2017-04- / 03-<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930>>05-

2017.04.23 (Sun)

えのきポン酢<みょうがと大葉を添えてさわやかに♪>

えのきみょうが 大
身近な茸の「えのき茸」を使った副菜のご紹介です~。ツルンとした食感と独特の香りが楽しめるえのき茸をさっと下ゆでし、みょうがと大葉をのせてポン酢醤油をかけました。さわやかなみょうがと大葉の風味が加わり、のど越しの良い美味しさが楽しめます。えのき茸はレンジで調理してもOKです。さっぱりした味わいでお箸も進みます~。カンタンに出来るので、ぜひぜひ味わってみて下さいね♪

【材料(二人分)】
・えのき茸1パック  ・みょうが、大葉(青じそ)適量  ・お好みでレタス適量
えのきみょうが 材料① えのきみょうが 材料②
<えのきポン酢 調味料>
・ポン酢醤油適量

【作り方】
1.えのき茸の根元の石づきを切り落とします。えのき茸を熱湯でさっとゆでてザル
  にあげて粗熱を取ります。レンジ調理の場合は耐熱皿に入れてラップをかけ、2分
  から2分30秒ぐらい加熱します。
えのきみょうが 調理① えのきみょうが 調理②
2.みょうが、大葉(青じそ)は千切りにします。

3.器にレタスを敷き、えのき茸を盛り付けます。
えのきみょうが 調理③ えのきみょうが 調理④
4.上にみょうが、大葉(青じそ)を添え、ポン酢醤油をかけて出来上がりです。

えのきみょうが B
さっぱりした「えのきポン酢」が出来上がりました~。風味、歯ざわり、のど越しが楽しめるカンタン副菜です。レンジ調理ならば、あっと言う間に一品作れますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:50  |  野菜料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.04.02 (Sun)

ピーマンとパプリカの二色きんぴら<彩り鮮やか>

ピーマンのきんぴら 大
ピーマンと赤のパプリカを使ってきんぴらを作りました~。胡麻油で炒めてから甘辛の煮汁で柔らかくなるまで煮ているので、食感がなめらかなきんぴらです。緑のピーマンと赤のパプリカが器の中でしっかり映えて食欲をそそります。胡麻の風味がきいた優しい味わいでお箸も進みます。ご飯にもお酒にもぴったり♪ お弁当のおかずとしてもおすすめです~。ぜひぜひ、一度試しいみて下さいね。

【材料(二人分)】
・ピーマン6個ぐらい  ・パプリカ(赤)1/4~1/3個ぐらい  ・白煎り胡麻適量
ピーマンのきんぴら 材料① ピーマンのきんぴら 材料②
<ピーマンとパプリカのきんぴら 調味料>
・水さじ2  ・酒大さじ1  ・砂糖大さじ1  ・薄口醤油小さじ2
・顆粒のお出汁ほんの少々

【下準備】
ピーマンとパプリカ(赤)は食べやすい大きさの細切りにします。

【作り方】
1.鍋に胡麻油を熱し、ピーマンとパプリカを中火で炒めます。
ピーマンのきんぴら 調理① ピーマンのきんぴら 調理②
2.しんなりしてきたら、<きんぴら  調味料>と白煎り胡麻を加え、汁気が
  なくなるまで炒め煮にして出来上がりです。彩りを出すため、薄口醤油を
  使っています。

ピーマンのきんぴら B
色鮮やかなピーマンとパプリカの二色きんぴらが出来上がりました~。クタクタに近いぐらい、柔らかく炒め煮にしてあるのでシャキシャキ感はありませんが、甘辛調味料が合わさって優しい味わいのきんぴらです♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:50  |  野菜料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.03.28 (Tue)

菜花(なばな)のおひたし<かつおのうま味もプラス>

なばな 大
菜の花の仲間で、食用に品種改良された「菜花(なばな)」を使って和え物を作りました~。菜花の若葉、茎にはほのかな苦味があり、さっと下ゆですることで甘みが出ます。今回はうま味の出るかつお節と一緒に和えました。味付けはおひたしの調味料です。鮮やかな色合いと風味が味わえる旬の一品が出来上がりました~。4月頃まで出回る菜花、を和え物やおひたしで召し上がって下さいね♪

【材料と調味料(二人分)】
・菜花(なばな)1/2パックぐらい  ・かつお節適量
なばな 材料① なばな 材料②
<おひたし 調味料>
・お出汁大さじ1  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん小さじ2

【作り方】
1.菜花(なばな)を熱湯で下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って水気を絞ります。
なばな 調理① なばな 調理②
2.ボウルに食べやすい長さに切った菜花(なばな)を入れます。

3.かつお節、<おひたし 調味料>を加えて和えます。
なぱな 調理③ なばな 調理④
4.器に盛り付けて出来上がりです。

なばな B
旬の菜花(なばな)を使ったおひたしが出来上がりました~。さっぱりした味わいとほど良い苦味が春の訪れを感じさせてくれます。和食ならではの季節を感じさせてくれる一品で気持ちも和らぎます~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:55  |  野菜料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.03.18 (Sat)

せりとお揚げの和え物<香りと食感を味わう一品>

芹 大
旬のせり(芹)を使った副菜のご紹介です~。さわやかな香りと歯ざわりが美味しいせり(芹)に香ばしく焼いたお揚げ(油揚げ)を組み合わせました。味付けはおひたし風にお出汁、薄口醤油、みりんで調えました。せりならではの歯ざわり、カリッとしたお揚げが合わさると、風味豊かな味わいが楽しめます。さっぱりした味わいでお箸も進みます。ぜひぜひ、春らしい一品を味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・せり(芹)1束  ・お揚げ(油揚げ)1/2~1枚
芹材料① 芹材料②
<せりとお揚げの和え物 調味料>
・お出汁大さじ2  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん小さじ2

【作り方】
1.せりは根元の部分を切り落として水洗いしてから熱湯で下ゆでして冷水に放ち、粗
  熱が取れたら水気を絞って食べやすい長さ(4~5cmぐらい)に切ります。
芹調理① 芹調理②
2.お揚げはフライパンでカリッと両面を焼いて細い拍子切りにします。

3.ボウルにせり、お揚げを入れます。
芹調理③ 芹調理④
4.<せりとお揚げの和え物 調味料>を入れて和えます。器に盛り付けて出来上がりです。

芹 B
せりとお揚げの和え物が出来上がりました~。香り、歯ざわりのどちらも楽しめる春らしい副菜です。4月頃までが旬とされるせり(芹)の美味しさをぜひぜひ味わってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:58  |  野菜料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.03.14 (Tue)

アスパラとかぼちゃの揚げ浸し<優しい味わい>

アスパラとかぼちゃの揚げびたし 大
具材を素揚げして漬けダレに浸す「揚げ浸し」を作りました~。今回の具材はアスパラ、かぼちゃ、ナス、パプリカ(赤)です。野菜だけの揚げ浸しですが、しっかりした味わいなので主菜としても使えます。春らしい色合いのアスパラを添えると彩りも優しく感じられます。漬けダレには酢と胡麻油も加えて、風味豊かな味わいに仕上げました。さっぱりしてコクのある揚げ浸し、春もおすすめですよ~♪

【材料(二人分)】
・アスパラ2本 ・かぼちゃ1/8個ぐらい ・長ナス1本 ・パプリカ(赤)1/4個
アスパラとかぼちゃの揚げびたし 材料 アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調味料
<揚げ浸し 漬けダレ調味料>
・お出汁100cc  ・醤油大さじ2  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・酢大さじ2
・胡麻油小さじ1

【作り方】
1.手鍋に<揚げ浸し 漬けダレ調味料>を入れてひと煮立ちさせ、漬け込み用
  のボウルかバットに移します。
アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理 アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理②
2.ナスはガク(へた)を落として縦半分に切り、さらに縦半分に切ってから水に放っ
  てアクを取ります。かぼちゃ、パプリカ(赤)は食べやすい大きさに切ります。
  アスパラは袴と根元の筋を取り、食べやすい長さに切ります。

3.キッチンペーパーで水気をふいたナス、かぼちゃを素揚げします。
アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理③ アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理④
4.続いてアスパラ、パプリカを素揚げします。

5.具材の油をしっかり切ります。
アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理⑤ アスパラとかぼちゃの揚げびたし 調理⑥
6.漬けダレの入ったボウル(またはバット)に具材を入れてタレの味をしみ込ませ
  ます。10~15分置いて器に盛り付け、漬けダレをかけて出来上がりです。タレ
  は薄味なので、お好みで調えて下さい。 

アスパラとかぼちゃの揚げびたし 拡大
アスパラ、かぼちゃ、ナス、パプリカの揚げ浸しが出来上がりました~。アスパラの淡い緑が春の訪れを感じさせてくれます。野菜それぞれの甘味と美味しさがしっかり味わえてお箸も進みますよ~♪

アスパラとかぼちゃの揚げびたし B
かぼちゃのしっとりした甘味、ナスのトローとした柔らかさがたまりません~。油との相性が良い野菜でうま味たっぷりです。胡麻油の香り、酢のさわやかな酸味が具材の美味しさを引き立ててくれます。ぜひぜひ、味わってみて下さいね~♪

主菜は「京風おでん<餅巾着添え>」です。
おでん 大
【材料(三~四人分)】
大根 こんにゃく ゆで卵 練り物 餅巾着 昆布出汁用の昆布10cm角1枚

<京風おでん出汁 お出汁と調味料>
・昆布出汁1000cc ・薄口醤油大さじ2 ・酒大さじ2 ・みりん大さじ2 ・塩小さじ1/2

【下準備】
1.昆布出汁を取り、鍋に<おでん出汁 調味料>を入れておでん出汁を作ります。
2.大根は輪切りにして可能であれば面取りを行います。ゆで卵を用意します。
  別の鍋にたっぷりの米のとぎ汁(またはお米をお茶パックに入れて)と大根を入れ、
  10分ぐらい下ゆでして流水で洗い、米ぬかをキレイに流します。

【作り方】
1.おでん出汁に大根、こんにゃくを入れ、沸騰させずに具材に味をしみ込ませます。
おでん 調理① おでん 調理②
2.ゆで卵と練り物を加えて弱火でじっくりと煮込みます。具材にしっかり味がしみたら
  火を止め、器に盛り付けます。とろろ昆布を添えて出来上がりです。

おでん B
今シーズン最後になりそうな京風おでんが出来上がりました~。今回は餅巾着も入れてじっくりお出汁のうま味をしみ込ませていただきました。さっぱりした味わいと具材本来の美味しさが楽しめますよ~♪

もう一品は「ほうれん草のカ二カマのコチュジャンドレッシング」です。
コチュジャンドレッシング 大
韓国料理の万能調味料、コチュジャン(唐辛子味噌)を使ってドレッシングを作りました。調味料はコチュジャン、すり胡麻、胡麻油、酢、醤油です。コチュジャンは胡麻との相性が抜群で、酸味(酢)を加えると風味豊かなドレッシングに仕上がります。今回は下ゆでしたほうれん草とうま味のあるカ二カマと組み合わせてサラダでいただきました。ぜひぜひ、お好みの具材と一緒に味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・ほうれん草1/2パックぐらい  ・カ二カマ(フレークタイプ)適量
コチュジャンドレッシング 材料① コチュジャンドレッシング 材料②
<コチュジャンドレッシング 調味料>
・コチュジャン小さじ2  ・胡麻油大さじ1と1/2  ・酢大さじ1  ・醤油小さじ1
・白煎りすり胡麻大さじ1

【作り方】
1.ボウルか器に<コチュジャンドレッシング 調味料>を入れます。
コチュジャンドレッシング 調理① コチュジャンドレッシング 調理②
2.全体をしっかり混ぜ合わせてドレッシングを作ります。

3.ボウルに下ゆでしたほうれん草、食べやすい太さに裂いたカ二カマを入れ、
  コチュジャンドレッシングを回し入れます。
コチュジャンドレッシング 調理③ コチュジャンドレッシング 調理④
4.全体をさっと混ぜ合わせ、器に盛りつけて出来上がりです。
  辛さはコチュジャンの量で調整して下さい。
  レタス、キャベツなどの生野菜のドレッシングに使ってもOKです。

コチュジャンドレッシング B
ほうれん草とカ二カマのコチュジャンドレッシングサラダが出来上がりました~。ほうれん草とカ二カマは彩りも良く、ドレッシングの色合いも映える組み合わせです。ほど良い辛みとさわやな酸味、うま味、コクが味わえますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:57  |  野菜料理  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)
 | ホーム |  NEXT>>