2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2017.04.12 (Wed)

タラの磯辺揚げ<甘塩タラでカンタン>

タラの磯辺揚げ B
さっぱりした白身魚のタラ(鱈)を使った揚げ物のご紹介です。今回は衣に青海苔を加えた磯辺揚げを作りました。甘塩のタラ、市販の天ぷら粉を使うと超カンタンに出来ます。甘塩タラはほど良い塩分があるので、下味も不要です。淡白な身に、ほんのり磯の香りがして風味豊かな味わいが楽しめます。お酒にも合いますし、お弁当のおかずにもピッタリです。お箸の進む一品が出来上がりました~♪

材料(二人分)】
・甘塩のタラ切り身2~3枚  ・青海苔適量  ・天ぷら粉適量
・お好みの付け合わせ野菜  ・お好みでカットレモン2個
タラの磯辺揚げ 材料① タラの磯辺揚げ 材料②

【作り方】
1.タラの表面の水気をキッチンペーパーでふき取り、ひと口大に切ります。
タラの磯辺揚げ 調理① タラの磯辺揚げ 調理②
2.市販の天ぷら粉に、水を規定量入れて溶きます。衣に青海苔を加えて混ぜます。

3.タラを入れて衣をくぐらせます。
タラの磯辺揚げ 調理③ タラの磯辺揚げ 調理④
4.170度ぐらいの油温でカラッと揚げて油を切ります。付け合わせ野菜と一緒に器に
  盛り付けて出来上がりです。お好みでカットレモンを添えます。

タラの磯辺揚げ 大
タラの磯辺揚げが出来上がりました~。ヘルシーなタラのうま味、カラッと揚がった食感と磯の風味がたまりません~。調理の手数も少なく、時間もかかりません。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:51  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.02.15 (Wed)

タラのピリッと七味照り焼き<ご飯にぴったり>

タラのピリ辛テリヤキ 大
旬の甘塩タラ(鱈)を使った照り焼きのご紹介です~。タレは甘辛の定番調味料「照り焼きダレ」にほど良い辛みと香りが楽しめる「七味唐辛子」を加えました。食べやすくひと口大に切ったタラに胡椒と小麦粉をふり、フライパンで焼いてタレをからめるだけの超速料理です。さっぱりした味のタラにちょっとピリ辛なタレがしっかりからんで、白ご飯にぴったりのおかずが出来上がりました~♪

【材料 (二人分)】
・甘塩たら(鱈)切り身2切れ ・胡椒、小麦粉適量  ・お好みの付け合せ野菜
タラのピリ辛テリヤキ 材料 タラのピリ辛テリヤキ 調味料
<ピリッと七味照り焼き タレ調味料>
・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
・ハウス香り七味(七味唐辛子)適量

【下準備】
1.器かボウルに<ピリッと七味照り焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。
2.タラ(鱈)はさっと洗って水気をキッチンペーパーでしっかりふき取ります。

【作り方】
1.タラ(鱈)は食べやすいひと口大に切ります。
タラのピリ辛テリヤキ 調理① タラのピリ辛テリヤキ 調理②
2.胡椒、小麦粉をふり、余分な小麦粉をはたきます。生のタラを使う場合は
  塩を適量ふって下さい。

3.フライパンに油を熱し、たら(鱈)の皮目を下にして入れ、焼き色がついたら
  返して両面を焼き、中まで火を通します。
タラのピリ辛テリヤキ 調理③ タラのピリ辛テリヤキ 調理④
4.<ピリッと七味照り焼き タレ調味料>を加えてからめるように煮詰めます。
  照りと濃度が出てきたら火を止めます。付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付
  け、フライパンに残るタレをかけて出来上がりです。

  ピリ辛さは七味の量で調えて下さい。

タラのピリ辛テリヤキ 拡大
醤油ベースのタレに香り七味のピリ辛さを加えたタラの照り焼きが出来上がりました~。淡白なタラの味わいがしっかり際立つ一品です。ご飯のおかずにはもうピッタリで、お箸も進みますよ~♪

タラのピリ辛テリヤキ B
タラの切り身を使えばカンタンに出来るのでおすすめです。甘塩でも、また生のタラでもOKです。身近な食材と調味料で旬の味わいが楽しめます。しっかりした味付けなので、お弁当のおかずにも使えますよ~♪
ハウス香り七味 説明用写真
ハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

副菜の一品目は「春色♪スナップエンドウ入りのポテトサラダ」です。
ポテトサラダ 大

【材料(二人分)】
・じゃがいも2個 ・スナップエンドウ6個 ・きゅうり5cm ・にんじん2cm
・玉ねぎ1/8個 ・お好みでGABANパプリカ適量

<ポテトサラダ ねりからしドレッシング>
・ねりからし小さじ1/2  ・オリーブオイル大さじ1/2  ・酢大さじ1/2
・塩、胡椒適量 ・マヨネーズ大さじ3

ポテトサラダ B
いつものポテトサラダに旬のスナップエンドウを加えました。春色の淡い緑で食欲をそそるサラダです。甘みと優しい食感が楽しめます。相性も良くてお箸(フォーク)が進みますよ~♪一度味わってみて下さいね。
GABANパプリカ 説明用写真
サラダにふったGABANパプリカ<パウダー>は辛味がほとんどなく、やや甘酸っぱい香りとほのかな苦みが特徴です。鮮やかな赤色はグラタンやポテトサラダなどの彩りアクセントになります。パプリカの色素は油溶性なので、油を使う料理に加えると色が鮮やかに出ます。

もう一品は「ちくわボート<明太マヨのせグリル>」です。
ちくわ明太マヨ 大
ちくわを縦に切り開き、お好みの具材を 乗せるだけで作れるちくわボートは人気がありますよね。今回はピリッとした辛味が美味しい明太子にマヨネーズを加えた「明太マヨ」を乗せ、レンジグリルでさっと焼き上げました。お酒の肴(おつまみ)、お弁当のおかずにぴったりの一品です。カンタンに出来てうま味もたっぷり♪ 忙しい時もチャチャッと出来上がりますよ~。

【材料(二人分)】
・ちくわ(竹輪)2本  ・お好みの付け合わせ野菜
ちくわ明太 材料① ちくわ明太 材料②
<明太マヨ 材料と調味料>
・明太子大さじ1と1/2  ・マヨネーズ大さじ1と1/2

【作り方】
1.明太子は薄皮に切り込みを入れ、中身だけ取り出して器に入れます。
ちくわ明太 調理① ちくわ明太 調理②
2.マヨネーズを加えて混ぜます。

3.ちくわは横半分に切り、さらに縦半分に切ります。 耐熱板にクッキングシートを敷き、
  ちくわを置いて明太マヨをのせます。
ちくわ明太 調理③ ちくわ明太 調理④
4.レンジグリル、またはオープントースターで軽く焼き色をつけて出来上がりです。

ちくわ明太マヨ B
明太マヨをのせたちくわボートが出来上がりました~。つぶつぶした食感と辛みがちくわと合わさってうま味たっぷりです。冷めても美味しく召し上がれるのでお弁当のおかずにもおすすめです。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:12  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)

2017.01.19 (Thu)

タラの西京焼き<うま味ぎっしり>

タラの西京味噌漬け 大
旬のタラ(鱈)を甘みのある西京味噌に漬け込み、レンジグリルで焼き上げました~。味噌床に漬け込むことでタラの余分な水気が抜け落ち、さっぱりしたタラのうま味だけがぎっしり詰まった焼き物に仕上がります。西京味噌の優しい風味がしみた味わいはもう白ご飯にぴったりで、お箸が進みます。おうちでカンタンに作れる西京焼き、ぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

【材料(三人分)】
・甘塩タラ(鱈)の切り身3枚  ・酒大さじ1
タラの西京味噌漬け 材料 タラの西京味噌漬け 調味料
<西京焼き 味噌床 調味料>
・西京味噌(白味噌)150g  みりん大さじ2

【下準備】
1.ボウルに、<西京焼き 味噌床 調味料>を入れて良く混ぜ合わせます。
タラの西京味噌漬け 調理① タラの西京味噌漬け 調理②
2.水気をふいたタラに酒をふり、5分ほど置いてキッチンペーパーで両面をふいて、
  臭みを取ります。

3.タッパーに<西京焼き 味噌床 調味料>を1/3ほど入れて広げます。その上に
  タラを並べて入れます。さらに上から<味噌床 調味料>の残りを塗り、タッパー
  の蓋をして冷蔵庫で1~2日ほど寝かせます。
タラの西京味噌漬け 調理③ タラの西京味噌漬け 調理④
4.焼き上げる際は両面の味噌をキッチンペーパーでキレイにふき取ります。

5.フライパン、魚焼きグリル、レンジグリル等で焼き上げます。今回はレンジグリル
  で身側から焼き、裏返して皮面を焼きました。
タラの西京味噌漬け 調理⑤ タラの西京味噌漬け 調理⑥
6.お好みの野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。タラは常温に戻してから焼くと
  火を通しやすくなります。

  西京味噌(白味噌)の代わりに合わせ味噌でも作れます。
  その際は味噌4 : 酒1 : 砂糖1 の重量比率で味噌床を作って下さい。

タラの西京味噌漬け 拡大
西京味噌のほど良い香りがほんのり漂う、タラの西京焼きが出来上がりました~。甘みのある焼き物は白ご飯のおかず、お酒の肴、お弁当のおかずにぴったりです。うま味の凝縮したタラが味わえますよ~♪

タラの西京味噌漬け B
繊細な味わいの西京味噌はタラ以外の焼き物にもアレンジできます。さわら、鮭、ブリ、豚ロース肉、鶏肉などなど、お好みの食材を漬け込んで試してみて下さいね~♪お店の味が楽しめますよ~。

副菜の一品目は「白菜とツナのしっとり煮<お揚げもプラス>」です。
白菜ツナお揚げ 大

【材料(二人分)】
・白菜1/8株ぐらい  ・ツナ(シーチキン)缶1缶  ・お揚げ(油揚げ)1枚
白菜ツナお揚げ 材料① 白菜ツナお揚げ 材料②
<白菜とツナのしっとり煮 お出汁と調味料>
・お出汁300㏄  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1/2
・薄口醤油大さじ1  ・塩ほんの少々

【下準備】
1.白菜は食べやすい大きさに切ります。
2.お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。

【作り方】
1.鍋に<白菜とツナのしっとり煮 お出汁と調味料>を入れて煮立てます。
2.白菜の芯に近い部分を入れて柔らかくなるまで煮ます。
3.油を切ったツナ、お揚げ。白菜の葉を加えて煮ます。お出汁と調味料の味が
  全体になじんだら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

白菜ツナお揚げ B
白菜、ツナ、お揚げのしっとり煮が出来上がりました~。トローと柔らかくなるまで煮た白菜にツナとお揚げのうま味がしみてさっぱりした味わいに煮上がります。優しい味わいをぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

もう一品は「スナップエンドウとエリンギの炒め物」です。
スナップエンドウ 大
アメリカ生まれでグリーンピースの改良品種「スナップエンドウ」が店頭に並び始めましたね。本日は春野菜のスナップエンドウ、エリンギ、ソーセージをさっと炒めて、塩とホワイトペバーで味付けをしたシンプルな炒め物のご紹介です。甘みがあり、パリッとした食感が美味しいスナップエンドウ、歯ざわり抜群のエリンギとの相性も良く、彩り良く仕上がる炒め物、おすすめです~♪

【材料(二人分)】
・スナップエンドウ8~10個  ・エリンギ(中)2本  ・お好みのソーセージ適量

<スナップエンドウとエリンギの炒め物 調味料>
・塩適量  ・・GABANホワイトペパー<パウダー>適量

【作り方】
1.ソーセージとエリンギは食べやすい大きさに切ります。筋を取ったスナップエンドウ
  を下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って斜め半分に切ります。
スナップエンドウ 調理① スナップエンドウ 調理②
2.フライパンに油を熱し、中火でエリンギを炒めて火を通します。

3.ソーセージを加えてさっと炒め合わせます。
スナップエンドウ 調理③ スナップエンドウ 調理④
4.スナップエンドウを加え、塩、ホワイトペパー(胡椒)で味を調えます。
  ペパーの味がなじめば火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
  ソーセージの代わりにハム、ベーコンでも美味しく召し上がれます。

スナップエンドウ B
甘みと食感が味わえるスナップエンドウとエリンギの炒め物が出来上がりました~。具材それぞれの美味しさがしっかり味わえて彩りもキレイに仕上がる一品です。ご飯にもお酒にもピッタリ合う副菜、ぜひぜひ味わってみて下さいね~♪
GABANホワイトペバー 説明用写真
GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:09  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2017.01.07 (Sat)

タラのイタリアンハーブグリル<簡単・ラクラク>

タラのイタリアンハーブグリル 大
白身魚のタラ(鱈)を使った料理のご紹介です~。今回は手間がかからないよう、レンジグリルで調理しました。味付けはこれ一本でイタリアンの味付けが決まる香りソルト<イタリアンハープミックス>です。水気をふいたタラにオリーブオイルとイタリアンハーブミックスをふり、あとはレンジグリルで両面を焼くだけ♪ しっとりとしたジューシーな身とハーブの風味がたまりません~。

【材料(二人分)】
・甘塩のタラの切り身2枚 ・お好みの付け合せ野菜
タラのイタリアンハーブグリル 材料 ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>説明用写真
<イタリアンハーブグリル 調味料>
・ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>適量  ・オリーブオイル大さじ1

【作り方】
1.タラはキッチンペーパーで水気をしっかりふき取ります。レンジグリル用の耐熱板に
  クッキングシートを敷き、タラを置いてオリーブオイルをかけ、香りソルト<イタリアン
  ハーブミックス>をふります。
タラのイタリアンハーブグリル 調理① タラのイタリアンハーブグリル 調理②
2.レンジグリルに入れて片面を8分ぐらい焼きます。

3.一旦取り出し、裏返してもう7~8分ほど焼きます。
タラのイタリアンハーブグリル 調理③ タラのイタリアンハーブグリル 調理④
4.付け合わせ野菜を盛り付けた器に盛り付けて出来上がりです。お好みで
  ドライパセリ(GABANパセリ<缶>)をふって下さい。
  レンジグリルの焼成時間は個数、厚さ等で調整して下さい。

タラのイタリアンハーブグリル 拡大
さっぱりしたタラのイタリアンハーブグリルが出来上がりました~。オリーブオイルのコク、イタリアンハーブミックスのスパイスの風味がしっかりきいた一品です♪今回は甘塩のタラを使いましたが、生のタラを使う場合は軽く塩をふって下味をつけて下さいね。

タラのイタリアンハーブグリル B
レンジグリルだけの調理なので、簡単、ラクラクでメインの料理が出来上がります。旬のタラのさっぱりしたうま味がおすすめです。材料は一つ、調味料はオイルを含めて二つだけ♪ ぜひぜひ、ヘルシーなタラをイタリアン風味で味わってみて下さいね~♪

味付けに使ったハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>はイタリア料理によく使われる、オレガノ、バジル、セージなどのハーブ、さらに塩とブラックペパーをバランスよくブレンド。1本でイタリアンな風味になるのでとても便利です。サラダ、チキンソテー、パスタなどにおすすめです。
ハウス香りソルト<イタリアンハーブミックス>説明用写真 GABANパセリ<缶>説明用写真
仕上げにふったGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

副菜の一品目は「鶏皮のマヨポンサラダ<パリパリ♪>」です。
鶏皮マヨポン 大
【材料(二人分位)】
・鶏皮3~4枚  ・きゅうり5cmぐらい  ・にんじん3cmぐらい

<鶏皮のマヨポンサラダ ドレッシング調味料>
・ポン酢醤油大さじ1  ・マヨネーズ大さじ2

【下準備】
1.きゅうりは縦半分に切って斜め切りにします。
2.にんじんは拍子切りにして熱湯でさっと下ゆでしてザルに上げ、粗熱を取ります。

【作り方】
1.フライパンに油は入れず鶏皮を入れ、中火で炒めます。自然に鶏皮から脂が出て
  きます。キッチンペーパーで脂を取り除きながらパリパリになるまで炒め揚げます。
鶏皮 調理① 鶏皮 調理②
2.ボウルに食べやすい大きさにに切った鶏皮、きゅうり、にんじんを入れます。

3.マヨネーズ、ポン酢醤油を加えて混ぜます。
鶏皮 調理③ 鶏皮 調理④
4.器に盛り付けて出来上がりです。

鶏皮マヨポン B
鶏皮のパリパリ感が味わえる一品が出来上がりました~。マヨポンのコクとさわやかさが鶏皮にぴったりです。コラーゲンもたっぷり摂れて、お箸が進みますよ~!お酒の肴としてもおすすめです♪

もう一品は「豆腐のソースチーズ焼き<野菜のうま味>」です。
豆腐のソースチーズ焼き 大
身近な食材の豆腐を使ったチーズ焼きのご紹介です~。豆腐と言えば醤油系を連想してしまいますが、野菜のうま味がぎっしり詰まったソースとの相性もバッチリです。レンジで水切りを行った豆腐にオリーブオイル、ソース(ウスター、中濃、とんかつ)をかけ、溶けるチーズをのせて焼き上げるだけのラクラク調理の一品です。淡白な豆腐をソースのコクが引き立ててくれますよ~♪

【材料(二人分)】
・豆腐(絹ごし、または木綿)1丁(350gぐらい)  ・溶けるチーズ適量
・お好みでドライパセリのみじん切り適量
豆腐のソースチーズ焼き 材料 豆腐のソースチーズ焼き 調味料
<味付け調味料>
・お好みのソース(ウスター、中濃、とんかつ)適量  ・オリーブオイル適量

【作り方】
1.キッチンペーパーで豆腐全体を包み、600Wの電子レンジに2分30秒入れて加熱し、
  粗熱が取れたら水気を切ります。豆腐一丁を半分に切ります。
豆腐のソースチーズ焼き 調理① 豆腐のソースチーズ焼き 調理②
2.豆腐一丁を半分に切り、さらにひと口大ぐらいの食べやすい大きさに切って耐熱皿
  に入れます。豆腐にソース、オリーブオイルをかけ、溶けるチーズを上にのせます。

3.レンジグリル、またはオープントースター、オープンでチーズに焼き色をつけます。
豆腐のソースチーズ焼き 調理③ 豆腐のソースチーズ焼き 調理④
4.器具から取出し、お好みでドライパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

豆腐のソースチーズ焼き B
熱々の豆腐のソースチーズ焼きが出来上がりました~。優しい味わいの豆腐にソースのコク、チーズのうま味、オイルの風味が合わさり、淡白な豆腐の美味しさを引き立ててくれます。ソースとチーズの組み合わせは小さなお子様にも喜ばれる一品です。一度ソースで味わってみて下さいね~。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:11  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)

2016.12.21 (Wed)

タラの漬けダレ焼き<山椒照り焼き風味>

タラ漬けダレ焼き 大
旬のさっぱりしたタラ(鱈)の切り身を照り焼きダレに30分ほど漬け込み、レンジグリルで焼き上げました。漬け込みに使った照り焼きダレはフライパンで煮つめ、仕上げに粉山椒を加えて風味付けしています。タレに漬け込むことで香ばしく焼き上がり、タレもそのまま使うので美味しさが引き立ちます。ほど良い山椒の香りが味わえるタラの漬け焼き、一度味わってみて下さいね~♪

【材料 (二人分)】
・甘塩の鱈(タラ)切り身2切れ ・お好みで付け合せの野菜 ・粉山椒適量
タラ漬けダレ焼き 材料 タラ漬けダレ焼き 調味料
<漬け込み用の照り焼きダレ>
・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2 ・みりん大さじ1 ・砂糖小さじ2

【下準備】
1.タラの切り身はキッチンペーパーで水気をふきとります。
2.器かボウルに<漬け込み用の照り焼きダレ>を入れて混ぜます。

【作り方】
1.バットに漬け込み用のタレを入れ、タラを入れます。途中で裏返し、計30分ぐらい
  漬け込みます。
タラ漬けダレ焼き 調理① タラ漬けダレ焼き 調理②
2.耐熱板にクッキングシートを敷き、タラの汁気を切って並べ、レンジグリル、または
  オーブントースターて両面を焼いて火を通し、付け合わせ野菜と一緒に盛り付けます。

3.フライパンに漬け込んだタレを入れて煮つめ、照りを出します。
タラ漬けダレ焼き 調理③ タラ漬けダレ焼き 調理④
4.仕上げに粉山椒を加え、さっと混ぜて火を止めます。タラにタレをかけて出来上がりです。
  生のタラを使う場合、下味として塩を少々加えてから漬け込んで下さい。

タラ漬けダレ焼き B
山椒の風味をきかせたタラの漬けダレ焼きが出来上がりました~。甘辛のタレがしみた香ばしいタラ、もう絶妙の味わいです。調理自体はカンタンなので、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:25  |   |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>