2017-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

2017.02.01 (Wed)

揚げサバの甘辛煮<青魚克服レシピ>

サバの唐揚げ甘辛煮 大
脂がのった旬の真サバ(寒サバ)を使った料理のご紹介です。ひと口大に切ったサバにしっかり下味をつけ、カラッと揚げてから甘辛調味料で煮ます。下味をつけることと、煮汁に生姜のスライスを加えることで青魚特有の匂いを抑えることが出来ます。下味に片栗粉を加えると皮はしっとりした食感、身はジューシーな食感に煮上がります。青魚が苦手な方にも超おすすめの一品です~♪

【材料(二人分)】
・真サバ1/2尾  ・塩適量  ・生姜の薄切り6枚  ・お好みの青み適量
サバの唐揚げ甘辛煮 材料 サバの唐揚げ甘辛煮 調味料
<サバの下味調味料>
・酒小さじ2  ・醤油小さじ2  ・片栗粉大さじ2
・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

<揚げサバの甘辛煮 お出汁と調味料>
・お出汁200cc ・醤油大さじ2 ・砂糖大さじ1 ・酒大さじ2 ・みりん大さじ2

【下準備】
1.三枚におろしたサバの中骨、小骨を抜き取り、塩をふって10分ほど置き、キッチン
  ペーパーで塩気と水気をふき取ります。塩をふることで臭みを抑えられます。
サバの唐揚げ甘柄煮 【下準備】① サバの唐揚げ甘辛煮 【下準備】②
2.生姜は薄切りにします。お好みの青みを用意します。

【作り方】
1.サバは身側から包丁を入れ、7~8等分のひと口大に切ってボウルに入れます。
サバの唐揚げ甘辛煮 調理① サバの唐揚げ甘辛煮 調理②
2.<サバの下味調味料>で下味をつけ、15分ぐらい置きます。

3.下味をつけたサバを170度位の油温でカラッと揚げて火を通します。
サバの唐揚げ甘辛煮 調理③ サバの唐揚げ甘辛煮 調理④
4.揚げたら油をしっかり切ります。

5.鍋に<揚げサバの甘辛煮 お出汁と調味料>を入れて煮立て、揚げたサバと
  薄切りにした生姜を入れて煮ます。
サバの唐揚げ甘辛煮 調理⑤ サバの唐揚げ甘辛煮 調理⑥
6.10分位煮込んで、全体に照りが出てきたら火を止めます。器に盛り付け、煮汁
  を少しかけます。お好みの青みを添えて出来上がりです。
  味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

サバの唐揚げ甘辛煮 拡大
下ごしらえの塩、下味のしょうが、煮汁の薄切り生姜で臭みを抑えた揚げサバの甘辛煮が出来上がりました~。サバに甘辛調味料の煮汁がからみ、皮はしっとり、身はジューシーな味わいです。ご飯にぴったりの旬のサバ料理、おすすめです~♪

サバの唐揚げ甘辛煮 B
息子が小学生の頃、青魚が大の苦手でしたが、初めてサバを食べることの出来た料理です。揚げて煮るという手間がかかりますが、臭みが抑えられ、うま味だけをしっかり味わえます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪
ハウスおろし生しょうが 説明用写真
下味に使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。

汁物は「豆腐と白菜の芯のお味噌汁<際立つ甘み>」です。
味噌汁 大

【材料(二人分)】
・豆腐1/2丁  ・白菜の芯の部分1/4株ぐらい  ・お好みで青ねぎの斜め切り適量
・味噌大さじ2~3ぐらい   ・お出汁500cc
味噌汁 材料② 味噌汁 材料①
【作り方】
1.豆腐を食べやすい大きさの角切り、白菜の芯は5mm幅ぐらいの細切りにします。
2.鍋にお出汁を入れて中火にかけます。煮立てば豆腐と白菜の芯を加えて煮ます。
3.おたまに味噌を入れ、煮汁で溶き伸ばしながら加えます。ひと煮立ちさせて火を止
  め、器に注ぎます。お好みで青ねぎを添えて出来上がりです。
  味噌の量はお好みで加減して下さい。

味噌汁 B
煮ると甘みが際立つ白菜の芯の部分を使ったお味噌汁が出来上がりました~。優しい食感の豆腐との相性のバッチリです。白菜の芯が余っていたら、ぜひぜひお味噌汁で召し上がってみて下さいね~♪

副菜は「なばなとしらすのおひたし<春の味わい>」です。
なぱな 大
菜の花の仲間で、食用に品種改良された「なばな」を使って和え物を作りました。なばなは葉や茎にほのかな苦味があり、菜の花と同じ風味が味わえます。今回は優しい歯ざわりのしらす干しと一緒におひたしでいただきました。香り、ほど良い苦味、甘みが合わさった春らしい一品が楽しめます。4月頃まで出回る「なばな」、和え物、おひたしで召し上がってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・なばな1/2パック ・しらす大さじ2ぐらい
なばな 材料① なばな 材料②
<なばなとしらすのおひたし お出汁と調味料>
・お出汁大さじ1  ・酒小さじ1   ・みりん小さじ1   ・薄口醤油小さじ1

【作り方】
1.なばなは熱湯でゆでて冷水に放ち、水気を絞って食べやすい長さに切ります。
なばな 調理① なばな 調理②
2.ボウルになばな、しらす、<おひたし お出汁と調味料>を入れて和えます。
  器に盛り付けて出来上がりです。

なばな B
待ち遠しい春を感じさせる副菜が出来上がりました~。旬のなばなの味わい、カルシウム補給におすすめのしらす、さっぱり感とヘルシーさがおすすめの副菜です。なばなの代わりに菜の花でも美味しく召し上がれますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:11  |  さば  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2016.11.29 (Tue)

塩サバのバジルチーズ焼き<さわやか風味>

サバのバジルチーズ焼き 大
身近で使い勝手の良い塩サバフィレをちょっと洋風にアレンジしました~。味付けはイタリア料理ではおなじみのスパイス「バジル」、風味豊かな「粉チーズ」です。塩サバにはしっかりした塩分がついているので、焼き上げる際の仕上げにバジルと粉チーズをふって色づけするだけです。さわやかなバジル、風味豊かな粉チーズが合わさったうま味たっぷりの塩サバ、一度試してみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・塩サバフィレ1枚
サバのバジルチーズ 材料 サバのバジルチーズ 調味料
<塩サバのバジルチーズ焼き 調味料>
・GABANバジル適量  ・粉チーズ適量

【作り方】
1.常温に戻した塩サバフィレを半分に切り、クッキングシートを敷いた耐熱板に
  身側を上にして(皮面が下)おき、レンジグリル、またはオープントースターで
  焼き上げます。
サバのバジルチーズ 調理① サバのバジルチーズ 調理②
2.レンジグリルの場合は7~8分ほど焼いて一旦取り出し、皮面を上に返します。
  バジル、粉チーズを皮面にふって焼き上げます。塩サバに火が通り、粉チーズ
  に焼き色がついたら出来上がりです。

サバのバジルチーズ焼き B
さわやかな風味のバジル、コクと香り豊かな粉チーズをかけた塩サバが焼き上がりました~。いつもの塩サバがちょっとオシャレに生まれ変わります。塩サバのうま味をそのままいかした焼き物、笑顔の食卓が囲めますよ~♪
GABANバジル 説明用写真
GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:45  |  さば  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.09.21 (Wed)

サバのみりん干しで竜田揚げ<香り七味をプラス>

サバのみりん干し竜田揚げ 大
柔らかくてまろやかな味わいが美味しいサバのみりん干しを竜田揚げでいただきました~。みりん干しは醤油、砂糖、みりんなどの下味がしっかりしているのでそのまま片栗粉をまぶしてカラッと揚げるだけです。今回はみりん干しのうま味と甘みを引き立てるため、七味を加えました。外はサクサク、中はジューシーなみりん干しの竜田揚げ、超おすすめです~♪一度試してみて下さいね。

【材料(二人分)】
・サバのみりん干し2枚 ・お好みの付け合わせ野菜、お好みでカットレモン
・片栗粉適量
サバのみりん干し竜田揚げ 材料 サバのみりん干し竜田揚げ 調味料
<サバのみりん干しで竜田揚げ 調味料>
・お好みで七味唐がらし適量(今回はハウス香り七味を使用)

【下準備】
1.サバのみりん干しに中骨があれば骨抜きで抜きます。小さいお子様が
  召し上がる場合は小骨も抜いて下さい。
サバのみりん干し竜田揚げ 【下準備】① サバのみりん干し竜田揚げ 【下準備】②
2.みりん干し1枚を5等分に切ります。

【作り方】
1.お好みで身側に七味を適量ふります。
サバのみりん干し竜田揚げ 調理① サバのみりん干し竜田揚げ 調理②
2.皮面にも七味をふります。

3.全体に片栗粉をふります。ボウル、またはビニール袋に片栗粉を入れて全面に
  粉をつけてもOKです。
サバのみりん干し竜田揚げ 調理③ サバのみりん干し竜田揚げ 調理④
4.170度位の油温でカラッとサバのみりん干しを揚げて火を通します。

5.揚げたら油をしっかり切ります。
サバのみりん干し竜田揚げ 調理⑤ サバのみりん干し竜田揚げ 調理⑥
6.付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。お好みでカットレモン
  を添えます。

サバのみりん干し竜田揚げ 拡大
サクサクしたサバのみりん干しの竜田揚げが出来上がりました~。甘みのあるみりん干しと七味の辛みと風味があわさって絶妙の竜田揚げが楽しめます。七味のほど良い辛みがうま味を引き立てますよ~♪

サバのみりん干し竜田揚げ B
サバのみりん干しは甘味がしっかりしているので、小さなお子様にもぴったりです。七味無しでも十分美味しく召し上がれます。冷めても美味しさは保たれるので、お弁当のおかずにもおすすめです~♪
ハウス香り七味 説明用写真
ハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

副菜の一品目は「ゆでキャベツの香味サラダ」です。
香味キャベツ 大

【材料(二人分)】
・キャベツ1/8個位

<香味ダレ 材料と調味料>
・大葉4枚  ・生姜(みじん切り)少々  ・長ねぎ10cmぐらい
・醤油大さじ1  ・酢大さじ1と1/2  ・胡麻油小さじ1

【作り方】
1.ザク切りにしたキャベツは熱湯でさっと下ゆでしてザルにあげ、粗熱を取ります。
2.大葉、生姜、長ねぎをみじん切りにして器に入れます。醤油、酢、胡麻油を加え
  て混ぜます。ゆでたキャベツに<香味ダレ>をかけて出来上がりです。

香味キャベツ 大
ゆでて甘みを増したキャベツに香味ダレをかける簡単料理です。大葉などの香味野菜と醤油、酢、胡麻油をきかせたタレの相性の良くてお箸が進みます~♪ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

もう一品は「豚こまと白菜のオイスターソース炒め」です。
豚こま白菜 大
材料は豚こまと白菜、調味料は鶏がらスープ(顆粒)とオイスターソースだけで作る炒め物のご紹介です。白菜の甘み、豚こまのうま味を二つの調味料で引き出します。カンタン、時短、節約、しかも身体に優しい一品です。これから旬を迎える白菜は炒めるとさっぱりして美味しいですよね。身近な食材と調味料で作る副菜、おすすめです~♪

【材料(二人分)】
・豚こま(豚こま切れ肉)100~120gぐらい  ・白菜150gぐらい
豚こま白菜 材料① 豚こま白菜 材料②
<豚こまと白菜のオイスターソース炒め 調味料>
・顆粒の鶏がらスープほんの少々 ・オイスターソース小さじ2

【下準備】
豚こま切れ肉はひと口ぐらい、白菜はザク切りにします。お好みで豚こまは下ゆで
して余分な脂を落とすとさっぱりした味に炒め上がります。

【作り方】
1.フライパンに油を熱し、豚こまと白菜を中火で炒めて火を通します。
  下ゆでした豚こまを使う場合は、白菜を先に炒めてから豚こまを加えます。
豚こま白菜 調理① 豚こま白菜 調理②
2.顆粒の鶏がらスープ、オイスターソースで味を調えます。強火でさっと炒めて火を
  止め、器に盛り付けて出来上がりです。

豚こま白菜 B
鶏がらスープとオイスターソースのコクがきいた炒め物が出来上がりました~。豚こまのうま味、白菜の甘みに調味料がからんで絶妙の味わいです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:55  |  さば  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2016.09.15 (Thu)

塩さばの一味マヨポンソース<うま味とコク♪>

塩さばの一味マヨポンソース 大
安価でうま味たっぷりの「塩さばフィレ」を焼き上げ、ちょっとピリ辛ですがコクのあるソースをかけていただきました~。ソースは一味唐がらし、マヨネーズ、ポン酢の身近な調味料で作ります。一味のピリッとくる辛さと香り、マヨポンのうま味とコクが塩さばにもピッタリはまります。いつもとひと味違う塩さばの美味しさが楽しめますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

【材料(一人分)】
・塩さばフィレ(小)1枚  ・レタスときゅうり適量  ・お好みで青ねぎの小口切り適量
塩さばの一味マヨポンソース 材料 塩さばの一味マヨポンソース 調味料
<一味マヨポン酢ソース 調味料>
・ハウス一味唐がらし適量  ・マヨネーズ大さじ1と1/2  ・ポン酢醤油小さじ2

【下準備】
付け合わせ野菜のレタス、きゅうりを用意します。

【作り方】
1.ボウルか器に<一味マヨポン酢ソース 調味料>を入れて混ぜます。
塩さばの一味マヨポンソース 調理① 塩さばの一味マヨポンソース 調理②
2.塩さばフィレは食べやすいひと口ぐらいに切ります。
  小骨があれば取り除きます。

3.クッキングシートを敷いた耐熱板に塩さばフィレの身側を上にしてのせます。
塩さばの一味マヨポンソース 調理③ 塩さばの一味マヨポンソース 調理④
4.レンジグリル(またはオーブントースター)で片面6分、裏返して6分(計12分)ぐらい焼い
  て火を通します。器具、機種、塩さばフィレのサイズに合わせて時間を調整して下さい。

5.器にレタス、きゅうり、塩さばフィレを盛り付けます。
塩さばの一味マヨポンソース 調理⑤ 塩さばの一味マヨポンソース 調理⑥
6.一味マヨポンソースをかけて出来上がりです。

塩さばの一味マヨポンソース 拡大
うま味たっぷりの塩さば、身近な野菜に一味マヨポンソースをかけた一品が出来上がりました~。ジューシーな焼き塩さばにピリ辛でコクのあるソースがぴったりです。ご飯にもお酒の肴にも合いますよ~♪

塩さばの一味マヨポンソース B
塩さばフィレは下ごしらえが不要で、手軽に調理が出来るがうれしいですよね。身近な食材と調味料でカンタンに出来て、満足度の高い一品、おすすめです~♪
ハウス一味唐がらし 説明用写真
ハウス一味唐がらしは刺激的な辛さが特徴です。英語では“hot”と表現する、口の中がカッと熱くなるような辛さが特徴の赤唐辛子。辛味だけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果も大きいスパイスです

副菜は「アスパラの梅かつお和え」です。
アスパラ梅かつお 大

【材料(二人分)】
・アスパラ3~4本  ・梅干(小)1個(またはチューブの梅肉小さじ2)
・かつお節適量  ・醤油ほんの少々

【作り方】
1.梅干しは種を取り除き、皮と身はみじん切りにします。
2.アスパラは筋と袴を取り、食べやすい長さに切ってから熱湯でさっと下ゆでして
  冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切ります。
3.ボウルにアスパラ、梅干(梅肉)、かつお節、醤油をほんの少し入れて和えます。
  器に盛り付け出来上がりです。

アスパラ梅かつお B
ほど良い酸味とかつお節の風味をきかせたアスパラの梅肉和えが出来上がりました~。さっぱりした味わいでお箸も進みます。梅肉とかつお節の相性もバッチリ♪ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

もう一品は「豚こまボールとおでん種の煮物<カンタン♪>」です。
豚おでん 大
家計に優しい豚こま(豚こま切れ肉)をホール状にまるめて串を刺し、おでん種(練り物)と一緒に煮物でいただきました。今回は時間のかかる大根、ゆで卵は入れず、シンプルな具材だけを使った一品です。出汁はおでん種に同封されている市販の出汁を使いました。豚こまは下ゆでして煮ると灰汁(アク)も出ません。あっと言う間に出来る副菜、おすすめです~♪

【材料(三人分)】
・豚こま150~180gぐらい  ・市販のおでん種(練り物)1袋
豚おでん 材料① 豚おでん 材料②
<豚こまボールとおでん種の煮物 お出汁>
・おでん種についているお出汁と規定の量の水

【作り方】
1.豚こま(豚こま切れ肉)を広げて丸め、ボール状にします。ボール3個に串を打ちます。
豚おでん 調理① 豚おでん 調理②
2.熱湯に豚こまボールを入れてさっと下ゆでします。

3.おでん種に添付されている出汁に水を加え、練り物と下ゆでした豚こまホール
  を入れて中火で煮立てます。煮立てば弱火にしてじっくり味を含ませます。
豚おでん 調理③ 豚おでん 調理④
4.全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。添付されて
  いる出汁の量では少し多いので、出汁を全部入れずに量を調えて下さい。

豚おでん B
9月に入り、店頭にはおでんの具材が並び始めましたね。主菜がおでん、には少し早いので豚こまボールと一緒に煮物でいただきました。本格的なシーズンに入れば大根、卵、こんにゃくなどと一緒に、豚こまボールのおでんを味わってみますね♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
               ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:57  |  さば  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(8)

2016.08.19 (Fri)

塩さばのバジルレモングラス焼き<さっぱり♪>

塩さばのバジルレモングラス焼き 大
塩さばを使った、さっぱりさわやか風味の夏レシピのご紹介です。塩さばそのまま焼いてもうま味たっぷりですが、今回はイタリアンのスパイス:バジルとレモンのようなさわやかな風味がするスパイス:バジルレモンを添えて焼き上げました。手間もかからず、カンタンに風味豊かな塩さばの焼き物が出来上がります。ほど良い香りが漂い、食欲をそそりますよ~♪

【材料(一人分)】
・塩さばフィレ1尾 ・お好みの付け合わせ野菜、お好みでカットレモン1個
塩さばのバジルレモングラス焼き 材料 塩さばのバジルレモングラス焼き 調味料
<塩さばのバジルレモングラス焼き 調味料>
・GABANレモングラス10~12本  ・GABANバジル適量

【作り方】
1.常温に戻した塩さばの身側にバジルをふり、レモングラス5~6本添えます。
  レンジグリル、またはオープントースターの天板にクッキングシートを敷き、
  塩さばフィレの身側を上にして置き、約7分焼きます。
塩さばのバジルレモングラス焼き 調理① 塩さばのバジルレモングラス焼き 調理②
2.塩さばフィレを裏返し、皮面にもバジルをふり、レモングラス5~6本添えます。

3.皮面も7分ぐらい焼きます。時間は機種、さばの厚さで調整して下さい。
塩さばのバジルレモングラス焼き 調理③ 塩さばのバジルレモングラス焼き 調理④
4.塩サバに火が通れば付け合わせ野菜と一緒に盛り付けます。
  カットレモンを添えて出来上がりです。

塩さばのバジルレモングラス焼き 拡大
さっぱりした塩さばのバジルレモングラス焼きが出来上がりました~。いつもの塩さばとはひと味違う、風味豊かな味わいが楽しめます。夏パテ解消にもおすすめの魚料理です~♪

塩さばのバジルレモングラス焼き B
さわやかなレモングラスとバジルの相性もぴったりでお箸が進みます~♪今回は塩さばフィレを使いましたが、カレイやカマスの干物などを使っても美味しく召し上がれます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

GABANレモングラスは名前の通り、レモンのようなさわやかな甘い香りが魅力です。東南アジアの料理では、スープや煮込み料理の香りづけに、また刻んで肉や魚にまぶしてにおい消しにと、よく使われます。代表料理は「トムヤムクン」。また、手軽にハーブティーにしてもさわやかな風味が楽しめます。
GABANレモングラス 説明用写真  GABANバジル 説明用写真
GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。

GABANレモングラスはハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手 スパイスがお役立ち♪夏のさわやかレシピ」でいただきました。美味しい豚しゃぶが出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
さわやか風味の料理レシピ
さわやか風味の料理レシピ  スパイスレシピ検索

副菜の一品目は「キャベツとボロニアソーセージの炒め物」です。
ボロニアキャベツ 大
【材料(ニ人分)】
・キャベツ1/8個位  ・ボロニアソーセージ3~4枚  ・溶き卵1個

<ソーセージとピーマンの炒り卵ソテー 調味料>
・塩、胡椒適量

【下準備】
卵を割りほぐし、塩、胡椒をして、混ぜ合わせます。フライパンに油を熱し、溶き卵を
入れてよく混ぜ、半熟状になったら別皿に取り出します。

【作り方】
1.フライパンをキレイにして、油を熱し、中火でキャベツを炒めます。
ボロニアキャベツ 調理① ボロニアキャベツ 調理②
2.キャベツに火が通れば、ひと口ぐらいに切ったボロニアソーセージ、炒り卵を加えて
  炒め合わせます。塩、胡椒で味を調えて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

ボロニアキャベツ B
キャベツとボロニアソーセージの炒め物が出来上がりました~。彩りを良くするため、炒り卵を加えました。ジューシーなボロニアソーセージとキャベツ、相性が良いですね。ご飯にもお酒にも合いますよ~。

もう一品は「モロヘイヤの梅紫蘇かつお和え<栄養満点>」です。
モロヘイヤ 大
栄養価が高く、野菜の王様と呼ばれるモロヘイヤをさっとゆで、梅肉・赤紫蘇・かつお節で和えました~。調味料は麺つゆと梅紫蘇の塩分です。ツルッツルッとした食感に梅紫蘇とかつお節の風味がきいてさっぱり♪ ネバネバした口あたりの優しい味わいがたまりません~。ぜひぜひ、夏バテ予防メニューとして一度味わってみて下さいね~。

【材料 (二人分)】
・モロヘイヤ1袋 ・梅干し(中)1個 ・梅干しに添付されている赤紫蘇適量 ・かつお節適量

<モロヘイヤの梅紫蘇かつお和え 調味料>
・麺つゆ大さじ1

【作り方】
1.モロヘイヤをさっと洗います。
モロヘイヤ 調理① モロヘイヤ 調理②
2.梅干の種を取り出し、皮は細かくみじん切りにして身と混ぜ合わせます。
  赤紫蘇はみじん切りにします。
  
3.茎についた葉をちぎり取り、穂先の葉は付け根からちぎります。 穂先に近い茎だけ残し、
  固い茎は捨てます。鍋に熱湯を沸かし、モロヘイヤの葉と茎を入れて1分30秒位ゆで
  てザルに取り、冷水をかけて冷まして水気を切ります。
モロヘイヤ 調理③ モロヘイヤ 調理④
4.軽く絞ったモロヘイヤを軽くしぼり、ボウルに入れます。

5.梅肉、赤紫蘇、かつお節を加えます。
モロヘイヤ 調理⑤ モロヘイヤ 調理⑥
6.全体を混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

モロヘイヤ B
さわやかな梅肉・赤紫蘇とかつお節の風味をきかせた和え物が出来上がりました~。梅肉はチューブタイプのねりスパイスでもOKです。カロチン、カルシウム、ビタミン類、カリウムなども豊富で栄養満点♪ 暑い日は特におすすめの一品です~。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
               ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:59  |  さば  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(2)
 | ホーム |  NEXT>>