• ソーセージと春野菜のポトフ<香るローリエ>
    ソーセージと春野菜のポトフ 大
    春キャベツ、新玉ねぎ、春にんじんにソーセージを組み合わせて洋風の煮物を作りました~。甘味、歯ざわり、うま味、そしてローリエ(月桂樹の葉)の清涼感が楽しめる一品です。コンソメとローリエの風味が優しい味わいの野菜の美味しさを引き立ててくれます。この時期ならではの味わいがたまりません~。ぜひぜひ、旬の美味しさをおうちで味わってみて下さいね。おすすめの煮物です~♪

    【材料(二人分)】
    ・春キャベツ1/4個ぐらい ・春にんじん1/2本 ・新玉ねぎ1/2個 ・ソーセージ適量
    ソーセージと春野菜のポトフ 材料① ソーセージと春野菜のポトフ 材料②
    <ソーセージと春野菜のポトフ 水と調味料>
    ・水600㏄  ・コンソメスープ(固形)2個  ・塩、胡椒適量
    ・ローリエ(月桂樹の葉)ホール1枚

    【作り方】
    1.春キャベツは食べやすい大きさに切ります。
    ソーセージと春野菜のポトフ 調理① ソーセージと春野菜のポトフ 調理②
    2.春にんじんは乱切り、新玉ねぎは櫛形に切ります。

    3.鍋に水、コンソメスープ、ローリエ(月桂樹の葉)、春にんじんを加えて煮立てます。
    ソーセージと春野菜のポトフ 調理③ ソーセージと春野菜のポトフ 調理④
    4.春にんじんが柔らかくなれば春キャベツと新玉ねぎを加えて弱火で煮ます。

    5.お好みのソーセージを加えて煮ます。スープの味を見て、塩、胡椒で味を調えます。
    ソーセージと春野菜のポトフ 調理⑤ ソーセージと春野菜のポトフ 調理⑥
    6.具材にスープの味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    ソーセージと春野菜のポトフ 拡大
    ソーセージと春野菜のポトフが出来上がりました~。ローリエの清涼感がきいた野菜本来の美味しさが楽しめます。ソーセージが口の中でジュワーと広がるうま味もたまりません~♪

    ソーセージと春野菜のポトフ B
    ポトフはフランスの家庭料理の一つです。身近な食材と調味料でカンタンに作れるのがうれしいですよね。さっぱりした味わいで野菜もいっぱい摂れて栄養満点♪ ぜひぜひ、おうちで笑顔の食卓を囲んで下さいね~。
    GABANローリエ 説明用写真
    香り付けに使ったGABANローリエ<ホール>は清涼感のある芳香が特徴です。煮込み料理や、魚料理、マリネやピクルスのつけ汁に使うことも多いスパイスです。使う時に葉を折って入れるといっそう香りが出ます。長く煮すぎると苦みが出るので煮込んだ後は取り出しましょう。

    副菜の一品目は「トマトとズッキーニのサラダ<さっぱり♪>」です。
    トマト&ズッキーニ 大

    【材料(二人分)】
    ・トマト1個 ・ズッキーニ1/2本 ・お好みでチャービル(またはパセリ)のみじん切り適量
    トマト&ズッキーニ トマト トマト&ズッキーニ ズッキーニ
    <フレンチドレッシング 調味料>
    ・酢大さじ1  ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・ハウスねりからし少々 ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.器かボウルに<フレンチドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    2.ズッキーニは5mm幅位の輪切りにします。フライパンにオリーブオイルを熱し、
      ズッキーニの両面をさっと焼いて火を通し、粗熱を取ります。

    【作り方】
    1.トマトはひと口位の食べやすい大きさに切り、器にトマト、ズッキーニを盛り付けます。
    2.ドレッシングをかけ、チャービル、またはパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

    トマト&ズッキーニ B
    トマトとズッキーニのシンプルなサラダが出来上がりました。彩りもキレイで食欲をそそります~。焼いても、煮ても、揚げても美味しいズッキーニ、いろいろとアレンジしてみて下さいね~♪

    ドレッシングに使ったハウスねりからしはオリエンタルマスタードとイエローマスタードを使用した風味とシャープな辛さが持ち味です。素材を生かした無着色タイプで、最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。
    ハウスねりからし 説明用写真 GABANチャービル 説明用写真
    仕上げにふったGABANチャービルはパセリによく似ていますが、香味はより繊細で、ほのかに甘さも感じさせる香りです。香味がデリケートなので、高温、長時間の料理は避け、仕上げに加える、またはできあがりにふって使います。サラダ、スープ、ドレッシング、魚、卵など、パセリが合う料理であればチャービルもおすすめです。

    もう一品は「ツナと青梗菜のペパーソテー<ヘルシー♪>」です。
    ツナ青梗菜 大
    ヘルシーなツナ(シーチキン)、青梗菜(チンゲンサイ)、春にんじんを使って炒め物を作りました~。味付けは塩とホワイトペパーだけの簡単な一品です。ツナのうま味、青梗菜の歯ざわり、春にんじんの甘味を組み合わせました。青梗菜は下ゆでなしでそのまま炒められるのであっと言う間に出来上がります。優しい味わいでお箸も進みます~。お酒にも合うシンプルな炒め物、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・ツナ(シーチキン)缶1缶  ・青梗菜(小)2株  ・春にんじん少々
    ツナ青梗菜 材料① ツナ青梗菜 材料②
    <ツナと青梗菜のペパーソテー 調味料>
    ・塩適量  ・GABANホワイトペパー適量

    【下準備】
    1.青梗菜は水で洗ってから食べやすい長さに切り、芯に部分と葉の部分に分けます。
    2.にんじんは拍子切りにします。ツナ缶の油を切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、青梗菜の芯に近い部分と春にんじんを炒めます。
    ツナ青梗菜 調理① ツナ青梗菜 調理②
    2.しんなりしてきたら、青梗菜の葉の部分を加えてさっと炒め合わせます。

    3.ツナを加えて炒め合わせます。
    ツナ青梗菜 調理③ ツナと青梗菜の炒め物 調理④
    4.塩、ホワイトペパーで味を調え、さっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    ツナ青梗菜 B
    ツナ(シーチキン)のうま味、青梗菜の歯ざわりが楽しめる炒め物が出来上がりました~。身体に優しい食材ばかりで栄養バランスに優れた一品です。下ごしらえもカンタンで、短時間で出来るのもうれしい炒め物、おすすめです~♪
    GABANホワイトペパー 説明用写真
    味付けに使ったGABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き<簡単♪>
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 拡大
    ソーセージ、ナス、ほうれん草を炒め、市販のナポリタンソース(レトルト)を加えたチーズ焼きのご紹介です。身近な食材と便利なレトルト食品を使うので、超カンタンにメインの料理が作れます。ソーセージのうま味、ナスの柔らかい食感、ほうれん草の甘味に風味豊かなナポリタンソースとチーズ、具材とソースがしっかりからみあう一品です。ランチに超おすすめのチーズ焼きです~♪

    【材料(二人分)】
    ・お好みのソーセージ適量  ・長ナス1本  ・ほうれん草100gぐらい
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 材料① ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 材料②
    <ナポリタンチーズ焼き 調味料>
    ・市販のナポリタンソース(または市販のミートソース)レトルト1袋
    ・溶けるチーズ適量  ・お好みでドライパセリのみじん切り適量

    【下準備】
    1.長ナスは縦半分に切ってから斜め切りにし、水にさらしてアクを取ります。
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 【下準備】① ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 【下準備】②
    2.ほうれん草はさっとゆでて冷水に放ち、粗熱をとってから水気を絞り、食べ
      やすい長さに切ります。ソーセージは斜め半分に切ります。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ナスを炒めます。
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理① ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理②
    2.ナスが柔らかくなればほうれん草、ソーセージを加えてさっと炒め合わせます。

    3.ナポリタンソースを加えて全体を混ぜ、ひと煮立ちさせます。
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理③ ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理④
    4.耐熱皿(グラタン皿)に具材とソースを移し、溶けるチーズをのせます。

    5.レンジグリル、オーブントースター、オープンなどに入れて、チーズに焼き色を付けます。
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理⑤ ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 調理⑥
    6.調理器具から取り出し、お好みでドライパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き 大
    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼きが出来上がりました~。それぞれ食感が違う具材とトマトのほど良い甘さと酸味がきいたナポリタンソースの相性がバッチリです。チーズのうま味とコクが加わった美味しさは格別ですよ~♪

    ソーセージとナスのナポリタンチーズ焼き B
    ナポリタンソースの代わりに、ミートソースでも美味しく召し上がれます。レトルトソースを使えば超速、簡単に一品出来上がります。レトルトソースをいろいろな料理にアレンジしてみて下さいね~♪
    缶詰・びん詰・レトルト食品でつくる10分レシピコンテスト
    缶詰・びん詰・レトルト食品でつくる10分レシピコンテスト


    副菜は「マカロニとベーコンのサラダ<からしマヨ味>」です。
    マカロニサラダ 大
    【材料(二人分)】
    マカロニ、ベーコン、きゅうり、にんじん、オニオン(玉ねぎ)を各適量

    <マカロニとベーコンのサラダ からしマヨドレ>
    ・ねりからし(チューブタイプ)小さじ1/2  ・オリーブオイル大さじ1/2
    ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒 適量  ・マヨネーズ大さじ3

    マカロニサラダ B
    マカロニをゆでて、冷蔵庫にある身近な食材と一緒にサラダを作りました。今回はうま味のあるベーコンと組み合わせています。我が家定番のからしマヨドレッシングで味わう風味豊かなサラダが出来上がりました~♪

    もう一品は「タコとキャベツのバジルソテー<さわやか風味>」です。
    タコとキャベツのバジルソテー 大
    食感と歯ざわりが美味しいタコと旬のキャベツをさっと炒め、バジル、塩、ホワイトペパー(胡椒)で味を調えました。タコのうま味、キャベツの甘味が見事にあわさり、相性バッチリの炒め物に仕上がれました。バジルのさわやかな風味、ホワイトペパーのおだやかな辛みがたまりません~。何よりカンタンに出来るのがうれしい一品です。お酒にも合いますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ゆでタコの足(小)1~2本  ・キャベツ1/8個ぐらい
    タコとキャベツのバジルソテー 材料 タコとキャベツのバジルソテー 調味料
    <タコとキャベツのバジルソテー 調味料>
    ・GABANバジル適量 ・GABANホワイトペパー適量  ・塩適量

    【作り方】
    1.ゆでタコの足は食べやすいひと口ぐらいの削ぎ切りにします。
    タコとキャベツのバジルソテー 調理① タコとキャベツのバジルソテー 調理②
    2.キャベツはザク切りにします。

    3.フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でキャベツを炒め、タコを加えて炒め合わせます。
    タコとキャベツのバジルソテー 調理③ タコとキャベツのバジルソテー 調理③
    4.バジル、ホワイトペパー、塩で味を調え、さっと炒め合わせて火を止めます。器に盛り付け
      て出来上がりです。

    タコとキャベツのバジルソテー B
    食感が楽しめるタコ、甘いキャベツの炒め物が出来上がりました~。バジルのさわやかな風味がしっかりときいてお箸(フォーク)も進みますよ~。タコは炒め過ぎると固くなってしまうので、さっと炒めて下さいね♪

    味付けに使ったGABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。
    GABANバジル 説明用写真 GABANホワイトペパー 説明用写真
    GABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ソーセージのケチャップ醤油炒め<カンタン♪>
    ソーセージのケチャップ醤油炒め 大
    うま味たっぷりのソーセージ、炒めると甘みを増す玉ねぎを使った炒め物の紹介です~。具材をさっと炒め、味付けはトマトケチャップと醤油だけで調えました。コクのあるケチャップと醤油は相性も抜群です。身近な材料で手間要らず、カンタン、超速、あっと言う間に一品出来上がります。ジューシーな味わいのソーセージ、ご飯、パン、お酒にぴったりです。一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・ソーセージ(小)8~10本  ・玉ねぎ1/2個  ・お好みでGABANパセリ<缶>適量
    ソーセージのケチャップ醤油炒め 材料 ソーセージのケチャップ醤油炒め 調味料
    <ソーセージと玉ねぎのケチャップ醤油炒め 調味料>
    ・トマトケチャップ大さじ2と1/2  ・醤油大さじ1

    【作り方】
    1.ソーセージはひと口位の斜め切りにします。玉ねぎは繊維と逆方向の細切りにします。
    ソーセージのケチャップ醤油炒め 調理① ソーセージのケチャップ醤油炒め 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、玉ねぎを入れて中火で炒めます。

    3.玉ねぎがすき通ってきたらソーセージを加えてさっと炒めます。
    ソーセージのケチャップ醤油炒め 調理③ ソーセージのケチャップ醤油炒め 調理④
    4.火を弱め、トマトケチャップ、醤油で味を調えます。全体を混ぜ合わせ、強火で
      さっと炒めて火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。お好みでドライ
      パセリのみじん切りをふって下さい。

    ソーセージのケチャップ醤油炒め 拡大
    ソーセージと玉ねぎのケチャップ醤油炒めが出来上がりました~。身近な材料と調味料を用意して、あとは炒めるだけ♪10分あれば十分です。忙しい年末には特におすすめです~♪

    ソーセージのケチャップ醤油炒め B
    ジューシーなソーセージのうま味、玉ねぎの甘味が口の中いっぱいに広がります。お酒の肴にもぴったり♪シンプルな一品ですが、お年を召した方からお子様まで、広く受ける料理を味わってみて下さいね。
    GABANパセリ<缶> 説明用写真
    仕上げにふったGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

    主菜は「ポテトコロッケ<マヨネーズで味付け>」です。
    ポテトコロッケ 大
    【材料(三~四人分 コロッケ12個ぐらい)】
    ・牛ひき肉(または合いびき肉)150gぐらい  ・玉ねぎ中1個(約150gぐらい)
    ・じゃがいも中3~4個   ・マヨネーズ大さじ1と1/2  ・塩、胡椒少々  

    【作り方】
    1.じゃがいもは皮をむいて6~8つに切り、水に放ってアクを取ります。
      鍋にじゃがいと、かぶるぐらいの水を加え、火にかけます。煮立てば火を少し弱め、
      じゃがいもが柔らかくなるまで煮ます。じゃがいもがゆで上がれば、ゆで汁を捨て、
      火にかけて鍋を揺すりながら、水分を飛ばしてつぶします。
    ポテトコロッケ 調理① ポテトコロッケ 調理②
    2.フライパンにバター(またはサラダ油)を熱し、玉ねぎを炒めます。玉ねぎが透き通
      ってきたらひき肉を加え、パラパラになるまで炒めて塩、胡椒で味付けをします。

    3.ひき肉と玉ねぎ、じゃがいもを合わせます。
    ポテトコロッケ 調理③ ポテトコロッケ 調理④
    4.マヨネーズを加えて全体をよく混ぜ合わせます。
      あんを、小判、俵など、お好みの形に整えます。小麦粉 ⇒ 溶き卵 ⇒ パン粉の
      順に衣をつけます。170度位の油温に熱し、コロッケがきつね色になるまでカラッと
      揚げて出来上がりです。

    ポテトコロッケ B
    マヨネーズを加えてまろやかな「あん」に仕上がったポテトコロッケが出来上がりました~。熱々でホクホクの揚げたてコロッケで元気もいただきました~♪ソースとの相性もバッチリです。

    もう一品は「ブロッコリーと切りイカの酢の物<うま味をプラス>」です。
    ブロッコリー 大
    旬のブロッコリーを酢の物でいただきました~。ブロッコリーだけでも美味しく召し上がれますが、今回はお好み焼きなどに使う切りイカと一緒に和えました。切りイカはお好み焼きの材料と思いがちですが、うま味も出るので酢の物にぴったりの食材です。さっぱりしたブロッコリーにソフトな歯ざわりの切りイカ、相性抜群の酢の物です。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・ブロッコリー小房で8個ぐらい ・お好みでブロッコリーの芯適量 ・切りイカ適量
    ブロッコリー 材料① ブロッコリー 材料②
    <ブロッコリーと切りイカの酢の物 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酢大さじ1  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん大さじ1/2

    【作り方】
    1.ボウルか器に<ブロッコリーと切りイカの酢の物 調味料>を入れて混ぜます。
    ブロッコリー 調理① ブロッコリー 調理②
    2.ブロッコリーは小房に分け、芯はスティック状の拍子切りにして熱湯で下ゆでして
      から冷水に放ち、粗熱が取れたら水気をしっかり切ります。

    3.ボウルに水気を切ったブロッコリーと切りイカ、合わせ酢を入れます。
    ブロッコリー 調理③ ブロッコリー 調理④
    4.全体をさっと混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

    ブロッコリー B
    ブロッコリーと切りイカの酢の物が出来上がりました~。イカのほど良いうま味が加わったブロッコリーのホクホクした歯ざわりがたまりません。ぜひぜひ、切りイカを酢の物に加えてみて下さいね。お箸が進みますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • じゃがいもとソーセージのポトフ<ローリエ風味>
    じゃがいもとソーセージのポトフ 大
    フランスの家庭料理、ポトフを作りました~。和の煮物も大好きですが、お肉やソーセージ、身近な野菜と一緒に煮込むだけでカンタンに出来るポトフも美味しいですよね。今回の具材はじゃがいも、にんじん、キャベツにうま味の出るソーセージを使いました。スープは固定のコンソメ、風味はローリエ(月桂樹の葉)を加えています。ソーセージとスープのうま味がしみたじゃがいもが絶品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・じゃがいも(小)4~6個 ・にんじん1/2本 ・キャベツ1/8個 ・ソーセージ6~8本
    じゃがいもとソーセージのポトフ 材料① じゃがいもとソーセージのポトフ 材料②
    <じゃがいもとソーセージのポトフ 水と調味料>
    ・水600㏄  ・コンソメスープ(固形)2個  ・塩、胡椒適量
    ・ローリエ(月桂樹の葉)ホール1枚

    【下準備】
    1.じゃがいもは皮をむいて水につけてアクを取ります。にんじんは乱切り、
      キャベツは根元をつけたまま食べやすい大きさに切ります。
    じゃがいもとソーセージのポトフ 調理① じゃがいもとソーセージのポトフ 調理②
    2.鍋に水とコンソメスープを入れ、火をつけてスープを溶かします。
      スープが煮立てば弱火にして、じゃがいも、にんじん、お好みでローリエ
      (月桂樹の葉)を加えて煮ます。

    3.じゃがいもにんじんが柔らかくなればソーセージ、キャベツを加えて煮ます。
      スープの味を見て、塩、胡椒で味を調えます。
    じゃがいもとソーセージのポトフ 調理③ じゃがいもとソーセージのポトフ 調理④
    4.具材にスープの味がしみたら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    じゃがいもとソーセージのポトフ 拡大
    じゃがいもとソーセージのポトフが出来上がりました~。ホクホクしたじゃがいもの甘み、ソーセージが口の中でジュワーと広がる美味しさがたまりません~。うま味のしみたキャベツ、にんじんの優しい味わいも楽しめますよ~♪

    じゃがいもとソーセージのポトフ B
    これからの寒い季節にうれしいポトフ、身近な食材と調味料でカンタンに作れます。さっぱりした味わいで野菜もいっぱい摂れて栄養満点の煮物です。おでんの次はポトフを召し上がって下さいね~♪
    GABANローリエ 説明用写真
    GABANローリエ<ホール>は清涼感のある芳香が特徴です。煮込み料理や、魚料理、マリネやピクルスのつけ汁に使うことも多いスパイスです。使う時に葉を折って入れるといっそう香りが出ます。長く煮すぎると苦みが出るので煮込んだ後は取り出しましょう。

    GABANローリエ<ホール>はハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 アツアツがごちそう♪グリル&煮込み料理」でいただきました。美味しい煮込み料理が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪

    グリル&煮込み料理レシピ
    グリル&煮込み料理レシピ  スパイスレシピ検索

    副菜はマカロニサラダ<和風ドレッシング+マヨ>です。
    マカロニサラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・マカロニ、レタス、きゅうり、にんじん、ハムなどお好みの具材 ・マヨネーズ適量

    <和風ドレッシング 調味料>
    ・酢大さじ1  ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・醤油小さじ2  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.マカロニをゆでて冷水に放ち、粗熱を取って水気をふきます。
    マカロニサラダ 調理① マカロニサラダ 調理②
    2.器かボウルに<和風ドレッシング 調味料>を入れてしっかり混ぜます。

    3.ボウルに具材を入れます。
    マカロニサラダ 調理③ マカロニサラダ 調理④
    4.<和風ドレッシング>、マヨネーズを加えて全体を混ぜ合わせ、器に盛り付けて
      出来上がりです。お好みでドライパセリのみじん切りをふります。

    マカロニサラダ B
    醤油を加えた和風ドレッシングとマヨネーズのコクを合わせたマカロニサラダが出来上がりました~。いろいろな具材が入ると、カラフルな仕上がりになりますよね。しっかりした味わいのマカロニサラダ、おすすめです~。

    もう一品は「コロッケのソースチーズ焼き<熱々ホクホク>」です。
    コロッケのソースチーズ焼き 大
    冷凍のポテトコロッケ、または惣菜の調理済みコロッケを使った、アレンジメニューのご紹介です~。コロッケを手作りするには少し手間もかかりますが、冷凍食品や惣菜の揚げたコロッケを活用すると簡単、時短で美味しい料理に変身します(笑) 今回は冷凍のコロッケを揚げてソースをかけ、溶けるチーズをのせてレンジグリルで焼き上げました。うま味たっぷりのチーズコロッケ、熱々ホクホクです~♪ 

    【材料(二人分)】
    ・冷凍、または惣菜のポテトコロッケ2個  ・溶けるチーズ適量
    ・お好みでGABANパセリ<缶>適量
    コロッケのソースチーズ焼き 材料 コロッケのソースチーズ焼き 調味料
    <コロッケのソースチーズ焼き 調味料>
    ・ウスター、または中濃ソース適量

    【作り方】
    1.冷凍のコロッケを使う場合は油でカラッと揚げて油を切ります。
      惣菜のコロッケならばレンジで温めてから使います。
    コロッケのソースチーズ焼き 調理① コロッケのソースチーズ焼き 調理②
    2.オーブン用の耐熱皿にコロッケを入れます。

    3.お好みのソースをかけ、溶けるチーズをのせます。
    コロッケのソースチーズ焼き 調理③ コロッケのソースチーズ焼き 調理④
    4.レンジグリル、またはオープントースター、オープンでチーズに焼き色をつけて
      出来上がりです。お好みで、仕上げにドライパセリのみじん切りをふります。

    コロッケのソースチーズ焼き B
    コロッケのソースチーズ焼きが出来上がりました~。じゃがいものホクホク感、衣のサクサク感、ソースとチーズのうま味が合わさってお箸が進みます~。手作りコロッケが余った際もおすすめです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪
    GABANパセリ<缶> 説明用写真
    仕上げにふったGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め<味わい豊か>
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 大
    うま味のあるソーセージ、歯ざわりが楽しめるこんにゃくを炒め物でいただきました~。どちらもしっかりした食感が美味しいので、炒め物にすると深い味わいに仕上がります。今回の味付けは甘辛の照り焼きダレを使い、仕上げに香り七味をふりました。ジューシーなソーセージの美味しさ、コリコリッとしたこんにゃくの美味しさのどちらもが味わえます。ご飯にもお酒に合う一品が出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・ソーセージ10本ぐらい  ・板こんにゃく(小)1枚  ・あれば青ねぎ(斜め切り)適量
    ・お好みでハウス香り七味(七味唐辛子)適量
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 材料① ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 材料②
    <ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・砂糖小さじ2  ・みりん大さじ1

    【下準備】
    1.こんにゃくは味のしみ込みをよくするため、手、またはスプーンでちぎるようにして
      ひと口大にしてボウルに入れ、塩小さじ1(分量外)をふってさっと水洗いします。
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 【下準備】① ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 【下準備】②
    2.こんにゃくを熱湯に入れて2~3分ほど下ゆでします。こんにゃくの臭みがさらに抜け、
      味もしみやすく歯ごたえも良くなります。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調味料>を入れて混ぜます。
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理① ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理②
    2.ソーセージは斜め切りにします。

    3.フライパン(または鍋)に油を入れず中火で熱し、こんにゃくを入れて乾煎りします。
      乾煎りすることで余分な水分を飛ばして味をしみこみやすくします。
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理③ ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理④
    4.パチパチと音がしてきたらサラダ油小さじ2を加え、ソーセージと一緒に炒めます。

    5.<ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調味料>を入れて味を調えます。
    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理⑤ ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 調理⑥
    6.お好みで斜め切りにした青ねぎを加えてさっと炒め合わせて火を止めます。
      器に盛りつけ、お好みで七味をふって出来上がりです。

    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め 拡大
    甘辛の照り焼きダレがしみた炒め物が出来上がりました~。ソーセージとこんにゃくのうま味、歯ざわりが抜群です。ご飯、お酒はもちろん、お弁当のおかずにもおすすめです。お箸の止まらない一品を味わってみて下さいね~♪

    ソーセージとこんにゃくの甘辛炒め B
    こんにゃくは丁寧に下ごしらえを行うと調味料の味がしっかりしみ込みます。プリプリッとしたソーセージとの相性もバッチリの炒め物です。意外な組み合わせと思われるかも知れませんが、豊かな味わいが楽しめますよ~♪
    ハウス香り七味 説明用写真
    仕上げにふったハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。

    副菜の一品目は、「水菜と竹輪の煮物<ほっこり♪>」です。
    水菜竹輪 大
    【材料(二人分)】
    ・水菜1パック   ・竹輪(小)2本

    <水菜と竹輪の煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁200㏄(1カップ)  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・薄口醤油大さじ1

    【下準備】
    1.水菜は水洗いして、根元を少し切り落とし、5~6cm位の長さに切ります。
    2.竹輪は斜め切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に<水菜とちくわの煮物 お出汁と調味料>を入れて煮たて、竹輪を
      入れてひと煮たちさせます。
    水菜竹輪 調理① 水菜竹輪 調理②
    2.続いて水菜を入れて5~6分煮ます。全体にお出汁と調味料がなじめば
      火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    水菜竹輪 B
    水菜と竹輪の煮物が出来上がりました~。定番は水菜とお揚げ(油揚げ)を組み合わせますが、今回はうま味のある竹輪と一緒に煮ました。しみじみと味わえる一品で、お箸も進みますよ~♪

    もう一品は「豆腐のエノキあんかけ<優しい味わい>」です。
    豆腐のえのきあんかけ 大
    さっぱりした豆腐の美味しさをシンプルに味わう「あんかけ」を作りました~。なめらかな食感の絹ごし、香りと歯ざわりが楽しめるエノキ茸ににんじんを加え、和のお出汁と調味料で煮ます。あとは水溶き片栗粉で煮汁をとじるだけのカンタンに出来る料理です。クセのない熱々のあんで身体も温まります~。ぜひぜひ、寒い日に味わってみて下さいね~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・絹ごし豆腐(または木綿豆腐)中サイズ1丁  ・えのき茸(小)1パック
    ・にんじん5cmぐらい  ・お好みで青みとして水菜適量 ・水溶き片栗粉適量
    豆腐のえのきあんかけ 材料① 豆腐のえのきあんかけ 材料②
    <豆腐のエノキあんかけ お出汁と調味料>
    ・お出汁300cc ・酒大さじ1 ・薄口醤油大さじ1 ・砂糖大さじ1/2 ・みりん大さじ1

    【作り方】
    1・豆腐全体をキッチンペーパーで包んで耐熱皿に入れ、600Wの電子レンジで
      2分30秒加熱し、粗熱が取れたら水気を切ります。
    豆腐のえのきあんかけ 調理① 豆腐のえのきあんかけ 調理②
    2.にんじんは細切り、エノキ茸は根元を切り落として半分に切ります。

    3.鍋にお出汁と調味料を入れて煮立て、煮立てばひと口大に切った豆腐、エノキ茸、
      にんじんを入れて煮ます。
    豆腐のえのきあんかけ 調理③ 豆腐のえのきあんかけ 調理④
    4.具材にお出汁と調味料がしみたら、水溶き片栗粉を回し入れ、トロミをつけて火を
      止め、器に盛り付けます。お好みで青みの水菜をちらして出来上がりです。薄味
      なのでお好みの味に調えて下さい。エノキに代えてしめじ、エリンギもOKです。

    豆腐のえのきあんかけ B
    さっぱりした豆腐のエノキあんかけが出来上がりました~。ヘルシーそのもので、熱々のあんが身体を温めてくれます。豆腐、エノキ、にんじんの優しい味わいが楽しめる秋冬の煮物、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ソーセージとほうれん草のガーリック炒め
    炒り卵ソーセージ 大
    身近な食材のソーセージ、ほうれん草、卵を使って炒め物を作りました~。味付けはこれ一本でガーリックなどのスパイスで味を調えることが出来るハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>です。うま味のあるソーセージ、優しい味わいのほうれん草と炒り卵に調味料の風味がからんでお箸(フォーク)も進みます~。カンタン、超速で出来て、ご飯にもパンにもお酒にも合いますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・お好みのソーセージ120gぐらい  ・ほうれん草100gぐらい  ・卵1個
    炒り卵ソーセージ 材料① 炒り卵ソーセージ 材料②
    <ソーセージとほうれん草のガーリック炒め 調味料>
    ・ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>適量

    【作り方】
    1.ほうれん草は根元の部分をしっかり洗ってから熱湯でさっと下ゆでします。
      ゆでたら冷水に放ち、粗熱をとって食べやすい長さに切ります。
      ソーセージは斜め切りにします。
    炒り卵ソーセージ 調理① 炒り卵ソーセージ 調理②
    2.ボウルか器に卵を割り入れ、溶き卵にします。フライパンに油を熱し、中火にして
      溶き卵を入れてよく混ぜ、半熟状の炒り卵にして別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、中火でソーセージを炒め、ほうれん草を加えて
      炒め合わせます。
    炒り卵ソーセージ 調理③ 炒り卵ソーセージ 調理④
    4.炒り卵を戻し入れ、ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>で味を調えます。
      全体をさっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    炒り卵ソーセージ B
    ガーリックなどのスパイスがきいた炒め物が出来上がりました~。ソーセージ、ほうれん草、卵は相性抜群の組み合わせです。彩りも栄養バランスも良くて、食卓が映えます。ぜひぜひ、ガーリックとオニオンの風味を味わってみて下さいね~。
    ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン> 説明用写真
    味付けに使ったハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>は2種のガーリックとオニオン、あらびきブラックペパー、パセリなどに、旨みを加えた塩をバランスよくブレンド。炒飯や野菜炒め、ポークソテーやきのこソテーなどにおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ベーコンとアスパラのバジルソテー<スパイス一つ♪>
    バジルアスパラ 大
    相性抜群のベーコンとアスパラの炒め物を作りました~。ベーコンのほど良い塩味をいかし、イタリア料理ではおなじみのバジルだけで風味を調えました。うま味のあるベーコン、ホクホクした歯ざわりが美味しいアスパラ、やはりこの組み合わせは最強です。バジルならではの香りで食欲もそそります。スパイス一つで笑顔の食卓が囲めますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・ベーコン2枚 ・アスパラ3~4本 
    バジルアスパラ 材料② バジルアスパラ 材料①
    <ベーコンとアスパラのバジルソテー 調味料>
    ・GABANバジル適量

    【作り方】
    1.アスパラは根元の固い部分の皮と筋を取り、袴を取って、食べやすい長さに
      切ります。熱湯で下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切ります。
      ベーコンはひと口ぐらいの拍子切りにします。
    バジルアスパラ 調理① バジルアスパラ 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを入れて炒めます。

    3.ベーコンの香りがオイルになじんだらアスパラを加えてさっと炒め合わせます。
    バジルアスパラ 調理③ バジルアスパラ 調理④
    4.バジルをふって風味付けをします。さっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出
      来上がりです。

    バジルアスパラ B
    材料二つ、調味料はオリーブオイルとバジルだけのシンプルな一品が出来上がりました~。ベーコンのうま味、バジルの香りと一緒に味わうアスパラの美味しさがたまりません~。お酒にもピッタリですよ~♪
    GABANバジル 説明用写真
    GABANバジルはイタリア料理ではおなじみのハーブ。さわやかな香りは青じそにも似て、日本人になじみやすい風味です。トマトはもちろん魚介、鶏肉、ピーマン、豆などさまざまな素材とよく合うので、利用範囲が広いハーブです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • おさかなソーセージのチーズ焼き<カンタン♪節約>
    おさかなソーセージのチーズ焼き 大
    家計と身体に優しいおさかな(魚肉)ソーセージを使ってチーズ焼きを作りました~。具材はおさかなソーセージ、ピーマン、長ねぎです。具材をさっと炒め合わせ、溶けるチーズをのせて焼き上げるだけ♪カンタン、超速で一品出来上がります。ヘルシーなソーセージにチーズのうま味とコクがからみあってボリューム感も出ます。長ねぎの甘み、ピーマンの食感も楽しめます。ぜひせひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・おさかな(魚肉)ソーセージ(大)1~2本  ・溶けるスライスチーズ2枚
    ・ピーマン2個  ・長ねぎ1/2本  ・お好みでGABANパセリ<缶>適量
    おさかなソーセージのチーズ焼き 材料① おさかなソーセージのチーズ焼き 材料②
    <おさかな(魚肉)ソーセージのチーズ焼き 調味料>
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.おさかな(魚肉)ソーセージは縦半分に切ってから斜め切り、ピーマンは細切り、
      長ねぎは斜め切りにします。
    おさかなソーセージのチーズ焼き 調理① おさかなソーセージのチーズ焼き 調理②
    2.フライパンにオリーブオイルを熱し、ピーマンを入れて中火でさっと炒めます。

    3.おさかな(魚肉)ソーセージ、長ねぎを加えて炒め合わせ、塩、胡椒で味を調えます。
    おさかなソーセージのチーズ焼き 調理③ おさかなソーセージのチーズ焼き 調理④
    4.オーブン用の耐熱皿に炒めた具材を入れます。

    5.溶けるスライスチーズを半分に折り曲げて上にのせます。
    おさかなソーセージのチーズ焼き 調理⑤ おさかなソーセージのチーズ焼き 調理⑥
    6.レンジグリル、またはオープントースター、オープンでチーズに焼き色をつけて
      出来上がりです。お好みで、仕上げにドライパセリのみじん切りをふります。

      ソーセージはお好みで1本、または2本使ってボリューム感を調整して下さい。

    おさかなソーセージのチーズ焼き 拡大
    おさかなソーセージのチーズ焼きを焼き上げている写真です。ヘルシーなおさかなソーセージとチーズの相性もバッチリです。うま味とコクが加わって食べ始めるともう止まりません~♪熱々のチーズ焼きが楽しめますよ~♪

    おさかなソーセージのチーズ焼き B
    おさかなソーセージのさっぱりした味わいをピーマンと長ねぎが引き立ててくれます。身近な食材で作るカンタン、節約メニュー、おすすめです~。お酒にも合いますよ~♪
    GABANパセリ<缶>
    仕上げにふったGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

    副菜はシンプルでちょっとレトロな洋食屋さん風の「スパゲティサラダ」です。
    スパゲティサラダ 大

    【材料】
    ・パスタ、ベーコン、きゅうり、にんじん、玉ねぎ

    【つぶマスタードマヨドレッシング】
    ・マヨネーズ大さじ2  ・つぶマスタード小さじ1  ・サラダオイル大さじ1/2  
    ・酢大さじ1/2  ・塩、胡椒適量

    スパゲティサラダ B
    ゆでたスパゲティー(パスタ)、野菜(きゅうり、にんじん、オニオンスライス)、ベーコンをつぶマスタードマヨドレットングで和えました。つぶマスタードのマイルドな味わいと香りが楽しめるスパゲティ(パスタ)サラダです~♪

    もう一品は「カレイの唐揚げ<マジョラム風味>」です。
    マジョラム 大
    揚げるとほっくりした身が味わえるカレイ(鰈)を唐揚げでいただきました~。味付けは塩、荒挽き黒胡椒にオレガノとタイムを混ぜ合わせたような香りのマジョラムを加えました。穏やかな香りとほのかな甘さも感じられるスパイスです。塩、黒胡椒だけでも美味しく召し上がれますが、マジョラムの風味が加わるといつもより深みのある味わいが楽しめます。特にワインにはぴったり合いますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・カレイの切り身2切れ  ・塩、胡椒(あれば荒挽き黒胡椒)適量
    ・GABANマジョラム適量  ・片栗粉適量  ・お好みの付け合わせ野菜
    マジョラム 材料 マジョラム 調味料
    【作り方】
    1.カレイの表面をさっと水で洗い、キッチンペーパーで水気をふき取り、表側に
      斜め十字の切り込みを入れます。
    マジョラム 調理① マジョラム 調理②
    2.カレイの両面に塩、荒挽き黒胡椒、マジョラムをふります。

    3.カレイに片栗粉をまぶします。
    マジョラム 調理③ マジョラム 調理④
    4.余分な粉をはたき、170度くらいの油温度でカラッと揚げます。揚がれば油を
      切り、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。お好みで
      カットレモンを添えます。

    マジョラム B
    外はカリッカリッと香ばしく、中はほっくりした身のカレイの唐揚げが出来上がりました~。マジョラムの風味がカレイにからんで絶品の味わいです。鶏もも肉の唐揚げに加えても美味しく召し上がれます。いつもの唐揚げがワンランクアップしますよ~♪

    GABANマジョラムはオレガノとタイムを混ぜ合わせたような香りで、さらにスイートバジルのような甘さもあります。香りがマイルドで初心者でも使いやすいスパイスです。卵、チーズ、野菜(特にトマト)料理によく使われます。またソーセージづくりや、肉料理のほか、ソースなどの風味づけにもおすすめです。
    GABANマジョラム 説明用写真 GABANブラックペッパー荒挽 
    下味に使ったGABANブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

    GABANマジョラムはハウス食品さん×レシピブログさんのコラボ企画、「スパイスでお料理上手 ワインと秋の味覚で手軽に家バルを楽しもう♪ 」でいただきました。美味しい煮込み料理が出来上がりました。ごちそうさまでした~♪
    家バルおつまみの料理レシピ
    家バルおつまみの料理レシピ  スパイスレシピ検索

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ソーセージと青梗菜の鶏がらスープ炒め<超速で一品>
    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 大
    ソーセージと卵は相性バッチリの組み合わせですが、今回は身近な野菜の青梗菜も加えて炒め物でいただきました~。手間のかからない食材、調味料は鶏がらスープ(顆粒)、酒、胡椒だけ、あっと言う間に一品作れます。ソーセージのうま味、炒り卵の優しい味わい、青梗菜のシャキッとした歯ざわりが楽しめる炒め物です。カンタン、超速で出来て、うま味もしっかり味わえますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・お好みのソーセージ120gぐらい  ・青梗菜(大)1株  ・卵1個
    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 材料① ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 材料②
    <ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調味料>
    ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々  ・酒大さじ1  ・胡椒適量

    【作り方】
    1.青梗菜を食べやすい大きさに切ります。根元の部分は芯を残したまま8分割にします。
    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理① ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理②
    2.ソーセージは斜め切りにします。

    3.ボウルか器に卵を割り入れ、溶き卵にします。フライパンに油を熱し、中火にして
      溶き卵を入れてよく混ぜ、半熟状の炒り卵にして別皿に取ります。
    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理③ ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理④
    4.フライパンをキレイにして油を熱し、中火でソーセージと青梗菜の茎の部分を炒めて
      火を通します。

    5.青梗菜の葉の部分を加えてさっと炒めます。
    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理⑤ ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 調理⑥
    6.火を弱め、炒り卵を戻し入れます。鶏がらスープ(顆粒)、酒、胡椒で味を調えます。
      強火でさっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め 拡大
    鶏がらスープのうま味とコクで味わう炒め物が出来上がりました。相性の良い組み合わせの炒め物で、お箸も進みます~。身近な食材と調味料でカンタンに出来る一品です。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    ソーセージと青梗菜のさっぱり炒め B
    青梗菜の茎の部分は芯を残して炒めると、盛り付けた際のバランスも良くなり、ボリューム感が出せます。炒り卵の黄と青梗菜の葉の緑が引き立つ料理に仕上がりました~♪

    副菜の一品目は「トマトとりんごのサラダ<粒マスタードドレットング>」です。
    トマトとりんごのサラダ 大
    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・りんご1/4個  ・ブロッコリー小房で6個

    <粒マスタードドレッシング 調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・オリーブオイル大さじ1 ・塩、胡椒ほんの少々
    ・ハウスつぶ入りマスタード小さじ1

    【作り方】
    1.ボウルか器に<粒マスタードドレッシング 調味料>の材料を入れて混ぜます。
    2.トマトはお好みで湯むきして食べやすい大きさに切ります。ブロッコリーは下ゆで
      して冷水に放ち、粗熱を取って水気を切ります。りんごは皮をむき、食べやすい
      大きさに切ります。
    3.器にトマト、ブロッコリー、りんごを盛り付け、<マスタードドレッシング>をかけて
      出来上がりです。

    トマトとりんごのサラダ B
    これからが旬のりんごを使ったサラダが出来上がりました~。さわやかな風味とシャキッとした食感がマスタードドレッシングと合いますよ~。さっぱりした味わいがおすすめです~♪
    ハウスつぶ入りマスタード 説明用写真
    ハウスつぶ入りマスタードはりんご酢とワインビネガーの風味を生かしたマイルドな辛さ。からし種の食感がアクセントです。無着色なので素材本来の色と風味が味わえます。風味豊かでつぶつぶ食感が楽しいスパイスです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」です。

    もう一品は「ナスと豚こまのおろし生姜蒸し<さわやか~♪>」です。
    ナスしょうが 大
    ナスと豚肉は相性抜群の組み合わせですよね。今回は煮汁(お出汁と調味料)を少なめにして、おろししょうがを加えて蒸し煮でいただきました。豚こまは下ゆでして、余分な脂を落としてから調理しています。しょうがのさわやかな風味がナスと豚こまにじんわりしみてさっぱりした味わいです。トローと柔らかくなったナスがたまりません~♪

    【材料(二人分)】
    ・ナス(小)3本  ・豚こま(豚こま切れ肉)120gぐらい ・お好みで長ねぎの細切り適量
    ・おろししょうが大さじ1
    ナスしょうが 材料 ナスしょうが 調味料
    <ナスと豚こまのおろししょうが蒸し お出汁と調味料>
    ・お出汁150㏄ ・酒大さじ1 ・薄口醤油大さじ1と1/2 ・みりん大さじ1 ・砂糖小さじ2

    【下準備】
    1.ナスを縦半分に切って斜め切りにします。水に10分ほど漬けてアクを取ります。
    2.しょうがをすりおろします。しょうが汁もそのまま使います。
    3.お好みで長ねぎ10cmを縦半分に切ってから斜め細切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に熱湯を沸かし、食べやすい大きさに切った豚こまを入れてさっと下ゆでして
      ザルにあげ、水気を切って食べやすい大きさに切ります。
    ナスしょうが 調理① ナスしょうが 調理②
    2.鍋をキレイにして<ナスと豚こまのおろししょうが蒸し お出汁と調味料>を入れて
      火にかけます。煮立てばナス、豚こま、おろししょうがとしょうが汁を入れて煮ます。

    3.全体に丸く切って真ん中に穴を空けたクッキングシートをかけ、蒸し煮にします。
    ナスしょうが 調理③ ナスしょようが 調理④
    4.ナスが柔らかくなるまで弱火で蒸し煮にして火を止め、器に盛り付けます。お好みで
      長ねぎの細切りを添えて出来上がりです。
      味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

    ナスしょうが B
    おろししょうがの風味をきかせたナスと豚こまの蒸し煮が出来上がりました~。下ゆでした豚こまを使うと煮汁もキレイに仕上がり、すっきりした味わいになります。お出汁と調味料が均一にしみ込む蒸し煮、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                    ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 魚肉ソーセージと卵の炒め物<カンタン♪節約>
    魚肉ソーセージと炒り卵 大
    ヘルシーで安価な魚肉ソーセージ、炒り卵、玉ねぎの3品で炒め物を作りました。味付けはこれ一本でガーリックの風味をきかすことが出来るハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>です。材料を炒めて香りソルトで味を調えるだけ、超速で一品出来上がります。魚肉ソーセージに炒り卵を加えると栄養価もぐっと増します。節約メニューとしてもおすすめの炒め物です~♪

    【材料(二人分)】
    ・魚肉ソーセージ(大)1本  ・玉ねぎ(小)1個  ・卵1個
    魚肉ソーセージと炒り卵 材料 魚肉ソーセージと炒り卵 調味料
    <魚肉ソーセージと卵の炒め物 調味料>
    ・ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>適量

    【下準備】
    1.魚肉ソーセージは縦半分に切ってから斜め切り、玉ねぎは繊維と逆方向の細切り
      にします。
    2.卵をボウルか器に割り入れ、溶き卵にします。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れて混ぜ、半熟状の炒り卵にして別皿に取ります。
    魚肉ソーセージと炒り卵 調理① 魚肉ソーセージと炒り卵 調理②
    2.フライパンをキレイにして油を熱し、玉ねぎを炒めます。

    3.玉ねぎがしんなりしてきたら魚肉ソーセージを加えて炒め合わせます。
    魚肉ソーセージと炒り卵 調理③ 魚肉ソーセージと炒り卵 調理④
    4.全体に油がなじんだら炒り卵を戻し入れ、ハウス香りソルト<ガーリック&オニオン>
      で味を調えます。さっと炒め合わせて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    魚肉ソーセージと炒り卵 B
    魚肉ソーセージ、玉ねぎ、炒り卵のシンプルな炒め物が出来上がりました~。魚肉ソーセージのさっぱりしたうま味、玉ねぎの甘味、卵のふんわりした優しい食感がたまりません~。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪
    魚肉ソーセージと炒り卵 調味料
    味付けに使った香りソルト<ガーリック&オニオン>は2種のガーリックとオニオン、あらびきブラックペパー、パセリなどに、旨みを加えた塩をバランスよくブレンド。炒飯や野菜炒め、ポークソテーやきのこソテーなどにおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング