2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2017.05.20 (Sat)

アジのフライ<フレンチハーブ風味>

アジフライ 大
初夏から夏が旬のアジ(鯵)をフライでいただきました~。サイズは小さいものの、しっかりした味わいのアジに塩、胡椒とタイム、スイートバジルなどがブレンドされたGABANオリジナルの「フレンチハーブミックス」をふって下味をつけ、カラッと揚げました。旬のアジは甘味もあり、身体に良い栄養素がバランスよく含まれています。フレンチハーブの風味がアジの美味しさを引き立ててくれますよ~♪

【材料(二人分)】
・小アジ6尾 ・お好みの付け合わせ野菜
・フライ衣(小麦粉適量、溶き卵1/2個、パン粉適量)
アジフライ 材料 アジフライ 調味料
<アジのフライ 下味調味料>
・GABANフレンチハーブミックス適量  ・塩、胡椒適量

【作り方】
1.アジ(鯵)はエラとゼイゴを取り、お腹に切り込みを入れて内臓を取り出し、
  流水で全体をキレイに洗ってから水気をふきます。
アジフライ 調理① アジフライ 調味料②
2.アジに下味調味料をふります。

3.小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけます。
アジフライ 調理③ アジフライ 調理④
4.油温を170度ぐらいに熱し、アジを入れてきつね色に揚げます。揚げたアジの油を
  切り、お好みの付け合わせ野菜とともに盛り付けて出来上がりです。そのまま召し
  上がれますが、お好みでソースをかけてもOKです。
  
アジフライ B
ハーブの風味をきかせたアジのフライが出来上がりました~。サクサクした衣と身のうま味がたまりません~。ご飯にもお酒にも合うハーブフライ、おすすめです~♪
GABANフレンチハーブミックス 説明用写真
GABANフレンチハーブミックス<フリーズドライ>はタイム、スイートバジル、パセリ、タラゴン、チャイブをGABANオリジナルでミックス。スパイス初心者の方におすすめです~。家庭で手軽にフレンチテイストを楽しみたい時に便利です。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  魚の料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2017.03.19 (Sun)

子持ちししゃものピリ辛南蛮漬け<ヘルシー♪>

ししゃも南蛮漬け 大
子持ちししゃもをレンジグリルで焼き上げ、赤唐辛子(鷹の爪)のピリッとした辛みをきかせた南蛮ダレに漬け込みました~。カルシウムたっぷりのししゃものプチプチした卵がたまりません~。南蛮ダレは水を加え、塩分を控えめにしたヘルシーな味付けです。ししゃも本来のうま味が味わえる一品が出来上がりました。ほど良い辛みとさわやかなタレがしみたししゃもの美味しさが楽しめますよ~♪

【材料(二人分】
・ししゃも10~12尾 ・玉ねぎ1/4個 ・にんじん5cm ・お好みで三つ葉適量
・赤唐辛子(鷹の爪1本)
ししゃも 材料 ししゃも 調味料
<南蛮漬け タレ調味料>
・酢100㏄  ・水50㏄  ・醤油大さじ1と1/2  ・砂糖大さじ1  ・胡麻油小さじ2

【下準備】
1.手鍋に<南蛮漬け タレ調味料>と種を取り出した赤唐辛子(鷹の爪)を入れて
  火にかけ、沸騰したら火を止めます。
2.タレをタッパー、またはバット、ボウルに移します。

【作り方】
1.玉ねぎ、にんじんは細切りにします。
しじゃも 調理① ししゃも 調理②
2.耐熱板にクッキングシートを敷き、ししゃもを並べます。レンジグリルに入れ、8分焼きます。
  裏返して6~8分ぐらい焼きます。ししゃもの大きさ、数量で時間を調整して下さい。魚焼き
  グリル、フライパンで焼いてもOKです。

3.焼いたししゃもを南蛮タレに漬け込みます。
ししゃも 調理③ ししゃも 調理④
4.玉ねぎ、にんじんをのせます。1時間ぐらい漬け込むと召し上がれますが、ひと晩寝かすと
  味がしっかりしみ込みます。ししゃもと野菜を器に盛り付け、南蛮ダレを少しかけ、お好みで
  三つ葉を添えて出来上がりです。

ししゃも南蛮漬け B
子持ちししゃものピリ辛南蛮漬けが出来上がりました~。ほど良い辛みとさっぱりした味わいのタレでお箸も進みます。薄味ですが、ヘルシーな南蛮漬けを召し上がってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:53  |  魚の料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.01.11 (Wed)

さわらの塩焼き<ほど良い塩加減>

さわらの塩焼き 大
クセのないさわらをシンプルな塩焼きでいただきました~。関東では12月から2月頃にかけてが旬のさわらに酒をふり、キッチンペーパーで汁気をふいてから塩をかるくふって焼き上げます。カンタンに出来て、脂ののった柔らかい身がたまりません。この時期ならではのうま味がしっかり味わえます。ぜひぜひ、塩焼きで味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・さわら1/2尾(または切り身2枚) ・酒適量  ・お好みの付け合せ野菜
さわらの塩焼き 材料 さわらの塩焼き 調味料
<さわらの塩焼き 調味料>
・塩適量

【作り方】
1.バットに食べやすい大きさに切ったさわらを並べ、酒をふって5分ほど置きます。
  キッチンペーパーで汁気をふいて塩を軽くふります。
さわらの塩焼き 調理① さわらの塩焼き 調理②
2.裏返して反対の面にも軽く塩をふります。

3.耐熱板にクッキングシートを敷き、さわらの身側を上にして並べます。今回はレンジ
  グリルで8分ぐらい焼き上げました。
さわらの塩焼き 調理③ さわらの塩焼き 調理④
4.今度は皮側を上にして焼きます(約6~7分)。お好みの付け合わせ野菜と一緒に
  器に盛り付けて出来上がりです。
 
さわらの塩焼き B
さっぱりした中にもうま味たっぷりのさわらの塩焼きが出来上がりました~。脂ののった味わいがたまりません~。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずとしてもおすすめです♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:10  |  魚の料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.11.05 (Sat)

おうちでカンタン♪さわらの味噌漬け

さわらの味噌漬け 大
白ご飯にぴったりの定番おかず、味噌漬けを作りました~。味噌の塩分とコクを具材にしみ込ませて焼き上げる味噌漬けは香りも良くてお箸の進む料理ですよね。本来は西京味噌や白味噌で作りますが、今回はお味噌汁に使うおうちにある味噌に、酒、砂糖を加えるだけでカンタンに作れるレシピです。具材はクセのないさわらを使いました。身近な調味料で作れる味噌漬け、一度試してみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・さわらの切り身2枚  ・お好みの付け合せ野菜
さわらの味噌漬け 材料 さわらの味噌漬け 調味料
<味噌漬け 調味料>
・味噌100g  ・酒25㏄  ・砂糖25g → 味噌4 : 酒1 : 砂糖1 の割合

【下準備】
1.ボウルに、<味噌漬け 調味料>を入れて良く混ぜ合わせます。
さわらの味噌漬け 【下準備】① さわらの味噌漬け 【下準備】②
2.バットに食べやすい大きさに切ったさわらを並べ、両面に塩を軽くふります。
  30分ほど置くと魚から水気が出ます。キッチンペーパーで両面をふいて、
  水気と塩を取り除きます。

【作り方】
1.タッパーにラップをかぶせるようにを敷き、<味噌漬け 調味料>を1/3ほど
  入れて広げます。その上にさわらを並べて入れます。
さわらの味噌漬け 調理① さわらの味噌漬け 調理②
2.さらに上から<味噌漬け 調味料>の残りを塗り、タッパーの蓋をします。
  冷蔵庫で寝かせます。

3.二日間漬け込んだ写真です。最低1日以上漬け込むと調味料の味がしっかり
  しみ込みます。
さわらの味噌漬け 調理③ さわらの味噌漬け 調理④
4.焼き上げる際は両面の味噌をキッチンペーパー等でキレイにふき取ります。

5.フライパン、魚焼きグリル、レンジグリル等で焼き上げます。
  今回はレンジグリルで身側から焼き、裏返して皮面を焼きました。
さわらの味噌漬け 調理⑤ さわらの味噌漬け 調理⑥
6.お好みの野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。
  漬け込んだ味噌漬けは常温に戻してから焼くと火を通しやすくなります。

さわらの味噌漬け 拡大
味噌のほど良い香りが漂う、さわらの味噌漬けが焼き上がりました~。ほんのりと甘みのある味噌漬けは、白ご飯にも、お酒にも、お弁当のおかずにもぴったりです。おうちにある身近な調味料でカンタンに出来ますよ~♪

さわらの味噌漬け B
冷蔵庫内で空気に触れない状態であれば漬け込んでから3~4日は熟成できます。時間のあるとき、また特売で安く具材が買えたときに漬け込むと良いです。さわらの代わりに、鮭、ブリ、タラ、豚ロース肉、鶏胸肉などお好みの食材を漬け込んで試してみて下さいね~♪

副菜は「キャベツときゃうりの麺つゆかつおオ和え」です。
キャベツときゅうりのかつお和え 大
【材料(二人分)】
・キャベツ1/16個  ・きゃうり1/3本  ・かつお節適量

<キャベツときゅうりの麺つゆかつお和え 調味料>
・麺つゆ適量(希釈無しのストレートで使用)

【下準備】
1.キャベツはひと口大位のザク切り、または手で食べやすい大きさにちぎります。
2.きゅうりは小口切りにして、キャベツと一緒にボウルに入れ、塩(分量外)少々
  をふり水気が出てきたらしっかり絞ります。

【作り方】
1.ボウルをキレイにしてにキャベツ、きゅうりを戻し入れます。
キャベツときゅうりのかつお節和え 調理① キャベツときゅうりのかつお節和え 調理②
2.かつお節、麺つゆを入れて混ぜます。しばらく(10分ぐらい)置いて、味をなじま
  せ、器に盛りつけて出来上がりです。

キャベツときゅうりのかつお和え  B
麺つゆのうま味とコク、かつお節の風味で味わうキャベツときゅうりの和え物が出来上がりました~。さっぱりした副菜があっと言う間に出来上がります。これからが旬のキャベツの甘みをぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

汁物は「具だくさんのヘルシー粕汁<かすじる>」です。
粕汁 大
11月に入り、横浜も朝晩はかなり冷え込むようになってきました。寒い日にいただく汁物の一つ、粕汁(かすじる)が美味しい季節を迎えましたね。酒粕は栄養価が高く、アルコール分が身体を温めてくれることが広く知られています。今回は豚肉、大根、ごぼう、にんじんなどの野菜にお揚げ、こんにゃくなどを加えて具だくさんの粕汁です。味噌と醤油のコクをきかせていただきました~♪

【粕汁 材料】
豚肉  大根  ごぼう  にんじん  こんにゃく  お揚げ(油揚げ)  
お好みで三つ葉適量
粕汁 材料① 粕汁 材料②
<粕汁 お出汁と調味料(三人分ぐらい)>
・お出汁600㏄(3カップ)  ・酒粕100g  ・味噌大さじ2ぐらい
・薄口醤油小さじ2  ・酒大さじ1

【下準備】
1.具材は食べやすい大きさに切り揃えます
2.ごぼうは酢水につけてアク抜きを行います。

【作り方】
1.鍋にお出汁を入れ、豚肉と野菜(お揚げを除く)を入れて煮ます。具材が柔らかく
  なったらお揚げを加え、味噌・醤油・酒で味を調え、出汁で溶いた酒粕を加えます。
粕汁 調理① 粕汁 調理②
2.ひと煮立ちしたら火を止め、器に注いで出来上がりです。お好みで三つ葉を添え、
  七味唐辛子、または一味唐辛子をふります。

粕汁 B
具材をいっぱい入れて柔らかく煮込み、酒粕、味噌、薄口醤油、酒で味を調えたヘルシーな粕汁が出来上がりました~。身体にも優しく、寒い日は温まります。豚肉と組み合わせると風邪予防にもなりますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  魚の料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)

2016.10.05 (Wed)

太刀魚のコチュジャン焼き<胡麻ダレ風味>

太刀魚のコチュジャン焼き 大
クセのない淡白な味の太刀魚(たちうお)は火を通すとうま味が増す魚です。塩焼きが一般的ですが、今回は唐辛子味噌のコチュジャン、煎り胡麻、胡麻油などで作ったタレに漬け込み、香ばしく焼き上げました。コチュジャンのほど良い辛み、胡麻などの風味が太刀魚の美味しさを引き出してくれます。塩焼きでは味わえない焼き魚のうま味をぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・太刀魚切り身2枚 ・お好みで白煎り胡麻適量 ・お好みの付け合わせ野菜
太刀魚のコチュジャン焼き 材料 太刀魚のコチュジャン焼き 調味料
<太刀魚のコチュジャン焼き 漬けダレ(二枚分)の材料と調味料>
・白煎りすり胡麻大さじ1  ・長ねぎのみじん切り大さじ2  ・醤油大さじ1
・コチュジャン大さじ1  ・胡麻油小さじ2   ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1/2  

【下準備】
1.ボウルにみじん切りにした長ねぎ、白煎りすり胡麻を入れます。
太刀魚のコチュジャン焼き 【下準備】① 太刀魚のコチュジャン焼き 【下準備】②
2.醤油、コチュジャン、胡麻油、酒、砂糖を加えて混ぜ、漬けダレを作ります。

【作り方】
1.太刀魚が長い場合は食べやすい長さに切り、両面に軽く斜めの切れ目を
  入れます。
太刀魚のコチュジャン焼き 調理① 太刀魚のコチュジャン焼き 調理②
2.バットに太刀魚を入れ、漬けダレをからめて15~20分ほど味をしみ込ませます。

3.魚焼きグリル、レンジグリル、フライパンで火を通します。今回はレンジグリルを
  使いました。クッキングシートを敷いた耐熱板に太刀魚をのせます。
太刀魚のコチュジャン焼き 調理③ 太刀魚のコチュジャン焼き 調理④
4.レンジグリルで片面8分、裏返して反対面を7~8分ぐらい焼きます。
  焼き上げた太刀魚を器に盛り付け、お好みで白煎り胡麻をふって出来上がりです。

太刀魚のコチュジャン焼き 拡大
コチュジャンと胡麻の風味がきいた太刀魚の焼き物が出来上がりました~。うま味と甘みのある身に、ほど良い辛みとコクがきいてお箸が進みます~。ご飯にもお酒にもぴったりの一品です♪

太刀魚のコチュジャン焼き B
コチュジャンと胡麻油は相性が抜群の組み合わせです。太刀魚が焼き上がった際の香りが食欲をそそりますよ~♪ぜひぜひ、深い味わいを試してみて下さいね~。

副菜の一品目は「ほうれん草としめじの炒め物」です。
しめじほうれん草 大
【材料(二人分)】
・ほうれん草1/4パックぐらい ・しめじ1/2パック  ・ベーコン1~2枚

<ほうれん草としめじの炒め物 調味料>
・酒大さじ1  ・醤油小さじ2  ・塩・胡椒適量

【下準備】
1.水洗いしたほうれん草は熱湯でさっと下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が
  取れたら水気をしっかり絞って5~6cmぐらいの食べやすい長さに切ります。
2.しめじは石づきを取って小房に裂きます。 ベーコンは食べやすい大きさに切ります。

【作り方】
1.フライパンに油を熱し、しめじとベーコンを入れて炒めます。
しめじほうれん草 調理① しめじほうれん草 調理②
2.具材に火が通ればほうれん草を加えて炒め合わせます。酒、醤油、塩・胡椒で味を
  調え、さっと炒め合わせて火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

しめじほうれん草 B
しめじの香りと食感を味わえるのシンプルな炒め物が出来上がりました~。色合いもキレイで食欲をそそります。身体に優しいヘルシーな副菜としておすすめです~♪

もう一品は「厚揚げと大根の煮物<ほっこり♪>」です。
厚揚げ大根 大
食欲の秋を迎え、煮物が美味しく感じられる季節になりました。本日はみずみずしい大根とうま味のある厚揚げの煮物のご紹介です。米ぬかで下ゆでした大根を柔らかく煮て、三角に切った厚揚げを加えて味を含ませました。お出汁と調味料がしみた大根と厚揚げの優しい味わいが絶妙です。初秋にふさわしい和のさっぱりした煮物で気持ちも和みますよ~♪

【材料(二人分)】
・大根10㎝位  ・厚揚げ1個  ・お好みでいんげん、きぬさやなどの青み適量

<大根と厚揚げの煮物 お出汁と調味料>
・お出汁3カップ(600㏄)  ・薄口醤油大さじ2  ・みりん大さじ1  ・酒大さじ2
・砂糖大さじ1/2

【作り方】
1.大根は食べやすい大きさに切り、可能であれぱ面取りを行います。
大根厚揚げ 調理① 大根厚揚げ 調理②
2.大根は米のとぎ汁(またはお米をお茶パックに入れて)10分位下ゆでして流水で
  洗い、米ぬかをキレイに流します。

3.鍋に<大根と厚揚げの煮物 お出汁と調味料>を入れて火にかけます。煮立て
  ば大根を入れて柔らかくなるまで10~15分ほど煮ます。
大根厚揚げ 調理③ 大根厚揚げ 調理④
4.ひと口大に切った厚揚げ(今回は三角に切りました)ほ加えて10分ほど煮ます。
  全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けます。お好みで青み(今回は下ゆで
  したいんげん)を添えて出来上がりです。薄味なのでお好みの味に調えて下さい。

厚揚げ大根 B
身体に優しいさっぱりした煮物が出来上がりました。トローと柔らかくなった大根、お出汁がしみてジューシーに煮上がった厚揚げの美味しさが楽しめます。ご飯にもお酒にもぴったりです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:29  |  魚の料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)
 | ホーム |  NEXT>>