2017-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

2017.01.13 (Fri)

ブリ大根<うまうま、照り照り、飴色>

ブリ大根 大
冬の代表的なおかず「ブリ大根」のご紹介です~。今回は調理後、冷蔵庫で一日寝かせたしっかりした味わいと飴色のブリ大根です。ブリは塩をふって臭みをふき取り、霜降りにしてから煮ます。長時間煮る必要はありません。火が通れば、あとは粗熱を取り、冷蔵庫でじんわりと大根にうま味をしみ込ませます。一日寝かすことでうまうま、照り照り、飴色の味わいが楽しめますよ~♪

【材料(三人分)】
・ブリ(鰤)の切り身3枚  ・大根15cm位  ・お好みで柚子の皮(千切り)適量
ブリ大根 材料① ブリ大根 材料②
<ブリ大根 煮汁>
・水500cc  ・酒100㏄  ・砂糖大さじ2  ・みりん大さじ3  ・醤油大さじ2と1/2

【下準備】
1.ブリの切り身の両面に塩(分量外)を適量ふり、15分ほど置いて冷水で塩を洗い
  流し、キッチンペーパーで水気をふきます。塩をふることでブリの生臭みを含む水
  気が出てうま味が凝縮し、味がしみ込みやすくなります。
ブリ大根 【下準備】① ブリ大根 【下準備】②
2.大根は皮をむき、乱切り、半月、丸などお好みの形に切ります。鍋に米のとぎ汁
  (またはお米をお茶パックに入れて)で、10分ぐらい下ゆでして水で洗います。
  
【作り方】
1.鍋に熱湯を沸かし、1枚を3等分したブリを入れて熱湯をくぐらせて冷水に取ります。
ブリ大根 調理① ブリ大根 調理②
2.流水でブリのぬめりを洗い落とします。

3.鍋に<ブリ大根 煮汁>を入れて煮立て、煮立てば弱火にして大根を入れて煮ます。
ブリ大根 調理③ ブリ大根 調理④
4.大根が柔らかくなればブリを加えて10分ぐらい煮ます。ブリに火が通れば火を止め、
  完全に冷めるまで置きます。その後は冷蔵庫で一日寝かします。

5.一日寝かしたブリ大根の写真です。
ブリ大根 調理⑤ ブリ大根 調理⑥
6.冷蔵庫から取り出したブリ大根を常温に戻してから温めます。器に盛り付け、お好み
  で柚子の皮の千切りを添えて出来上がりです。

ブリ大根 拡大
冬の定番おかず、「ブリ大根」が出来上がりました~。冷蔵庫で一日寝かすことで、ブリのうま味がじんわりと大根にしみていきます。ブリの柔らかくてホロっとした身がたまりません~。身体も気持ちも温まる煮物でほっこり♪

ブリ大根 B
飴色のトローとした大根、もう絶妙の味わいです。脂がのったこの時期のブリはお出汁を使わなくても、コクのある煮物に仕上がります。ご飯にもお酒にもぴったりのブリ大根で旬の味覚を味わって下さいね~♪

副菜の一品目は「イカゲソのガーリックグリル<お酒にぴったり>」です。
イカゲソ炒め 大
【材料(一人分)】
・イカゲソ適量  ・お好みの付け合わせ野菜

<イカゲソのガーリックグリル 調味料>
・ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>  ・オリーブオイル大さじ1/2

【作り方】
1.イカゲソはさっと水洗いをして水気をふき取り、身、ゲソ、エンペラを食べやすい
  大きさに切り分けます。
2.レンジグリル用の耐熱板にクッキングシートを敷き、イカゲソをのせます。
  香りソルト<ガーリック&オニオン>をふり、オリーブオイルを回しかけます。
3.レンジグリルでイカゲソに火を通して出来上がりです。オーブントースターで
  も調理は可能です。

イカゲソ炒め B
ガーリックの風味とイカゲソは相性抜群で、イカのうま味がストレートに味わえます。お酒にはぴったりの一品が簡単に出来ます。イカの身はメイン料理、ゲソはおつまみでいただくともう最高です~♪
ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン> 説明用写真
ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>は2種のガーリックとオニオン、あらびきブラックペパー、パセリなどに、旨みを加えた塩をバランスよくブレンド。炒飯や野菜炒め、ポークソテーやきのこソテーなどにおすすめです。

もう一品は「ほうれんそうとお揚げの七味マヨポン和え」です。
お揚げほうれん草 大
旬の甘みが味わえるほうれん草、カリカリに焼いたお揚げ(油揚げ)を和え物でいただきました。味付けはさわやかなポン酢、コクのあるマヨネーズにほど良い辛みと香りの七味唐辛子をあわせた「七味マヨポン」です。優しい味わいのほうれん草と香ばしいお揚げに風味豊かな七味マヨポンが合わさってお箸も進みます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・ほうれん草1/2パックぐらい  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚 

<ほうれん草とお揚げの七味マヨポン和え 調味料>
・ハウス香り七味適量  ・マヨネーズ大さじ2  ・ポン酢醤油大さじ1

【作り方】
1.ほうれんそうは熱湯でさっとゆでて冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を絞って
  食べやすい長さに切ります。
お揚げほうれん草 調理① お揚げほうれん草 調理②
2.お揚げ(油揚げ)はフライパンで両面に焼き色が付くまで焼いて、拍子切りにします。

3.ボウルか器にマヨネーズ、ポン酢、七味を入れて混ぜます。
お揚げほうれん草 調理③ お揚げほうれん草 調理④
4.ボウルにほうれん草、お揚げを入れ、七味マヨポンで和えて出来上がりです。

お揚げほうれん草 B
ほうれん草とお揚げの七味マヨポン和えが出来上がりました~。ほうれん草の甘み、カリッと焼いたお揚げの香ばしさを七味マヨポンがしっかり引き立ててくれます。食感と風味が味わえる副菜、おすすめです~♪
ハウス香り七味 説明用写真
ハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:11  |  ブリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2017.01.03 (Tue)

ブリの照り焼き<フライパンでカンタン>

ブリ照り 大
白ご飯にぴったりのおかず、ブリの照り焼きを作りました~。フライパン一つでカンタンに出来るブリの照り焼きは美味しいですよね。こっくりと煮詰めたトロミのある甘辛ダレがブリにからんでお端も進みます。ブリを焼く前に塩をふり、臭みをふき取ってから焼くとタレがのりやすくなります。うま味たっぷり、身はふっくら、照り照りブリの美味しさをぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・ぶり (切り身) 2切れ  ・塩少々 ・お好みで青ねぎの細切り適量
ブリの照り焼き 材料 ブリの照り焼き 調味料
<ブリの照り焼き タレ調味料>
・醤油大さじ2  ・酒大さじ2  ・みりん大さじ2  ・砂糖大さじ1

【下準備】
1.ブリの両面に塩少々をふって、10~15分ほどおきます。塩をふることでブリの生臭み
  が抑えられ、余分な水気が出てタレがのりやすくなります。
2.ボウルか器に<ブリの照り焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。

【作り方】
1.キッチンペーパーでブリの水気をしっかりふき取り、フライパンに油を熱してブリの両面
  に焼き色をつけます。ブリから脂が出でくるので、キッチンペーパーで脂をふき取ります。
2.ブリに火が通れば<ブリの照り焼き タレ調味料>を加えます。火を強めて煮詰めなが
  ら照りをつけ、ブリにタレをしっかりとからめます。照りが出てきたら火を止め、器に盛り
  付けてタレをかけます。お好みで青ねぎの細切りを添えて出来上がりです。

ブリ照り B
ブリの照り焼きが出来上がりました~。照り照りでふっくらしたブリの身がたまりません~(笑) 定番の照り焼きですが、やはり寒い時期のブリは脂がのって美味しいですよね。ご飯の進む一品です~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:11  |  ブリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.12.09 (Fri)

刺身ブリの胡麻照り焼き<香り立ち抜群♪>

刺身ブリの胡麻照り焼き 大
刺身用のブリが余ったとき、またいつもと違うブリの美味しさを味わいたいときにおすすめのレシピ紹介です~。脂ののった刺身用のブリをフライパンで焼き上げ、いつもの照り焼きダレに粗ずりの煎り胡麻を加えた「胡麻照り焼き」を作りました。粗くする(擂る)ことで、香りが立ちやすくなり、栄養面も良くなります。胡麻の風味をしっかりきかせた照り焼きダレで味わう焼きブリ、うま味たっぷりです~♪

【材料(二人分)】
・刺身用のブリ200gぐらい ・白煎り胡麻大さじ2  ・お好みの付け合せ野菜
刺身ブリの胡麻照り焼き 材料 刺身ブリの胡麻照り焼き 調味料
<胡麻照り焼き 調味料>
・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ2

【作り方】
1.すり鉢に白煎り胡麻を入れ、胡麻の皮が残る粗ずりにします。ボウルか器
  に<胡麻照り焼き 調味料>を入れ、粗ずりの煎り胡麻を加えて混ぜます。
刺身ブリの胡麻照り焼き 調理① 刺身ブリの胡麻照り焼き 調理②
2.刺身用のブリを食べやすい大きさに切ります。

3.フライパンに油を熱し、ブリの皮面を下(身側を上)にして中火で焼きます。
刺身ブリの胡麻照り焼き 調理③ 刺身ブリの胡麻照り焼き 調理④
4.裏返して身側を焼いて火を通します。

5.すり胡麻を加えた<胡麻照り焼き 調味料>を回し入れます。弱火で煮詰め、
  照りが出てきたら火を止めます。
刺身ブリの胡麻照り焼き 調理⑤ 刺身ブリの胡麻照り焼き 調理⑥
6.お好みの付け合せ野菜と一緒に器に盛り付け、照り焼きダレをかけて出来
  上がりです。

刺身ブリの胡麻照り焼き 拡大
刺身ブリの胡麻照り焼きが出来上がりました~。刺身用のブリは生臭みがしないので、下ごしらえの塩をふったりせず、そのまま焼き上げました。胡麻をすって、照り焼きダレを作ればあとはカンタンに一品出来上がりますよ~♪

刺身ブリの胡麻照り焼き B
照り焼きダレにすり胡麻を加えるだけで、香りとコクがプラスされて身体にも優しい一品に仕上がります。いつもとひと味違うブリの美味しさが楽しめます。ブリのふっくらとした食感、脂ののったうま味を味わってみて下さいね~♪

副菜の一品目は「牛こまとごぼうのしぐれ煮」です。
牛こましぐれ煮 大

【材料(二人分)】
・牛こま(牛細切れ肉)120~150gぐらい  ・ごぼう1/3本  ・生姜1片(15g位)
・お好みできぬさや2~3枚
牛こましぐれ煮 材料① 牛こましぐれ煮 材料②
<牛こまとごぼうのしぐれ煮 お出汁と調味料>
・お出汁大さじ5  ・砂糖大さじ2  ・醤油大さじ2  ・酒大さじ2  ・みりん大さじ1

【下準備】
1.牛こまはひと口ぐらいの食べやすい大きさに切ります。
2.ごぼうは洗って泥を落とし、包丁の背で皮をこそげてから、少し厚めの斜め切り
  にして、酢水にさらします。
3.生姜は皮をむいて千切りにし、水にさらして水気を切ります。

【作り方】
1.鍋に<牛こまとごぼうのしぐれ煮 お出汁と調味料>を入れて火にかけ、煮立てば
  ごぼうを入れて柔らかくなるまで煮ます。
2.牛こまと生姜の千切りを加えます。
3.煮汁がほぼ無くなり、全体に味がしみたら火を止めます。
  器に盛りつけ、お好みで下ゆでしたたきぬさやの細切りをちらして出来上がりです。
  味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

牛こましぐれ煮 B
牛こまとごぼうのしぐれ煮が出来上がりました~。牛ここまのうま味がしみた柔らかいごぼうがたまりません~♪生姜の香りが漂い、食欲をそそりますよ~。甘辛い味付けはご飯の友、お酒の肴としておすすめです。

もう一品は「焼きねぎといんげんのしょうがポン酢<さわやか風味>」です。
焼きねぎいんげん 大
長ねぎを香ばしく焼くと、甘みが一段と強くなりますよね。フライパンで長ねぎを焼いて甘みを引き出し、いんげんと一緒にしょうがポン酢をかけていただきました。ポン酢におろししょうがと胡麻油を少し加え、さわやかな味わいと胡麻の風味を合わせました。さっぱりしたいんげんの甘みも味わえます。風邪予防にもなるヘルシーなねぎの美味しさを味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・長ねぎ1本  ・いんげん7~8本
焼きねぎいんげん 材料① 焼きねぎいんげん 材料②
<しょうがポン酢 調味料>
・ポン酢醤油大さじ2  ・胡麻油小さじ1 ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2

【作り方】
1.ボウルか器に<しょうがポン酢 調味料>を入れて混ぜます。
焼きねぎいんげん 調理① 焼きねぎいんげん 調理③
2.長ねぎは5~6㎝の長さに切ります。

3.いんげんは熱湯で下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。
焼きねぎいんげん 調理② 焼きねぎいんげん 調理④
4.フライパンに油を熱してねぎを入れ、中火で両面に焼き色をつけて火を通します。
  器にねぎ、水気を切ったいんげんを盛り付け、しょうがポン酢をかけて出来上がりです。

焼きねぎいんげん B
焼きねぎといんげんのしょうがポン酢が出来上がりました~。風味も良くて、甘くて柔らかいねぎといんげんの美味しさが楽しめます。トローとしたねぎの食感がたまりません~。ご飯にもお酒にも合いますよ~♪
ハウスおろし生しょうが 説明用写真
調味料として使ったハウス食品さんの「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:43  |  ブリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2016.11.18 (Fri)

ブリの唐揚げ<しょうが&胡麻油が香ります♪>

ブリの唐揚げ 大
ブリは刺身、煮物、焼き物など多彩な料理が楽しめますが、今回は唐揚げでいただきました~。塩をふってしばらく置いたブリに、おろししょうが、胡麻油などで下味をつけてカラッと揚げました。下ごしらえの塩と下味調味料がブリ独特の匂いを抑え、しっかりした味わいの唐揚げが出来上がります。これから旬を迎えるブリの美味しさを唐揚げでも召し上がってみて下さいね~♪おすすめの一品です。

【材料(三人分)】
・ブリの切り身3切れ ・塩(下ごしらえ用)ほんの少々 ・お好みの付け合わせ野菜
ブリの唐揚げ 材料 ブリの唐揚げ 調味料① ブリの唐揚げ 調味料②
<ブリの唐揚げ 下味調味料>
・胡麻油小さじ1  酒大さじ1  ・醤油大さじ1と1/2  ・片栗粉大さじ3
・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2

【作り方】
1.ブリの両面に塩少々をふって、20~30分ほどおきます。塩をふることでブリの
  生臭みが抑えられ、余分な水気が出て下味調味料がのりやすくなります。
ブリの唐揚げ 調理① ブリの唐揚げ 調理②
2.キッチンペパーでブリの塩と水気をふき取り、ひと口大に切ってボウルに入れます。

3.<ブリの唐揚げ 下味調味料>を加えます。お好みでおろしにんにくを加えてもOKです。
ブリの唐揚げ 調理③ ブリの唐揚げ 調理④
4.全体を混ぜ合わせ、15~20分ぐらい置いて下味をなじませます。

5.170度位の油温でカラッと揚げて火を通し、揚げたら油をしっかり切ります。
ブリの唐揚げ 調理⑤ ブリの唐揚げ 調理⑥
6.付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。お好みでレモンを添えて
  いただきます。

ブリの唐揚げ 拡大
うま味たっぷり、香ばしいブリの唐揚げが出来上がりました~。胡麻油とおろししょうがの風味がきいて、ブリ(青魚固有)の匂いも気になりません。ご飯にもお酒にもぴったりでお箸が進みますよ~♪

ブリの唐揚げ B
外はカリッカリッと香ばしく、中の身がジューシーなブリの唐揚げです。ねりスパイスを使うとカンタン、時短で下味がつけられます。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすすめです~♪
ハウスおろし生しょうが 説明用写真
下味に使ったハウス食品さんの「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

副菜の一品目は「厚揚げと小松菜の煮物<カンタン、超速>」です。
小松菜厚揚げ 大

【材料(二人分)】
・厚揚げ1/2個  ・小松菜1/2パックぐらい
小松菜厚揚げ 材料② 小松菜厚揚げ 材料①
<厚揚げと小松菜の煮物 お出汁と調味料>
・お出汁300㏄ ・酒大さじ1 ・みりん小さじ2 ・砂糖小さじ2 ・薄口醤油大さじ1

【下準備】
1.小松菜は水で洗ってから、食べやすい長さに切ります。根元の部分に泥が付いて
  いる場合があるので、しっかり洗います。
2.厚揚げはひと口ぐらいに切ります。

【作り方】
1.鍋に<厚揚げと小松菜の煮物 お出汁と調味料>を入れて中火で煮立て、
  煮立てば厚揚げを入れて煮ます。
2.厚揚げに火が通れば小松菜を加えて5~6分ほど煮ます。全体に味がしみ
  たら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
  薄味なのでお好みに合わせて味を調えて下さい。

小松菜厚揚げ B
クセがなく、さっぱりした小松菜に厚揚げのうま味がしみた煮物が出来上がりました~。アク抜き不要の小松菜は調理しやすい青菜です。カンタンで、しかも超速でに出来るのがうれしいですよね。おすすめの副菜を味わってみて下さいね~♪

もう一品は「えのき茸のおろししょうがポン酢<さわやか~♪>」です。
しょうがえのき 大
身近な茸(きのこ)の代表:えのき茸を使ってカンタンに出来る副菜のご紹介です。ツルンとした食感と独特の香りが楽しめるえのき茸をさっと下ゆでし、大根おろし、ポン酢、おろししょうがで和えました。えのき茸にさわやかな風味の調味料と大根おろしが合わさってお箸も進みます~。えのき茸はレンジで調理してもOKです。しょうがの香りをきかせるとさっぱりして美味しいですよ~♪

【材料(二人分)】
・えのき茸(小)1パック  ・大根おろし大さじ5~6ぐらい
しょうがえのき 材料 しょうがえのき 調味料
<えのき茸のおろししょうがポン酢 調味料>
・ポン酢醤油適量  ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2

【下準備】
ボウルか器にポン酢、おろししょうがを入れて混ぜます。

【作り方】
1.えのき茸の根元の石づきを切り落とし、横半分に切ります。
しょうがえのき 調理① しょうがえのき 調理②
2.えのき茸を熱湯でさっとゆでてサルにあげ、粗熱を取ります。レンジ調理の場合は
  耐熱皿に入れてラップをかけ、2分から2分30秒ぐらい加熱します。

3.大根おろしを用意します。
しょうがえのき 調理③ しょうがえのき 調理④
4.ボウルにえのき茸、大根おろしを入れ、しょうがポン酢を加えて混ぜます。
  器に盛り付けて出来上がりです。

しょうがえのき B
えのき茸のおろししょうがポン酢が出来上がりました~。ポン酢だけでも美味しく召し上がれますが、しょうがの風味をきかせるとさわやかさがぐっとアップします。カンタン、時短て副菜が一品作れますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  ブリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)

2016.10.16 (Sun)

柚子こしょうブリアラ大根<深みのある味わい>

柚子こしょうブリアラ大根 大
秋らしさとともに大根が美味しくなってきましたね。家庭料理の秋冬定番の煮物、ブリアラ大根の仕上げに柚子こしょうを加え、ほど良い辛味をきかせた煮物を作りました。ブリのうま味がじんわりしみたトローとした大根に柚子こしょうの風味が加わり、お箸も進みます~。あめ色に輝く柔らかい大根、ご飯にもお酒にもぴったりの煮物が出来上がりました~♪ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね。

【材料(三~四人分)】
・ブリ(鰤)アラ適量  ・大根15cm位  ・お好みでいんげん5~6本
・柚子こしょう(今回はハウス本きざみ粗切り柚子こしょうを使用)
柚子こしょうブリアラ大根 材料① 柚子こしょうブリアラ大根 材料②
<ブリアラ大根 煮汁>
・水500cc  ・酒75㏄  ・砂糖大さじ2  ・みりん大さじ2  ・醤油大さじ2と1/2

【作り方】
1.ブリのアラに塩(分量外)を適量ふり、10分ほど置いて冷水で塩を洗い流し、水気
  をふきます。塩をふることでブリの生臭みを含む水気が出てうま味が凝縮し、味が
  しみ込みやすくなります。続いて鍋に熱湯を沸かし、ブリを入れて熱湯をくぐらせて
  冷水に取り、うろこ、ぬめり、血合いを洗い落とします。
柚子こしょうブリアラ大根 調理① 柚子こしょうブリアラ大根 調理②
2.大根は皮をむき、乱切り、半月、丸などお好みの形に切ります。鍋に米のとぎ汁
  (またはお米をお茶パックに入れて)で、10分位下ゆでして水で洗います。

3.鍋に<ブリアラ大根 煮汁>を入れて煮立て、煮立てば弱火にして大根、ブリを
  入れて煮ます。
柚子こしょうブリアラ大根 調理③柚子こしょうブリアラ大根 調理④
4.味がしみ込むまでクッキングシートの落し蓋をして煮ます。

5.全体に味がしみ込んできたら、仕上げにお好みの量の柚子こしょうを加えてさっと
  煮ます。長く煮ると柚子こしょうの風味が飛んでしまうので2~3分でOKです。

柚子こしょうブリアラ大根 調理⑤ 柚子こしょうブリアラ大根 調理⑥
6.煮汁を全体に回しかけて火を止めます。器に盛り付け、お好みで下ゆでしたいんげん
  を添えて出来上がりです。味付けは薄味ですので、お好みで調えて下さい。

柚子こしょうブリアラ大根 拡大
柚子こしょうの風味をきかせたブリアラ大根が出来上がりました~♪照り照りになるまでじっくり煮込んだ大根、ホロっとしたブリの身がたまりません~。身体も温まる煮物、ほっこりしますよ~♪

柚子こしょうブリアラ大根 B
今回使ったブリのアラは骨付きではありませんが、しっかり下ごしらえしたブリアラと柔らかい大根の相性は抜群です。一日置くとうま味がさらにしみて、美味しいブリアラ大根を召し上がれますよ~♪
ハウス本きざみ粗切り柚子こしょう 説明用写真
味付けに使ったハウス本きざみ粗切り柚子こしょうは粗くきざんだ、黄柚子皮の食感と香り立ち、すりおろし青唐辛子の辛さが楽しめます。塩味ひかえめなので、たっぷりとのせて食べられます。無着色です。

副菜の一品目は「ほうれん草とおじゃこのおひたし」です。
ほうれん草おじゃこ 大
【材料(二人分)】
・ほうれん草1/2束  ・おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ1位

<ほうれん草とおじゃこのおひたし 調味料>
・お出汁大さじ1  ・薄口醤油大さじ1/2  ・みりん大さじ1/2  ・塩ほんの少々

【作り方】
1.ほうれん草は塩(分量外)を加えた熱湯でさっと茹でて冷水にとり、水気を切って
  食べやすい長さ切ります。
2.おじゃこはザル等に入れ、熱湯をかけて塩抜きをします。
3.ボウルにほうれん草、おじゃこ、<おひたし 調味料>を入れてよく和え、器に
  盛り付けて出来上がりです。

ほうれん草おじゃこ B
カルシウム補給にもお奨めのおじゃこ(ちりめんじゃこ)と、ヘルシーな青菜のほうれん草で、さっぱり感が楽しめる副菜になりました~♪

もう一品は「タコとキャベツのお好みソース炒め<紅生姜添え>」です。
タコとキャベツのお好みソース炒め 大
身近な食材と調味料で作る、超速・超カンタン料理のご紹介です。今回はタコとキャベツの炒め物を作りました。うま味と歯ざわりが美味しいタコ、タコと相性の良いキャベツが主役です。味付けはこれまたタコとキャベツとの相性がバッチリのお好み焼き用のソースです(笑) 具材を炒めてソースで味を調えるだけですが、しっかりした味わいに仕上がります。紅生姜を添えると彩りも良くてお箸が進みますよ~♪

【材料(一人分)】
・タコの足2本ぐらい  ・キャベツ適量  ・お好みで紅生姜適量
タコとキャベツのお好みソース炒め 材料 タコとキャベツのお好みソース炒め 調味料
<タコとキャベツのお好みソース炒め 調味料>
・お好み焼き用のソース適量

【作り方】
1.タコはひと口ぐらいに切ります。キャベツはザク切りにします。
タコとキャベツのお好みソース炒め 調理①タコとキャベツのお好みソース炒め 調理②
2.フライパンに油を熱し、キャベツを入れてさっと炒めます。

3.続いてタコを加えてさっと炒め合わせます。
タコとキャベツのお好みソース炒め 調理③タコとキャベツのお好みソース炒め 調理④
4.具材に油がなじんだら、お好み焼き用のソースを加えて味を調えます。さっと
  炒めて火を止め器に盛り付け、お好みで紅生姜を添えて出来上がりです。
  タコは炒めすぎると固くなるので気をつけて下さい。

タコとキャベツのお好みソース炒め B
タコとキャベツのお好みソース炒めが出来上がりました~。噛むほどにうま味を感じさせるタコ、甘みのあるキャベツでお箸も進みます。ご飯にもお酒にもぴったりの一品、一度試してみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:50  |  ブリ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)
 | ホーム |  NEXT>>