• 鶏皮の照り焼き<甘辛の旨み♪しっとり>
    皮の照り焼き 大
    安価でコラーゲンたっぷりの「鶏皮」を甘辛い照り焼きでいただきました。鶏皮はフライパンでカリッと焼き上げ、あとはタレをからめるだけで簡単に出来上がります。お好みで粉山椒の風味をプラスすると、より一層美味しく召し上がれます。ご飯にも、お酒にも合う一品が出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏皮4~5枚  ・お好みで付け合せ野菜  ・お好みで粉山椒適量
    皮の照り焼き 材料① 皮の照り焼き 材料②調味料
    <鶏皮の照り焼き タレ調味料>
    ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・醤油大さじ1  ・砂糖大さじ1/2

    【作り方】
    1.フライパンに油は入れず鶏皮を入れ、中火で炒めます。
    皮の照り焼き 調理① 皮の照り焼き 調理②
    2.自然と鶏皮から脂が出てきます。キッチンペーパーで脂を取り除きなながらカリカリ
      になるまで炒め揚げ、焼ければキッチンペーパーにのせて余分な脂を切ります。
    3.フライパンをキレイにして<鶏皮の照り焼き タレ調味料>を入れます。
    皮の照り焼き 調理③ 皮の照り焼き 調理④
    4.少し煮詰めたらひと口位に切った鶏皮を加えます。
    5.全体にタレの味がしみて照りが出てきたら火を止めます。
    皮の照り焼き 調理⑤ 皮の照り焼き 調理⑥
    6.付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
    皮の照り焼き B
    鶏皮せんべいのカリカリ感とはまたひと味違う、甘辛さとしっとり感を味わうことが出来ます。コラーゲンたっぷりの一品、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
    スポンサーサイト
  • 手作りハーブソーセージ
    手作り皮無しソーセージ 大
    豚のひき肉におろし生しょうが、香りソルト<イタリアンハーブミックス>で下味をつけ、手作りの皮なしソーセージを作りました。しょうががひき肉独特の匂いを抑え、ハーブの風味がきいたソーセージが自宅でも簡単に出来ます。加熱はレンジを使うので、時短であっという間に出来上がります。フライパンで軽く焼き上げると、香ばしくてジューシーな手作りソーセージが味わえますよ~♪

    【材料と調味料(二人分) ソーセージ8本分】
    ・豚ひき肉200g  ・玉ねぎ(みじん切り)1/4個  ・パン粉大さじ3
    ・牛乳大さじ2  ・ハウスさんの「特選本香り生しょうが」小さじ1
    ・ハウスさんの香りソルト<イタリアンハーブミックス>適量
    手作り皮無しソーセージ 材料① 手作り皮無しソーセージ 材料②
    【下準備】
    1. ボウルに全ての材料と調味料を入れます。
    手作り皮無しソーセージ 【下準備】① 手作り皮無しソーセージ 【下準備】②
    2.粘りが出るまでよく混ぜます。

    【作り方】
    1.材料を8等分にして、棒状(ソーセージの形)にしてラップで包みます。
    手作り皮無しソーセージ 調理① 手作り皮無しソーセージ 調理②
    2.8個のソーセージを作ります。
    3.耐熱皿にのせ、レンジで加熱します。600Wで約3分です。
      加熱しすぎると割れてしまうので気をつけて下さいね。
    手作り皮無しソーセージ 調理③ 手作り皮無しソーセージ 調理④
    4.粗熱が取れたらラップから外し、汁気をキッチンペーパーでふき取ります。
    5.フライパンに少量の油を熱し、全体に軽く焼き色をつけます。
    手作り皮無しソーセージ 調理⑤ 手作り皮無しソーセージ 調理⑥
    6.お好みの付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。
      お好みでマスタード、ケチャップ、カットレモンでいただきます。

    手作り皮無しソーセージ 拡大
    ジューシーな手作り皮無しハープソーセージが出来上がりました。生しょうがを下味に使うことでひき肉固有の匂いを抑え、イタリアンハーブミックスがきいたソーセージです。材料も調味料も少なく、簡単に出来上がります。

    手作り皮無しソーセージ B
    ご飯にもパンにもお酒にも合います。豚肉は夏場の疲労回復にもなるので、この時期は特におすすめの一品です。

    ハウスさんの「特選本香り生しょうが」は、シャキシャキの繊維感と、おろしたての生しょうがの食感と香りが楽しめる粗おろしタイプです。料理に、自然なしょうがの香りづけができます。 下味と味付けに使ったハウスさんの香りソルト<イタリアンハーブミックス>には。オレガノ、バジル、セージなどのハーブと、塩とブラックペパーがバランスよくブレンドされています。ハーブの風味と香りが楽しめますよ~♪
    特選生しょうが 香りソルト<イタリアンハープミックス>
    今回の特選生しょうがを使った料理はハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手:しょうが・にんにく・胡麻大活躍!手間ナシ♪夏の時短レシピ」でいただきました。美味しい手作りソーセージが出来上がりました。ごちそうさまでした~♪夏の時短料理レシピ
    夏の時短料理レシピ  スパイスレシピ検索

    野菜料理は「トマトとにんじんのサラダ 柚子胡椒ドレッシング」です。
    トマトとにんじんのサラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・にんじん1/2本位  ・きゅうり1/3本位

    <トマトとにんじんのサラダ 柚子胡椒ドレッシング>
    ・酢大さじ1  ・オリーブオイル大さじ1  ・柚子胡椒小さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.トマト、にんじん、きゅうりを食べやすいひと口位に切ります。
      今回はにんじんときゅうりは乱切りにしました。

    2.にんじんは熱湯でゆでるか、レンジ調理で火を通し、粗熱を取ります。
    3.ボウルにトマト、にんじん、きゅうりを入れ、柚子胡椒ドレッシングで和えます。
      器に盛り付けて出来上がりです。
    トマトとにんじんのサラダ B
    さわやかな辛味が特徴の、さっぱりした柚子胡椒ドレッシングで和えた「トマトとにんじんのサラダ」です~。彩りもキレイに出せるので食欲もぐっと上がります。柚子胡椒が野菜のの美味しさを引き出してくれますよ~。

    もう一品は「ピリ辛揚げ餃子」です。揚げ餃子にレッドペパーとドライパセリをふって辛味と旨みを加えました。
    ピリ辛揚げ餃子 大
    【材料(二人分)】
    ・市販の餃子(冷蔵、または冷凍)8~10個位  ・お好みで付け合わせ野菜適量

    <ピリ辛揚げ餃子 調味料>
    ・GABANレッドペパー(赤唐辛子)適量  ・GABANパセリ(ドライパセリ)適量

    【作り方】
    1.餃子は170度位の中温でじっくり中まで火を通します。
      冷凍餃子を使う場合は焦がさないよう油温に注意して揚げて下さいね。
    ピリ辛揚げ餃子 調理① ピリ辛揚げ餃子 調理②
    2.ボウルに油を切った餃子を入れ、レッドペパーとパセリを適量ふって混ぜます。
      器に盛り付けて出来上がりです。
      レッドペパーの量で辛みを調整して下さいね。
    ピリ辛揚げ餃子 B
    パリッパリッの揚げ餃子をちょっとピリ辛味でいただきました。餃子(ギョウザ)は冷蔵でも冷凍でもOKです。刺激的な辛さが暑い夏の日にはおすすめです。ご飯もお酒も進みますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • 焼きしゃぶのしょうが薬味ダレ
    焼きしゃぷ薬味ダレ 大
    しゃぶしゃぶ用の薄切り豚ロース肉をフライパンでさっと焼き、いつもは薬味として活躍するおろししょうが、長ねぎ、青ねぎ、大葉で作った「薬味ダレ」をかけていただきました。しょうがの風味と、お酢、醤油ベースの薬味ダレはほど良い酸味で食べやすいタレです。暑い日もご飯が進む、さっぱりした薬味ダレと豚肉、夏バテ防止にもなりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・薄切り豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)150~200g位  ・塩、胡椒適量
    ・お好みの付け合せ野菜(今回はベビーリーフとトマト)
    焼きしゃぷ薬味ダレ 材料① 焼きしゃぷ薬味ダレ 材料②
    【しょうが薬味ダレ 材料(二人分)】
    ・長ねぎ15cm位  ・青ねぎ(または万能ねぎ)2本位  ・大葉4~5枚
    ・おろししょうが(今回はハウスさんの「特選本香り生しょうが」)小さじ1

    <薬味タレ 調味料>
    ・醤油大さじ2  ・酢大さじ2  ・酒大さじ1  ・胡麻油大さじ1/2  ・ラー油小さじ1/2

    【下準備】
    1.長ねぎ、大葉はみじん切り、青ねぎは小口切りにします。
    焼きしゃぷ薬味ダレ 【下準備】① 焼きしゃぷ薬味ダレ 【下準備】②
    2.器かボウル器に長ねぎ、青ねぎ、大葉、おろししょうが、<薬味タレ 調味料>を
      入れ、よく混ぜ合わせます。
    3.薄切り豚ロース肉に軽く塩、胡椒をふります。

    【作り方】
    1.器にお好みの付け合せ野菜(今回はベビーリーフとトマト)を盛り付けます。
    焼きしゃぷ薬味ダレ 調理① 焼きしゃぷ薬味ダレ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、薄切り豚ロース肉の両面をさっと焼いて火を通します。
    3.焼いた豚肉を器に盛り付けます。
    焼きしゃぷ薬味ダレ 調理③ 焼きしゃぷ薬味ダレ 調理④
    4.豚肉に<薬味タレ 調味料>をかけて出来上がりです。

    焼きしゃぷ薬味ダレ 拡大
    焼きしゃぶにしょうがの風味がきいた薬味タレをかけた一品が出来上がりました~。調理工程が少なく、簡単に出来上がる一品です。胡麻油の香り、ラー油のピリ辛さも加わり、ご飯もお酒も進みます~♪

    焼きしゃぷ薬味ダレ B②
    お盆を過ぎてもまだまだ厳しい暑さが続いています。夏バテ予防には豚肉がおすすめです。豚肉のビタミンB1含有量は牛肉の10倍以上と言われており、鉄・カリウム・リンなども含まれているので、元気が出ますよ~♪

    ハウスさんの「特選本香り生しょうが」は、シャキシャキの繊維感と、おろしたての生しょうがの食感と香りが楽しめる粗おろしタイプです。料理に、自然なしょうがの香りづけができます。
    ハウス 特選生しょうが 写真
    今回の特選生しょうがを使った料理はハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手:しょうが・にんにく・胡麻大活躍!手間ナシ♪夏の時短レシピ」でいただきました。美味しい一品が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    夏の時短料理レシピ
    夏の時短料理レシピ  スパイスレシピ検索

    副菜の一品目は「絹揚げといんげんの炊いたん」です。
    絹揚げ豆腐の炊いたん 大
    【材料(二人分)】
    ・絹揚げ(または厚揚げ)2個  ・いんげん(三度豆)4本   ・お好みで生姜の細切り適量

    <絹揚げといんげんの炊いたん お出汁と調味料>
    ・お出汁300㏄  ・砂糖大さじ1/2  ・薄口醤油大さじ1  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ1

    【下準備】
    1.絹揚げは油抜きをし食べやすい大きさに切ります。
    2.いんげんは5~6cm位の長さに切ります。
    3.お好みで生姜は細切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に<絹揚げといんげんの炊いたん お出汁と調味料>を入れて煮立てます。
      煮立てば弱火にして、絹揚げを入れて煮ます。
    2.絹揚げにお出汁と調味料の味がしみたらいんげん(三度豆)を加え、いんげん
      が柔らかくなるまで煮て火を止めます。器に盛り付け、お好みで生姜の細切り
      を添えて出来上がりです。
    絹揚げ豆腐の炊いたん B
    ふわっとした食感が美味しい絹揚げを煮物でいただきました。お出汁と調味料の味がしみた絹揚げでほっこり♪暑い日は少し冷やしていただいても美味しく召し上がれます~。

    もう一品は「かぼちゃの昆布茶炒め」です。
    かぼちゃの昆布茶炒め大
    【材料(二人分)】
    ・かぼちゃ(小サイズ)1/6個位  ・お好みで付け合せの野菜適量

    <かぼちゃの昆布茶炒め 水と調味料>
    ・水大さじ2  ・昆布茶適量

    【作り方】
    1.かぼちゃは種とワタを取り除き、ひと口大位に切ります。
    2.フライパンに油を熱し、かぼちゃの両面を焼きます。
    かぼちゃの昆布茶炒め 調理① かぼちゃの昆布茶炒め 調理②
    3.かぼちゃに火が通れば水大さじ2と昆布茶を加えて蓋をし、蒸し焼きにします。
      汁気が無くなる直前で火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      かぼちゃが厚い場合はレンジ調理で火を通してから炒めてもOKです。
    かぼちゃの昆布茶炒め B
    味付けは昆布茶だけのシンプルな炒め物です。昆布茶の旨みがしみたホクホクのかぼちゃが美味しいです~♪かぼちゃは緑黄色野菜の代表で、カロチン、ビタミンB群を多く含んでいます。ヘルシーで身体に優しい一品が出来上がりました。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • 鶏手羽元のWマスタードソース
    鶏手羽元Wマスタードソース 大
    鶏の手羽元をフライパンでカリッと焼き上げ、辛味と旨みが特長の粒マスタード、からし本来の自然な風味が特徴のねりからしのWマスタードソースをかけました。ソースには、はちみつとレモン果汁を加えています。まろやかさとしっかりした辛味に、コクの出るはちみつ、さわやかなレモンの香りも加わり、旨みたっぷりの鶏手羽元をさっぱりといただけますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏手羽元6本  ・塩、胡椒適量  ・お好みの付け合せ野菜
    鶏手羽元Wマスタードソース 材料 鶏手羽元Wマスタードソース 調味料ソース
    <鶏手羽元のWマスタードソース 調味料>
    ・レモン果汁大さじ1/2  ・酢大さじ1/2  ・はちみつ大さじ1
    ・粒マスタード小さじ2  ・ねりからし(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.器かボウルに<鶏手羽元のWマスタードソース 調味料>を入れ、よく混ぜ合わせます。
    鶏手羽元Wマスタードソース 【下準備】① 鶏手羽元Wマスタードソース 【下準備】②
    2.常温に戻した鶏手羽元は水気を拭き取り、軽く塩、粗挽き黒胡椒、小麦粉をふります。
      今回はハウス食品さんの香りソルト<4種のペパーミックス>をふっています。

    【作り方】
    1.フライパンに少量の油を熱し、鶏手羽元を入れます。全面に焼き色を付けて、旨みを
      閉じ込めます。手羽元の皮から脂が出ますから、キッチンペーパーで小まめにふき
      取り火を通します。
    鶏手羽元Wマスタードソース 調理① 鶏手羽元Wマスタードソース 調理②
    2.お好みの付け合わせ野菜と一緒に鶏手羽元を盛り付け、<鶏手羽元のW
      マスタードソース>をかけて出来上がりです。辛味はマスタードとねりからし、
      酸味はレモン果汁、甘みははちみつでお好みに合わせて調整して下さいね。

    鶏手羽元Wマスタードソース 拡大
    香ばしく焼き上げた鶏手羽元のWマスタードソースが出来上がりました~。ほど良いさわやかな酸味の中に、粒マスタードとねりからしのダブルマスタードがしっかりきいています。暑い日もお箸が進む、コラーゲンたっぷりの一品です♪

    鶏手羽元Wマスタードソース B②
    調理工程も少なく、フライパン一つで簡単に出来ます。焼き揚げた手羽元は、揚げた手羽元とは食感も異なり、美味しさがあとを引く感じです~。今回は鶏手羽元を使いましたが、手羽先、手羽中、鶏もも肉でも美味しく召し上がれますよ~。

    野菜料理は「にんじんのグラッセ」です。
    にんじんしいんげんのグラッセ 大改
    【材料(二人分)】
    ・にんじん(中)1本  ・お好みでいんげん4本

    <にんじんのグラッセ 水と調味料>
    ・水200㏄(1カップ)  ・顆粒のコンソメスープ小さじ1/2位
    ・砂糖大さじ1  ・バター大さじ1  ・お好みで塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.にんじんはお好みの形に切ります(今回は乱切り)。
    2.鍋に水、にんじん、顆粒コンソメ、バターを入れてにんじんが柔らかくなるまで煮ます。
    にんじんといんげんのグラッセ 調理① にんじんといんげんのグラッセ 調理②
    3.にんじんが柔らかくなれぱいんげんを加え、いんげんが柔らかくなればお好みで塩、
      胡椒で味を調え火を止めます。  器に盛り付けて出来上がりです。
    にんじんといんげんのグラッセ B
    洋食の付け合せとしてはおなじみのグラッセ、しっかり甘さをきかせた料理です。副菜としても美味しくいただけます。冷めても美味しく召し上がれますから、お弁当の付け合せとしてもおすすめです♪

    先日、自宅すぐ近くの梨農家さんに「浜なし」を買いに行ってきました~。
    浜なし①
    「浜なし」は横浜市内で生産される「梨」のブランド名で、市場には出荷せず、ほぼ全量が生産者の方の庭先、直売所、JA横浜等で販売されます。
    浜なし②
    完熟状態で販売されるため、水分が多く「幻のなし」とも呼ばれています。
    浜なし③
    今年もみずみずしくて美味しい「浜なし」をありがとうございました♪ごちそうさまでした~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • かぼす醤油のひと口ビーフステーキ
    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 大
    立秋、お盆を過ぎてもまだまだ厳しい暑さが続きそうです。元気をつけるため、ビーフステーキを焼きました。今回のソースは牛肉の旨みをシンプルに味わうため、かぼす醤油でいただきました。下味にはハウス食品さんのスパイスクッキング<ステーキ>をふり、香ばしく焼き上げました。牛肉の美味しさをさわやかな香りのかぼすと、旨みを引き出す醤油がぐっと高めてくれますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ステーキ用の牛肉<ヘレ(フィレ)、ロース(サーロイン)、肩ロースなど>】240~360g位
    ・お好みの付け合せ野菜(今回はフライドポテトを添えました)
    ・ステーキの下味にハウス食品さんのスパイスクッキング<ステーキ>適量 または塩、
     あらびき黒胡椒適量  ・かぼす1/2個位  ・お好みでフライドガーリック適量
    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 材料 かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 調味料
    <ステーキ用 ソース>
    ・醤油大さじ1位

    【下準備】
    1.付け合せの野菜<フライドポテト>を揚げるかレンジ調理して用意しておきます。
    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 【下準備】① かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 【下準備】②
    2.ステーキ肉は冷たいまま焼くと硬くなるので、室温に戻して、ひと口大に切ります。
      焼く直前に、スパイスクッキング<ステーキ>を両面にふります。
      スパイスクッキングの代わりに塩、あらびき黒胡椒でも美味しく召し上がれます。

    【作り方】
    1.器にフライドポテトと櫛型(シャトー)にカットしたかぼすを盛り付けます。
    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 調理① かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、お肉の全面をしっかりと焼き色をつけます。
    3.お好みの焼き加減に焼いて下さいね。今回はミディアムです~♪
    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 調理③ かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 調理④
    4.ひと口ステーキを器に盛り付け、醤油とかぼすの果汁をかけて出来上がりです。
      お好みでフライドガーリックを添えて下さいね。

    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ 拡大
    かぼすのさわやかな香りがほんのりと漂うひと口ビーフステーキが焼き上がりました。さっぱりといただくため、ソースは醤油とかぼすだけです。お肉本来の美味しさを味わえますよ~♪

    かぼす醤油のひとくちビーフステーキ B
    ステーキを焼く際に全面に焼き色をしっかり付けると皮膜が出来て、肉汁の流れるのを防いでくれます。手間のかからない下味と、かぼす醤油のひと口ビープステーキで元気もいただきました~♪
    ハウス スパイスクッキング<ステーキ>
    ハウス食品さんのスパイスクッキング<ステーキ>はあらびきのブラックペパー、ガーリック、オールスパイスの3種類がブレンドされています。美味しいステーキが出来ました。ごちそうさまでした♪

    野菜料理は「トマトのみょうがサラダ」です。トマトに細切りの茗荷、いんげん(三度豆)を添えました。
    トマトとみょうがのサラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・みょうが1個  ・いんげん(三度豆)3~4本位

    <トマトのみょうがサラダ ドレッシング調味料>
    ・オリーブオイル大さじ1  ・レモン果汁大さじ1/2  ・醤油大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.器に、<トマトのみょうがサラダ ドレッシング>を用意しておきます。
    2.トマトはひと口位の食べやすい大きさに切ります。みょうがは細切りにします。
      いんげん(三度豆)は下ゆでして冷水に取り、粗熱が取れたら食べやすい長さ
      に切ります。
    3.トマトを器に盛り付け、みょうがといんげん(三度豆)添え、ドレッシングを
      かけて出来上がりです。
    トマトとみょうがのサラダ B
    旬のトマトにみょうがの香りを加え、彩りとして青みのいんげん(三度豆)を添えました。和風ドレッシングでさっぱりといただけるサラダです~♪

    もう一品は「レタスエッグツナサンド」です。
    エッグツナレタスサンド 大
    【材料(食パン2枚分)】
    ・食パン2枚  ・レタスの葉2枚位  ・卵1個  ・ツナ1/2缶

    【作り方】
    1.レタスは食パンのサイズに合わせて切り(または手でちぎる)、水にさらして
      シャキとさせてから水気をふき取ります。
    2.卵は溶き卵にして塩、胡椒をふり、食パンのサイズに合わせた大きさの薄
      焼きにします。
    3.油を切ったツナ缶をボウルに入れ、塩、胡椒、マヨネーズで合わせます。
    4.食パンをトーストしてマスタードバターを塗り、レタス、卵、ツナをはさみます。
      レタスにはお好みでマヨネーズを薄く塗ります。
    5.お好みの形に切り、器に盛り付けて出来上がりです。
    エッグツナレタスサンド B
    トーストした食パンにツナ、薄焼き卵、ツナサラダをはさみました、シンプルな具材ですが、トーストした食パンの香ばしさも味わえて大好きなサンドイッチです♪ボリューム感もあります~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • 鶏豆腐とゆで卵のさっと煮
    鶏豆腐 大
    鶏もも肉を焼き上げ、甘辛調味料、豆腐、ゆで卵も加えてさっと煮込みました。鶏肉から出る旨みがしみた煮汁で、豆腐やゆで卵も美味しくいただけます。さっぱりした味付けなので、暑い夏の日もお箸が進みます~。身近な食材とフライパン一つで作れる簡単、時短料理です。すっきりした味を楽しんでみて下さいね♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏もも肉1枚(180~220g位)  ・豆腐(絹ごし、または木綿)一丁
    ・ゆで卵2個  ・お好みでいんげん(三度豆)4~5本  ・鶏肉用の塩、胡椒適量
    鶏豆腐 材料① 鶏豆腐 材料②
    <鶏豆腐とゆで卵のさっと煮 お出汁と調味料>
    ・お出汁400㏄  ・酒大さじ2  ・薄口醤油大さじ1  ・濃口醤油大さじ1
    ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1

    【下準備】
    1.ゆで卵はお好みの固さにゆでておきます。
    2.鶏もも肉と豆腐は食べやすいひと口位の大きさに切ります。
    3.お好みでにいんげん(三度豆)を下ゆでし、冷水にさらして粗熱を取り、
      水気を切って食べやすい長さに切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油は入れずに、軽く塩、胡椒鶏をふった鶏もも肉の皮側から焼き上げ
      ます。脂が出ればキッチンペーパーでふき取って下さいね。皮がパリッと焼けたら
      裏返し、身側も焼いて火を通します。
    鶏豆腐 調理① 鶏豆腐 調理②
    2.鶏もも肉を別皿に取り出し、フライパンに残る油等をキッチンペーパーでふき取り、
      フライパンに<鶏豆腐とゆで卵のさっと煮 お出汁と調味料>を入れます。
    3.お出汁と調味料を煮立て、焼き上げた鶏もも肉を加えて煮ます。
    鶏豆腐 調理③ 鶏豆腐 調理④
    4.鶏肉にお出汁と調味料の味がしみたら、豆腐とゆで卵を加え、煮込みます。
    5.具材全体に味をしっかりとしみたら、いんげん(三度豆)を加えてひと煮たちさせます。
    鶏豆腐 調理⑤ 鶏豆腐 調理⑥
    6.火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みで調整して下さいね。

    鶏豆腐 拡大
    鶏豆腐とゆで卵のさっと煮が出来上がりました。鶏もも肉を一旦焼いて旨みを閉じ込めているので、余分な脂も出ず豆腐やゆで卵がすっくりした味わいに仕上がります。

    鶏豆腐 B
    ゆで卵、青みのいんげん(三度豆)を添えると全体の彩りが映えます。フライパン(または鍋)一つで出来る、簡単、時短の鶏豆腐です。ご飯にも、お酒にも合いますよ~♪

    野菜料理は「ふかしいも」です。
    ふかし芋 大
    【材料(二人分)】
    ・さつまいも(小)2~3本  ・お好みで胡麻塩適量

    【作り方】
    1.さつまいもをタワシを使ってよく洗います。大きい場合は食べやすい大きさに切ります。
    2.さつまいもを水に10~15分位さらしてアクを抜きます。
    3.蒸し器にさつまいもを並べ、中火で30分位蒸します。
      蒸し時間はさつまいもも大きさにもよりますが、竹串がスーッと通ればOKです。
    4.そのままでも、また食べやすい大きさに切り、お好みで胡麻塩をふって出来上がりです。
    ふかし芋 B
    焼きいもに勝るとも劣らない「ふかしいも」、蒸したての熱々はもちろん、冷めた「おいも」も美味しいです~。

    もう一品は「たことお揚げのからし酢味噌和え」です。
    からし酢味噌和え 大
    【材料(二人分)】
    ・たこの足1~2本  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚  ・わけぎ、または青ねぎ適量

    <からし酢味噌 調味料>
    ・白味噌大さじ3  ・砂糖大さじ1  ・酢大さじ3  ・練りからし小さじ1位

    【下準備】
    1.鍋に<からし酢味噌和え 調味料>を全部入れます。
    からし酢味噌和え 調理① からし酢味噌和え 調理②
    2.弱火で調味料を良く混ぜ、混ぜ終えたら火を止め、粗熱を取ります。

    【作り方】
    1.たこは食べやすい大きさに切ります。わけぎ(または青ねぎ)を熱湯でさっとゆで、
      粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。
      お揚げ(油揚げ)はフライパンで両面に焼き色を付け、拍子切りにします。
    からし酢味噌和え 調理③ からし酢味噌和え 調理④
    2.ボウルにたこ、わけぎ(青ねぎ)、お揚げ(油揚げ)を入れ、からし酢味噌で
      和えます。器に盛り付けて出来上がりです。

    今回、からし酢味噌は加熱して作りましたが、混ぜやすくすることと、酢を少しまろやかにするために加熱しています。加熱せず、調味料を混ぜ合わせても大丈夫です。
    からし酢味噌和え B
    からしをきかせた酢味噌と食感が美味しいたこ、ゆでて甘みの出たわかぎ、そしてパリパリのお揚げが合いますよ~。つんとくるからし酢味噌はあとをひく一品です~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • 鶏むね肉の西京焼き
    鶏むね肉の西京焼き 大
    さっぱりした「鶏むね肉」を西京味噌(白味噌)のタレに漬け込み、レンジグリルで焼き上げました。パサつきがちな鶏むね肉も味噌漬けにするとふっくらと焼き上がり、ほのかな味噌の香りが食欲をそそらせてくれます。鶏むね肉はカロリーが低く、また西京味噌は塩分が控えめなのでヘルシーな一品になりますよ~♪フライパンを使わないのでキッチンの暑さ対策にもなります~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(180~220g位)  ・お好みの付け合せ野菜
     (今回はレタス、きゅうり、トマト)
    鶏むね肉の西京焼き 材料 鶏むね肉の西京焼き 調味料
    <西京漬け 合わせ味噌ダレ>
    ・白味噌大さじ3  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・白煎りすり胡麻大さじ1

    【下準備】
    1.白煎り胡麻をすり、ボウルまたは器に、<西京焼き 合わせ味噌ダレ>の
      調味料を入れて良く混ぜ合わせます。
    鶏むね肉の西京焼き 【下準備】① 鶏むね肉の西京焼き 【下準備】②
    2.鶏むね肉は食べやすい大きさの削ぎ切りにします。
      バットに鶏むね肉を並べ、上も下も<西京漬け 合わせ味噌ダレ>を塗ります。

      漬け込む時間が長いほど、味噌(調味料)の味がしみこみます。
      最低で30分、出来れぱ一晩漬け込むと美味しいです。

    【作り方】
    1.漬け込んだ鶏むね肉の味噌ダレをキレイにふき取ります。
      味噌が付いていると焦げやすくなりますからご注意下さいね。
      今回は1時間ほど漬け込みました。
    鶏むね肉の西京焼き 調理① 鶏むね肉の西京焼き 調理②
    2.天板にクッキングシートを敷き、味噌ダレを取った鶏むね肉を並べます。
      表面を10分、反対に返して裏面を8~10分位焼いて火を通します。
      カットした鶏むね肉の大きさで時間を調整して下さいね。

    鶏むね肉の西京焼き 拡大
    すり胡麻の風味も加えた、ほんのり甘い鶏むね肉の西京焼きが出来上がりました。西京味噌(白味噌)の旨みが鶏むね肉にしみて、ふっくら焼き上がります。味も香りもまろやかで甘味が楽しめます。

    鶏むね肉の西京焼き B
    長い時間(1~2日)漬け込むとしっかりした味になりますが、今回のように短い時間でも隠し味風に仕上がります。ご飯にもお酒にも合いますし、お弁当のおかずとしてもおすすめの一品です~。鶏もも肉、鶏ささみ、豚ロース、魚などお好みの食材を漬け込んで試してみて下さいね~♪

    野菜料理の一品目は「さつまいものレモン煮」です。
    さつまいものレモン煮 大
    【材料(二人前)】
    ・さつまいも(中)1本

    <さつまいものレモン煮 水と調味料>
    ・水300㏄  ・塩小さじ1/2  ・砂糖大さじ3  ・レモン果汁大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.さつまいもは皮のついたまま輪切りにして、水を二、三度入れ替えて
      にごりがなくなるまで、アク抜きをします。
    2.鍋に熱湯を沸かし、アク抜きをしたさつまいもを入れて下ゆでします。5分~10分
      ほどゆで、ゆで汁は捨てます。下ゆですることで、味がしみやすくなります。
    3.鍋に水、塩、砂糖、レモン果汁を入れ、下ゆでして水気を切ったさつまいもを入れ
      ます。弱火で、さつまいもが柔らかくなるまで煮て火を止めます。器に盛り付けて
      出来上がりです。

    さつまいものレモン煮 B
    鮮やかな紅色の皮が食欲をそそらせてくれます。ほくほくとした食感と上品な甘みが美味しいです~。お弁当のおかずや、箸休めにもなる一品です。さつまいもで今日もほっこりです♪

    もう一品は「おくらのお出汁漬け」です。
    オクラの煮浸し 大
    【材料(二人分)】
    ・おくら(中サイズ)8~10個位  ・お好みでおろし生姜適量

    <おくらのお出汁漬け お出汁と調味料>
    ・お出汁300cc  ・薄口醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1
    ・塩ほんの少々  ・砂糖小さじ2

    【下準備】
    1.鍋に、<おくらのお出汁漬け お出汁と調味料>を入れて煮立て、粗熱を取ります。
    2.お好みでおろし生姜を用意します。

    【作り方】
    1.鍋に熱湯を沸かし、おくらをお好みの方ににゆでます。
      ゆでたおくらは冷水にさらして、粗熱を取ります。
    オクラの煮浸し 調理① オクラの煮浸し 調理②
    2.おくらの水気をふき取り、<おくらのお出汁漬け お出汁と調味料>に漬け込み、
      15~30分位漬け込んでから器に盛り付けます。お好みでおろし生姜を添えて出来上
      がりです。盛り付ける際はヘタを切り落として下さいね。

      漬け込む時間が長いほどしっかりお出汁がしみたおくらになります。
      冷蔵庫で冷やしてから盛りつけても美味しいです。
      お出汁は薄味ですので、お好みの味付けに調整して下さいね。

    オクラの煮浸し B
    先日は翡翠茄子を漬け込みましたが、今回は夏野菜の「おくら」です。お出汁がしみたおくらの美味しさと食感が楽しめますよ~。暑い日はおすすめの涼やかな一品が出来上がりました♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • すりおろしきゅうり添え牛丼
    牛丼すりおろしきゅうり添え 大
    いつもの牛丼をさっぱりといただけるよう、すりおろしたきゅうりを添えました。きゅうりのみどり色が引き立ち、見た目にも涼やかな丼です。旨みたっぷりの牛丼に、みどりのきゅうりを加えるだけでひと味違う料理に変わります。生姜の風味をきかせた少し甘めの牛丼でスタミナアップも出来ますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・牛薄切り肉(100~150g位)  ・玉ねぎ(小)1/2個  生姜1片(15g位)
    ・きゅうり1/2本  ・丼用のご飯二人分
    牛丼すりおろしきゅうり添え 材料 牛丼すりおろしきゅうり添え 調味料
    <牛丼 調味料>
    ・お出汁100㏄  ・砂糖大さじ1と1/2  ・醤油大さじ2  ・酒大さじ3  ・みりん大さじ2

    【下準備】
    1.牛肉はひと口大位の食べやすい大きさに切ります。
      玉ねぎは薄切りにします。
      生姜は皮をむいてせん切りにし、水にさらして水けを切ります。
    牛丼すりおろしきゅうり添え 【下準備】① 牛丼すりおろしきゅうり添え 【下準備】②
    2.きゅうりをすりおろし、ザルに取って水気を切ります。

    【作り方】
    1.鍋に<牛丼 調味料>を入れて火にかけ、煮立てば牛肉、玉ねぎ、生姜の
      細切りを入れて煮ます。アクが出ればこまめに取り除いて下さいね。
    牛丼すりおろしきゅうり添え 調理① 牛丼すりおろしきゅうり添え 調理②
    2.煮汁が具材にしみたら火を止めます。
    3.丼にご飯を盛ります。
    牛丼すりおろしきゅうり添え 調理③ 牛丼すりおろしきゅうり添え 調理④
    4.ご飯の上に牛丼を盛り付け、すりおろしたきゅうりをのせて出来上がりです。
      牛丼の味付けは薄味なので、お好みで調えて下さいね。

    牛丼すりおろしきゅうり添え 拡大
    涼しげなみどり色が鮮やかな牛丼が出来上がりました。玉ねぎの甘みと生姜のほのかな香りで食欲をそそりますよ~♪牛丼ではなく、牛皿でいただくとご飯にも、お酒にも会います~。

    牛丼すりおろしきゅうり添え B
    本当は大根おろしで、「おろしポン酢牛丼」を作るつもりでしたが、なんと大根を買い忘れてしまいました。ふと思い立ち、きゅうりをすりおろしてのせました~(笑) きゅうりのさっぱりした味わいと色合いで、いつもと違う牛丼になりました。美味しかったです~♪

    野菜料理の一品目は「ホットフライドポテト」です。揚げたポテトに塩とレッドペパー<赤唐辛子>をふりました♪
    ピリ辛フライドポテト 大
    【材料(二人分)】
    ・冷凍ポテト適量  ・塩適量  ・レッドペパー<赤唐辛子>適量

    【作り方】
    1.揚げ油を熱して冷凍のポテトをカリッと揚げます。
    ピリ辛フライドポテト 調理① GABANレッドペパー 写真
    2.揚げたポテトの油を良く切り、塩、レッドペパー<赤唐辛子>を
      お好みの量ふって出来上がりです。
    ピリ辛フライドポテト B
    いつものフライドポテトにレッドペパーをふって辛味と旨みを味わいました。熱い夏ならではの一品です。いつもとひと味違う感覚のポテト、お酒にもバッチリ合います~♪

    もう一品の副菜は「ピーマンと新生姜のきんぴら」です。
    ピーマンと新生姜のきんぴら 大
    【材料(二人分)】
    ・ピーマン3~4個  ・新生姜1片

    <ピーマンと新生姜のきんぴら 調味料>
    ・薄口醤油小さじ1  ・みりん小さじ1  ・砂糖小さじ1   ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.ピーマンは縦半分に切ってから種を取り、繊維の逆の横切りにします。
      新生姜は薄皮をむき、細切りにします。
    2.鍋に胡麻油を熱し、ピーマンと新生姜を炒めます。
    3.続いて<ピーマンと新生姜のきんぴら 調味料>を加え、からめるように
      して炒めます。
    4.汁気がなくなる直前に火を止め、器に盛り付け出来上がりです。

    ピーマンと新生姜のきんぴら B
    さわやかな風味の新生姜を使ったきんぴらです。柔らかくて美味しい旬のピーマンと組み合わせました。ほのかな辛味と香り、そして栄養バランスに優れた副菜が出来上がりました~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • 春雨と豚肉の五香粉炒め
    春雨と豚肉の五香粉炒め 大
    ツルッとした食感が美味しい「春雨(はるさめ)」と、夏場のおすすめ食材「豚肉」で炒め物を作りました。味付けのベースは中国料理やベトナム料理などで使われるミックススパイス【五香粉(ウーシャンフェン)】です~。中華スープとオイスターソースなどの合わせ調味料と五香粉で、旨みたっぷりの炒め物が簡単に出来ます。独特の香りも楽しめて、いつもとひと味違う美味しさが味わえました~。

    【材料(二人分)】
    ・春雨(はるさめ)20g位  ・豚肉(薄切り)80~100g位  
    ・エリンギ1~2本  ・生しいたけ2個  ・ピーマン1個
    ・にんじん1/3本  ・お好みで胡麻油適量
    春雨と豚肉の五香粉炒め 材料 春雨と豚肉の五香粉炒め 調味料
    <春雨と豚肉の五香粉炒め 合わせ調味料>
    ・中華スープ150cc(熱湯150㏄を顆粒の中華スープ小さじ1/2で溶かしたもの)
    ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1  ・砂糖小さじ1/2  ・オイスターソース大さじ1/2
    ・五香粉(ウーシャンフェン)ほんの少々
    五香粉【GABAN】 写真
    <豚肉 下味調味料>
    ・酒大さじ1/2  ・薄口醤油小さじ1  ・片栗粉大さじ1

    【下準備】
    1.豚肉は細切りにしてボウルに入れ、<豚肉 下味調味料>を入れて
      さっと混ぜ合わせます。
    春雨と豚肉の五香粉炒め 【下準備】① 春雨と豚肉の五香粉炒め 【下準備】②
    2.エリンギ、生しいたけ、ピーマン、にんじんは細切りにします。
    3.器かボウルに、<春雨と豚肉の五香粉炒め 合わせ調味料>を用意します。

    【作り方】
    1.春雨(はるさめ)は熱湯でゆで、水気を切って食べやすい長さに切ります。
    春雨と豚肉の五香粉炒め 調理① 春雨と豚肉の五香粉炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、下味をつけた豚肉を焦がさない炒めて火を通します。
    3.エリンギ、生しいたけ、ピーマン、にんじんを加えて炒め合わせます。
    春雨と豚肉の五香粉炒め 調理③ 春雨と豚肉の五香粉炒め 調理④
    4.野菜に火が通れば<春雨と豚肉の五香粉炒め 合わせ調味料>、春雨を
      加えて煮立てます。春雨と具材に合わせ調味料の汁気がなじんたらさっと
      炒め、お好みで胡麻油を回し入れます。再度炒め合わせて火を止めます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

      味付けは薄味なので、お好みに合わせて調整して下さいね。
      
    春雨と豚肉の五香粉炒め 拡大
    五香粉の香りと、オイスターソースの旨みが、具材にしっかりとしみた炒め物が出来上がりました~。春雨のツルッとした食感で、暑い日もお箸が進みます~。麻婆春雨のような辛味はありませんが、独特の香りが楽しめる一品です~♪

    春雨と豚肉の五香粉炒め B
    五香粉<パウダー>は中国料理、ベトナム料理、インドシナ地域でも使われる5種類のミックススパイスです。スパイスは必ずしも5種類というわけではなく、一般的にはスターアニス(八角茴香)、山椒、花椒(ホアジャオ)、シナモン、クローブ、フェンネルの種などがよく使われます。肉や魚料理に中国風の香りづけができるほか、独特の風味が楽しめる料理になります♪

    野菜料理の一品目は「いんげんとミニトマトの胡麻ポン酢和え」です。
    ミニトマトといんげんの胡麻ポン酢和え 大
    【材料(二人分)】
    ・いんげん8~10本位  ・ミニトマト4~6個

    <胡麻ポン酢 調味料>
    ・白煎り胡麻大さじ2  ・ポン酢醤油大さじ2

    【作り方】
    1.白煎り胡麻を細かくすり、器に入れてポン酢醤油を加えて良く混ぜます。
    2.いんげん(三度豆)は熱湯で下ゆでして冷水に取ります。
      粗熱が取れたら水気をしっかり切り、5~6cm位の長さに切ります。
    3.ミニトマトは横半分に切ります。
    4.ボウルにいんげん(三度豆)、ミニトマトを入れ、<胡麻ポン酢>を加えて
      さっと混ぜます。器に盛り付けて出来上がりです。

    ミニトマトといんげんの胡麻ポン酢和え B
    ヘルシーな胡麻を使って、簡単に出来る「胡麻ポン酢」は香りもさわやかで、胡麻の風味も楽しめます。赤いトマトの彩りも良く、食欲をそそる一品が出来上がりました~♪

    もう一品は「バターコーン」です。お子様のおやつにも、またお酒のおつまみとしてもおすすめです。
    バターコーン 大
    【材料(二人分)】
    ・コーン(ホール)缶100g位  ・バター5~10g位

    <バターコーン 調味料>
    ・顆粒のヴィヨンスープほんの少々  ・胡椒適量

    【作り方】
    1..コーン(ホール)缶は汁気をよく切ってから耐熱皿に入れます。
    バターコーン 調理① バターコーン 調理②
    2.顆粒のヴィヨンスープほんの少々と胡椒をふり、バターをのせて
      ラップをかけ、電子レンジ(600W)で1分30秒位加熱します。加熱
      が終わればラップを外し、全体を混ぜ合わせて出来上がりです。

    バターコーン B
    シンプルな料理ですが、簡単&手軽に作れてコーンの甘みを楽しめる一品です。お酒にも合いますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。
  • トマトとナスの冷しゃぶ♪柚子胡椒ポン酢
    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 大
    夏バテ防止や疲労回復に良いとされる豚肉(豚ロース肉)を使った冷しゃぶです。タレはさわやかコンビのポン酢醤油に、柚子胡椒を加えました。夏野菜の茄子(ナス)、トマト、いんげん(三度豆)、そしてレタスを添えて一緒にいただきます。ピリッとしたポン酢柚子胡椒と豚肉の相性も良く、暑い日もお箸が進みます~♪サラダ感覚でいただく冷しゃぶで元気もいただきました~。

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(しゃぶしゃぶ用)100~150g位  ・出汁昆布10㎝角1枚
    ・トマト1個  ・茄子1個  ・レタス1/4個位  ・いんげん(三度豆)3~4本
    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 材料① トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 材料②
    <タレ 柚子胡椒ポン酢 調味料>
    ・ポン酢醤油大さじ3  ・柚子胡椒小さじ1位

    【下準備】
    1.鍋に水と出汁昆布を入れて昆布出汁を用意しておきます。
    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 【下準備】① トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 【下準備】②
    2.器かボウルにポン酢醤油と柚子胡椒を入れ、良く混ぜ合わせます。
    3.茄子は横半分に切ってから縦8等分して、水にさらしてアクを取ります。
      トマトはひと口位に切ります。いんげん(三度豆)は下ゆでしてから冷水
      に取り、4~5cmの食べやすい長さに切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、茄子を炒めて柔らかく火を通し、粗熱を取ります。
    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 調理① トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 調理②
    2.昆布出汁を煮立て、豚ロース肉を3~4枚ずつ入れてさっと泳がせ、色が
      変わるくらいで取り出し、粗熱を取ります。
    3.器にトマトと、ひと口位に切ったレタスを盛りつけます。
    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 調理③ トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 調理④
    4.レタスの上に粗熱の取れた豚ロース肉をのせます。
      豚肉の周りに茄子、いんげん(三度豆)を添え、<タレ 柚子胡椒ポン酢>
      をかけて出来上がりです。

    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 拡大
    身体に優しい豚ロース肉の冷しゃぶが出来上がりました~。さわやかな香りと、ちょっとピリ辛の柚子胡椒ポン酢でいただくお肉がさっぱりしています。夏野菜もたっぷり摂れてヘルシーです~♪

    トマトとナスの冷しゃぶ 柚子胡椒ポン酢 B
    豚肉に豊富に含まれるビタミンB1は疲労回復やスタミナアップに良いとされます。暑い日は特におすすめの冷しゃぶで、元気に夏を乗り切りましょうね~♪

    冷しゃぶに添えた副菜の一品目は「ほうれんそうのかつお和え」です。
    ほうれん草のかつお和え 大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれんそう1/2束  ・かつお節適量

    <かつお和え 調味料>
    ・麺つゆ適量

    【作り方】
    1.ほうれんそうは水洗いをして、熱湯でさっと茹でて冷水に取り、粗熱が取れたら
      水気を絞ります。根元を少し切り落として4~5cmの長さに切ります。
    2.ボウルにほうれんそう、かつお節を入れ、麺つゆで和えて出来上がりです。

    ほうれん草のかつお和え B
    簡単におひたしが出来る麺つゆと、かつお節の旨みでいただく「ほうれん草」、暑い日もさっぱりといただけますよ~♪

    もう一品は「タコとキャベツのガーリック炒め」です。
    タコとキャベツのガーリック炒め 大
    【材料(二人分)】
    ・ゆでタコの足2本位  ・キャベツ1/8個位  ・お好みでパプリカ(黄)1/6個位

    <タコとキャベツのガーリック炒め 味付け調味料>
    ・ハウス食品さんの香りソルト<ガーリック&オニオン>適量

    【作り方】
    1.ゆでタコの足は食べやすいひと口位の削ぎ切りにします。
    2.キャベツはザク切り、パプリカは細切りにします。
    3.フライパンにオリーブオイルを熱し、キャベツとパプリカを炒めます。
      野菜に火が通れば、タコを加えて炒め合わせます。
    タコとキャベツのガーリック炒め 調理① タコとキャベツのガーリック炒め 調理②
    4.香りソルト<ガーリック&オニオン>で味を調え、さっと炒め合わせて
      火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

    タコとキャベツのガーリック炒め B
    食感が楽しめるタコを使って、ガーリック風味のシンプルな炒め物にしました。タコは炒め過ぎると固くなってしまうので、さっと炒めます。タコとキャベツの相性もバッチリです♪この一品は、ご飯にもお酒にも合いますよ~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング