    ホタテ貝をオリーブオイルにレモン果汁、市販のマジックソルト(S&B)を振ってから
    少し漬け込んでから焼き上げました。マジックソルトには岩塩、トマトパウダー、ハーブ
    がブレンドされているので、ご家庭でもイタリアンの味を楽しむことができますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ホタテ貝6~8個  今回はひも付きを使いましたが、貝柱だけでも大丈夫です。
    <ホタテ貝 下味>
    ・オリーブオイル大さじ1  ・レモン汁大さじ1/2  ・マジックソルト適量

    【作り方】
    1.バットにホタテ貝を置き、オリーブオイル、レモン果汁、マジックソルトを振って
      漬け込みます。
    ホタテ仕込み マジックソルト
    2.20~30分ほど漬け込んだら、フライパンで両面を焼きます。
      仕上げに、漬け込み使ったオリーブオイルとレモン果汁も掛け、
      火が通ったら出来上がりです。

    ホタテのハーブ焼き(B)
    ハーブの香りで美味しくいただける、メインに相応しい料理になりますよ~。


    この日は「りんご」をたくさんいただいたので、ジャムを作りました。
    りんご箱写真 りんごジャム拡大
    酸味のきいた紅玉ではなく、しっかりした歯応えのある「ふじ」を使っています。
    シナモンを少し入れて、香りをつけています。甘さ控えめで、りんご本来の味と香り
    が楽しめる手作りジャムです♪
    手作りりんごジャム


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。pan style="color:#0000FF">
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 鶏肉のねぎ甘酢ソース
    ユーリンチー大
    久しぶりにさっぱりした揚げ物をいただきたくなって、鶏のもも肉を揚げて、
    ねぎたっぷりの甘酢ソースをかけた「油淋鶏(ユーリンチー)」を作りました。

    もも肉を丸ごと揚げるので、見た目が豪華。旬の甘みを含んだねぎ&しょうが
    を加えた甘酢ソースは香りも良くて、美味しいです♪

    【材料(二人前)】
    ・鶏もも肉250~300g(1枚)  ・ねぎ(斜め切り)適量
     <下味 ⇒ 酒大さじ1、塩・胡椒適量>

    <ねぎ甘酢ソース 調味料>
    ・醤油大さじ2  ・砂糖小さじ1  ・酢大さじ2  ・胡麻油小さじ1
    ・中華スープ(顆粒の中華スープ小さじ1をお湯で溶かしたもの)大さじ2
    ・ねぎ(みじん切り)大さじ2  ・生姜(みじん切り)小さじ1

    【作り方】
    1.ねぎ甘酢ソースを予め作っておきます。
    2.鶏もも肉に下味をつけて約20分ほど寝かせておきます。
    3.鶏もも肉に揚げ衣(片栗粉大さじ1+水大さじ1)をまぶします。
    4.揚げ油を170度より少し低めの温度で、鶏肉の皮を下にして揚げます。
      皮全体がバリっと揚がってきたらひっくり返し、全体の火を通します。
    5.油をよく切り、食べやすい大きさに切ってお皿に盛り、ねぎと甘酢ソース
      を掛けて出来上がりです。

    ユーリンチー断面
    鶏肉とさっぱりしたお酢好きにはたまりませんね。
    パリッと揚がった鶏肉の中はジューシーそのもの。

    ユーリンチー丼大
    甘酢がしみた鶏肉を、ご飯に乗せていただいても合いますよ~。
    「ねぎ甘酢ソース」でご飯も進みます~♪


    鶏肉のねぎ甘酢ソースに添えた副菜は「鶏ささみとしめじのピリ辛和え」です。
    しめじとささみピリ辛和え
    ささみとしめじはレンジ(シリコン)スチーマーで加熱し、豆板醤をきかせた辛味
    ダレで和えました。
    【材料(二人分)】
    ・ささみ1本  ・しめじ1/2パック  ・リーフレタス適量
    <ピリ辛ダレ 調味料>
    ・豆板醤こさじ1  ・酢大さじ1/2  ・醤油大さじ1/2  ・酒小さじ1
    ・砂糖ほんの少々  ・胡麻油小さじ1

    1.しめじは石づきを取り、小房に分けて、レンジスチーマーで火を通します。
    2.鶏ささみ肉は軽く、塩・胡椒、酒をふってレンジスチーマーで火を通します。
    3.ほぐした「ささみ」、しめじ、リーフレタスを少し加えて、ピリ辛ダレと和えます。
    しめじとささみ


    もう一品の野菜料理は「ほうれん草と卵の炒めもの」です。
    ほうれん草と卵炒め大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2把  ・卵1個  ・エリンギ(細切り)1本

    【作り方】
    1.ほうれん草をさっと茹でて冷水にとり、水気をしっかり切って3~4cm位に切ります。
    2.フライパンに油を熱し、エリンギを炒め、火が通ればほうれん草を加えて炒めます。
    3.溶き卵を加えて軽く炒め合わせ、塩、胡椒で味付けして出来上がりです。
      お好みで少し酒と醤油を加えても美味しいです。

    ほうれん草と卵炒め(B)
    手軽に出来るほうれん草の炒め物は、栄養バランスも、また見た目もきれいで
    重宝する副菜です。


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。span style="color:#0000FF">
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 出会いもの♪鯛ごぼう
    鯛ごぼう大
    地元:神奈川県の相模湾で獲れた「鯛」が一尾300円と特売で買えたので、定番ですが
    「鯛とごぼうの煮付け」を作りました。今回は鯛のあらも一緒に煮て、旨みをしっかりと
    煮含めました♪

    【材料(二人分)】
    ・鯛一尾  ・あらも一緒に入れましたが、切り身だけでも美味しくできます。
    ・ごぼう1/2本  ・生姜適量  ・付け合せ野菜としてきぬさやとにんじん(お好みで)
    鯛 写真
    <鯛とごぼうの煮付け 煮汁>
    ・水300㏄  ・酒300㏄  ・みりん大さじ6 ・醤油大さじ6  ・砂糖大さじ3

    【作り方】
    1.鯛はざるに並べて塩をふり、熱湯を回しかけて冷水に取ります。
    2.ごぼうは洗って5~6cm位の長さに切り、太いところは縦4つ割りか、縦2つ割りにします。
      酢少々を落とした水に放ち、アクを抜きます。
    3.生姜は皮をむき、薄い輪切りにします。
    鯛の煮付け 鍋
    4.鍋に煮汁と生姜がを入れて火にかけ、煮立ったら鯛、ごぼうを入れます。
    5.落とし蓋をして弱火で20分ほど煮こみ、照りが出てくれば出来上がりです。

    鯛のあら煮
    こちらは鯛のあら煮です。

    鯛ごぼう(B)
    甘辛い煮汁と生姜のほのかな香り、ホロっとした柔らかい身、白ご飯と合いますね♪

    古来より伝わってきた「鯛ごぼう」は「出会いもの」と呼ばれ、相性がとても良い組み
    合わせです。今と違って昔は魚の鮮度を保つのが難しく、ごぼうに含まれる酵素が
    鯛の生臭みを防いで、美味しさを増すことから、相性が良いとされたようですね。

    このように二つの「食材」が、互いに美味をかもし出すので「出会いもの」と呼ばれます。

    今回の「鯛ごぼう」以外にも「ブリ大根」、「若竹煮(わかめと筍)」、「棒ダラとえび芋」、
    「イカと里芋」、「鰊(にしん)と茄子」、「鱧(はも)と松茸」等々です。皆それぞれ美味し
    い料理ばかりですね♪


    鯛ごぼうに添えた野菜料理の一品目は「いかとブロッコリーの柚子胡椒サラダ」です。
    いかとブロッコリーのサラダ
    【材料(二人分)】
    ・いか(ロールいか)1/2枚  ・ブロッコリー1/4株  ・茹で卵2個 ・レタス適量

    <ポン酢の柚子胡椒ドレッシング>
    ・ポン酢醤油大さじ3  ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・柚子胡椒小さじ1

    【作り方】
    1.予め<ポン酢の柚子胡椒ドレッシング>を作っておきます。
    2.ロールいかは解凍して食べやすい大きさに切り、熱湯で茹でて粗熱を取ります。
      (写真は松笠に切れ目を入れてからカットして茹でました。)
    3.ブロッコリーは小房に切り分け、熱湯でさっと茹でてから冷水に取り、水気を切ります。
    4.いか、ブロッコリー、茹で卵を盛り付け、柚子胡椒ドレッシングを掛けて出来上がりです。
    いかとブロッコリーサラダ(B)
    さっばりしたいかの歯応えを、ちょっとピリ辛の柚子胡椒風味のドレッシングでいただきます。


    もう一品の野菜料理は「春菊(菊菜)の和風ナムル」です。
    菊菜のナムル大
    【材料(三~四人分)】
    ・春菊(菊菜)一把  ・にんじん(千切り)1/4本位  ・胡麻油小さじ2  ・白胡麻適量 

    <春菊(菊菜)の和風ナムル 調味料>
    ・白すり胡麻大さじ2   ・醤油小さじ1  ・砂糖小さじ1  ・お好みですりおろしにんにく少々  

    【作り方】
    1.春菊(菊菜)は、熱湯でさっと茹でて冷水に取り、水分をよく切って3~4cm位に切ります。
    2.千切りにしたにんじんも熱湯でさっと茹でて粗熱を取ります。
      (春菊と一緒に茹でても大丈夫です。)
    3.ボウルに春菊とにんじんを入れ、胡麻油でよく和えます。
    4.<春菊(菊菜)の和風ナムル 調味料>を加え、全体をからめ合わせます。
      白胡麻をふりかけて出来上がりです。

    胡麻と胡麻油の香りで美味しくいただけるナムル、食欲がそそる副菜ですね。
    茎や葉が柔らかい旬は、11月から2月にかけての冬で、この時期重要な葉野菜です。
    鍋以外でも、ぜひ召し上がってみて下さいね♪
    鯛ごぼう集合

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • パンdeシチュー♪
    パンでシチュー大
    皆さんのブログをご訪問させていただいていると、サンプル&新商品をもらって試しての
    「モラタメ」さんの記事を多く目にします。遅ればせながら、私もチャレンジしたところ、
    S&B食品さんの濃いシチュークリームとホワイトショコラがもらえました~♪
    濃いシチュークリーム 濃いシチューホワイトショコラ
    早速、冬季限定「クリームシチュー ホワイトショコラ」を使ってシチューを作りました。
    本日はフランスパンとパイシートを使ったシチューのご紹介です♪

    【クリームシチュー材料(二~三人分)】
    ・鶏もも肉1/2枚  ・じゃがいも2個  ・玉ねぎ1個  ・にんじん1本  ・ブロッコリー適量
    ・水  ・牛乳
    ジョアン プール
    ・フランスパン  ・パイシート1/2枚(耐熱容器の大きさに合わせてカット) 

    【作り方】
    1.フランスパン(今回は丸型のパンを使いました)は上部に包丁を入れて蓋にします。
      中のパンをくり抜き、シチューほ入れる器にします。
    2.シチューはパッケージ記載の作り方を参考にして仕上げます。
    3.出来上がったシチューを、フランスパンの器に入れていただきます。

    パンでシチュー(B)
    フランスパンで作ったパンケースは香ばしくて、シチューが少し減ってくると、外側の壁を
    崩してシチューにつけながら食べると美味しいですよ~。ボリュームがあるので、二人で
    パン1個で十分かも♪
    写真のパンはジョアンさんのフランスパン(ブール)を使わせていただきました。


    もう一つは市販のパイシートを活用したクリームシチューです。
    クリームシチューパイ
    出来上がったシチューを、小さめの耐熱容器に入れ、解凍したパイシートをのせて
    空気が抜けないよう、しっかり蓋をします。

    卵の黄身を刷毛(はけ)でパイシートの上に塗り、オープンで焦がさないよう
    焼き上げて出来上がりです。

    クリームシューパイカット
    パイをシチューの器に落としながら、一緒にいただきます。
    サクサクのパイと、クリームシチューの相性が抜群です~。


    シチューに添えた野菜料理は「キャベツとソーセージのマスタードマヨネーズ掛け」です。
    ソーセージ&キャベツ マスタードマヨ
    【材料(二~三人分)】
    ・ソーセージ5~6本 ・キャベツ1/4個位  ・パセリのみじん切り適量

    <【マスタードマヨネーズ ドレッシング>
    ・粒マスタード小さじ1  ・オリーブオイル大さじ1  ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒適量
    ・マヨネーズ大さじ1

    【作り方】
    1.キャベツはザク切りにして、熱湯でさっと下茹でしてから水を切り、粗熱を取ります。
    2.キャベツを茹でた鍋にソーセージを入れ、沸騰させないようにボイルします。
    3.ソーセージは食べやすい大きさに切り、キャベツ、マスタードマヨネーズドレッシング
      と一緒に和えて出来上がりです。

    ソーセージ&キャベツのマスタードマヨ(B)
    ソーセージとマスタードは相性が良いので、今一番美味しい冬キャベツと一緒に組み合わせ
    ました。マスタードの香りがきいたドレッシングでいただくと、食欲がぐっと上がります♪


    実はこのモラタメさんで、「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」にも当選しました。
    バリスタ当選

    パリスタ
    「オフィスモラ」企画で、勤務先住所を登録していれば応募可能でした。

    うちのオフィスにお越しいただくお客様にカプチーノ、カフェラテを召し上がって
    いただいています♪

    モラタメTOP
    「モラタメ」さんのホームページはこちらです。 ⇒ モラタメ


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 豚肉であっさり肉豆腐
    豚肉豆腐(B)
    鍋一つで、簡単にさっと出来る肉豆腐を作りました。豚パラ肉の旨みが豆腐にしみ込み、
    ご飯のおかずとしても、またお酒にも合う肉豆腐は、寒い日の身体を温めてくれますね。
    少し甘さを控えめに仕上げると、すっきりとした味を楽しむことができますよ~。

    【材料(二~三人分)】
    ・豚バラ肉100~150g  ・絹ごし豆腐(または木綿豆腐)一丁(一口サイズに切ります。)
    ・舞茸1パック  ・菊菜(春菊)1/2パック  ・お好みで型抜きにんじん
    藤野豆腐
    <合わせ調味料>
    ・出汁400㏄  ・酒大さじ2  ・薄口醤油大さじ1  ・濃口醤油大さじ1  
    ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1  ※味付けはお好みで調整して下さいね。

    【作り方】
    1.鍋に<合わせ調味料>を入れて煮立て、豚バラ肉、豆腐を入れます。
    2.少し煮込んでから、舞茸、にんじんも加え、肉と豆腐に味をしっかりとしみこませます。
    豚肉豆腐 ルクルーゼ
    3.最後に菊菜(春菊)を入れて、さっと火を通して出来上がりです。

    豚肉豆腐大①
    薄口醤油と濃口醤油で味付けしてあるので、あっさりといただけます♪
    「簡単、シンプル、ヘルシーな肉豆腐」は牛肉の切り落とし、豚細切れ肉でも
    美味しいですよ~。



    肉豆腐に添えた野菜料理は「せりのおひたし」です。
    かつお節を加えて風味が増しました♪
    せりのおひたし大
    【材料(二人分)】
    ・せり1束  ・かつお節適量
    <おひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・酒小さじ1   ・みりん小さじ1   ・薄口しょうゆ小さじ1

    【作り方】
    1.せりは水洗いして根の部分を切り、熱湯と下茹でしてからザルに取り、水気を切ります。
    2.食べやすい長さ(3~4cmぐらい)に切ります。
    3.<おひたし 調味料>とかつお節で和えて出来上がりです。
    せりのおひたし(B)
    せりはさわやかな香りと歯ざわり、そしてキレイな緑色が食欲をそそりますね。
    簡単に出来て、あっさりといただける副菜です♪


    もう一品は「ザーサイともやしのピリ辛和え」を作りました。
    ザーサイもやし大
    【材料(二人分)】
    ・ザーサイ(市販)適量  ・もやし1/2袋  ・大葉5枚
    <ザーサイともやしのピリ辛和え 調味料>
    ・酢大さじ1  ・酒小さじ1  ・醤油大さじ1  ・豆板醤小さじ1/2  ・胡麻油小さじ1

    【作り方】
    1.もやしは熱湯でさっと下茹でして粗熱を取ります。
    2.大葉は千切りにします。
    3.ザーサイ、もやし、大葉を<調味料>で和えて出来上がりです。

    コリコリしたザーサイ、さっぱりしたもやしと大葉、酢とちょっとピリ辛の豆板醤を
    きかせた調味料で和えました。ご飯にも、またお酒の友としてもピリ辛の味が
    合いますよ~♪
    豚肉豆腐集合


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 大根の千枚漬け風漬物
    千枚漬け大
    聖護院蕪を使った京都を代表するお漬物の「千枚漬」は、「すぐき」「柴漬」を合わ
    せて京都の三大漬物ですね。

    聖護院蕪が手に入らなかったので、自宅隣の農家さんの「採れたて大根」を使って、
    千枚漬風のお漬物を作りました。甘すぎない味付けで、さっぱりといただけました♪

    【材料】
    ・大根1/4本  ・昆布適量  ・赤唐辛子(鷹の爪)1本  ・お好みで柚子適量

    <合わせ酢>
    ・酢大さじ5  ・砂糖大さじ3 ・塩小さじ1

    【作り方】
    1.<合わせ酢>の調味料は鍋で火を入れてから粗熱を取ります。
    2.大根は包丁、またはスライサーで薄く切ります。
    3.薄く切った大根に塩(分量外)をふり、1時間ぼとおいてしんなりさせます。
    千枚漬け仕込み①
    4.塩を洗い流し、水気をよく切ってから、昆布、赤唐辛子、<合わせ酢>を加えて
      漬け込みます。
    千枚漬け仕込み②
    1時間くらいしてからいただけますが、冷蔵庫で寝かせるほどに味がしみて美味しさが
    増します。2~3日経つと、昆布の旨みが加わり、さらに美味しくいただけますよ~。

    千枚漬け(B)
    柚子の千切りを添えると香りがぐっと良くなります。
    蕪(かぶ)や大根で、我が家だけのオリジナルの千枚漬けを楽しんで下さいね。

    今回の千枚漬け風のお漬物、実は我が家では初めて作りました。美味しい料理を
    いっぱい作っておられる、お友達の「毎日のぐるぐるぐるめ のんうさぎさん」が、オリ
    ジナルの千枚漬け(自家製の大根を使って)をご紹介されていたので、私も作りたく
    なりました♪

    のんうさぎさん、いつも美味しい料理のご紹介、本当にありがとうございます。


    メインは「鯖(さば)の炊いたん」です。
    生姜をきかせた甘辛味に仕上げました。白ご飯とは本当に相性の良い煮魚です♪
    鯖の甘辛煮(B)改
    【材料(二人分)】
    ・鯖(さば)切り身2切れ  ・塩大さじ1  ・生姜(スライス)適量

    <鯖の炊いたん 合わせ調味料>
    ・おだし250㏄  酒100㏄  砂糖大さじ1  ・みりん大さじ2  ・醤油大さじ3

    【作り方】
    1.鯖の臭みを取るため、軽く塩をふって30分ほど寝かせ、水洗いして塩分を取ります。
    2.鍋に<鯖の炊いたん 合わせ調味料>、水気をよく切った鯖、生姜を入れて中火に
      かけます。
    3.落とし蓋をしてコトコト15~20分ほど煮込んで出来上がりです。

    鯖の甘辛煮(B)
    ご飯の定番、鯖の炊いたん、煮汁もたっぷりよそって、鯖の身を浸しながらいただくと
    ご飯が進みます~。


    野菜料理は「カリフラワーのグレープフルーツドレッシング掛け」です。
    カリフラワーサラダ大

    【材料(二人分)】
    ・カリフラー1/2株  ・ベーコン適量 ・グレープフルーツ
    グレープフルーツ写真
    <グレープフルーツドレッシング>
    ・フレッシュグレープフルーツの果汁大さじ2   
    ・オリーブオイル大さじ2  ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒適量  

    【作り方】
    1.カリフラワーは小房に切り分け、熱湯でさっと茹でて冷水に取り、水気を切っておきます。
    2.ベーコンはフライパンかオープントースターで焼いて細切りにします。
    3.グレープフルーツは絞って果汁を取り出します。種が入らないようにして下さいね。
    4.<グレープフルーツドレッシング>の材料を合わせてドレッシングを作ります。
    5.カリフラワーとベーコンを盛り、ドレッシングをかけて出来上がりです。

    ドレッシングの味の加減はお好みで調整して下さいね。

    カリフラワーサラダ(B)
    フレッシュグレープフルーツの風味と酸味がとても爽やかなドレッシングですよ~。
    ぜひ一度試してみて下さいね♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • キャベツと牛肉の炊いたん♪
    キャベツと牛肉の炊いたん(B)
    今、一番甘みを含んでいる冬キャベツと、旨みたっぷりの牛肉をほどよく柔らかくなる
    まで煮込みました。普段のおかずになる「キャベツと牛肉の炊いたん」のご紹介です。
    甘みたっぷりの玉ねぎも加え、野菜の持つ甘みをいただくおばんざい料理です♪

    【材料 (二~三人分)】
    ・牛薄切り肉(または細切れ肉)200~300g
    ・キャベツ1/2個  ・玉ねぎ1個  ・お好みでにんじん(型抜き)

    <キャベツと牛肉の炊いたん 調味料>
    ・お出汁200㏄  ・酒100cc  ・醤油100㏄  ・砂糖大さじ3  ・みりん大さじ1

    【作り方】
    1.キャベツは食べやすい大きさに切ります。
      玉ねぎは縦半分に切ってから幅1cm位に切ります。
    2.鍋に油を熱し、牛肉を入れさっと両面を炒めてからいったん皿かボウルに取り出します。
    3.同じ鍋にキャベツと玉ねぎを入れて炒め、少ししんなりしてきたら、牛肉を戻し入れます。
    4.<キャベツと牛肉の炊いたん 調味料>を入れ、野菜が柔らかくなるまで煮て
      出来上がりです。

    牛肉とキャベツの炊いたん②
    甘辛味のしみた牛肉とキャベツ、玉ねぎが美味しいですね。
    鍋一つで簡単に手早く出来るスピードメニュー。
    キャベツたっぷりでヘルシーなおかずになりますよ~。


    キャベツと牛肉の炊いたんに添えた副菜は「ゆきな(雪菜)とツナの炒めたん」です。
    ゆきなとツナの炒め大
    【材料】
    ・雪菜(ゆきな)1パック  ・ツナ缶1缶
    ゆきな
    <調味料>
    ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  ・醤油大さじ1/2

    【作り方】
    1.雪菜は水洗いした後、熱湯にさっと茹でて冷水に取り、水気を切って食べやすい
      大きさに切ります。
    2.鍋に油を熱し、雪菜とツナを炒めます。
    3.酒、砂糖、醤油で味を調え、しっかりと炒め合わせて出来上がりです。

    ゆきなとツナの炒め(B)
    ヘルシーな緑黄色野菜の雪菜、ツナの旨みであっさりといただけます♪

    雪菜(ゆきな)は雪国地方で栽培される青菜の一般的な名称です。
    肉厚で、濃い緑色の葉が縮れているのが特徴です。
    宮城県仙台市、山形県米沢市周辺が名産といわれています。


    もう一品の副菜は「ひいかの炊いたん」です。
    ひいかの煮付け大
    <ひいかの炊いたん 調味料>
    ・お出汁大さじ4  ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  ・醤油大さじ1/2
    ・みりん大さじ1/2

    【作り方】
    1.ひいかの足の部分を引っ張り、胴体から抜いて内蔵と軟骨を取り出します。
      目のところは庖丁で切り取って下さいね。
    2.鍋に油なしでひいかを入れて軽く炒めます。
    3.調味料を加えて、いかに火が通れば出来上がりです。

    ひいかの煮付け
    「ひいか」がぷりっぷりっとして柔らかく、ご飯にも、またお酒とも合います。
    ひいかは長く火にかけると固くなるので、火が通ったら器に取り出して下さいね♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • オイスターソース炒麺
    オイスター炒麺大
    ソース味の焼きそばも大好きですが、醤油味の焼きそばもあなどるなかれです♪
    牡蠣(かき)の旨みがたっぷり詰まったオイスターソースは、麺と具材のバランス
    を絶妙に合わせてくれる万能調味料です。

    やみ付きになる「オイスターソース炒麺(焼きそば)」を作りました♪
    仕上げの胡麻油の風味で食欲がそそります~!!

    【材料(二人分)】
    ・中華麺2玉、豚バラ肉、にんじん(細切り)、ニラ(細切り)、キャベツ、ボイル海老、
     お好みで卵

    <調味料>
    オイスターソース大さじ1  醤油大さじ1  酒大さじ1  塩、胡椒適量  胡麻油適量

    【作り方】
    1.野菜はそれぞれ食べやすい大きさに切ります。
    2.フライパンに油を熱し、豚バラ肉、にんじん、キャベツを炒め、火が通ったら中華麺を
      入れ、酒を加えて麺をよくほぐします。
    3.麺がほぐれたら、ニラ、ボイル海老を入れて炒め合わせ、オイスターソース、醤油、塩、
      胡椒を入れて全体になじませます。
    4.最後に胡麻油を回し入れ、さっと炒めて出来上がりです。

    ※醤油、塩の量は好みによって調整して下さいね。

    オイスター炒麺(B)
    ボリューム感を出したいときは目玉焼きを乗せて下さいね。
    冷蔵庫にある野菜をたっぷり使って、オイスターソース+醤油のあっさり味で焼きそばを
    味わって下さいね~♪


    オイスターソース炒麺と一緒にいただいたのは「スイートコーンの胡麻サラダ」です。
    コーンの胡麻酢ドレッシング大
    【材料】
    スイートコーンの缶詰1缶  ・レタス適量(写真はフリルレタスを使いました)
    コーン缶詰
    <胡麻ドレッシング>
    ・すり胡麻(白)大さじ2  ・サラダ油大さじ1と1/2  ・酢大さじ1  醤油大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.缶詰のスイートコーン(とうもろこし)を耐熱容器に入れて軽く塩、胡椒をします。
    2.ラップをかけて電子レンジで約1分間位加熱。コーンに火が通れば、粗熱を取ります。
    3.レタスと一緒にコーンを盛り付け、<胡麻ドレッシング>をかけて出来上がりです。

    コーンの胡麻酢ドレッシング
    シンプルですが、簡単&手軽に作れる究極のサラダですね♪



    もう一品の野菜料理は「さつまいものバターシナモン炒め」です。
    シナモンさつまいも(B)
    【材料(二~三人分)】
    ・さつまいも(中サイズ)1本  ・バター10g  ・醤油大さじ1/2  
    ・砂糖大さじ1/2  ・酒大さじ1  ・シナモン小さじ1/2弱

    【作り方】
    1.さつまいもは厚さ6~7mm位にスライスして、水にさらしてアク抜きをします。
    2.サツマイモは熱湯で茹でるか、レンジ加熱して歯応えが残る位まで柔らかくします。
    3.フライパンにバターを入れて熱し、水気を切ったさつまいもを入れて炒めます。
    4.醤油、砂糖、酒を入れて炒め合わせ、仕上げにシナモンを振ってさっと混ぜ合わせて
      出来上がりです。

    シナモンさつまいも
    ほくほくのさつまいもにバター醤油の旨み、シナモンがふんわり香るさつまいも料理です。
    副菜として、またお弁当のおかずにもお奨めですよ~♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • ハンバーグ♪肉じゃが
    バーグ肉じゃが大
    和食の定番、いつもの肉じゃがのお肉をハンバーグにして、和風の甘辛いお出汁で
    じっくり煮込んだ「ハンバーグ♪肉じゃが」を作りました。

    ホクホクのじゃがいもとハンバーグのジューシーな肉汁が口の中に広がって、いつも
    と違うハンバーグの美味しさを味わうことができますよ~。

    【材料(三~四人分)】
    ■ハンバーグの材料
    ・合いびき肉300g  ・玉ねぎ1/2個  ・卵1個  ・パン粉2/3カップ  ・塩、胡椒適量
    ■野菜
    ・じゃがいも3個  ・にんじん1本  ・ブロッコリー1/6個位

    <ハンバーグ♪肉じゃが 調味料>
    ・お出汁600㏄ ・酒大さじ2 ・砂糖大さじ2 ・みりん大さじ2
    ・薄口醤油大さじ2 ・濃口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.ボウルに<ハンバーグ♪肉じゃが 調味料>を合わせておきます。
    2.食べやすい大きさに切ったじゃがいもは水でさらしてアクを取り、にんじんと一緒にレンジ
      で加熱して粗熱を取ります。
    3.ボウルにハンバーグの材料を入れ、よく混ぜ合わせます。
      いつもの半分ぐらいの少し小さめに丸めてハンバーグを作ります。
    4.フライパンか大きめの鍋に油を入れて熱し、ハンバーグの両面に焼き色をつけます。
      焼いた後、余分な脂はキッチンペーパーで取り除いて下さいね。
    5.粗熱の取れたじゃがいも、にんじんを加え、<ハンバーグ♪肉じゃが 調味料>を加え、
      中火で7~8分位煮込んで出来上がりです。

    バーグ肉じゃが②
    熱々のじゃがいも、にんじんと、和風味で煮込んだハンバーグが絶妙に合います。
    少し趣向を変えたハンバーグ肉じゃが、ぜひご家庭の味付けで楽しんでみて下さいね♪



    ハンバーグ♪肉じゃがに添えた野菜料理は「ロメインレタスとしめじ炒め」です。
    ロメインレタス大①
    【材料(二人分)】
    ・ロメインレタス1/2個  ・しめじ1/2パック
    ロメインレタス写真
    <ロメインレタスとしめじ炒め 調味料>
    ・鶏がらスープ大さじ4 (顆粒小さじ1/2を熱湯60㏄でよく溶かしておいて下さい)
    ・酒大さじ1  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.ロメインレタスは大きくちぎり、冷水に放ちシャキとさせてからザルに取り水気を切ります。
    2.しめじは小房にほぐし分けておきます。
    3.フライパンに油を熱し、しめじを炒めます。
    4.しめじに火が通り、しんなりしてきたらロメインレタスを加えてさっと炒めます
    5.<ロメインレタスとしめじ炒め 調味料>を加えて炒め合わせて出来上がりです。
      炒めすぎないよう強火で炒めて下さいね。

    ロメインレタス炒め(B)
    普通のレタスは炒めた後、色が変わりやすいのですが、ロメインレタスは時間が経っても
    緑色がキレイに残りました。手早くできて、食感が美味しいロメインレタス炒め、 いくら
    でもいただけるぐらいさっぱりしていますよ~♪



    もう一品はおつまみメニュー「クリームチーズの塩昆布和え」です。
    クリームチーズ塩昆布大
    【材料】
    ・クリームチーズ3個  ・塩昆布適量  ・粗挽き黒胡椒適量  

    【作り方】
    1.クリームチーズを耐熱容器に入れて、電子レンジで10~20秒位加熱します。
    2.塩昆布を食べやすい長さに切り、加熱したクリームチーズと和えます。
    3.お好みで粗挽きの黒胡椒を振って出来上がりです。

    クリームチーズ塩昆布(B)
    以前見た料理本で紹介されていたことを思い出して作ってみました。
    クリームチーズと塩昆布、なぜか抜群に相性が良かったです。
    ごちそうさまでした♪



    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 寒ブリのキムチ煮♪
    ブリのキムチ煮(B)
    成長するごとに名前を変えることから「出世魚」と呼ばれるブリですが、美味しい旬を
    迎えていますね。冬にとれるブリは「寒ブリ」と呼ばれ、美味しさも一層増しています。

    普段であれば「照り焼き」、大根と炊く「ブリ大根」等でいただきますが、今回はキムチ
    と一緒に煮込みました。キムチのピリ辛さが生臭みを消して、ブリの旨みを美味しくいた
    だけます。ご飯のおかずとしてぴったりの料理になりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ブリの切り身2切れ  ・白菜キムチ適量  ・付け合せ(しめじ、青菜、にんじん等)適量

    <寒ブリのキムチ煮 水と調味料>
    ・水200㏄  ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・胡麻油小さじ1 

    【作り方】
    1.鍋に油を熱し、ブリの切り身に両面焼き色をつけます(旨みを閉じ込めます)。
      脂が出てくるので、キッチンペーハーでこまめにふき取って下さいね。
    2.ブリにあらかた火が通れば、水、醤油、酒、みりん、胡麻油を加えて5~6分
      ほど煮込みます。
    3.味がしみ込めば白菜キムチを加え、5~6分ほど煮込んで出来上がりです。
      
      白菜キムチの歯応えを残すため、キムチを煮すぎないようにして下さいね。

    ブリのキムチ煮大
    イワシ、鯖(さば)といった青魚にもキムチ煮は合います。キムチで煮ると臭みも
    消えて、ふっくらとした仕上がりになります。ご飯もお酒も進む魚料理です♪


    寒ブリのキムチ煮に添えた副菜は「厚揚げの卵とじ」です。
    厚揚げの卵とじ(B)
    【材料(厚揚げ1/2枚分)】
    ・厚揚げ1/2枚  ・菊菜(春菊)少々  ・溶き卵1個

    <厚揚げの卵とじ 調味料>
    ・お出汁大さじ4 ・薄口醤油大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.厚揚げは一口大に切ります。
    2.菊菜(春菊)は熱湯でさっと下茹でにして冷水に取り、水気を切って食べやすい
      長さに切ります。
    3.鍋に<厚揚げの卵とじ 調味料>と厚揚げを入れて煮立たせ、菊菜(春菊)が
      しんなりするまで弱火でしばらく煮ます。
    4.溶き卵を回し入れ、卵が半熟くらいになったら火を止めて出来上がりです。

    厚揚げの卵とじ大
    甘辛い味付けでご飯が進みます。
    このまま丼にしても美味しいですね♪



    もう一品は鹿児島の友人が送ってくれた「つけあげ(さつまあげ)」です。
    上棒天
    「つけあげ」は鹿児島県の串木野を中心に鹿児島県内で広く製造されており、
    関東では「さつまあげ」、関西では「てんぷら」と呼ばれています。

    串木野揚げセット
    獲れたての新鮮な魚をすり身にして揚げてあり、甘くて上品な味わいです。
    まさに串木野の名産ですね。写真は上棒天と呼ばれるさつまあげです。

    串木野揚げ大
    そのままでいただくのが一番ですね。美味しかったです。

    ブリのキムチ煮集合

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • かしわのすき焼き♪
    かしわのすき焼き(B)
    先週末は久しぶりにすき焼きを作りました~。
    と言っても、霜降りの牛肉ではなく、かしわのすき焼きです。関西では鶏肉のことを
    「かしわ」と呼び、妻の実家(京都)ですき焼きと言えばかしわで作られていました。

    妻にとってはお正月の思い出のごちそう、ヘルシーで鶏肉の旨みたっぷりの「かしわの
    すき焼き」をいただきました♪

    【かしわのすき焼き 今回の材料】
    鶏もも肉  長ねぎ  菊菜  玉ねぎ  エノキ茸  麩  糸こんにゃく  焼き豆腐
    かしわのすき焼き材料
    <調味料>
    酒、砂糖、醤油各適量  卵

    【作り方】
    1.鶏もも肉は食べやすい一口ぐらいの大きさに切ります。
    2.野菜、豆腐も切り揃えます。
    3.麩は水で戻し、水気を絞っておきます。
    4.すき焼き鍋に少しサラダ油を入れて熱し、鶏肉を入れて炒めるように火を入れます。
    5.砂糖、酒、醤油を適量加え、火が通れば、取り鉢に入れ、溶き卵をつけていただきます。
    6.他の具材も加え、味をみながら<調味料>を加え、火の通った具材から溶き卵をつけて
      いただきます。

    〆はお餅、うどん、ご飯をお好みで加え、少し煮込むと味がしみて美味いですよ~。
    また、卵でとじるのもお奨めです♪

    かしわのすき焼き大④
    牛肉よりも、あっさりと食べやすいのが「かしわのすき焼き」です。
    野菜とかも、鶏の旨みで美味しくいただけますよ~。

    鶏肉を「かしわ」と呼ぶ由来ですが、鶏の羽の形が「柏の葉」の形に似ていることから
    きているようです。イノシシの肉を「ぼたん」、馬の肉を「さくら」と呼ぶように、
    肉を別の言葉で表すのと同じようです。



    かしわ(鶏)のすき焼きに添えた副菜は「お揚げ(油揚げ)と切干大根の炊いたん」です。
    千切り大根丸皿①
    【材料】
    ・切干大根30g  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚

    <お揚げと切干大根の炊いたん 調味料>
    ・お出汁300cc  ・砂糖大さじ1  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ1  ・薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.切干大根は水でさっと洗い、水につけて20~30分間ほどおきます。
    2.つけおいた切干大根の水気を絞り、食べやすい大きさに切ります。
    千切り煮込み
    3.鍋に油を熱し、切干大根を入れて炒めます。
    4.全体に油がまわったら、お揚げを加えさっと混ぜ、調味料を加えて弱火で煮ます。
      煮汁が半量位になるまで煮て出来上がりです。
    しっとりと煮汁を含んだ切干大根、とてもヘルシーな「おばんざい」ですね。

    すき焼きと卵


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • ささみとアスパラ炒め
    ささみとアスパラ炒め(B)②
    柔らかくてヘルシーな鶏ささみに、生姜の香りをきかせた炒めものを作りました。
    下味に片栗粉と胡麻油を使い、ぱさつきがちな鶏ささみをコーティングして炒め
    ました。炒めた後も、しっとり感を味わえる料理になりますよ~。

    【材料(二~三人分)】
    ・鶏ささみ三本  ・グリーンアスパラガス5~6本  ・パプリカ(赤)1/2個

    <下味調味料>
    ・酒大さじ1  ・胡麻油大さじ1/2  ・薄口醤油大さじ1/2
    ・生姜の絞り汁大さじ1/2  ・片栗粉大さじ1

    <味付け調味料>
    ・酒大さじ1  ・砂糖小さじ1  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.鶏ささみは筋を取り、一口大のそぎ切りにして、バットかボウルに入れます。
    2.下味調味料の酒、薄口醤油、生姜の絞り汁を加え、片栗粉を入れて全体に
      まぶし、最後に胡麻油を入れて軽く混ぜ合わせます。
    3.グリーンアスパラは根元を1cm位切り落とし、根元のほうの皮をむいて、
      長さ4~5cmに切ってから熱湯でさっと下茹でして冷水にとり、水気を切ります。
    4.フライパンに油を熱し、下味をつけた鶏ささ身の汁気を切って中火で炒めます。
    5.鶏ささみに火が通れば、パプリカとアスパラを加えて炒め合わせ、酒、砂糖、
      塩、胡椒で味を調えて出来上がりです。

    ささみとアスパラ炒め大
    彩りが白いささみに緑と赤が加わって、キレイに映えて食欲をそそります。
    生姜の香りも楽しめる、あっさりした炒めものになりました♪


    炒めものに添えた野菜料理は「ほうれん草とブナピー(ホワイトぶなしめじ)の和え物」です。
    ブナピーとほうれん草の和え物大
    材料【材料二~三人分】
    ・ほうれん草1/2把  ・ブナピー1/2パック位

    <ほうれん草とブナピーの和え物 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・薄口醤油大さじ1/2  ・酒大さじ1/2  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.予め<ほうれん草とぶなしめじの和え物 調味料>を用意しておきます。
    2.ブナピーは小房に分け、レンジ(シリコン)スチーマーで火を通し、粗熱を取ります。
    3.ほうれん草はさっと下茹でして冷水に取り、水気を絞って食べやすく長さに切ります。
    4.ブナピー、ほうれん草を調味料で和えて出来上がりです。

      お好みでレモン果汁一振り、または柚子の千切り添えると、さらにさっぱりとします。

    ブナピーとほうれん草の和え物
    「ツルン」としたのどごしが特長の「ブナピー」ですが、ほんのりとした甘みがあるので、
    使いやすいきのこですね。白い色がきれいに映えるので、食卓に彩りが出ます♪



    もう一品は身体の芯まで温まる「味噌仕立ての粕汁(かすじる)」です。寒い日に
    いただきたくなるのが熱々の粕汁。根野菜をいっぱい入れて煮込み、酒粕と味噌で
    味付けしたヘルシーな汁物です。
    粕汁大
    【今回使った材料(たっぷり四~五人分位)】
    豚肉  大根  人参  ごぼう  こんにゃく  お揚げ(油揚げ)  長ねぎ
    お出汁1600㏄(8カップ)  酒粕100g  味噌60g  薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.豚肉と野菜は食べやすいサイズに切り揃えます。
      ごぼうは笹がきにして、アク抜きしてから使って下さいね。
    2.酒粕はお出汁の1部で溶いておきます。
      酒粕写真  粕汁煮込み
    3.鍋にお出汁を入れ、豚肉と野菜(長ねぎとお揚げは除く)を入れて煮ます。
      アクが出ればこまめにすくって下さいね。
    4.野菜が柔らかくなったら、お揚げを加え、味噌と薄口醤油で味を調え、酒粕を加えます。
      (味をみて、調味料を加えるか、お出汁で調整して下さいね)
    5..最後に長ねぎを加えて、ひと煮立ちしたら出来上がりです。

    豚肉の代わりに焼いた鮭のあら、塩鮭、ブリも美味しいですね。
    塩鮭を使う場合は塩分があるので調味料は調整して下さい。
    粕汁(B)
    発酵食品の酒粕はヘルシーな健康食品。酒粕に含まれる成分が、肝障害予防に
    なるそうで、お酒の飲みすぎで弱った肝臓を酒粕がいたわってくれるとは、
    ちょっと不思議です♪

    ささみとアスパラ炒め集合①

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • スペイン風のオムレツ
    トルティージャカット大
    日本では「スペイン風のオムレツ」として紹介されることの多いトルティージャ。
    バル(BAR イタリア語ではバール)の定番メニューとしても知られていますね。

    今回はじゃがいも、ほうれん草、エリンギを使って作りました。調理方法が
    簡単なので、卵料理がお好きな方にはぜひお奨めしたい料理です。

    【材料】フライパン1枚分(できれば17cm位の小さめのフライパンが良いです。)
    ・卵3個  ・ほうれん草1/2束  ・じゃがいも大1個  ・エリンギ1本(薄切り)
    ・オリーブオイル大さじ2   ・にんにく1片 ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.ほうれん草はさっと茹でて、5cm位の長さに切ります。
      じゃがいもは厚さ5mm位の拍子切りにして水にさらします。
    2.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、じゃがいもとエリンギを炒め、
      蓋をして弱火でじゃがいもを柔らかくします。軽く塩、胡椒で味を付けて下さいね。
    3.ボウルに卵を割りほぐし、中に炒めたじゃがいも、エリンギ、茹でてカットした
      ほうれん草を入れて軽く混ぜます。
    トルティージャフライパン
    5.フライパンにオリーブオイル大さじ1を入れて熱し、にんにくを炒め香りを移し取り出します。
    6.ボウルに入れた卵と具材をフライパンに流し込み、周りが固まりそうになったら、
      さっとかき回します。
    7.半熟状態になったら、お皿を利用してひっくり返し、裏面は弱火でじっくり焼いて
      出来上がりです。お好みの大きさに切り分けて下さいね。
    トルティージャ丸カット大


    塩・胡椒をしっかりすれば、このままで美味しいです。お好みでケチャップ、マヨネーズを♪
    トルティージャ(B)
    ボリューム感のあるスペイン風のオムレツ。
    お子様からご年配の方まで広く好まれる一品ですね。
    お好きな具材を使って召し上がって下さいね。



    野菜料理は「大根とベビーリーフのカリカリじゃこサラダ」です・
    じゃこさらだ大
    【材料二~三人分】
    ・大根(上の部分)1/4本  ・ベビーリーフ適量  ・おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ3
    <ポン酢の柚子胡椒ドレッシング>
    ・ポン酢醤油大さじ3  ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・柚子胡椒小さじ1

    【作り方】
    1.大根は皮をむいて、4~5cmの長さの千切りにします。
    2.ベビーリーフは大根と一緒に冷水に放ち、パリッとしたらザルに上げる。
    3.フライパンに油を熱し、おじゃこ(ちりめんじゃこ)を炒めてパリパリにします。
    4.大根、ぺビーリーフを盛り付け、おじゃこ(ちりめんじゃこ)を乗せて出来上がりです。

    大根は切り方によって食感が変わります。
    縦の細切り(繊維の方向)にするとシャキシャキした食感が楽しめます。
    しっとりした食感がお好みであれぱ゛大根を薄い輪切り(繊維を断ち切る方向)にして
    から、細切りにするといいですよ~。

    じゃこさらだ(B)
    今の時期はみずみずしさが味わえる大根、カリカリじゃことご一緒にどうぞ~♪


    メインは「鮭(さけ)の竜田揚げ」です。
    生姜風味をきかした下味をつけて、カラリと揚げました。
    鮭の竜田揚げ大
    【材料(二人分)】
    ・生鮭 (切り身) 2切れ
    <鮭の竜田揚げ 下味調味料>
    ・醤油大さじ1  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ1  ・生姜の絞り汁小さじ2

    【作り方】
    1.生鮭は食べやすい大きさに切り、<下味調味料>に15~20分ほど漬け込みます。
    鮭竜田揚げ漬け込み
    2.漬け込みが終われば、生鮭の水気を拭き取り、片栗粉を全体に薄くまぶします。
    3.余分な粉を落とし、170度位に熱した揚げ油に入れてカラリと揚げて出来上がりです。

    カラリと揚がった竜田揚げ、生姜の風味がきいて美味しいです。ご飯にもお酒にも合いますね~。
    竜田揚げは冷めても美味しくいただけるので、お弁当のおかずとしてもお奨めです。

    竜田揚げ集合
    本日は洋と和のコラボメニューでした~♪

    最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • ヘルシーな蒸し豆腐♪
    蒸し豆腐(B)
    この時期、お鍋や湯豆腐で豆腐を召し上がる機会も多いと思います。本日は豆腐を使った
    料理のご紹介です。

    豆腐は蒸すと水気が抜けてふっくらとします。豆腐に豚の挽き肉で作ったつくねをはさみ
    蒸し上げた「蒸し豆腐」を作りました。濃厚な豆腐本来の旨み、大豆の豊かな香りが楽し
    めますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・絹ごし豆腐一丁 人参(型抜き)、ブロッコリー、しめじ適量  ・水溶き片栗粉
    ・豚つくね(鶏のつくねでもOKです)
    <豚ひき肉100g ねぎ(みじん切り)1/4本 おろし生姜小さじ1 玉子1/2個  塩・胡椒適量>

    <蒸し豆腐 あんかけ調味料>
    ・お出汁300㏄  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1と1/2  ・薄口醤油大さじ1  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.ボウルに<つくねの材料>を合わせて練り混ぜておきます。
    2.豆腐は重石をしてしっかりと水気を切ります。
    3.豆腐を半分に切り、さらに三角型になるよう切ります。
    4.豆腐を切り離さないよう、面に詰め物ができるよう切り込みを入れます。
    蒸し豆腐仕込み
    5.切り込みを入れた豆腐につくねをはさみます。
    6.蒸し器に,お皿に乗せたつくね入りの豆腐を並べ、8分ほど蒸し上げます。
    7.鍋に<蒸し豆腐 あんかけ調味料>を煮立たせ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
      蒸した豆腐を器に入れ、あんをかけて出来上がりです。
      お好みで野菜を添えて下さいね。

    蒸し器が無い場合はつくねを詰めた腐にラップをして、電子レンジで加熱して下さいね。

    蒸し豆腐大
    油を使わないことと、豆腐をメインにしているのでヘルシーそのもの。たっぷりのあんを
    かけていただく、寒い日のお料理です♪


    ヘルシーな蒸し豆腐に添えた野菜料理は大根を使った副菜です。
    一品目は「鶏ささみ肉とレディース大根(サラダ大根)の酢の物」です。
    鶏ささみ肉とレディース大根の酢の物大
    【材料(二人分)】
    ・鶏ささみ1本  ・赤大根1/4本  ・パプリカ1/4個

    <酢の物 調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・酢大さじ1  ・薄口醤油小さじ1  ・砂糖ほんの少々  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.鶏ささみ肉はレンジ(シリコン)スチーマーで火を通します。
      もしくは、フライパンで両面を焼いて火を通しても美味しいです。
    2.粗熱が取れれば食べやすい大きさに裂きます。
    3.ボウルにスライスしたレディース大根、パプリカと裂いた鶏ささみ肉を混ぜ合わせ、
      <酢の物 調味料>で和えて出来上がりです。

    鶏ささみとレディース大根の酢の物
    さっぱりとした鶏ささみ肉と、みずみずしいレディース大根のしゃきしゃき感を
    酢の物でいただきます。大根の歯応えも楽しめますよ~♪


    もう一品は「大根とおじゃこ(ちりめんじゃこ)のきんぴら」です。
    大根とおじゃこのきんぴら大
    【材料(二人分)】
    ・大根1/6本位  ・おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ2位

    <きんぴら 調味料>
    ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油大さじ1/2  ・酒大さじ1/2

    【作り方】
    1.大根は皮をむき、細く千切りにします。
    2.鍋に胡麻油を熱し、大根を炒めます。
    3.大根がしんなりしてきたら、おじゃこ、砂糖、薄口醤油、酒を加え、
      からめるようにして汁気をとばして出来上がりです。

    大根のきんぴら
    しっとりした大根に、おじゃこの旨みが加わって美味しいです。
    お酒の肴、お弁当にも合いますよ~♪

    蒸し豆腐集合
    単品の写真はないのですが、少しつくねが余ったので、形を丸めてスープで
    いただきました。


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 熱々♪パリパリ春巻き
    春巻き大
    点心の定番料理「春巻き」を作りました。揚げたての熱々、パリパリの皮をほうばると、
    口のなかでいろいろな具材の味がいっぱい広がって、いくらでもいただけてしまう感覚
    になってしまいます(笑)春巻きが食卓に乗ると、楽しいご飯になりますね~。

    今回は春雨、エリンギ、長ねぎを入れたあっさりバージョンの春巻きです。

    【材料(春巻き10本分】
    ・春巻の皮10枚
    ・豚ロース(またはもも肉)細切り100g位  ・たけのこの水煮(細切り)1/2個
    ・エリンギ(細切り)1本  ・春雨(戻してから3~4cm位にカット) 35g
    ・長ねぎ(または白ねぎ)細切り2本  ・しょうが(みじん切り) 小さじ1

    <春巻き 調味料>
    ・酒大さじ2   ・醤油大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  ・塩、胡椒適量  ・胡麻油適量

    【作り方】
    1.フライパンに胡麻油を熱し、しょうがを入れて炒め、香りが出たら豚肉を炒めます。
    2.豚肉に火が通ったら、たけのこ、エリンギ、ねぎ、春雨を加えて炒め合わせます。
    春巻き仕込み①
    3.酒、醤油、砂糖、しお、胡椒で味を整えます。
    4.あん(具材)の荒熱が取れたら、春巻きの皮で巻きます。
      巻き終わりは、水溶き小麦粉でつけます。
    春巻き仕込み②
    5.160℃位に熱した揚げ油に春巻きを入れ、まずは低温でじっくり揚げます。
    6.最後に火を強め、カラリと揚げます。

    具材は、エビ、干し椎茸、にら、ピーマン、キャベツなどお好みの食材を使って下さいね。
    春巻き(B)
    揚げたてのパリパリ感はたまりません~。
    あんを炒める際、スープを使っていないので、冷めてもべとつきません。
    お弁当のおかずとしてもお奨めですよ~♪


    春巻きと一緒にいただいたのは「白菜と豆腐の中華風スープ」です。
    ふんわり卵のあっさりスープにしました。
    豆腐すーぷ
    【材料(二人分)】
    ・白菜1枚位  ・豆腐1/8丁  溶き卵1個  ・三つ葉適量  ・水溶き片栗粉適量

    <白菜と豆腐のスープ 水と調味料>
    ・顆粒の中華だし大さじ1を水400㏄で溶いた鶏がらスープ   ・酒大さじ1
    ・薄口醤油大さじ1/2  ・胡麻油少々  ・塩、胡椒少々

    【作り方】
    1.白菜は1cm幅位に切り、豆腐は5mm位の細切りにします。
    2.鍋に<白菜と豆腐のスープ 水と調味料>の材料、白菜を入れて火にかけ、
      白菜に火が入れば豆腐も加えて3~4分ほど煮ます。
    3.水溶き片栗粉を入れて一煮立ちさせ、最後に溶き卵を入れて静かにかき回します。
    4.卵にさっと火を通して出来上がりです。お好みで三つ葉を添えて下さいね。

    豆腐のスープ(B)
    溶き卵を入れる前に水溶き片栗粉を加えると、卵がふんわり仕上がります♪
    今が旬の白菜の甘さを楽しめる中華風スープです。


    野菜の料理は「キャベツとツナのナムル風和えもの」です。
    キャベツとツナのナムル大
    【材料(二人分)】
    ・キャベツ1/8個  ・カイワレ1/2パック  ツナ缶1缶(小サイズ)
    <キャベツとツナのナムル風の和えもの 調味料>
    ・ごま油小さじ2  ・醤油小さじ2  ・塩ほんの少々  ・砂糖ほんの少々

    【作り方】
    1.器に<キャベツとツナのナムル風の和えもの 調味料>を用意しておきます。
    2.キャベツは食べやすい大きさにざく切りにします。
    3.熱湯にキャベツを30秒程度入れ、さっと下茹でして、ざるにあげます。
      粗熱が取れたら、軽く絞って水気を切ります。
    4.ボウルにツナ、キャベツ、カイワレ、<ナムル風の和えもの 調味料>を入れて
      全体をよく和えて出来上がりです。味をみてお好みの味に調整して下さいね。

    ツナは野菜との相性がとても良い食材ですが、今回は甘みたっぷりの冬キャベツと
    組み合わせました。胡麻油がきいて、お箸が進む副菜です♪

    春巻き集合

    最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。
  • 豚肉と大根の炊いたん
    豚バラ肉と大根の炊いたん(B)
    寒い季節には、ほっこり美味しい定番の和食が何よりですね。
    「豚バラ肉と大根の炊いたん」を作りました。圧力鍋でトロトロに柔らかくした
    豚バラ肉と、甘みいっぱいのみずみずしい大根を炊きました。

    【材料(二~三人分)】
    ・豚バラ塊肉200~300g  ・大根1/2本  ・生姜(薄切り)適量  ・ねぎの青い部分2本位

    <豚バラ肉と大根の炊いたん 調味料>
    ・お出汁500㏄ ・薄口醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・塩ほんの少々
    ・砂糖小さじ1  味付けはお好みで調味料を調整して下さいね。

    【作り方】
    1.豚バラ肉は5cm位の角に切り、フライパンで両面を焼いて旨みを閉じ込めます。
    2.圧力鍋にひたひたの水(1,000㏄位)と、焼いた豚バラ肉を入れて火にかけ、
      20分ほど加圧。加圧が終わったら、火を止めそのまま自然冷却します。
    豚バラ肉圧力鍋
    3.大根は厚めに皮をむき、乱切りにします。
    4.別の鍋に<豚バラ肉と大根の炊いたん 調味料>、大根、加圧の終えた豚バラ肉を
      入れ、大根が柔らかくなるまで炊いて出来上がりです。
    圧力鍋が無い場合、豚バラ肉を下茹でして、柔らかくしてから大根と炊いて下さいね。

    塩辛集合①
    お肉はとろとろ、大根はまろやかな煮物になりますよ~♪


    大根と豚バラ肉の炊いたんには、私の大好きな「イカ」を使った「イカの塩辛」
    を添えました。お酒のおつまみとしても、また、ご飯のお供としても美味しい
    「イカの塩辛」を手作りしました。
    いかの塩辛大
    新鮮なイカを目にされた際は、市販では味わえない甘みと旨みのある「イカの塩辛」を
    ぜひ召し上がってみて下さいね。イカと塩さえあれば、美味しく出来ますよ~♪
    【材料】
    ・するめイカ1ハイ ・塩適量  ・お好みで柚子の皮少々

    【作り方】
    1.イカは「わた」を潰さないよう、胴の下の部分に手を入れて、足を引いて胴と足を
      別々にして、胴のイカの薄皮を剥ぎます。
    2.薄皮を剥いだイカは日陰で4~5時間ほど干して、甘みを出します。
    いか干し
    3.ボウルにザルを乗せ、ワタにたっぷりの塩をふり、4~5時間ほど冷蔵庫で寝かせます。
    4.冷蔵庫から取り出したワタは水で洗って、塩を取り除きます。
    塩辛 塩漬け
    5.ワタの水気をしっかり取り、ワタの薄膜に包丁で切れ目を入れて、トロリとした中身
      (肝)をボウルに搾り出します。
    6.イカは食べやすいサイズ(一口大)に細切りして、搾ったイカの肝と混ぜます。
      塩を少々、お好みで柚子の皮を加え、味を調えて出来上がりです。
      醤油やみりんを隠し味に加えても美味しいですよ~。

    いかの塩辛(B)
    合わせたばかりの塩辛は新鮮で甘味があり、さっぱりとしています。
    1~2日ほど寝かせると、熟成してさらに旨味が増します。
    保存(熟成)する場合、キレイな容器で保存しないと日持ちしないので気をつけて下さいね。


    イカのゲソは、オープントースターで「柚子胡椒焼き」にしました。
    いかゲソ柚子胡椒焼き
    ・イカのゲソとえんぺら1ハイ分 ・酒大さじ1  ・醤油大さじ1/2  ・柚子胡椒適量
    【作り方】
    1.イカゲソ、えんぺらは食べやすい大きさに切ります。
    2.容器に酒、醤油、柚子胡椒を入れてよく合わせます。、
    ゲソ仕込み 柚子胡椒焼き
    3.オープントースターの天板にアルミホイルを敷き、イカを入れ、酒、醤油、柚子胡椒
      のタレをかけ、焼きあげて出来上がりです。
    簡単にできる「イカゲソの柚子胡椒椒き」、こちらもご飯、お酒が進む一品になりました~♪


    野菜料理は「オレンジ白菜としめじの炒めたん」です。
    オレンジ白菜炒め
    【材料(二人分)】
    ・オレンジ白菜1/8把  ・しめじ1/4バック  ・にんじん1/8本
    オレンジ白菜①
    <オレンジ白菜としめじの炒めたん 調味料>
    ・酒大さじ1/2  ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ1  ・塩、胡椒ほんの少々
    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、しめじとにんじんを炒めます。
    2.しめじに火が通れば、白菜を加えて炒め合わせ、調味料で味をつけます。

    オレンジ白菜は球内色が鮮やかなオレンジ色で、甘みが強くて歯切れのよい白菜です。
    彩りの良いので食欲をそそりますね♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 寒い日はスンドゥブ♪
    スンドゥブ(B)
    韓国の豆腐鍋として人気のあるスンドゥブチゲ(豆腐のチゲ)を、絹ごし豆腐でアレンジ
    しました。寒い日にはもってこいのピリ辛味のスンドゥブチゲ、食べている途中から、
    身体がポカポカと温まります~♪豆腐と野菜たっぷりのヘルシーなお鍋です!

    【今回の材料(二人分)】
    スンドゥブ材料

    ・豚バラ肉100g位  ・絹ごし豆腐1/2パック  ・玉ねぎ1/4個  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚
    ・にんじん1/8本  ・白菜1/8杷  ・長ねぎ1/2本  せり(三つ葉、にら)適量  ・卵2個
    ・お好みでキムチ適量

    <スンドゥブチゲ スープ>スープのベースは桃屋さんの「キムチの素」を使いました。
    キムチの素
    ・キムチの素1/2瓶  ・昆布出汁800㏄  醤油大さじ1  ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.手鍋に<スンドゥブチゲ スープ>の調味料を入れ、煮立て味を調えます。
    スンドゥブスープベース
    2.野菜は食べやすい一口ぐらいの大きさに切り揃えます。
    3.一人用の土鍋か鉄鍋にスープ、豚肉、野菜、豆腐を入れて煮立てます。
    4.卵を割り入れ、グツグツとお肉と野菜に火が通れば出来上がりです。

    スンドゥブ大
    キムチの素を使えば、手早く出来て簡単に豆腐チゲを味わうことが出来ます。
    とろりとした半熟卵が、辛さを少しマイルドに和らげてくれます。
    お好みでキムチを加えるとコクが出ますよ~♪
    キムチ写真

    今回は別にハマグリの酒蒸しを作ったので、酒の代わりに酒蒸しで出た旨み
    (スープ)をスンドゥブチゲのコクを出すため、大さじ1加えています。

    スンドゥブは「純豆腐」と表記され、韓国の豆腐の一種で、日本のおぼろ豆腐
    に相当する柔かい豆腐とのこと。純豆腐を使う鍋料理のスンドゥブチゲの略称
    として使われることが多いようですね。


    ちなみに私のフェイスブックお友達が勤務されているスンドゥブ専門店:
    「東京純豆腐さん」のホームページはこちらです。⇒ 東京純豆腐
    札幌、仙台、首都圏、静岡、関西圏、福岡にお店がありますよ~。
    東京純豆腐さんのお店を見かけられた際は、ぜひスンドゥブを
    召し上がってみて下さいね~♪


    スンドゥブチゲに添えた料理は「はまぐりの酒蒸し」です。
    はまぐりの酒蒸し大

    夕方の特売で「はまぐり」が安価で買えたので、お酒の友にするとともに、出来上がった
    お出汁は、スンドゥブチゲのスープベースに入れる酒代わりに使いました。

    【作り方】
    1.はまぐりはよく洗ってから、蓋のできる鍋に入れ、酒大さじ3をふって蓋をし、
      中火にかけます。
    2.蓋のふちから蒸気が出たら、そのまま2分位加熱して火を止めます。
    3.器に盛り、お好みで2cm幅位に切った三つ葉を添えて出来上がりです。
    酒蒸しは「はまぐり」の美味しさをシンプルに味わうこさが出来ますよ~♪


    野菜料理は「ねぎと鶏ささみ肉のチリペッパー和え」です。
    鶏ささみ肉とねぎ大
    ヘルシーな鶏ささみ肉を焼いて、長ねぎ、貝割れと一緒に、チリペッパーで
    作ったピり辛ドレッシングで和えました。

    【材料(二人分)】
    ・鶏ささみ肉一枚  ・長ねぎ1本  ・貝割れ1/2パック  ・塩、胡椒適量
    チリペッパー

    <チリペッパー ピリ辛ドレッシング>
    ・酢大さじ1  ・醤油大さじ1/2  ・胡麻油小さじ1  ・塩、胡椒適量  ・チリペッパー適量
    1.鶏ささみ肉に軽く塩、胡椒をふり、フライパンで両面を焼いて火を通します。
    2.粗熱が取れれば食べやすい大きさに裂きます。
    3.ねぎは斜め薄切りに、貝割れは根元を落として半分に切ります。
    4.鶏胸肉、長ねぎ、貝割れを<チリペッパー ピリ辛ドレッシング>で和えて出来上がりです。
    鶏ささみ肉とねぎ和え
    チリペッパーは赤唐辛子の粉末、鮮やかな赤色と辛さが特徴です。
    お好みの辛さに調整して下さいね。



    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 定番♪照り焼きチキン
    照り焼きチキン(B)
    鶏もも肉の照り焼きは、広い世代の方に喜んでいただける人気メニューですね。
    我が家でも定番のおかずです。

    今回は砂糖の代わりに「はちみつ」を入れた照り焼きソースで仕上げました。
    鶏もも肉の旨みを、醤油ベースの少し甘めの照り焼きダレで美味しくいただけ
    ますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏もも肉1枚(目安250g位)  塩、胡椒適量  ・こんにゃく1/2枚(4分割)
    <照り焼きチキン はちみつタレ>
    ・醤油大さじ1  ・酒 大さじ1  ・みりん大さじ1  ・はちみつ大さじ1

    【照り焼きチキンの作り方】
    1.予め、<照り焼きチキン はちみつタレ>をボウルか器に用意しておきます。
    2.鶏もも肉を広げ、肉の厚い部分に切り込みを入れ、半分にカットします。
    3.こんにゃくはアク抜きをして、両面に斜め格子状に切り目を入れておきます。
    照り焼きチキン焼き上げ
    4.フライパンには油はひかないで、軽く塩、胡椒をした鶏もも肉を皮目から
      焼き上げます。こんにゃくも一緒に焼いていきます。
    5.皮がきつね色になったら返して、身側を焼き、火を通します。
      余分な脂はこまめにキッチンペーパーでふき取って下さいね。
    6.鶏肉に火が通れば<照り焼きチキン はちみつタレ>を加え、少し煮詰めて
      照りが出てくれば出来上がりです。

    はちみつの代わりに砂糖でも大丈夫です。
    ちょっと甘めのタレなので、調味料はお好みで調整して下さいね。
    照り焼きチキン大
    フライパン一つで簡単に作れるので、忙しい日の献立に良いですね。
    醤油ベースの照り焼きチキンは、ご飯にもお酒にも、またお弁当のおかずとしても
    お奨めの定番メニューです~♪


    照り焼きチキンに添えた一品目は「ほうれん草とお揚げ(油揚げ)の炒めたん」です。
    ほうれんそうとお揚げの炒め(B)
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2把  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚  ・しめじ1/4バック
    <ほうれん草とお揚げ(油揚げ)の炒めたん 調味料>
    ・酒大さじ1/2  ・醤油小さじ1  ・砂糖ほんの少々

    【作り方】
    1.ほうれん草はさっと茹でて、冷水にとり、水気を切って食べやすい大きさに切ります。
    2.お揚げ(油揚げ)は油抜きして食べやすい大きさに、しめじもほぐしておきます。
    3.鍋に油を熱し、お揚げ(油揚げ)をカリッカリッと焼きます。
    4.しめじを加えて炒め合わせ、ほうれん草も加えて炒め、調味料で味をつけます。

    カリッカリッに焼いた香ばしいお揚げと、ほうれん草、しめじが合いますね。
    さっぱりといただける、炒めものの副菜です。


    もう一品の野菜料理は「かぶのそぼろあんかけ」です。
    寒さとともに甘さが増す、旬の「かぶ」を使いました。
    かぶのそぼろあんかけ大
    【材料(二人分)】
    ・かぶ(小サイズ)4個 (大きいサイズならば2個)  ・鶏挽き肉100g位

    <そぼろあんかけ 調味料>
    ・お出汁300㏄  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1と1/2  ・薄口醤油大さじ1
    ・塩ほんの少々  ・水溶き片栗粉適量

    【作り方】
    1.かぶは根と葉を切り落とし、1/2または1/4に切ります(皮は剥きません)。
    2.鍋にお出し、酒、みりん、薄口醤油、塩、かぶを入れて煮立てます。
    3.煮立てば火を弱めて、約10分ほど煮ます。
    かぶ煮込み
    4.別の小さな鍋に熱湯をわかし、鶏挽き肉を入れて余分な油を取り、ザルに取ります。
    5.柔らかくなったかぶを器に盛ります。
    6.かぶを取り出した鍋に脂切りした鶏ひき肉を入れてひと煮立ちさせ、水溶き
      片栗粉を加えてあんを作り、かぶにあんをかけて出来上がりです。

    かぶのそぼろあんかけ(B)
    とろけるように柔らかくなった「かぶ」に、鶏挽き肉の旨み、お出汁の風味がきいた
    熱々のあんをかけていただくと、身体も温まります。ほっこりするおばんさいですね♪

    照り焼きチキンとかぶそぼろ集合

    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 鱈(たら)のハーブ焼
    鱈のレモンハーブ焼き大
    鍋材料としておなじみの「たら」ですが、漢字では「鱈」と書いて、冬を代表する魚ですね。
    今が旬の鱈(たら)をオリーブオイルとレモン果汁、市販のイタリアンハーブミックスに
    漬け込んでから焼き上げました♪

    【材料(二人分)】
    ・鱈(切り身)2枚  ・オリーブオイル大さじ1  ・レモン果汁大さじ1/2  
    ・イタリアンハーブミックス(市販)適量  ・パセリ(みじん切り)適量

    【作り方】
    1.バットに鱈を置き、オリーブオイル、レモン果汁、イタリアンハーブミックス、
      パセリのみじん切りを振って漬け込みます(15~20分位)。
    鱈のハーブ焼き仕込み
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、皮面から焼いて、反対面も焼きます。
      焦げやすいので火加減には気をつけて下さいね。  
    3.仕上げに、漬け込み使ったオリーブオイルとレモン果汁も掛け、火が通ったら出来
      上がりです。
    4.お好みで、仕上げにもパセリのみじん切りを再度少量振って下さいね。

    鱈のレモンハーブ焼(B)
    オリーブオイルとレモン汁に漬け込むことで、鱈のパサつき感が無くなります。
    レモンのさっぱり感と、オリーブオイルのコク、ハーブミックスの香りでいただく
    魚料理になりました~。

    イタリアンハーブミックス
    今回使ったハーブソルトは、ハウス食品さんの香りソルト<イタリアンハーブミックス>
    です。ガーリック、パセリ、オレガノ、バジル、ブラックペパー、セージ、セロリシード、
    塩がブレンドされた調味料です。



    鱈(たら)のハーブ焼きには「ツナのスパゲティーサラダ」を添えました。
    ツナ入りパスタサラダ大
    【マスタードドレッシング】
    ・粒マスタード小さじ1  ・サラダオイル大さじ1/2  ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    茹でたスパゲティー、ツナと野菜(きゅうり、にんじん、オニオンスライス)、マスタード
    ドレッシングとマヨネーズで和えました。
    ツナ入りパスタサラダ(B)
    粒マスタードがほんのり香るサラダです。



    もう一品は「ベイクドポテト」です。
    電子レンジとオープントースターを使って焼き上げました。
    ベイクドポテト大
    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも(男爵)2個  ・バター・20g  ・お好みで塩少々

    【作り方】
    1.じゃがいもは皮ごときれいに水洗いして、1個ずつラップに包んで電子レンジで
      4~5分ほど加熱します。竹串がをすっと刺さるようであればOKです。
    2.じゃがいものラップを外してアルミホイルで包み、オーブンかオープントースターで
      8~10分ほど焼きます。
    3.じゃがいもの上面に十字に切り込みを入れ、バターをのせます。
      お好みで、少し塩をかけていただいても美味しいですよ~。

      じゃがいもの大きさにより、レンジ、オープン、オープントースターの加熱時間は
      調整して下さいね。

    ベイクドポテト(B)
    ほくほくのじゃがいもと溶けたバターの相性は最高ですね。
    お酒とも合います~♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

  • 焼きたてナンでカレー
    手作りナンとカレー大
    ナンでいただくカレーは美味しいですよね。ホームベーカリーを使って、ふんわり
    もっちりの焼き立てナンの美味しさをおうちで味わいました。生地が出来れば、
    フライパンで焼くだけで、コクと甘みのあるナンをいただくことができます~♪

    【材料(6枚分)】
    ・強力粉280g  ・砂糖大さじ1 ・塩小さじ1 ・バター15g
    ・水180㏄  ・ドライイースト5g  ・スキムミルク大さじ1

    【作り方】
    1.ホームベーカリーに材料を入れてセットします。
    2.生地ができたら6等分して、丸めて10~15分寝かせます(ベンチタイム)。
    3.ベンチタイム後、一枚ずつ楕円形に薄くのばします。
    4.フライパンに油はひかず、中火で両面を焼いて出来上がりです。

    ナン焼き上がり
    ※ホームペーカリーが無い場合はボウルで材料をこねても出来ます。

    カレーはキーマカレーでも美味しいのですが、ちょっと時間が足らなかったので
    市販のカレー(エバラ食品さんの横濱舶来亭カレーフレーク)を使いました。
    バターライスも少しだけ添えていただきました♪

    手作りナンとカレー中段
    外はこんがり、中はふわふわ、もちもち♪自分でこねたり、発酵して膨らむ様子
    を見たりするのも楽しいので、ご家族の皆さんで作ってもよいですね~♪


    野菜料理は茹で野菜と卵のサラダです。
    ナン 茹で野菜
    材料はアスパラ、ブロッコリー、にんじん、茹で卵です。


    手作りナン集合ラスト
    熱々の焼きたてナンでいただくカレー、おうちでも楽しむことができました~♪


    この日の甘いもんは妻の焼いた「ガトーショコラ」。12月になったので、雪だるま仕様です~♪
    ザッハトルテ全体
    スフレのような軽い食感と、しっとりとして濃厚なチョコレートムース、
    両方の食感が楽しめる「ガトーショコラ」です。甘さ控えめのブラック
    板チョコで作りました。

    ザッハトルテカット

    この日はナンとカレー、そしてガトーショコラと妻が大活躍でした。
    お疲れさまでした~。


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。


  • 回鍋肉(ホイコーロー)♪
    回鍋肉大
    白ご飯やお酒との相性が抜群の「回鍋肉(ホイコーロー)」を作りました~。
    豚バラ肉と11月~2月頃に収穫される寒玉キャベツ(冬キャベツ)が、コクの
    深い甘辛みそ味にからまったら、もう箸が止まらないおいしさです~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・豚バラ肉100g(+下味として酒小さじ1と醤油小さじ)  ・キャベツ小サイズで半玉位
    ・ピーマン1個  ・パプリカ(赤)1/4個  ・にんじん1/6本  ・葱1/2本
    ・生姜(みじん切り)小さじ1  ・お好みでにんにく(みじん切り)小さじ1/2  ・胡麻油小さじ1

    <回鍋肉 合わせ調味料> ⇒ 予め合わせておきます。
    ・豆板醤大さじ1/2  ・甜面醤大さじ1と1/2   ・お好みで豆鼓醤小さじ1
    ・醤油大さじ1  ・砂糖小さじ1  ・酒大さじ1  ・片栗粉小さじ2

    【作り方】
    1.豚バラ肉を食べやすい大きさに切り、酒小さじ1と醤油小さじ1で下味をつけておきます。
    2.キャベツ、ピーマン、パプリカ、にんじんは食べやすい大きさに切り、葱は小口切りします。
    3.野菜はすべて一緒に、さっと塩茹でして、ザルに取ってよく水気を切ります。
    回鍋肉炒め
    4.サラダ油とごま油をフライパンで熱し、生姜とお好みでにんにくを炒め、香りが出たら、
      豚肉と葱を炒めます。
    5.豚肉に火が入ればキャベツ、ピーマン、パプリカ、にんじんを加え、合わせ調味料を
      回し入れて全体に味をなじませます。
    6.仕上げに、お好みで胡麻油をかけて出上がりです。

    野菜はさっと塩茹でして炒めました。塩茹ですると、炒めたときに早く火が通り、色鮮やか
    に仕上がります。(お湯は1リットルで塩は1つまみ位です)。

    回鍋肉(B)大
    旬の冬キャベツには甘みがあり、この時期ならではの美味しい回鍋肉(ホイコーロー)が
    味わえますよ~♪



    回鍋肉(ホイコーロー)に添えた野菜料理は「いんげん(三度豆)の胡麻酢和え」です。
    三度豆の胡麻酢
    <胡麻酢(二人分)>
    ・すり胡麻(白)大さじ2  ・薄口醤油大さじ1  ・酢大さじ1  ・砂糖ほんの少々

    三度豆の胡麻酢(B)
    すり胡麻をたっぷり入れました。柚子の千切りも添えて香りもアップ。
    胡麻酢がいんげん(三度豆)の美味しさを引き立て、あっさりといただける副菜です♪


    スープは「大根と鶏胸肉のスープ」です。
    大根スープ大
    【材料(二人分)】
    ・大根1/8本  ・鶏胸肉1/8枚  ・しめじ1/4パック

    <大根と鶏胸肉のスープ 水と調味料>
    ・顆粒の中華だし大さじ1を水400㏄で溶いた鶏がらスープ   ・酒大さじ1
    ・薄口醤油大さじ1/2  ・胡麻油少々  ・塩、胡椒少々

    【作り方】
    1.大根は拍子切り、鶏胸肉は3~4cm位の細切り、しめじは石づきを落としほぐしておきます。
    2.鍋に油(小さじ1位)を熱し、鶏胸肉が色づくくらいまで炒めます。
    3.<大根と鶏胸肉のスープ 水と調味料>の材料、大根、しめじを入れて火にかけ、
      大根が柔らかくなるまで(7~8分ほど)煮て、出来上がりです。

    大根スープ(B)
    大根の甘み、しめじの食感、ヘルシーな鶏胸肉をあっさりといただけるスープです。
    身体も温まります~♪


    本日も最後まで読んで下さいまして、本当にありがとうございました♪

    ↑ブログランキング参加中です。
    妻共々、励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

    クリックしていただける方、本当にありがとうございます。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング