• きゅうりと竹輪の酢の物<みょうが添え>
    竹輪ときゅうり 大
    身近な食材のきゅうりと竹輪を酢の物でいただきました~。今回は香りと歯ざわり抜群のみょうがも加え、風味豊かな一品に仕上げました、竹輪を加えるとうま味も味わえます。さっぱりした中にうま味があってお箸も進みます~。お酒にもバッチリ合いますよ~♪ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~。おすすめの副菜です。

    【材料(二人分)】
    ・きゅうり1/2本ぐらい  ・竹輪(小)2本  ・みょうが1個
    竹輪ときゅうり 材料① 竹輪ときゅうり 材料②
    <きゅうりと竹輪の酢の物 合わせ酢 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酢大さじ1  ・薄口醤油小さじ1  ・みりん大さじ1/2

    【下準備】
    器かボウルに<きゅうりと竹輪の酢の物 合わせ酢 調味料>を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.きゅうりは薄く輪切りにして、塩少々をふり、しんなりすれば水気を絞ります。
    竹輪ときゅうり 調理① 竹輪ときゅうり 調理②
    2.竹輪は輪切り、みょうがは縦半分に切ってから斜め細切りにします。

    3.ボウルにきゅうり、竹輪、みょうがを入れます。
    竹輪ときゅうり 調理③ 竹輪ときゅうり 調理④
    4.<合わせ酢 調味料>を入れて混ぜ合わせ、器に盛りつけて出来上がりです。

    竹輪ときゅうり B
    きゅうりと竹輪の酢の物が出来上がりました~。みょうがの風味も加わり、さっぱりした味わいが楽しめます。身近な材料でカンタンに出来るさわやかな酢の物、お箸も進みますよ~♪

    ブログのコメント欄は各記事ごとに設定されています。記事(料理名)のタイトルをクリックしていただけると、ページの一番下に表示されます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • 焼き甘長とうがらしのかつおポン酢<うま甘♪>
    甘長とうがらし 大
    肉厚で、しっかりした甘味が楽しめる甘長とうがらしの焼き物を作りました~。今回は種を取り出した甘長とうがらしを香ばしくフライパンで焼き上げ、かつお節とポン酢?油でいただきました。フライパンで焼くので、超カンタンに一品作れます。ご飯にもお酒にもぴったりで、お箸もお酒も進みます。そろそろ終売を迎える甘長とうがらし、ぜひぜひシンプルに味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・甘長とうがらし10本ぐらい   ・かつお節少々  ・ポン酢醤油、または醤油適量
    甘長とうがらし 材料 甘長とうがらし 調味料

    【作り方】
    1.甘長とうがらしを洗って、水気をふき取ります。
      甘長とうがらしに包丁で縦の切れ目を入れ、種を取り出します。
    甘長とうがらし 調理① 甘長とうがらし 調理②
    2.フライパン、または焼き網、またはレンジグリルで焦がさないよう両面を焼きます。
      器に盛り付け、かつお節を添え、ポン酢醤油または醤油をかけて出来上がりです。

    甘長とうがらし B
    甘長とうがらしは焼くと甘みとうま味がぐっと増します。シンプルに焼くだけですが、肉厚の歯ざわり(食感)がたまりません~炒め物、煮物などなど、いろいろな料理が楽しめますよ~♪

    ブログのコメント欄は各記事ごとに設定されています。記事(料理名)のタイトルをクリックしていただけると、ページの一番下に表示されます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ゴーヤと豚こまのきんぴら<コクうま♪>
    ゴーヤ 大改
    ほのかな苦味と歯ざわりが美味しいゴーヤをきんぴらでいただきました~。ゴーヤと相性抜群の豚肉(豚こま)と一緒に炒めたコクうまの一品です。うま味のしっかりした豚こまがゴーヤのすがすがしさを引き立ててくれます。甘辛の味付けはご飯にぴったり♪お酒にも合いますよ~。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・ゴーヤ(中)1個  ・豚こま(豚こま切れ肉)120gぐらい  ・白煎り胡麻適量

    <ゴーヤと豚こまのきんぴら お出汁と調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1  ・薄口醤油大さじ1

    【作り方】
    1.ゴーヤは縦半分に切り、スプーン等で中のわたをとります。厚さ1cmぐらいに切り、
      塩をまぷして10分ほどおき、中の水分を出します。塩をまぶすことでしんなりして
      調味料がなじみやすくなります。
    ゴーヤ 調理① ゴーヤ 調理②
    2.豚こまは細切りにします。

    3.鍋かフライパンに油を熱し、中火で豚こまを炒めます。
    ゴーヤ 調理③ ゴーヤ 調理④
    4..豚こまに火が通ればゴーヤを加えて炒め合わせます。

    5.<ゴーヤと豚こまのきんぴら お出汁と調味料>、白煎り胡麻を加えて炒め
      合わせます。
    ゴーヤ 調理⑤ ゴーヤ 調理⑥
    6.全体に味がしみたら火を止め、器に盛りつけて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みの味に調えて下さい。

    ゴーヤ B
    ゴーヤと豚こまのきんぴらが出来上がりました~。歯ざわりとうま味が合わさって食欲をそそります。甘辛い味付けはご飯の友、お酒の肴、お弁当のおかずとしてもおすすめです~♪

    本日もご訪問下さいまして、ありがとうございました~♪昨日はブログ更新ができず、本当に申し訳ございませんでした。深くお詫び申し上げます。
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪

    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • カ二カマとレタスのサラダ<ソルトクラッカー添え>
    カ二カマサラダ 大
    身近な食材のカ二カマ、レタス、きゅうりに、ソルトクラッカーを添えたサラダを作りました~。味付けはオリーブオイル、酢、塩、胡椒にチューブタイプのねりからしを加えたフレンチドレッシングです。カ二カマに合わせて、野菜は少し目の細切りにしています。さっぱり系のドレッシングとクラッカーの食感で野菜がモリモリ食べられます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・カ二カマ(スティックタイプ)8本ぐらい  ・レタスの葉2~3枚  ・きゅうり1/3本
    ・ソルト味のクラッカー適量
    カ二カマサラダ 材料① カ二カマサラダ 材料②
    <フレンチドレッシング 調味料>
    ・オリーブオイル大さじ2  ・酢大さじ1  ・塩、胡椒適量
    ・ハウスねりからし(チューブタイプ)小さじ1/2ぐらい

    【作り方】
    1.ボウルか器に<フレンチドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    カ二カマサラダ 調理① カ二カマサラダ 調理②
    2.カ二カマは食べやすい太さに裂きます。レタスはカ二カマの太さに合わせて細切り、
      きゅうりも細切りにします。野菜は冷水にさらしてシャキッとさせて水気を切ります。

    3.サラダ用の器にレタス、きゅうり、カ二カマ、食べやすい大きさに裂いたクラッカーを
      盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がりです。

    カ二カマサラダ B
    カ二カマとレタスのサラダが出来上がりました~。クラッカーの食感が具材の美味しさを引き立ててくれます。からしの風味がきいた「さっぱりドレッシング」でフォークも進みますよ~♪
    ハウスねりからし 説明用写真
    ドレッシングに使ったハウスねりからしはオリエンタルマスタードとイエローマスタードを使用した風味とシャープな辛さが持ち味です。素材を生かした無着色タイプで、最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪

    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め<豚こまの旨味も♪>
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 大
    旬のゴーヤを炒め物でいただきました~。具材はゴーヤ、絹揚げ、豚こま、味付けはいつもの照り焼きダレに豆板醤(トウバンジャン)を加えたピリ辛の合わせ調味料です。ゴーヤのすがすがしい苦味、絹揚げの優しい食感、豚こまの旨味にピリ辛照り焼きダレがピッタリ♪ ご飯にもお酒にも合います。カンタン、超速で出来て元気の出る炒め物を味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・ゴーヤ1/2本 ・絹揚げ1個  ・豚こま100~120gぐらい
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 材料① ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 材料②
    <ピリ辛照り焼きダレ 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・豆板醤(トウバンジャン)小さじ1/2

    【下準備】
    1.ボウルか器に<ピリ辛照り焼きダレ 合わせ調味料>ほ入れて混ぜます。
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 【下準備】① ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 【下準備】②
    2.ゴーヤは縦半分に切って種を取り除き、3~4mm幅ぐらいに切ります。
      塩(分量外)を適量ふって、少しおいて水でさっと洗って水気をふきます。

    【作り方】
    1.絹揚げはひと口ぐらいの食べやすい大きさに切ります。
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理① ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理②
    2.フライパンに油を入れて熱し、おろし生しょうがを入れて弱火で油の香り付けをします。

    3.豚こまを入れて中火で炒めます。
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理③ ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理④
    4.、ゴーヤを加えてさっと炒めます。

    5.絹揚げを加えて炒め合わせます。
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理⑤ ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 調理⑥
    6.<ピリ辛照り焼きダレ 合わせ調味料>を回し入れい炒めます。全体に調味料の味が
      しみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。タレはお好みの味に調えて下さい。
      
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め 拡大
    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒めが出来上がりました~。チャンプルーとはひと味違う美味しさが楽しめます。旨味、ほど良い苦味、優しい食感が合わさったピリ辛うまコクの味わいがたまません~♪

    ゴーヤと絹揚げのピリ辛炒め B
    夏バテ予防、疲労回復に効果のある夏の炒め物、この時期ならではの一品です。豚こま、ゴーヤ、絹揚げはそのまま炒めるので調理もカンタンです。ぜひぜひ、旬のゴーヤをピリ辛照り焼きで味わってみて下さいね~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    油の香り付けに使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「しらすと卵のさっと炒め<旨とろ♪>
    しらすたまご 大

    【材料(二人分)】
    ・しらす大さじ3(30gぐらい)  ・卵2個  ・青ねぎ適量  ・お好みでミニトマト4個
    しらすたまご 材料① しらすたまご 材料②
    <しらすと卵のさっと炒め 調味料>
    ・薄口醤油ほんの少々

    【下準備】
    1.ボウルに卵を割り入れ、溶き卵にして斜め切りにした青ねぎを入れます。
    2.しらす干し、薄口醤油を加えて混ぜます。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、しらすを入れた卵液を流し入れて固まりかけたら大きく
      混ぜます。8分目まで火が通ったら火を止め、後は余熱で火を通します。
      卵の固さはお好みで調整して下さい。
    2.器に盛り付け、お好みでミニトマトを添えて出来上がりです。

    しらすたまご B
    しらすの甘味、卵の優しい味わいを楽しむ炒め物が出来上がりました~。旨味ととろとろの食感がたまりません~♪しらすの塩分で醤油は控えめでも美味しく召し上がれます。カルシウムも摂れてヘルシーな一品、おすすめです。

    もう一品は「梅ダレきゅうりの冷奴<さっぱり爽やか>」です。
    梅奴 大
    夏の定番副菜「冷奴」に梅肉と胡麻油で和えたきゅうりをのせ、ポン酢をかけていただきました~。さっぱりしたきゅうりに梅肉の爽やかな風味と胡麻油のコクが加わり、優しい食感の豆腐にピッタリ合います♪ 今回は梅干しを使いましたが、ねりスパイスの梅肉を使っても美味しく召し上がれます。豆腐、梅肉、胡麻油、きゅうりを組み合わせて冷奴を召し上がってみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・豆腐(絹ごし、または木綿)1/2丁 ・梅干し1個  ・きゅうり5cmぐらい
    ・胡麻油小さじ1
    梅奴 材料① 梅奴 材料②
    <冷奴 調味料>
    ・ポン酢醤油適量

    【作り方】
    1.梅干の種を取り、皮と梅肉をみじん切りにして包丁の刃で細かくたたきます。
    梅奴 調理① 梅奴 調理②
    2.きゅうりは薄く小口切り(輪切り)にしてから粗いみじん切りにします。
      塩(分量外)少々をふって5分ほど置いて水気を絞ります。

    3.ボウルか器にきゅうりを入れ、梅肉と胡麻油を加えます。
    梅奴 調理③ 梅奴 調理④
    4.全体を混ぜ合わせ、冷奴にのせます。ポン酢醤油をかけて出来上がりです。

    梅奴 B
    梅ダレきゅうりの冷奴が出来上がりました~。カンタンに出来て、お箸も進みます。副菜としても、またお酒の肴にもおすすめです。いつもとひと味違う爽やかな冷奴を味わってみて下さいね~♪
    おうちのみ大使 ひんやり&さっぱりおつまみ
    おうちのみ大使 ひんやり&さっぱりおつまみ


    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪

    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • インゲンとハムの胡麻和え<歯ざわりとうま味>
    ハムインゲン 大
    旬のインゲン(三度豆)に身近な食材のハムを加えて「胡麻和え」でいただきました~。暑い季節のインゲンは柔らかくて甘味もしっかりしています。ハムのうま味、インゲンの甘味に風味豊かなすり胡麻や醤油がピッタリです。この時期ならではの胡麻和えが楽しめます。副菜、お酒の肴、お弁当のおかずにおすすめの旬の味わい、ぜひぜひ、味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・インゲン(三度豆)8~10本ぐらい ・薄切りハム2~3枚

    <胡麻和え 調味料>
    ・白煎りすり胡麻大さじ2  ・砂糖小さじ1  ・薄口醤油小さじ2

    【作り方】
    1.白煎り胡麻を細かくすります。
    ハムインゲン 調理① ハムインゲン 調理②
    2.インゲンは熱湯で柔らかくゆでて冷水に放ち、粗熱が取れたら水気をふいて
      食べやすい長さに切ります。ハムは角切りにします。

    3.ボウルにインゲンとハムを入れます。
    ハムインゲン 調理③ ハムインゲン 調理④
    4.<胡麻和え 調味料>を加えて混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みの味に調えて下さい。

    ハムインゲン B
    インゲンとハムの胡麻和えが出来上がりました~。インゲンはビタミンB群を多く含み、胡麻と組み合わせるととてもヘルシーな副菜になります。ハムのうま味と一緒に味わうとお箸も進みますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 春雨とインゲンのナムル<のど越し抜群♪>
    春雨インゲン 大
    身近な乾物の春雨、旬のインゲンにハムを加えて和え物でいただきました~。味付けは胡麻油、醤油、砂糖を使ったナムルです。ツルンとしたのど越しが美味しい春雨、ンゲンの甘味と歯ざわり、ハムのうま味が合わさった風味豊かな一品です。春雨とインゲンの相性も良くて、彩りも楽しめます。暑い日もお箸が進むカンタン副菜、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・春雨20gぐらい  ・インゲン8本ぐらい  ・スライスハム2枚
    春雨インゲン 材料① 春雨インゲン 材料②
    <春雨とインゲンのナムル 調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・醤油小さじ2  ・砂糖小さじ1
    ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)少々

    【下準備】
    1.インゲンは熱湯で下ゆでして冷水に取り、水気を切って5cm位の長さに切ります。
    春雨インゲン 調理① 春雨インゲン 調理②
    2.春雨は熱湯でゆでるか、熱湯につけて戻し、冷水にさらして水気を切って食べ
      やす長さに切ります。ハムは角切りにします。

    【作り方】
    1.ボウルに春雨、インゲン、ハムを入れて胡麻油で和えます。
    春雨インゲン 調理③ 春雨インゲン 調理④
    2.香りがついたら醤油、砂糖、味を調え全体をさっと混ぜます。
      お好みで白煎り胡麻を加え、器に盛り付けて出来上がりです。

    春雨インゲン B
    春雨とインゲンのナムルが出来上がりました~。春雨の食感、インゲンの甘味と歯ざわり、ハムのうま味が楽しめる副菜です。お酒の肴、お弁当のおかずとしてもおすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                    ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • れんこんと豚こまのきんぴら<シャキッ♪>
    れんこん豚こま 大
    身近な根菜のれんこん、家計に優しい豚こまをきんぴらでいただきました~。れんこんはシャキシャキした食感と、口の中で噛みしめるとなめらかな舌触りが美味しいですよね。今回は豚こまを炒めて旨味が加わった油でれんこんをさっと炒め、味にコクを出しました。醤油ベースの味付けですが、しっかりした旨味とコク、そして歯ざわりが楽しめます。身体にも優しい一品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・れんこん適量  ・豚こま(豚こま切れ肉)80~100g  ・白煎り胡麻適量
    れんこん豚こま 材料① れんこん豚こま 材料②
    <れんこんと豚こまのきんぴら 調味料>
    ・水大さじ2 ・顆粒の出汁少々 ・砂糖小さじ2 ・薄口醤油大さじ1 ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.れんこんの皮をむき、輪切り、または半月の薄切りにして酢水にさらしてアクを取り、
      10分ほど漬けたら流水で洗って水気を切ります。
    れんこん豚こま 調理① れんこん豚こま 調理②
    2.鍋かフライパンに胡麻油を熱し、豚こまを炒めます。

    3.豚こまに火が通ればれんこんを加えてさっと炒め合わせます。
    れんこん豚こま 調理③ れんこん豚こま 調理④
    4.れんこんに油がなじんだら、<れんこんと豚こまのきんぴら 調味料>。白煎り胡麻
      を加え、汁気がなくなるまで炒め煮にして火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    れんこん豚こま B
    豚こまの旨味と一緒に味わうれんこんのきんぴらが出来上がりました~。シャキッとした歯ざわりが絶妙で、しっかりした味わいがたまりません~。食物繊維もたっぷり♪ 身体に優しい副菜、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ズッキーニのオイル醤油炒め<旬の味わい>
    ズッキーニ 大
    かぼちゃの仲間で、夏が旬のズッキーニを炒め物でいただきました~。今回はシンプルにズッキーニだけを使った一品です。相性の良いオリーブオイルでさっと炒め、味付けは醤油だけ♪ 超速で超カンタンに出来る副菜です。カロテン、ビタミンCが豊富で低カロリーなズッキーニの優しい食感がたまりません~。盛夏にぴったりの炒め物をぜひぜひ味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・ズッキーニ1本
    ズッキーニ 材料 ズッキーニ 調味料
    <ズッキーニのオイル醤油炒め 調味料>
    ・醤油適量

    【下準備】
    ズッキーニは食べやすい幅の輪切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ズッキーニの両面を中火でさっと炒めます。
    ズッキーニ 調理① ズッキーニ 調理②
    2.醤油で味を調え火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。
      炒め過ぎると食感が損なわれてしまうので気をつけて下さい。

    ズッキーニ B
    シンプルなズッキーニの炒め物が出来上がりました。オイルと醤油のコクがしっかりきいてお箸(フォーク)も進みます~。お酒の肴、お弁当のおかずにもおすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • えのきポン酢<青じそを添えてさわやかに♪>
    えのきポン酢 大
    ツルンとした食感が楽しめるえのき茸をさっとゆで、ポン酢で味わう「えのきポン酢」を作りました~。今回は暑い夏でもさわやかに味わえるよう、青じそ(大葉)の千切りを添えました。青じその風味が加わり、のど越しも爽快です。えのき茸はレンジで調理しても美味しく召し上がれます。さっぱりした味わいでお箸も進みます。簡単に出来るので、ぜひぜひ味わってみて下さいね♪

    【材料(二人分)】
    ・えのき茸(大)1パック  ・青じそ(大葉)5枚ぐらい
    青しそエノキ 材料① 青しそエノキ 材料②
    <えのきポン酢 調味料>
    ・ポン酢醤油適量

    【作り方】
    1.えのき茸の根元の石づきを切り落とします。えのき茸を熱湯でさっとゆでてザル
      にあげて粗熱を取ります。レンジ調理の場合は耐熱皿に入れてラップをかけ、
      600Wのレンジで2分~2分30秒ぐらい加熱します。
    青しそエノキ 調理① 青しそエノキ 調理②
    2.青じそ(大葉)は千切りにして冷水にさっと漬けてから水気を切ります。
    3.器にえのき茸を盛り付けて青じそ(大葉)を添え、ポン酢醤油をかけて出来上がりです。

    えのきポン酢 B
    さっぱりした青じそ添えの「えのきポン酢」が出来上がりました~。風味、歯ざわり、のど越しが楽しめるカンタン副菜です。レンジ調理ならば、あっと言う間に一品作れますよ~♪暑い日は特におすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング