• きざみ昆布と竹輪の酢の物<ヘルシー♪>
    きざみ昆布 大
    昆布を干して細く刻んだ「きざみ昆布」を酢の物でいただきました。きざみ昆布は糸こんぶ、切り昆布とも呼ばれ、ヘルシーで栄養費いっぱいの食材です。煮物、漬物、炊き込みご飯など、いろいろな料理に使えますが、今回はさっぱりした酢の物を作りました。一緒に組み合わせたのは竹輪ときゅうりです。昆布ときゅうりの歯ざわり、竹輪のうま味が味わえる酢の物、お酒にも合いますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・きざみ昆布(乾物)7gぐらい ・きゅうり1/2本 ・竹輪1本
    きざみ昆布 材料① きざみ昆布 材料②
    <きざみ昆布と竹輪の酢の物 合わせ酢調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・薄口醤油小さじ2  ・砂糖小さじ2

    【下準備】
    きゅうりは縦半分に切ってから斜め切りにして塩(分量外)をふって5分置いてから、
    水気を絞ります。竹輪は斜め切りにします。

    【作り方】
    1. きざみ昆布は水に1~2分浸してから水洗いします。
    きざみ昆布 調理① きざみ昆布 調理②
    2.鍋に熱湯を沸かし、水気を切ったきざみ昆布を10分ほどゆでてザルに上げ、粗熱を
      取ります。粗熱が取れたらザク切りにします。

    3.ボウルか器に<きざみ昆布と竹輪の酢の物 合わせ酢調味料>を入れて混ぜます。
    きざみ昆布 調理③ きざみ昆布 調理④
    4.ボウルにきざみ昆布、竹輪、きゅうりを入れ、合わせ酢を加えてさっと混ぜます。15分
      ぐらい漬ければ出来上がりです。

    きざみ昆布 B
    きざみ昆布と竹輪の酢の物が出来上がりました~。きざみ昆布にはカルシウム、食物繊維などがたっぷり含まれていると言われ、ヘルシーそのものです。身体にも優しくて、おつまみにもおすすめです~♪

    おうちのみ大使 春のヘルシーおつまみ料理レシピ
    おうちのみ大使 春のヘルシーおつまみ料理レシピ


    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • 桜海老とピーマンのきんぴら<優しい味わい>
    筍ピーマン 大
    乾物の桜海老、ヘルシーなピーマン、歯ざわりの良い筍(水煮)を使ってきんぴらを作りました~。ピーマンは炒めると苦味が和らいで甘味も出ます。カルシウム補給にバッチリの桜海老、シャキッとした食感が楽しめる筍と一緒にさっと炒めるとヘルシーでうま味が味わえるきんぴらに仕上がります。彩りも良いので、お箸が進みますよ~。ぜひぜひ、身体に優しい副菜を味わってみて下さいね~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・桜海老10gぐらい  ・ピーマン(小)4個  ・筍(水煮)50g  ・白煎り胡麻適量
    筍ピーマン 材料① 筍ピーマン 材料②
    <桜海老とピーマンのきんぴら 調味料>
    ・薄口醤油大さじ1/2   ・みりん小さじ1  ・砂糖小さじ1   ・酒大さじ1
    ・粉末(顆粒)の出汁ほんの少々

    【作り方】
    1.種を取ったピーマンは食べやすい大きさの斜め切りにします。
      筍(水煮)は細切りにします。
    筍ピーマン 調理① 筍ピーマン 調理②
    2.鍋に胡麻油を熱し、中火でピーマンと筍をさっと炒めます。ピーマンがしんなりして
      きたら、<桜海老とピーマンのきんぴら 調味料>、桜海老、白煎り胡麻を加えて
      炒め合わせます。汁気がなくなる寸前で火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    筍ピーマン B
    桜海老、ピーマン、筍のきんぴらが出来上がりました~。胡麻油で炒めると風味がぐっと上がります。桜海老のうま味と一緒に味わうヘルシーきんぴら、ご飯にもお酒にも合いますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ピリ辛はるさめサラダ<中華風♪豆板醤ダレ>
    春雨サラダ 大
    ツルンとしたのど越しが美味しいはるさめ(春雨)の中華風サラダのご紹介です~。今回の味付けは胡麻油、酢、醤油、鶏がらスープ(顆粒)をベースにした中華味にピリ辛の豆板醤(トウバンジャン)を加えました。ほど良い辛みと胡麻油の風味がさっぱりしたはるさめにぴったり合います。鶏がらスープのうま味がタレ(ドレッシング)の味を引き締め、お箸の進む一品です。一度試してみて下さいね~♪

    【材料(三人分)】
    ・春雨30~40g ・きゅうり5cm ・にんじん5cm ・ロースハム2枚
    ・白煎りすり胡麻適量
    春雨サラダ 材料 春雨サラダ 調味料
    <ピリ辛はるさめサラダ 中華風豆板醤ダレ 調味料>
    ・豆板醤小さじ1/2  ・酢大さじ1と1/2  ・胡麻油大さじ1と1/2  ・醤油小さじ2
    ・胡椒適量  ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々

    【作り方】
    1.器に<ピリ辛はるさめサラダ 中華風豆板醤ダレ 調味料>の材料を入れて混ぜます。
    春雨サラダ 調理① 春雨サラダ 調理②
    2.はるさめは熱湯で数分ゆでて冷水にさらし、水気を切って食べやす長さに切ります。

    3.きゅうり、にんじん、ハムは細切りにします。
    春雨サラダ 調理③ 春雨サラダ 調理④
    4.ボウルにはるさめ、きゅうり、にんじん、ハム、白煎りすり胡麻を入れます。
      <ピリ辛はるさめサラダ 中華風豆板醤ダレ 調味料>を加えて混ぜ合わせ、器に
      盛り付けて出来上がりです。

    春雨サラダ B
    ピリ辛の豆板醤ダレで作ったはるさめサラダが出来上がりました~。ビリッとしたほど良い辛みとのど越しの美味しさがたまりません~。お好みで仕上げにマヨネーズを加えるとコクも出ます。いつもとひと味違うピリ辛サラダを味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • こんにゃくと桜海老のきんぴら<青海苔風味>
    こんにゃくと桜海老のきんぴら 大
    ヘルシーなこんにゃく、カルシウムたっぷりの桜海老をきんぴらでいただきました~。味付けはいつものお出汁と醤油ベースですが、仕上げに磯の香りが漂う「青海苔」をふって、彩りもアップさせました。歯ざわりの良いこんにゃく、甘みのある桜海老の相性もバッチリ♪ 山海の幸の美味しさを組み合わせた今回のきんぴら、ご飯にもお酒にもぴったりですよ~。

    【材料(二人分)】
    ・こんにゃく(大)1/2枚 ・桜海老適量 ・白煎り胡麻適量 ・青海苔適量
    こんにゃくと桜海老のきんぴら 材料① こんにゃくと桜海老のきんぴら 材料②
    <こんにゃくと桜海老のきんぴら 調味料>
    ・水大さじ2  ・顆粒の出汁ほんの少々  ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1
    ・砂糖小さじ1

    【作り方】
    1.こんにゃくはスティック状の細切りにします。
    2.手鍋に油を入れずに中火で熱し、こんにゃくを入れて乾煎りします。パチパチと
      音がしてきたら胡麻油小さじ2を加えて炒めます。
    3.<こんにゃくと桜海老のきんぴら 調味料>、桜海老を加えて炒り煮にします。
    4.汁気がほぼ無くなれば白炒り胡麻を加えてさっと混ぜて火を止めます。器に盛り
      つけ、青海苔をふって出来上がりです。

    こんにゃくと桜海老のきんぴら B
    山海の幸を組み合わせたきんぴらが出来上がりました~。甘辛味の調味料と胡麻の風味がきいてお箸も進みます。こんにゃくと桜海老は歯ざわりも良く、うま味もたっぷりです。青海苔の風味もたまりません~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • マロニーとわかめの酢の物<ツルンツルン>
    マロニー酢の物 大
    「まろやかに煮える」和の乾物、マロニーを使って酢の物を作りました。具材はマロニーにわかめ、きゅうりの定番を組み合わせています。春雨より太さがある分、しっかりとした食感が楽しめます。つるっとした食感がたまりません~。磯の香りがするわかめ、彩りと歯ざわりの良いきゅうりとの相性もバッチリです。中華料理の副菜として、おすすめの一品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・マロニー30g位  ・わかめ適量  ・きゅうり5cmぐらい ・白煎り胡麻適量
    マロニー酢の物 材料 マロニー酢の物 調味料
    <マロニーとわかめの酢の物 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酢大さじ1  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん大さじ1/2

    【下準備】
    ボウルか器に<酢の物 調味料>を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.マロニーは規定の時間ゆでてザルに取り、流水で洗って水気を切り、食べやすい
      長さに切ります。
    マロニー酢の物 調理① マロニー酢の物 調理②
    2.きゅうりは小口切りにして塩(分量外)少々をふり、しばらく置いて水気を絞ります。

    3.乾燥、または塩蔵わかめを使う場合は水で戻して食べやすい大きさに切ります。
    マロニー酢の物 調理③ マロニー酢の物 調理④
    4.ボウルにマロニー、わかめ、きゅうり、白煎り胡麻を入れ、<酢の物 調味料を
      加えて混ぜます。器に盛り付けて出来上がりです。

    マロニー酢の物 B
    のど越しが美味しいマロニーの酢の物が出来上がりました~。ツルンツルンのマロニーならではの食感が楽しめます。さっぱりした味わいと風味でお箸が進みますよ~♪お酒にもぴったりの一品です。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • マロニーと豚こまのさっぱり炒め<ほど良い酸味>
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 大
    ツルンとした食感とのど越しが美味しいマロニーを使った炒め物のご紹介です~。今回は家計に優しい豚こまと組み合わせました。味付けの調味料ですが、鶏がらスープ、薄口醤油、砂糖、酒、胡麻油にさっぱりしたお酢を加えました。仕上げに荒挽きの黒胡椒(ブラックペッパー)をふり、アクセントもつけました。うま味、コク、さわやかな風味でお箸が止まりません~(笑)マロニーの炒め物、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・マロニー(または春雨)50gぐらい  ・豚こま(豚こま切れ肉)120gぐらい
    ・青ねぎ2本ぐらい  ・お好みでGABANブラックペッパー荒挽(黒胡椒)適量
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 材料① 春雨と豚こまのさっぱり炒め 材料②
    <マロニーと豚こまのさっぱり炒め 調味料>
    ・水(またはぬるま湯)200ccぐらい  ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ1
    ・薄口醤油大さじ1  ・砂糖小さじ2  ・酒大さじ1  ・胡麻油ほんの少々

    <豚こま(豚こま切れ肉) 下味調味料>
    ・酒大さじ1/2 ・醤油小さじ1 ・おろし生姜(チューブタイプ)小さじ1 ・片栗粉大さじ1

    【下準備】
    1.ボウルに<マロニーと豚こまのさっぱり炒め 調味料>を入れて混ぜます。
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 【下準備】① 春雨と豚こまのさっぱり炒め 【下準備】②
    2.マロニーは3分~4分ゆでて水洗いし、水気をしっかり切ります。

    【作り方】
    1.ボウルに食べやすい大きさに切った豚こまを入れ、下味調味料を入れて混ぜます。
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理① 春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、下味をつけた豚こまを入れて中火で炒めて火を通します。

    3.<マロニーと豚こまのさっぱり炒め 調味料>を入れて煮立てます。
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理③ 春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理④
    4.続いてマロニーと青ねぎの白い部分を加えて炒め煮にします。

    5.全体に調味料の味がしみたら荒挽きブラックペパー(黒胡椒)を加えて混ぜます。
    春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理⑤ 春雨と豚こまのさっぱり炒め 調理⑥
    6.最後に青ねぎの青い部分を加え、さっと炒め合わせて火を止めます。
      器に盛り付けて出来上がりです。薄味なので、お好みで味を調えて下さい。 

    春雨と豚こまのさっぱり炒め 拡大
    マロニーと豚こまのさっぱり炒めが出来上がりました~。鶏がらスープのうま味とコク、お酢のほど良い酸味などがきいて、のど越しがさわやかな一品です。ツルンとしたマロニーの食感がたまりません~♪

    春雨と豚こまのさっぱり炒め B
    お鍋で大活躍のマロニーですが、炒め物やサラダも美味しく召し上がれます。ヘルシーで身体にも優しい食材なので、お鍋(鍋物)以外にもいろいろアレンジしてみて下さいね~♪

    調味料として使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。
    GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真 ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    豚こまの下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「ほうれん草とちくわのマヨポン和え」です。
    竹輪ほうれん草 大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草100gぐらい  ・ちくわ(小)2本

    <ほうれん草とちくわのマヨポン和え 調味料>
    ・マヨネーズ大さじ1と1/2  ・ポン酢醤油大さじ1/2

    【作り方】
    1.ほうれん草は熱湯でさっと下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を
      しっかり絞って食べやいす長さ(5~6cm)に切ります。ちくわは輪切りにします。
    2.ボウルに水気を絞ったほうれん草、ちくわを入れ、マヨネーズ、ポン酢醤油を加
      えて混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

    竹輪ほうれん草 B
    ほうれん草とちくわのマヨポン和えが出来上がりました~。栄養バランスに優れたほうれん草、うま味のあるちくわの相性もバッチリです。さっぱりした味わいの中にうま味とコクがあり、お箸も進みますよ~♪

    もう一品は「厚揚げの中濃ピリ辛ソース<すり胡麻&豆板醤>」です。
    ピリ辛厚揚げ 大
    ヘルシーな厚揚げをフライパンで焼き上げ、ちょっとピリ辛のソースをかけました~。ソースの調味料は中濃ソース、すり胡麻、豆板醤を使っています。とんかつなどに使う中濃ソースにはしっかりしたうま味があり、すり胡麻の風味と辛味を加えることで深みが出ます。さっぱりした厚揚げにもぴったりで、香ばしい味わいとほど良い辛味が楽しめます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・厚揚げ(小)1個  ・お好みの付け合わせ野菜
    ピリ辛厚揚げ 材料 ピリ辛厚揚げ 調味料
    <厚揚げの中濃ピリ辛ソース 調味料>
    ・中濃ソース大さじ2 ・白煎り胡麻大さじ1と1/2 ・豆板醤小さじ1/2

    【下準備】
    1.白煎り胡麻を細かくすります。
    2.厚揚げはひと口ぐらいに切ります。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<厚揚げの中濃ピリ辛ソース 調味料>を入れて混ぜます。
    ピリ辛厚揚げ 調理① ピリ辛厚揚げ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、厚揚げを入れて中火で全面を焼き上げます。

    3.厚揚げに火が通れば、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けます。
    ピリ辛厚揚げ 調理③ ピリ辛厚揚げ 調理④
    4.厚揚げに中濃ピリ辛ソースをかけて出来上がりです。

    ピリ辛厚揚げ B
    厚揚げの中濃ピリ辛ソースが出来上がりました~。優しい味わいの厚揚げにうま味、辛味、胡麻の風味がきいたソースでご飯にもお酒にも合います。ソースはウスター、中濃、とんかつ、お好みソースでもOKです。厚揚げとソースでカンタンに出来上がりますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ゆばしぐれ<湯葉のしぐれ煮>
    ゆばしぐれ 大
    京都を代表する食材の一つ、ゆば(湯葉)を使ってしぐれ煮を作りました~。ゆばしぐれは乾燥タイプのゆばを細かく割り、水で戻してからお出汁、醤油、みりん、針しょうがなどを加えて煮しめます。さっぱり(あっさり)した上品な味わいで、温かい白ご飯にのせていただくと絶品です。京都ならではの佃煮をご自宅でもカンタンに召し上がれますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・折れ湯葉(乾燥湯葉)30g位  ・生姜1片(15g位)
    ゆばしぐれ 材料① ゆばしぐれ 材料②
    <ゆばしぐれ お出汁と調味料>
    ・お出汁150cc  ・薄口醤油大さじ1  ・醤油大さじ1/2  ・みりん大さじ1と1/2
    ・砂糖大さじ1.と1/2

    【作り方】
    1.折れ湯葉(乾燥湯葉)をボウルに入れます。大きい湯葉はひと口位せに割ります。
    ゆばしぐれ 調理① ゆばしぐれ 調理②
    2.ひたひたの水をを加え、15分ほど置いて戻します。戻れば水気を切ります。
    3.鍋に<ゆばしぐれ お出汁と調味料>、湯葉、針しょうがを入れて煮立てます。
      アクが出れば小まめに取ります。
    ゆばしぐれ 調理③ ゆばしぐれ 調理④
    4.煮汁がほぼ無くなり、全体に味がしみたら火を止め、器に盛りつけて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みで調えて下さいね。

    ゆばしぐれ 拡大
    しょうがのほど良い香りが漂う「ゆばしぐれ」が出来上がりました~。しっとりした湯葉の食感と甘辛い味付け、ご飯のお伴、またお茶うけにもおすすめです~♪

    ゆばしぐれ B
    湯葉にはお好みで実山椒の佃煮、干し椎茸などと組み合わせても美味しいしぐれ煮が出来上がります。身体にも優しくて、上品な味わいを一度試してみて下さいね~♪

    汁物は具だくさんの「けんちん汁」です~。
    けんちん汁 大
    【材料(二人分)】
    ・木綿豆腐1/2丁  ・大根10cm位  ・にんじん1/3本  ・ごぼう1/2本
    ・こんにゃく1/2枚  ・長ねぎ1/3本

    <けんちん汁 調味料>
    ・昆布出汁600㏄  ・酒大さじ2  ・薄口醤油大さじ1  ・塩ほんの少々

    【作り方】
    1.具材は食べやすい大きさに切り揃えます。
    2.鍋に胡麻油を熱し、具材を入れて炒めます。
    3.全体に油がまわれば昆布出汁を入れて煮ます。
    4.酒、薄口醤油、塩で味を調えもひと煮たちさせて火を止めます。
      器に注いで出来上がりです。

    けんちん汁 B
    けんちん汁は精進料理の一つとして、野菜だけで作る身体に優しい汁物です。具材を胡麻油で炒め、昆布出汁を加えて煮込み、醤油と塩で味を調えました。お好みで里芋を入れるとさらに美味しく召し上がれます。具材ひとつひとつに味がしみ、ほのかな味わいが楽しめますよ~♪

    もう一品は「小松菜とエリンギのさっぱり炒め」です。
    エリンギベーコン 大
    クセの少ない小松菜、食感が楽しめるエリンギとマッシュルーム(水煮)にベーコンを加えて炒め物でいただきました~。ベーコンから出るうま味を具材にしみこませたシンプルな一品です。味付けはほんの少しの塩とホワイトペパーで調えました。うま味、食感、彩りが味わえるさっぱりした炒め物、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・小松菜1/2パック  ・エリンギ2個  ・マッシュルーム(水煮)25g
    ・ベーコン2枚
    小松菜 写真 エリンギ 写真
    <小松菜とエリンギのさっぱり炒め 調味料>
    ・塩ほんの少々  ・GABANホワイトペパー<パウダー>適量

    【作り方】
    1.小松菜、エリンギは食べやすい長さに切ります。小松菜は葉と茎の部分に
      分けておきます。ベーコンはひと口位の拍子切りにします。
    エリンギベーコン 調理① エリンギベーコン 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火でベーコンを炒めてうま味を出します。
      小松菜の茎の部分、エリンギを加えて中火で炒め合わせます。
    3.小松菜の葉、マッシュルームを加えて炒め合わせます。
    エリンギベーコン 調理③ エリンギベーコン 調理④
    4.火を弱め、ほんの少しの塩とホワイトペパーで味を調えます。火を中火にしてさっと
      炒め、調味料の味がなじめば火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

    エリンギベーコン B
    ベーコンのうま味と塩分をいかした炒め物が出来上がりました~。小松菜、エリンギ、マッシュルームの優しい味わいをベーコンがしっかり引き出してくれます。彩りもキレイに仕上がる炒め物、一度味わってみて下さいね~♪

    GABANホワイトペパー<パウダー> 写真
    味付けに使ったGABANホワイトペパー<パウダー>は素材の色をキレイに仕上げたいとき、またホワイトソースなど料理を白く仕上げたいたいときはとても重宝します。おだやかな香りと辛味が味わえますよ~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 春雨と干し海老の炒め物<オイスターソース風味>
    春雨と干し海老 大
    ツルッとした食感が美味しい春雨、かむほどに上品な味が楽しめる干し海老、身近にある野菜を使って炒め物を作りました。、味付けは干し海老の戻し汁とオイスターソースです。干し海老の香りとうま味、オイスターソースのコクが春雨にしみて止まらない美味しさが味わえます。うま味を吸い込んだ春雨、絶品ですよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・春雨25g ・干し海老大さじ2位  ・キャベツ1/16個  ・玉ねぎ1/4個
    ・にんじん5cm  ・お好みできぬさや6~8個
    春雨と干し海老の炒め物 材料① 春雨と干し海老の炒め物 材料②
    <干し海老の戻し汁>
    ・水50cc

    <春雨と干し海老の炒め 合わせ調味料>
    ・鶏がらスープ250cc(顆粒の鶏がらスープ小さじ1をお湯250ccで溶いたもの)
    ・干し海老の戻し汁50cc オイスターソース大さじ1 ・酒大さじ1 ・砂糖小さじ1

    【下準備】
    1.干し海老は水で戻します。戻し汁は合わせ調味料に加えます。
    2.春雨は熱湯で5分ほどゆでて戻し、水洗いして水気を切り食べやすい長さに切ります。
      春雨は袋の表示に従って戻して下さい(熱湯に浸すもどし方もあります)。
    春雨と干し海老の炒め物 【下準備】① 春雨と干し海老の炒め物 【下準備】②
    3.野菜は食べやすい大きさに切ります。

    【作り方】
    1.器かボウルに<春雨と干し海老の炒め物 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    春雨と干し海老の炒め物 調理① 春雨と干し海老の炒め物 調理②
    2.フライパンに油を熱し、野菜を入れて炒め、火を通します。
    3.春雨と干し海老を加えて炒め合わせます。
    春雨と干し海老の炒め物 調理③ 春雨と干し海老の炒め物 調理④
    4.<春雨と干し海老の炒め 合わせ調味料>を回し入れてさっと炒めます。
      具材に調味料の味がしみたら火を止め、器に盛り付け出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みに合わせて調えて下さい。

    春雨と干し海老 B
    干し海老のうま味とオイスターソースのコクがしみた春雨の炒め物が出来上がりました~。香りも楽しめて、お箸が進みます~。ツルッとした春雨の食感がたまりません~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • マロニーとかぶのイタリアンサラダ<バジルたっぷり>
    マロニーとトマトのイタリアンサラダ 大
    本日は「まろやかに煮える」和の乾物、マロニーを使ったサラダのご紹介です。マロニー、かぶ、トマトなどに、イタリア料理ではおなじみ「バジル」の風味をたっぷりきかせたドレッシングをかけていただきました。つるっとした食感が美味しいマロニーとバジルの相性がバッチリです。さわやかな香りが漂うイタリアンサラダが出来上がりました~♪和と洋のコラボメニュー、おすすめです♪

    【材料(二人分)】
    ・マロニー®ちゃん太麺30g位  ・かぶ1個  ・トマト1個  ・カイワレ1/2パック
    マロニーとトマトのイタリアンサラダ 材料 マロニーとトマトのイタリアンサラダ 調味料(ドレッシング)
    <イタリアンサラダ ドレッシング調味料>
    ・オリーブオイル大さじ1  ・酢大さじ1  ・バジル<ドライ>適量
    ・塩、胡椒適量  ・あればイタリアンパセリ<ドライ>適量

    【下準備】
    1.器に<イタリアンサラダ ドレッシング調味料>を入れて混ぜます。
    2.野菜は食べやすい大きさにに切ります。

    【作り方】
    1.マロニー®ちゃん太麺は長め(6分)ゆでて、ザルに取り、流水で洗って水気を切ります。
    マロニーとトマトのイタリアンサラダ 調理①訂 マロニーとトマトのイタリアンサラダ 調理②
    2.器にトマト、かぶ、マロニー、カイワレを盛り付けます。
      <イタリアンサラダ ドレッシング>をかけて出来上がりです。

    マロニーとトマトのイタリアンサラダ 拡大
    のど越しが美味しいマロニー、かぶのシャキッとした食感、トマトの甘酸っぱさを味わえるイタリアンサラダが出来上がりました。和の青じそにも似た、なじみやすい風味のバジルでさわやかに召し上がれます。

    マロニーとトマトのイタリアンサラダ B
    これまで、マロニーを使ったサラダは和風の味付けやマヨネーズを使うことが多かったのですが、初めてイタリアン(洋)のドレッシングと組み合わせてみました。乾物は洋食にも広く使える食材だと、改めて思い知らされました~♪
    マロニーちゃん100g 写真
    「お鍋に!マロニー®ちゃん太麺100g」は東日本限定パッケージ版です。サラダをはじめ、色々使えるスタンダードタイプ。マロニーは、厳選された精製澱粉を原料に開発された特許製法のオートメーション設備で、衛生的につくられた商品です。味つきがよく、使いやすく、とくにサラダ、酢のもの料理に最適です。

    マロニーは日本アクセスさん× レシピブログさんのモニターコラボ、「おうちで簡単に作れる 乾物イタリアンレシピコンテスト」でいただきました。美味しいサラダが出来上がりました。ごちそうさまでした。
    乾物イタリアンの料理レシピ
    乾物イタリアンの料理レシピ


    メイン料理は「イカゲソとセロリのソテー」です。
    セロリとイカゲソのソテー 大
    【材料(二人分)】
    ・イカゲソ:イカ2~3杯分位  ・セロリ1/2本  ・パプリカ(赤)1/6個位
    ・お好みできぬさや5~6枚 

    <イカゲソとセロリのソテー 調味料>
    ・白ワイン(または酒)大さじ1  ・顆粒のコンソメスープ小さじ1/2位
    ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.イカゲソはさっと水洗いをして水気をふき取り、ゲソもエンペラも食べやすい
      大きさに切り分けます。お好みで、エンペラに格子の切り込みを入れます。
    2.セロリは筋を取り、食感が残るよう太めの斜め切りにします。
      パプリカは細切り、きぬさやは下ゆでしておきます。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、イカゲソを入れてソテーします。
      火が通ればセロリ、パプリカを加えてソテーします。
    セロリとイカゲソのソテー 調理① セロリとイカゲソのソテー 調理②
    2.白ワイン(または酒)、顆粒のコンソメ、塩、胡椒で味を調えます。さっとソテーして
      火を止め、器に盛り付けます。お好みで青みとしてきぬさやを添えて出来上がりです。
      イカゲソの代わりにイカ一杯で作っても美味しくいただけます。
    セロリとイカゲソのソテー B
    イカゲソの旨み、シャキッとしたセロリの食感を楽しめる洋風のソテーです。味と香り、歯応えも楽しめる一品が出来上がりました。お酒にも合いますよ~♪

    もう一品の野菜料理は「カポナータ」です。
    カポナータ 大
    ナス、ズッキーニなどの夏野菜を使って、イタリアの野菜料理「カポナータ」を作りました。カポナータは本来揚げたナスを使うようですが、今回ヘルシーに仕上げるため、オリーブオイルでソテーしてから煮込みました。温かくても冷やしても美味しくて、野菜をいっぱい食べられるのがうれしいです~♪

    【材料】(二人分)
    ・ズッキーニ1/2個  ・ナス1個  ・玉ねぎ1/2個  ・赤パプリカ1/6個
    ・ピーマン1個  ・固形ヴィヨン1個  ・トマトの水煮1缶(またはパック入り1個)
    ・お好みでローリエ(月桂樹の葉)1枚  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.材料を食べやすい大きさに切ります。
    カポナータ 調理① カポナータ 調理2
    2.鍋かフライパンにオリーブオイルを熱し、ナスと玉ねぎをソテーします。
      ナスがしんなりしてきたらズッキーニを加えてソテーします。
    3.トマト缶、固形ヴィヨン、お好みでローリエを加え、弱火で15分ほど煮ます。
    カポナータ 調理③ カポナータ 調理④
    4.パプリカ、ピーマンを加え、野菜に火が通れば、塩、胡椒で味を調えます。
      ひと煮たちさせて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    カポナータ B
    鍋、またはフライパン一つで、さっと作れるがもうれしいですよね。パンにのせたり、パスタソースにしたり、アレンジも楽しめます。洋風の野菜料理としては「ラタトゥイユ」がありますが、ラタトゥイユは南フランス、カポナータはイタリア(シチリア島)が発祥の料理とのこと。美味しい煮込みが出来上がりました~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 高野豆腐のあさりスープ煮
    あさりと高野豆腐のスープ煮 大
    ヘルシーな高野豆腐を和のお出汁ではなく、あさりの旨みとチキンコンソメのコクを加えた洋風スープ煮を作りました~。和のイメージが強い高野豆腐ですが、洋風のスープ煮もおすすめです。あさりから出る旨み、チキンコンソメのコクがじわじわしみ込み、ガーリックとローリエ(月桂樹の葉)のほど良い香りが漂う一品です。和とイタリアンのコラボから、身体に優しい一品がまたまた出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・高野豆腐2個  ・あさり200g  ・ブロッコリー小房で6個  ・にんにく1片
    あさりと高野豆腐のスープ煮 材料① あさりと高野豆腐のスープ煮 材料②調味料
    <あさりと高野豆腐のスープ煮 水と調味料>
    ・水500㏄  ・チキンコンソメ1個  ・ローリエ(月桂樹の葉)1枚  ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.高野豆腐を切りやすくするため、ボウルに水を入れて1分置きます。
    あさりと高野豆腐のスープ煮 【下準備】① あさりと高野豆腐のスープ煮 【下準備】②
    2.高野豆腐の水気を絞り、食べやすいひと口大に切ります。
      ブロッコリーはさっと下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切ります。
    3.あさりは塩水で砂抜きをし、殻と殻をこすり合わせて、きれいに洗います。

    【作り方】
    1.鍋かフライパンにオリーブオイルを熱し、にんにくを入れて香りをつけます
    あさりと高野豆腐のスープ煮 調理① あさりと高野豆腐のスープ煮 調理②
    2.にんにくを取り出し、あさりを炒めます。
    3.水を加え、あさりの殻が開くまで煮ます。殻が開けば、あさりだけ別皿に取ります。
    あさりと高野豆腐のスープ煮 調理③ あさりと高野豆腐のスープ煮 調理④
    4.高野豆腐、チキンコンソメ、ローリエを入れて15分ほど煮ます。
    5.高野豆腐がふっくら柔らかくなれぱあさりを戻し入れ、塩、胡椒で味を調えます。
    あさりと高野豆腐のスープ煮 調理⑤ あさりと高野豆腐のスープ煮 調理⑥
    6.ひと煮たちさせて火を止め、器に盛り付けます。ブロッコリーを添えて出来上がりです。
      あさりは塩分を含んでいるので、味付けに注意して下さいね。

    あさりと高野豆腐のスープ煮 拡大
    あさりから出る旨み、コンソメのコクがしみた高野豆腐のスープ煮が出来上がりました~。しっかりした味わいの高野豆腐が召し上がれます。和の味にはない、ジューシーな高野豆腐の味わいがたまりません~。

    あさりと高野豆腐のスープ煮 B
    旭松食品さんの新あさひ豆腐(高野豆腐)は湯戻し不要で簡単に調理ができ、ふっくらと柔らかい食感を楽しむことができます。オリーブオイルやローリエ(月桂樹の葉)、コンソメなど、イタリアン高野豆腐の美味しさを味わってみて下さいね~♪
    新あさひ豆腐
    旭松食品さんの新あさひ豆腐は日本アクセスさん× レシピブログさんのモニターコラボ、「おうちで簡単に作れる 乾物イタリアンレシピコンテスト」でいただきました。美味しい高野豆腐料理が出来上がりました。ごちそうさまでした。
    乾物イタリアンの料理レシピ
    乾物イタリアンの料理レシピ


    野菜料理は[豚肉とじゃがいもの炒め物」です。
    ジャガイモ炒め 大
    【材料(二人分)】
    ・豚こま切れ肉100g  ・じゃがいも(大)1個  ・キクラゲ少々 
    ・お好みでパプリカ(赤)1/6個、青ねぎ少々

    <豚肉とじゃがいもの炒め物 調味料>
    ・酒大さじ1  ・醤油大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.豚こま切れ肉は食べやすい大きさに切ります。パプリカは細切りにします。
    2.じゃがいもは皮をむき、4~5mm位の厚さの拍子切りにして、水にさらして
      アクを取ります。アクが取れれば、ザルに取って水気をふきます。
    3.キクラゲは水で戻し、細切りにしてから下ゆでして水気を切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、豚肉とじゃがいもを炒めて火を通します。
    2.キクラゲ、パプリカを加えて炒め合わせます。全体に油がなじんだら、
      酒、醤油、塩、胡椒で味を調えます。さっと炒めて火を止め、お好みで
      青ねぎの小口切りをちらして出来上がりです。

    ジャガイモ炒め B
    さっぱりした豚肉とじゃがいもの炒め物が出来上がりました~。ホクホクしたじゃがいもの食感、コリコリしたキクラゲの食感、それぞれが楽しめる炒め物です。お弁当のおかずにもおすすめですよ~♪

    もう一品は「酢玉ねぎ(ためしてガッテン流) 」です。
    酢玉ねぎ 大
    ずいぶん前からテレビで紹介されていますが、我が家も遅ればせながら「酢玉ねぎ」作りました~(笑)旬の新玉ねぎを味わう一品です。酢玉ねぎの人気は高血圧、糖尿病予防、ダイエット効果、血サラサラ、疲労回復などなど、身体にとても良いことが上げられます。最近、妻の体調がイマイチなので、酢玉ねぎで元気になってもらいたいです~♪

    【材料(新玉ねぎ1個分)】
    ・新玉ねぎ1個(200g)  ・酢(お好みでリンゴ酢)大さじ5
    ・はちみつ大さじ1と1/2
    酢玉ねぎ 材料
    【作り方】
    1.玉ねぎを縦半分に切り、薄切りにします。そのまま15分以上置きます。
      水にはさらさないで下さいね。
    2.煮沸した保存容器に薄切りにした新玉ねぎを入れます。
      酢とはちみつを加え、冷蔵庫でひと晩寝かせて出来上がりです。

    酢玉ねぎ B
    食べ初めたばかりで、まだ効果は何ともいえませんが、玉ねぎと酢は元々から身体に優しい食材として知られているので、しばらく続けてみます~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング