2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2016.12.30 (Fri)

まぐろのアラの山椒煮<コラーゲンたっぷり>

まぐろのアラの煮込み 大
血合いの入っていないまぐろ(鮪)のアラを使った煮物のご紹介です。さっと下ゆでしたまぐろのアラをしょうがと甘辛の調味料で煮込み、仕上げに粉山椒をふって風味付けをするだけのカンタン料理です。下ゆですることで余分な脂が落ち、しょうがと山椒の風味で臭みが消えます。まぐろのアラにはコラーゲンがたっぷり含まれているので、超ヘルシーで美容効果抜群の煮物です~♪

【材料(二~三人分)】
・まぐろのアラ(血合い無し)300gぐらい  ・しょうが1片(20g位)
・お好みでしょうがの細切り、青ねぎの細切り適量 ・ハウス粉山椒適量
まぐろのアラの煮込み 材料 まぐろのアラの煮込み 調味料
<まぐろのアラの山椒煮 お出汁と調味料>
・お出汁400㏄  ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ4  ・酒大さじ4  ・みりん大さじ2

【下準備】
1.まぐろのアラを熱湯でさっとゆでてザルに取り、余分な脂を落とします。
  冷水にさらして霜降りにします。うま味がしっかりと閉じ込められます。
まぐろのアラの煮込み 【下準備】① まぐろのアラの煮込み 【下準備】②
2.霜降りにしたまぐろを食べやすい大きさに切ります。
  お好みで青ねぎを斜め細切りにします。

【作り方】
1.しょうがは皮をむいて細切りにします。
まぐろのアラの煮込み 調理① まぐろのアラの煮込み 調理②
2.<まぐろのアラの山椒煮 お出汁と調味料>を煮立て、まぐろとしょうがの
  細切りの3/4を入れて煮ます。アクが出れば小まめに取ります。

3.煮汁が半分ぐらいになるまで煮詰め、調味料の味がしみたら山椒をふって
  火を止めます。
まぐろのアラの煮込み 調理③ まぐろのアラの煮込み 調理④
4.器に盛りつけ、しょうがの細切りを添えます。お好みで青ねぎの細切りも
  添えて出来上がりです。味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。


まぐろのアラの煮込み 拡大
ホロッとする身が何とも美味しいまぐろの山椒煮が出来上がりました~。まぐろ本来のうま味が味わえて、柔らかい身はご飯にもお酒にも良く合います。ひと晩寝かせると、コラーゲンが固まってプリンプリンです~(笑)

まぐろのアラの煮込み B
まぐろは下ゆでして、霜降りにしてから煮たので臭みもありません。しょうがと山椒の風味がきいて、しかも甘辛い味付けは何でも合います。うま味たっぷりで家計にも優しい一品です~♪
ハウス山椒 説明用写真
ハウス食品さんの山椒はウナギなどのこってりしたメニューに負けないよう香り立ちを高めました。一ひねりで開け閉めできるカチッとキャップを採用しています。

副菜の一品目は「小松菜とエリンギのオイスターソース炒め」です。
小松菜エリンギ 大
【材料(二人分)】
・小松菜1/2パックぐらい  ・エリンギ(大)1個  ・パプリカ(赤)1/6個
・豚こま(豚こま切れ肉)60gぐらい
小松菜エリンギ 材料①小松菜 小松菜エリンギ 材料②エリンギ
<小松菜とエリンギのオイスターソース炒め 調味料>
・オイスターソース大さじ1/2  ・酒大さじ1  ・醤油小さじ1  ・砂糖小さじ1  ・胡椒適量

【下準備】
1.小松菜は水洗いして根元を少し切り落とし、4~5cm程度に切ります。
2.エリンギ、パプリカは細切り、豚こまは食べやすい大きさに切ります。

【作り方】
1.フライパンに油を熱し、豚こまと小松菜の茎を炒めます。
2.続いて小松菜の葉の部分とパプリカを加えて炒め合わせます。
3.油がなじんだら<小松菜とエリンギのオイスターソース炒め 調味料>
  を入れ、さっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

小松菜エリンギ B
小松菜とエリンギのオイスターソース炒めが出来上がりました~。小松菜はアクが無いので、下ゆで無しで調理できるのがうれしいですよね。オイスターソースのうま味で味わう青菜の炒め物、コクがあって美味しい副菜です~♪

もう一品の副菜は「ほうれん草の黒胡麻和え<香りとコク抜群>」です。
黒胡麻ほうれん草 大
旬のほうれん草を黒胡麻和えでいただきました~。さっと下ゆでした甘みのあるほうれん草を黒ねり胡麻を使った合わせ調味料で和えるだけのカンタン料理です。ヘルシーなほうれん草に黒胡麻の香りとコクが加わり、お箸も進みます。チューブタイプのねり胡麻を使えば楽々で出来上がります。白胡麻とは違う美味しさが楽しめますよ~。一度味わってみて下さいね♪

【材料(二人分)】
・ほうれん草1/2パックぐらい  ・胡麻油小さじ1
黒胡麻ほうれん草 材料 黒胡麻ほうれん草 調味料
<ほうれん草の黒胡麻和え 調味料>
・ハウス黒ねり胡麻大さじ1  醤油小さじ2  ・砂糖小さじ1/2  ・酒小さじ1

【下準備】
器に<ほうれん草の黒胡麻和え 調味料>を入れて混ぜます。

【作り方】
1.ほうれん草は熱湯でさっと茹でて冷水に取り、水気をしっかり切り、食べやすい
  5~6cm位の長さに切ります。
黒胡麻ほうれん草 調理① 黒胡麻ほうれん草 調理②
2.ボウルに水気を切ったほうれん草を入れ、胡麻油を入れて混ぜ合わせます。
  <ほうれん草の黒胡麻和え 調味料>を加えて和えます。器に盛り付けて出来
  上がりです。

黒胡麻ほうれん草 B
ヘルシーなほうれん草と黒ねり胡麻、相性バッチリの和え物ガ出来上がりました~。食材はシンプルにほうれん草だけですが、黒胡麻の香りとコクがきいて、どのような主菜にも合う副菜が出来上がりますよ~♪
ハウス黒ねり胡麻 説明用写真
味付けに使ったハウス食品さんの黒ねり胡麻は胡麻のちょっと使いに便利なチューブタイプのねり胡麻です。焙煎胡麻の香りとコクを、いろいろなお料理にお使いいただけます。最後まで絞り出しやすいチューブ、使いやすいキャップ、はがしやすい口部シールを採用しています。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:16  |  まぐろ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(8)

2016.02.01 (Mon)

漬けまぐろの塩昆布添え<塩昆布でコクをプラス>

まぐろ塩昆布 大
漬けまぐろと塩昆布を一緒にいただきました。まぐろの美味しさに塩昆布のうま味を加えた、漬けまぐろだけでは味わえないプラス効果のある一品です。さっぱりしたまぐろに塩昆布が加わると、コクのある料理になります。漬けまぐろは煮きり酒、煮きりみりんで作りました。風味の良いまぐろのうま味が味わえますよ~。ぜひ一度試してみて下さいね~。

【材料(二人分)】
・まぐろ(赤身)適量  ・塩昆布適量  ・お好みで長ねぎの小口切り適量
まぐろ塩昆布 材料① まぐろ塩昆布 材料②
<漬けダレ>
・醤油3:みりん2:酒1の割合(全部で大さじ3~4あれば十分です)

【作り方】
1.みりんと酒を耐熱の器に入れ、ラップはかけずに600Wのレンジで20秒位加熱
  します。グツグツと沸騰したらOKです。そのまま粗熱を取ります。
まぐろ塩昆布 調理① まぐろ塩昆布 調理②
2.粗熱が取れたら醤油を加え、よく混ぜます。
3.まぐろは食べやすい大きさに切り、ボウル、またはバットにまぐろを入れ、漬け
  ダレを加えて漬け込みます。漬け込む時間は4~5分です。容器をゆすってタレ
  を全体にいきわたらせるとしっかり漬かります。
まぐろ塩昆布 調理③ まぐろ塩昆布 調理④
4.器に漬けまぐろを盛り付け、塩昆布、お好みで長ねぎの小口切りをのせます。
  タレを少し掛けて出来上がりです。

まぐろ塩昆布 B
塩昆布のうま味を加えた漬けまぐろが出来上がりました~。いつもとひと味違うまぐろの美味しさが楽しめます。ご飯と一緒にいただくも良し、お酒の肴にもぴったりです~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:28  |  まぐろ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.01.03 (Sun)

漬けまぐろ<煮きりみりんと煮きり酒でまろやか>

まぐろ 大
大好きなまぐろを漬けでいただきました。簡単で美味しく、しかも時短で出来る一品です。今回はタレに加える酒とみりんを耐熱の器に入れて一緒に煮きり、アルコール分を飛ばして煮きってから醤油と合わせました。煮きることで風味がグッとアップするタレになります。レンジで20~30秒位で出来るので、ぜひ試してみて下さいね~。

【材料(二人分)】
・まぐろ(赤身)適量 ・大葉2枚 ・お好みで薬味として青ねぎの小口切り適量
・お好みでわさび適量
まぐろ 材料 まぐろ 調味料
<漬けダレ>
・醤油3:みりん2:酒1の割合(全部で大さじ3~4あれば十分です)

【作り方】
1.みりんと酒を耐熱の器に入れ、ラップはかけずに600Wのレンジで20秒位加熱
  します。グツグツと沸騰したらOKです。そのまま粗熱を取ります。
まぐろ 調理① まぐろ 調理②
2.粗熱が取れたら醤油を加え、よく混ぜます。
3.まぐろは食べやすい大きさに切り、ボウル、またはバットにまぐろを入れ、漬け
  ダレを加えて漬け込みます。漬け込む時間は4~5分です。容器をゆすってタレ
  を全体にいきわたらせるとしっかり漬かります。
まぐろ 調理③ まぐろ 調理④
4.器に大葉を敷き、漬けをのせてタレを掛け、薬味、わさびを添えて出来上がりです。

まぐろ B
漬けダレのように加熱しない合わせ調味料を作る時は、ひと手間かかりますが煮きってから使うと出来上がりに差がつきます。漬けでいただくまぐろで元気も出ますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:41  |  まぐろ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.06.25 (Thu)

漬けまぐろの山かけ

漬けくまぐろの山かけ 大
赤身の「まぐろ」は漬けダレで味をしみこませてからいただくと本当に美味いですよね。また、まぐろと山芋の組み合わせは絶妙で、これにわさびがあればもう最強です~(笑)漬けダレは簡単に出来るので、ぜひ一度味わってみて下さいね。ご飯にのせて丼もおすすめです~。

【材料(二人分)】 
・まぐろの赤身100~140g位  ・山芋100g位  ・お好みでわさび適量
まぐろ 材料 まぐろ 調味料
<漬けダレ>
・醤油大さじ3  ・みりん大さじ2  ・酒大さじ1

【作り方】
1.ボウルに漬けダレを用意します。
2.山芋をすりおろします。
3.まぐろを漬けます。
まぐろ 調理① まぐろ 調理②
4.器にまぐろを盛り付け、すりおろした山芋と漬けダレをかけます。
  お好みでわさび、もみ海苔、青ねぎ等を添えて出来上がりです。  

漬けまぐろの山かけ B
さっぱりした美味しさの漬けまぐろの山かけ、のど越しがたまりません~。ツーンとくるわさびとの相性もバッチリです~。漬けはまぐろの風味が増すので大好きです♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

04:19  |  まぐろ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2015.02.04 (Wed)

漬けマグロの胡麻風味フライ

漬けまぐろのフライ B
まぐろの中でも比較的安価なびんちょうまぐろ(びんながまぐろ)を漬けにして下味を付け、フライ衣をつけて揚げました~。お刺身でも美味しくいただけますが、フライもほど良く脂ののったまぐろの旨み、漬けの風味とサクサク感、いつもとひと味違うまぐろ料理が楽しめます。今回は衣に黒胡麻も加え、食感と香りも一緒に味わいました~♪

【材料(二人分)】
・びんちょうまぐろ(びんながまぐろ)刺身用柵150~200g位  ・お好みの付け合せ野菜
・パン粉適量  ・黒炒り胡麻適量
漬けまぐろのフライ 材料 漬けまぐろのフライ 調味料
<まぐろの漬けダレ>
・醤油大さじ2  ・みりん大さじ1+小さじ1  ・酒小さじ2
(醤油:みりん:酒の比率 3:2:1)

<揚げ衣>
・小麦粉大さじ3  ・卵1/2個  ・水大さじ3

【下準備】
1.まぐろはひと口大に切り、バットに並べます。
漬けまぐろのフライ 【下準備】① 漬けまぐろのフライ 【下準備】②
2.<まぐろの漬けダレ>を回しかけ、時々裏返しながら15~20分漬けます。

【作り方】
1.ボウルに<揚げ衣>を用意します。
漬けまぐろのフライ 調理① 漬けまぐろのフライ 調理②
2.バット等にパン粉と黒炒り胡麻を入れ、混ぜ合わせます。
3.汁気を切ったまぐろを入れ、揚げ衣をまぶし、黒胡麻パン粉をつけます。
漬けまぐろのフライ 調理③ 漬けまぐろのフライ 調理④
4.油度を170度位に熱し、まぐろフライを揚げます。
5.パン粉が黄金色になればOKです。長く揚げ過ぎるとジューシーさが無くなるので、
  揚げすぎないようにして下さいね。
漬けまぐろのフライ 調理⑤ 漬けまぐろのフライ 調理⑥
6.油を切り、お好みの付け合わせ野菜と一緒に盛り付けます。下味がしっかり付いているの
  でそのまま召し上がれます。お好みでソース、タルタルソースをかけて下さいね。

漬けまぐろのフライ 拡大
サクッサクッの「漬けまぐろの胡麻風味フライ」が出来上がりました~。漬けのタレがしみて、外はカリッ、身はジューシーなフライです。黒胡麻の風味と一緒に熱々をいただきます。冷めても美味しくいただけるので、お弁当のおかずにもおすすめです~。

漬けまぐろのフライ 大
フライ衣のパン粉に胡麻をプラスすると、香ばしさと食感に変化が出て、冷めても美味しくいただけます。びんちょうまぐろは身が柔らかく、ほど良い脂がのっています。特売でびんちょうまぐろをゲットした際は一度試してみて下さいね~♪

副菜の一品目は「ブロッコリーのさっばり炒め」です。
ブロッコリー 大
【材料(二人分)】
・ブロッコリー(小房で)12~14個位

<ブロッコリーのさっぱり炒め 調味料>
・酒大さじ1  ・塩小さじ1/4位  ・胡椒適量  ・水大さじ2
・鶏ガラスープの素(顆粒)ほんの少々  ・水溶き片栗粉適量

【作り方】
1.ブロッコリーは小房に切り分け、熱湯で硬めにゆでて冷水に放ち、水気を切ります。
2.フライパンに油を熱し、水気を切ったブロッコリーを入れて炒めます。
3.ブロッコリーに火が通れば、水、酒、塩、胡椒、鶏がらスープを加えて炒め煮にします。
4.水溶き片栗粉を回し入れ、トロミがつけば火をを止め、器に盛り付けて出来上がりです。

ブロッコリー B
今が旬のブロッコリーはビタミンCたっぷりです~。さっぱりしたシンプルな炒め物ですが、ブロッコリー本来の食感と美味しさが味わえます~♪ぜひ一度試してみて下さいね。

もう一品は「白菜とがんもどきの炊いたん」です。
白菜とがんもどきの煮物 大
【材料(二人分)】
・白菜1/8カット  ・がんもどき(ひろうす)大1個  ・お好みできぬさや2枚

<白菜とがんもどき(ひろうす)の炊いたん 調味料>
・お出汁200㏄ ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油大さじ1

【作り方】
1.白菜は食べやすい大きさに切ります。
  がんもどき(ころうす)は油抜きをして4分割に切ります。
  お好みできぬさやを下ゆでして半分に斜め切りします。
2.鍋に<白菜とがんもどき(ひろうす)の炊いたん 調味料>をいれて煮立てます。
  煮立てば白菜とがんもどき(ひろうす)を入れて煮ます。全体に味がなじんだら火
  を止めます。器に盛り付け、お好みできぬさやを添えて出来上がりです。
白菜とがんもどきの煮物 B
白菜とがんもどき(ひろうす)を柔らかく煮ました。お出汁の美味しさが白菜にしみ込み、お出汁ごと全部いただけます。旬の甘い白菜がさっぱりといただける副菜、おすすめです~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
ポチッと押していただける方、本当にありがとうございます。

テーマ : おうちごはん - ジャンル : グルメ

04:52  |  まぐろ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(7)
 | ホーム |