• 鶏むね肉のナポリタンチーズ焼き<さっぱり♪旨うま>
    ナポリタンチーズ焼き 大
    鶏むね肉、玉ねぎ、ピーマン、にんじんを使ってチーズ焼きを作りました~。味付けは市販のナポリタンソース(レトルト)と溶けるチーズなどです。スパゲッティ同様に具材を炒め、耐熱皿に入れてソース、チーズ、オリーブオイルを加えてあとは焼き上げるだけ♪身近な食材と便利なレトルト食品を使うので、超カンタンにメインの料理が作れます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉120gぐらい ・玉ねぎ1/2個 ・ピーマン2個 ・にんじん少々
    ・塩、ブラックペパー適量  ・お好みでドライパセリのみじん切り適量
    ナポリタンチーズ焼き 材料 ナポリタンチーズ焼き 調味料
    <ナポリタンチーズ焼き 調味料>
    ・市販のナポリタンソース(レトルト)1/2袋 ・溶けるチーズ適量  
    ・オリーブオイル適量

    【下準備】
    1.鶏むね肉は食べやすいひと口ぐらいに切ります。
    ナポリタンチーズ焼き 【下準備】① ナポリタンチーズ焼き 材料
    2.玉ねぎは薄切り、ピーマンとにんじんは細切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、鶏むね肉を入れて中火で炒めます。
    ナポリタンチーズ焼き 調理① ナポリタンチーズ焼き 調理②
    2.玉ねぎ、ピーマン、にんじんを加えてさっと炒め合わせ、軽く塩、ブラック
      ペパー(黒胡椒)で味を調えます。

    3.耐熱皿(グラタン皿)に炒めた具材を入れます。
    ナポリタンチーズ焼き 調理③ ナポリタンチーズ焼き 調理④
    4.具材の上にナポリタンソースをかけます。

    5.溶けるチーズをのせ、オリーブオイルをふります。
    ナポリタンチーズ焼き 調理⑤ ナポリタンチーズ焼き 調理⑥
    6.レンジグリル、オーブントースター、オープンなどに入れて、チーズに焼き色を
      付けます。調理器具から取り出し、お好みでドライパセリのみじん切りをふって
      出来上がりです。

    ナポリタンチーズ焼き 拡大
    鶏むね肉のナポリタンチーズ焼きが出来上がりました~。それぞれ食感が違う具材とトマトのほど良い甘さと酸味がきいたナポリタンソースの相性がバッチリ♪ チーズのうま味とオリーブオイルのコクが加わった美味しさは格別ですよ~。

    ナポリタンチーズ焼き B
    淡白な鶏むね肉にしっかりした味わいのナポリタンソースが合わさったチーズ焼きです。忙しくて調理の時間が無いときはレトルトソースが大活躍♪ ぜひぜひ、熱々の一品を味わってみて下さいね~。

    副菜の一品目は「ほうれん草とはんぺんの鶏がら醤油炒め<ヘルシー>」です~。
    ほうれん草とはんぺん 大

    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パックぐらい  ・はんぺん1/2枚
    ほうれん草とはんぺん 材料① ほうれん草とはんぺん 材料②
    <ほうれん草とはんぺんと鶏がら醤油炒め 調味料>
    ・鶏がらスープ小さじ1/2  ・醤油小さじ1  ・酒大さじ1

    【下準備】
    1.はんぺんは食べやすいひと口位の拍子切りにします。
    2.ほうれん草は熱湯で下ゆでしてから冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を絞って
      5cmぐらいの食べやすい長さに切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、はんぺんを入れて弱火で両面に焼き色をつけ、別皿に取ります。
    2.フライパンをキレイにして油を熱し、ほうれん草を入れて中火で炒めます。
      はんぺんを戻し入れて炒め合わせます。鶏がらスープ、醤油、酒で味を調え、さっと
      炒め合わせて火を止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

    ほうれん草とはんぺん B
    ほうれん草とはんぺんの鶏がら醤油炒めが出来上がりました~。ほうれん草の甘味と優しい味わい、ふんわりしたはんぺんの食感が合わさってお箸も進みます~。旨味とコクがしっかり楽しめますよ~♪

    もう一品は「炊き餃子と白菜のスープ煮<カンタン♪超速>」です。
    水餃子 大
    市販の炊き餃子(水餃子)と身近な食材を使ってスープ煮を作りました~。今回の餃子は日本ハムさんの「博多炊き餃子風 白湯スープ餃子」です。一人分の餃子6個に白菜ともやし、水と鶏がらスープ(顆粒)を加えて二人分のスープに仕立てました。もっちりした柔らかい餃子の美味しさ、優しい味わいの野菜と一緒に味わうと身体も温まります。カンタン、超速で作れるスープ煮です~♪

    【材料(二人分)】
    ・博多炊き餃子風 白湯スープ餃子6個  ・白菜少々、もやし1/2袋
    ・お好みでGABAN花椒<パウダー>適量
    水餃子 材料① 水餃子 材料②
    <スープ煮 水と調味料>
    ・水500㏄  ・添付の濃縮白湯スープ1袋  ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ1

    【下準備】
    1.白菜は食べやすい大きさに切ります。
    2.もやしは可能であればひげ根を取ります。

    【作り方】
    1.鍋に水と添付の濃縮白湯スープ、鶏がらスープ(顆粒)を入れて煮立てます。
      煮立てば白菜ともやしを入れて中火でさっと煮ます。
    水餃子 調理① 水餃子 調理②
    2.餃子を加えて4分煮て火を止めます。器に盛り付けて、お好みで花椒をふって
      出来上がりです。

    水餃子 B
    炊き餃子のスープ煮が出来上がりました~。コクとうま味のあるスープに食感の良い餃子がぴったり合います。身近な野菜を加えると栄養バランスもばっちり♪ 市販のスープ餃子をアレンジして笑顔の食卓を囲んで下さいね~。

    日本ハムさんの「博多炊き餃子風 白湯スープ餃子」は餡をもっちりした皮で包み、鶏がら、豚骨ベースの濃厚白湯スープで「炊いて(=煮て)」作る博多のご当地メニューです。白菜などお好みの野菜を加え、鍋で4分煮込むだけで、ご家庭で手軽に博多炊き餃子風白湯スープ餃子が作れます。
    GABAN花椒<パウダー> 説明用写真
    仕上げにふったGABAN花椒<パウダー>はピリッとした辛みとさわやかな香りを持つ中国産山椒です。麻婆豆腐、野菜炒めなどによく使われます。花椒(日本語読みで「かしょう」、中国語読みでは「ホアジャオ」)別名:チャイニーズペパーとも呼ばれます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • 鶏むね肉の照り焼き風味唐揚げ<甘辛さっぱり>
    照り焼き唐揚げ 大
    ヘルシーな鶏むね肉の唐揚げを作りました~。今回の下味はいつもの照り焼きダレをアレンジした甘辛味です。醤油+砂糖のコクが加わり、照り照りに揚がります。風味付けにおろししょうが(チューブタイプ)と胡麻油を加えています。さっぱりしたむね肉の美味しさをタレがしっかり引き出して、柔らかくてジューシーな唐揚げが楽しめます。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉(大)1枚  ・お好みの付け合わせ野菜  ・片栗粉大さじ3
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・胡麻油小さじ2
    照り焼き唐揚げ 材料 照り焼き唐揚げ 調味料
    <鶏むね肉の照り焼き風味唐揚げ 下味調味料>
    ・醬油大さじ1  ・酒大さじ1  ・みりん小さじ2  ・砂糖小さじ2

    【下準備】
    ボウルか器に醬油、酒、みりん、砂糖を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.鶏むね肉をひと口大に切り、ボウルに入れます。
    照り焼き唐揚げ 調理① 照り焼き唐揚げ 調理②
    2.<鶏むね肉の照り焼き風味唐揚げ 下味調味料>、おろし生しょうが、胡麻油を
      加えます。

    3.全体をしっかり混ぜ合わせ、15~20分ほど漬け込みます。
    照り焼き唐揚げ 調理③ 照り焼き唐揚げ 調理④
    4.揚げる直前に片栗粉をまぶします。

    5.油温を中温(170度ぐらい)にして鶏むね肉をカラッと揚げます。
    照り焼き唐揚げ 調理⑤ 照り焼き唐揚げ 調理⑥
    6.油をしっかり切り、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付け出来上がりです。

      お好みで下味におろしにんにくを加えても美味しく召し上がれます。

    照り焼き唐揚げ 拡大
    照り焼きダレで下味をつけた「鶏むね肉の唐揚げ」が出来上がりました~。柔らかくてジューシーな鶏むね肉ならではの美味しさが楽しめます。ほど良い甘味のある味付けで、さっぱりした鶏むね肉にはぴったりです~♪

    照り焼き唐揚げ B
    外はカリッと、中はジューシーな鶏むね肉の唐揚げ、お酒にも、お弁当のおかずにもぴったりの一品です。鶏もも肉やささみでも美味しく召し上がれます。お好みの鶏肉を使って、照り焼き唐揚げを味わってみて下さいね~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は、「水菜とちくわの煮物<ほっこり♪>」です。
    ちくわ水菜 大

    【材料(二人分)】
    ・水菜1パックぐらい   ・ちくわ(小)2本
    ちくわ水菜 材料① ちくわ水菜 材料②
    <水菜とちくわの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁200㏄(1カップ)  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ1
    ・薄口醤油大さじ1

    【下準備】
    1.水菜は水洗いして、根元を少し切り落とし、5~6cm位の長さに切ります。
    2.ちくわは斜め切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に<水菜とちくわの煮物 お出汁と調味料>を入れて煮たて、ちくわを
      入れてひと煮たちさせます。
    2.続いて水菜を入れて5~6分煮ます。全体にお出汁と調味料がなじめば
      火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    ちくわ水菜 B
    水菜とちくわの煮物が出来上がりました~。おばんざいの定番は水菜とお揚げ(油揚げ)ですが、今回はうま味のあるちくわと組み合わせした。身近な食材で簡単に出来て、しみじみと味わえる一品です。優しい味わいにほっこり♪

    もう一品は「エリンギとベーコンの炒め物<歯ざわり旨うま>」です。
    エリンギベーコン 大
    歯ざわりの良いエリンギ、しっかりした旨味のベーコンにインゲンを加えて炒め物を作りました~。味付けは鶏がらスープと胡椒です。ベーコンの旨味と香りを移した油でエリンギとインゲンを炒め、ベーコンを戻してあとは味を調えるだけ♪ 味付けも簡単に決まります。食感(歯ざわり)と旨味はもちろんのこと、彩りも楽しめてお箸が進みます~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・エリンギ3本ぐらい  ・ベーコン2枚  ・インゲン8~10本ぐらい
    エリンギベーコン 材料① エリンギベーコン 材料②
    <エリンギとベーコン炒め物 調味料>
    ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)適量  ・胡椒適量

    【下準備】
    1.ベーコンはひと口ぐらいの拍子切りにします。
    2.インゲンは下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って食べやすい長さに切ります。
      エリンギは細切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、弱火でベーコンを炒めて旨味と香りを油に移します。
      ベーコンは別皿に取ります。
    エリンギベーコン 調理① エリンギベーコン 調理②
    2.火加減を中火にしてエリンギを炒めて火を通します。

    3.ベーコンを戻し入れてさっと炒め合わせます。
    エリンギベーコン 調理③ エリンギベーコン 調理④
    4.インゲンを加え、鶏がらスープと胡椒で味を調え、さっと炒めて火を止めます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    エリンギベーコン B
    ベーコンと鶏がらスープの旨味、ほど良い塩分をいかした炒め物が出来上がりました~。具材の美味しさが引き立つ一品です。簡単に出来て、ご飯にもお酒にもピッタリ♪ インゲンの代わりに小松菜、ほうれん草などの青菜でも美味しく召し上がれます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • むね肉の七味ポン酢炒め<さわやかでうま辛♪>
    むね肉の七味ポン酢炒め 大
    ヘルシーな鶏むね肉を使って炒め物を作りました~。味付けはポン酢と七味唐辛子だけの合わせ調味料です。むね肉はしょうがや片栗粉などで下味をつけているので、ジューシーで柔らかい食感が楽しめます。玉ねぎ、ピーマン、パプリカなどの野菜を加えると彩り良く仕上がります。さわやかなポン酢とビリッとした辛さの七味がさっぱりしたむね肉にぴったり♪ 一度試してみて下さい~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(200gぐらい) ・玉ねぎ1/2個 ・ピーマン2個  ・パプリカ(赤)1/3個
    むね肉の七味ポン酢炒め 材料① むね肉の七味ポン酢炒め 材料②
    <鶏むね肉の七味ポン酢炒め 合わせ調味料>
    ・ポン酢?油大さじ2  ・ハウス香り七味適量

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・酒大さじ1  ・胡麻油小さじ1  ・塩、胡椒適量  ・片栗粉大さじ1と1/2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.鶏むね肉は一口ぐらいの削ぎ切りにしてボウルに入れ、<下味調味料>を加えて混ぜます。
    むね肉の七味ポン酢炒め 【下準備】① むね肉の七味ポン酢炒め 【下準備】②
    2.玉ねぎは繊維と逆方向の細切り(幅0.7~0.8mmぐらい)、ピーマンとパプリカ(赤)も
      同じ幅ぐらいの斜め切りにします。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<鶏むね肉の七味ポン酢炒め 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    むね肉の七味ポン酢炒め 調理① むね肉の七味ポン酢炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、鶏むね肉の両面を中火で焼いて火を通し、別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、玉ねぎを入れて炒め合わせます。
    むね肉の七味ポン酢炒め 調理③ むね肉の七味ポン酢炒め 調理④
    4.玉ねぎがしんなりしてきたら、ピーマンとパプリカを加えて炒め合わせます。

    5.鶏むね肉を戻し入れ、全体をさっと炒め合わせます。
    むね肉の七味ポン酢炒め 調理⑤ むね肉の七味ポン酢炒め 調理⑥
    6.<鶏むね肉の七味ポン酢炒め 合わせ調味料>回し入れます。全体を炒め合わせ、調味料が
      具材にからんだら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    むね肉の七味ポン酢炒め 拡大
    ご飯にぴったりのおかず、むね肉の七味ポン酢炒めが出来上がりました~。淡白なむね肉の美味しさを引き出す七味ポン酢でお箸も進みます。さわやかな香りと七味のほど良い辛さがたまりません~♪

    むね肉の七味ポン酢炒め B
    むね肉の下味に片栗粉を加えてあるので、仕上がりに少しトロミがついてうま味を逃しません。材料も調味料も少なく調理も楽々です。むね肉は冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすめですよ~♪

    調味料として使ったハウス香り七味は山椒の香り引き立つ配合です。ミルがついているので、いつでもひきたての香りと辛さを楽しむことができます。原材料の「麻の実」を「しょうが」に変更し、さわやかな香り立ちと辛みを楽しめます。
    ハウス香り七味 説明用写真 ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    むね肉の下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「小松菜とお揚げの優しい味の煮物」です。
    お揚げ小松菜 大

    【材料(二~三人分)】
    ・小松菜1パック  ・お揚げ(油揚げ)1枚 

    <小松菜とお揚げのさっと煮 お出汁と調味料>
    ・お出汁300㏄ ・酒大さじ1 ・みりん大さじ1 ・砂糖小さじ2 ・薄口醤油大さじ1

    【下準備】
    1.小松菜は水洗いして根元の部分を切り落とし、5~6cmの長さに切ります。
    2.お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に<小松菜とお揚げのさっと煮 お出汁調味料>、お揚げ、小松菜の茎の
      部分を入れてひと煮たちさせます。
    お揚げ小松菜 調理① お揚げ小松菜 調理②
    2.小松菜の茎がしんなりしてきたら、小松菜の葉の部分を加えてさっと煮て火を
      止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

    お揚げ小松菜 B
    小松菜とお揚げ(油揚げ)の優しい味の煮物が出来上がりました~。材料を切ってお出汁や調味料で味を調えた煮汁でさっと煮るだけ♪ 身体にも優しくて、飽きのこない味わいが楽しめますよ~♪

    もう一品は「蒸しナスの田楽<普通の合わせ味噌でカンタン♪>」です。
    ナスの田楽 大
    旬の丸ナスをレンジで蒸し、田楽味噌を塗ってレンジグリルで焼き上げました~。味噌はいつものお味噌汁に使う普通の合わせ味噌です。ナスの田楽は焼いてから味噌を塗る調理が一般的ですが、レンジで蒸すと簡単、楽々で出来ます。甘味のあるトロトロのナスにうま味とコクのある味噌がぴったり♪ 口の中いっぱいに美味しさが広がります。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・丸ナス1個  ・白煎り胡麻適量
    ナスの田楽 材料 ナスの田楽 調味料
    <田楽味噌 調味料>
    ・味噌大さじ2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1と1/2  ・砂糖大さじ1

    【作り方】
    1.鍋に田楽味噌の調味料を入れて弱火にかけます。焦がさないように混ぜながら練り合わせ、
      つやが出てきたら火を止めます。
    ナスの田楽 調理① ナスの田楽 調理②
    2.ナスはへたを落とし、横四等分にして水に漬けてアクを抜き、水気を切ります。
      耐熱皿に丸ナス2個を入れてラップをかけ、600Wの電子レンジで5分加熱します。
      残る2個も同様に加熱します。

    3.耐熱板にクッキングシートを敷き、ナスを並べます。ナスに田楽味噌を塗り、レンジグリル、
      またはオーブントースターで田楽味噌に焼き色を付けます。
    ナスの田楽 調理③ ナスの田楽 調理④
    4.器具から取り出し、器に盛り付けます。ナスに白煎り胡麻をふって出来上がりです。
      今回は丸ナスを使いましたが、普通の長ナスを使っても美味しく召し上がれます。

    ナスの田楽 B
    蒸しナスの田楽が出来上がりました~。トロトロに柔らかくなったナスに味噌のうま味とコク、そして香ばしさがたまりません~。ナスにからむ味噌の味、これはもう絶妙です~♪

    ブログのコメント欄は各記事ごとに設定されています。記事(料理名)のタイトルをクリックしていただけると、ページの一番下に表示されます。ご案内が遅くなって申し訳ございません。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • むね肉とナスのうま塩炒め<鶏がらスープ味>
    ナスむね 大
    さっぱりした鶏むね肉と旬のナスを炒め物でいただきました~。味付けは鶏がらスープをベースにした塩味です。むね肉はジューシーで柔らかい食感にするため、おろししょうが(チューブタイプ)や片栗粉でしっかり下味をつけます。ナスはレンジ(シリコン)スチーマーで蒸します。あとは具材を炒め合わせ、合わせ調味料で味を調えるだけ♪ 簡単、超速で出来上がりますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(200gぐらい) ・ナス(小)3本ぐらい ・青しそ(大葉)4~5枚
    ナスと鶏むね肉の塩炒め 材料② ナスと鶏むね肉の塩炒め 材料①
    <むね肉とナスのうま塩炒め 合わせ調味料>
    ・ぬるま湯大さじ2 ・鶏がらスープ(顆粒)小さじ1 ・酒大さじ1 ・塩、胡椒適量
    ・砂糖小さじ1/2

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・酒小さじ2 ・胡麻油小さじ2 ・塩、胡椒適量 ・片栗粉大さじ1と1/2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.鶏むね肉はひと口ぐらいの削ぎ切りにしてボウルに入れ、<下味調味料>を
      加えて混ぜます。
    ナスと鶏むね肉の塩炒め 【下準備】① ナスと鶏むね肉の塩炒め 【下準備】②
    2.ボウルか器に<むね肉とナスのうま塩炒め 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    3.青じそ(大葉)は千切りにします。

    【作り方】
    1.ナスはピーラーでしま目に皮をむき、食べやすい大きさに切って水に10分ほど
      つけてアクを取ります。
    ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理① ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理②
    2.水気がついたままのナスをレンジ(シリコン)スチーマーに入れて蓋をし、600W
      の電子レンジで5分加熱し、粗熱が取れたら水気を切ります。耐熱皿でレンジ
      する場合はラップをかけて加熱して下さい。

    3.フライパンに油を熱し、鶏むね肉の両面を中火で焼いて火を通します。
    ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理③ ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理④
    4.レンジ調理したナスを加えて炒め合わせます。

    5.<むね肉とナスのうま塩炒め 合わせ調味料>を回し入れて味を調えます。
    ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理⑤ ナスと鶏むね肉の塩炒め 調理⑥
    6.さっと炒めて火を止め、器に盛り付けます。青じそ(大葉)の千切りを添えて出来
      上がりです。合わせ調味料は薄味なので、お好みの味に調えて下さい。

    ナスむね 拡大
    むね肉とナスの塩炒めが出来上がりました~。鶏がらスープの塩味がしっかりきいたうま味とコクが味わえる一品です。柔らかいむね肉、トローとした食感のナス、どちらも優しい味わいです~♪

    ナスむね B
    むね肉の下味付けにひと手間かかりますが、ナスはレンジ調理でラクラクです。さっぱりした中に深い味わいが楽しめる炒め物です。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもぴったりです。お酒にも合いますよ~♪
    おうちのみ大使 ビールがすすむ!イチオシおつまみ
    おうちのみ大使 ビールがすすむ!イチオシおつまみ


    副菜の一品目は「わかめときゅうりの酢の物<みょうがもプラス>」です。
    わかめきゅうり 大

    【材料(二人分)】
    ・生、または乾燥わかめ適量  ・きゅうり1/2本ぐらい  ・みょうが1個
    わかめきゅうり 材料① わかめきゅうり 材料②
    <わかめときゅうりの酢の物 合わせ酢調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酢大さじ1と1/2  ・薄口醤油大さじ1/2  ・みりん大さじ1

    【下準備】
    1.生わかめならばそのままザク切り、乾燥わかめならば水で戻してから水気を
      切り、長い場合はザク切りにします。
    2.きゅうりは輪切りにして、塩少々をふり、しんなりすれば水気を絞ります。
      みょうがは縦半分に切ってから斜め細切りにします。

    【作り方】
    1.器に<わかめときゅうりの酢の物 合わせ酢調味料>を入れて混ぜます。
    2.ボウルにきゅうり、みょうが、わかめ、<合わせ酢調味料>を入れて混ぜ、
      器に盛りつけて出来上がりです。

    わかめきゅうり B
    さっばりした酢の物が出来上がりました~。定番のわかめときゅうりに、みょうがのさわやかな香りと歯ざわり(食感)を加えた一品です。身体に優しい酢の物、暑い日もお箸が進みます~♪

    もう一品は「れんこんと豚こまのきんぴら<シャキッ♪>」です。
    れんこん豚こま 大
    身近な根菜のれんこん、家計に優しい豚こまをきんぴらでいただきました~。れんこんはシャキシャキした食感と、口の中で噛みしめるとなめらかな舌触りが美味しいですよね。今回は豚こまを炒めて旨味が加わった油でれんこんをさっと炒め、味にコクを出しました。醤油ベースの味付けですが、しっかりした旨味とコク、そして歯ざわりが楽しめます。身体にも優しい一品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・れんこん適量  ・豚こま(豚こま切れ肉)80~100g  ・白煎り胡麻適量
    れんこん豚こま 材料① れんこん豚こま 材料②
    <れんこんと豚こまのきんぴら 調味料>
    ・水大さじ2 ・顆粒の出汁少々 ・砂糖小さじ2 ・薄口醤油大さじ1 ・酒大さじ1

    【作り方】
    1.れんこんの皮をむき、輪切り、または半月の薄切りにして酢水にさらしてアクを取り、
      10分ほど漬けたら流水で洗って水気を切ります。
    れんこん豚こま 調理① れんこん豚こま 調理②
    2.鍋かフライパンに胡麻油を熱し、豚こまを炒めます。

    3.豚こまに火が通ればれんこんを加えてさっと炒め合わせます。
    れんこん豚こま 調理③ れんこん豚こま 調理④
    4.れんこんに油がなじんだら、<れんこんと豚こまのきんぴら 調味料>。白煎り胡麻
      を加え、汁気がなくなるまで炒め煮にして火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    れんこん豚こま B
    豚こまの旨味と一緒に味わうれんこんのきんぴらが出来上がりました~。シャキッとした歯ざわりが絶妙で、しっかりした味わいがたまりません~。食物繊維もたっぷり♪ 身体に優しい副菜、おすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏むね肉のさっぱり煮<お酢で夏パテ予防>
    むね肉のさっぱり煮 大
    梅雨明けとともに厳しい猛暑が続いていますよね。夏バテ予防と疲労回復にピッタリのさっぱりした煮物を作りました~。食材はヘルシーで家計に優しい鶏むね肉と卵です。下味をつけた鶏むね肉をフライパンで焼き、酢、醤油などで味を調えた煮汁でさっと煮るだけの簡単な煮物です。さわやかでコクのある味付けで食欲もりもり、元気いっぱい、ご飯も進みますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉200~240gぐらい  ・卵2個  ・インゲン7~8本
    むね肉のさっぱり煮 材料① むね肉のさっぱり煮 材料②
    <鶏むねの酸っぱ煮 調味料>
    ・酢100㏄ ・醤油100㏄ ・水100㏄ ・砂糖大さじ2 ・みりん大さじ1 ・酒大さじ1

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・酒小さじ2 ・醤油小さじ2 ・おろししょうが(チューブタイプ)小さじ1 ・片栗粉大さじ2

    【下準備】
    1.お好みの固さのゆで卵を用意します。
    むね肉のさっぱり煮 【下準備】① むね肉のさっぱり煮 【下準備】②
    2.インゲンは下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。

    【作り方】
    1.食べやすい大きさに削ぎ切りした鶏むね肉をボールに入れ、下味調味料を入れて
      15分ぐらい置きます。
    むね肉のさっぱり煮 調理① むね肉のさっぱり煮 調理②
    2.鍋かフライパンに油を熱し、鶏むね肉を入れて両面に焼き色をつけて別皿に取り
      ます。うま味をとじ込め、煮崩れを防げます。

    3.鍋かフライパンをキレイにして、<鶏むねの酸っぱ煮 調味料>を入れて煮立てます。
    むね肉のさっぱり煮 調理③ むね肉のさっぱり煮 調理④
    4.煮立てば鶏むね肉とゆで卵を入れて煮ます。ゆで卵は時々菜箸で転がしながら煮る
      と煮汁の色が全体につきます。

    5.7~8分煮て、全体に調味料の味がしみたら火を止めます。
    むね肉のさっぱり煮 調理⑤ むね肉のさっぱり煮 調理⑥
    6.器に盛り付け、煮汁をかけます。インゲンをちらして出来上がりです。

    むね肉のさっぱり煮 拡大
    鶏むね肉の酸っぱ煮(さっぱり煮)が出来上がりました~。柔らかくてジューシーなむね肉のうま味、ホロッとする煮卵の美味しさがたまりません~。お酢パワーで猛暑を乗り切りましょうね~♪

    むね肉のさっぱり煮 B
    定番の鶏手羽元の酸っぱ煮(さっぱり煮)も大好きですが、ヘルシーなむね肉もおすすめです~。おかず、お酒の肴、お弁当にもぴったりの一品です。夏パテ予防、疲労回復にぜひぜひ、味わってみて下さいね~♪
    おうちのみ大使 ビールがすすむ!イチオシおつまみ
    おうちのみ大使 ビールがすすむ!イチオシおつまみ


    副菜の一品目は「枝豆とトマトの夏サラダ<胡麻オイルドレッシング>」です。
    枝豆トマト 大

    【材料(二人分)】
    ・ゆでた枝豆適量  ・トマト1個  ・きゅうり1/3本ぐらい  ・みょうが1個
    枝豆トマト 材料② 枝豆トマト 材料①
    <胡麻オイルドレッシング 調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・酢大さじ1  ・醤油小さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<胡麻オイルドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    2.枝豆は熱湯で5~6分ほど塩ゆでして粗熱を取り、さやから豆を出して粗みじん
      切りにします。きゅうりは5mm幅の銀杏切り、みょうがは細切りにします。

    【作り方】
    1.ボウルに枝豆、きゅうり、みょうがを入れ、<胡麻オイルドレッシング 調味料>
      を入れて混ぜます。
    2.トマトはひと口位の食べやすい大きさに切り、器に盛り付けます。トマトの上に
      1の野菜を盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がりです。

    枝豆トマト B
    旬の枝豆、トマト、みょうが、きゅうりを使った夏野菜サラダが出来上がりました~。胡麻油、オリーブオイル、酢で作ったドレッシングとの相性も良く、味わい深い野菜サラダ、おすすめです~♪

    もう一品は「ゴーヤとハムのピリ辛和え<ほど良い酸味♪>」です。
    ゴーヤ 大
    旬のゴーヤと身近な食材のハムを使って和え物を作りました~。味付けは豆板醤(トウバンジャン)の辛味と胡麻油、酢などで作った中華風のピリ辛ダレです。ゴーヤのほど良い苦味と、うま味のあるハムに、風味豊かなタレがぴったり合います。暑くて食欲が無いときでも、お箸が進む一品です。お酒の肴、お弁当のおかずにもおすすめです。一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・ゴーヤ1/2~1/3本ぐらい  ・ハム2~3枚
    ゴーヤ 材料① ゴーヤ 材料②
    <ゴーヤとハムのピリ辛和え 合わせ調味料>
    ・豆板醤小さじ1ぐらい  ・酢大さじ1と1/2  ・醤油大さじ1/2  ・酒大さじ1/2
    ・砂糖小さじ1  ・胡麻油大さじ1/2

    【作り方】
    1.手鍋に<ゴーヤとハムのピリ辛和え 調味料>を入れて煮立て、沸いたら
      火を止めて粗熱を取ります。
    ゴーヤ 調理① ゴーヤ 調理②
    2.ゴーヤは縦半分に切って種を取り除き、3~4mm幅ぐらいに切ります。
      塩をふって、少しおいてから水で軽く洗います。

    3.鍋に熱湯を沸かし、ゴーヤを入れて1分ほど下ゆでして冷水に放ち、水気を
      しっかり切ります。
    ゴーヤ 調理③ ゴーヤ 調理④
    4.ボウルにゴーヤとハムを入れます。<ゴーヤとハムのピリ辛和え 調味料>
      を加えて良く混ぜ合わせます。器に盛り付けて出来上がりです。

      辛さは豆板醤の量で調整して下さい。

    ゴーヤ B
    ゴーヤとハムのピリ辛和えが出来上がりました~。ゴーヤのほどよい苦味を辛味と酸味がきいたタレが引き立ててくれます。ビールなどのお酒にもピッタリ♪ 少し冷やしてから召し上がるとさらに美味しいですよ~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ねり胡麻が香るバンバンジー<棒々鶏>
    バンバンジー 大
    ヘルシーな鶏むね肉を使った中華の定番料理、バンバンジー<棒々鶏>を作りました~。むね肉はレンジ調理、タレはねりスパイスを使うとカンタン・ラクラクで作れます。さっぱりしたむね肉にねり胡麻、おろししょうが、辣油(ラーユ)などのスパイスの風味がぴったり♪ 旬のトマトやきゅうりと一緒に味わうと、旨味が口の中に広がります~。風味豊かなバンバンジー、おすすめです。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(200gぐらい) ・長ねぎの青い部分1本分 ・しょうが(スライス)5枚
    ・トマト1個  ・きゅうり1/2本
    バンバンジー 材料① バンバンジー 材料②
    <バンバンジー(棒々鶏)のタレ 材料と調味料>
    ・長ねぎ(みじん切り)大さじ3 ・醤油大さじ1 ・砂糖大さじ1/2 ・酢大さじ1
    ・胡麻油小さじ1 ・お好みで辣油(ラーユ)小さじ1 ・ハウスおろし生しょうが小さじ1
    ・ハウス白ねり胡麻大さじ2  

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・塩、胡椒適量 ・酒大さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<バンバンジー(棒々鶏)のタレ 材料と調味料>を入れます。
    バンバンジー 【下準備】① バンバンジー 【下準備】②
    2.全体を混ぜ合わせてバンバンジーのタレの出来上がりです。

    【作り方】
    1.レンジスチーマー(シリコンスチーマー)に鶏むね肉を入れ、塩、胡椒、酒をふります。
      長ねぎの青い部分としょうが(スライス)を入れます。
    バンバンジー 調理① バンバンジー 調理②
    2.600Wのレンジで約3分加熱します。スチーマーの代わりに耐熱皿を使う場合はラップ
      をかけて調理します。加熱時間は鶏むね肉の重量によって調整して下さい。

    3.レンジ調理したむね肉の写真です。
    バンバンジー 調理③ バンバンジー 調理④
    4.むね肉の中まで火が通ったら粗熱を取り、食べやいす大きさに切るか、手で裂きます。
      トマトは半月、きゅうりは細切りにします。

    5.器にトマトを円を書くように盛り付け、上にきゅうりをのせます。
    バンバンジー 調理⑤ バンバンジー 調理⑥
    6.きゅうりの上にむね肉を盛り付け、<バンバンジーのタレ>をかけて出来上がりです。

    バンバンジー 拡大
    ねり胡麻、しょうが、辣油(ラーユ)などの風味がきいた「バンバンジー(棒々鶏)」が出来上がりました~。レンジとねりスパイスを使うと手間もかからず、カンタンに出来るのがうれしい一品です。旨味&コクたっぷりでお箸も進みます~♪

    バンバンジー B
    ヘルシーなねり胡麻を使ったタレで味わい深いバンバンジーがおうちで楽しめます。さっぱりしたむね肉にしっかりした味のタレ、もう相性抜群の一品です。レンジ調理で暑い日もラクラクで作れますよ~♪

    タレに使ったハウス「白ねり胡麻」はなめらか仕立てで、白胡麻の香りと風味が手軽に楽しめます。野菜の白あえ、バンバンジー、冷やし中華(冷麺)など幅広く手軽に使えます。
    ハウス白ねり胡麻 説明用写真 ハウス辣油 説明用写真
    同じく、ハウス「辣油(ラーユ)」は純正ごま油を100%使用し、唐がらしの辛みをブレンドした辣油です。液だれしないワンプッシュキャップ、ごま油の風味もたっぷりです。

    副菜の一品目は「インゲンとさつま揚げの煮物<旬の味わい>」です。
    さつまインゲン 大

    【材料(二人分)】
    ・インゲン(三度豆)8~10本  ・さつま揚げ3~4個
    さつまインゲン 材料① さつまインゲン 材料②
    <インゲンとさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁400㏄  ・酒大さじ1と1/2  ・砂糖小さじ2  ・薄口醤油大さじ1と1/2

    【下準備】
    1.インゲンは熱湯で下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って食べやすい長さに切ります。
    2.さつま揚げは1cm幅位の拍子切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に<インゲンとさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>を入れ、煮立てばさつま
      揚げを入れて弱火で煮ます。
    2.さつま揚げに火が通ればインゲンを加えて煮ます。いんげんが柔らかくなれば
      火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    さつまインゲン B
    旬のインゲン、旨味のあるさつま揚げの煮物が出来上がりました~。柔らかくて甘味のある、この時期ならではの優しい味わいが楽しめます。さつま揚げの旨味がインゲンにしみてほっこり♪ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~。

    もう一品は「タコと青梗菜の酢の物<夏のおすすめ>」です。
    タコ青梗 大
    旬のタコにヘルシーでクセのない青梗菜(チンゲンサイ)を組み合わせた酢の物を作りました~。かむほどにうま味が味わえるタコ、さっぱりした青梗菜は相性抜群です。今回は風味付けにみょうがの千切りも加えました。定番のきゅうりも美味しい味わいですが、やわらかく下ゆでした青梗菜もおすすめです。暑い日もお箸の進む酢の物で食欲も落ちません。一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・タコの足(小)2本ぐらい  ・青梗菜(小)2株  ・みょうが1個
    タコ青梗 材料① タコ青梗 材料②
    <タコと青梗菜の酢の物 合わせ酢調味料>
    ・酢大さじ1と1/2  ・薄口醤油小さじ2  ・みりん小さじ2

    【作り方】
    1.青梗菜は根元の部分をよく洗ってから食べやすい大きさに切ります。鍋に熱湯を
      沸かし、青梗菜をさっとゆでてザルにあげ、粗熱を取って水気を絞ります。
    タコ青梗 調理① タコ青梗 調理②
    2.ボウルか器に<タコと青梗菜の酢の物 合わせ酢調味料>を入れて混ぜます。

    3.ボウルにひと口ぐらいに切ったタコ、青梗菜、みょうがの千切りを入れます。
    タコ青梗 調理③ タコ青梗 調理④
    4.合わせ酢を加えて混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

    タコ青梗 B
    タコと青梗菜の酢の物が出来上がりました~。カンタンに出来て、タコのうま味と青梗菜のさっぱりした味わい、緑が映える色合いが楽しめます。ご飯にもお酒にも合いますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏むね肉のカイエンペパーソテー<唐辛子風味>
    むね肉のディアブル風 大
    ヘルシーでさっぱりした鶏むね肉のソテーを作りました~。味付けは塩、赤唐辛子を微粉末状にしたカイエンペパー、ブラックペパーです。和の言葉だと「ピリ辛唐辛子焼き」でしょうか。唐辛子は辛みだけではなく独特の香味があり、料理のうまみを増す効果も大です。淡白なむね肉にしっかりした味と香りが合わさり、お箸が進みます。ぜひぜひ、唐辛子を使ってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉200~240gぐらい  ・お好みの付け合わせ野菜
    ・お好みでパセリ(またはチャーピル)のみじん切り適量
    むね肉のディアブル風 材料 むね肉のディアブル風 調味料
    <カイエンペパーソテー 調味料>
    ・塩適量  ・GABANカイエンペパー適量  ・GABANブラックペパー適量

    ※カイエンペパーの代わりに一味唐がらし、レッドペパー、あらびきチリペパーもOKです。

    【作り方】
    1.鶏むね肉1枚を皮をつけたまま半分(1/2)に切ります。
    むね肉のディアブル風 調理① むね肉のディアブル風 調理②
    2.両面に塩、ブラックペパー(黒胡椒)をふります。

    3.続いてカイエンペパーを両面にふります。
    むね肉のディアブル風 調理③ むね肉のディアブル風 調理④
    4.フライパンにオリーブオイルを熱し、中火でむね肉の皮面から焼きます。

    5.皮がパリッと焼けたら裏返して身側を焼いて火を通します。
    むね肉のディアブル風 調理⑤ むね肉のディアブル風 調理⑥
    6.器にお好みの付け合わせ野菜と一緒に盛り付けて出来上がりです。
      お好みでパセリ(またはチャーピル)のみじん切りをふります。  
      唐辛子の辛さはカイエンペパーの量で調整して下さい。

    むね肉のディアブル風 拡大
    鶏むね肉のカイエンペパーソテーが出来上がりました~。カイエンペパー(赤唐辛子)のほど良い辛さと香りがしっかりきいています。辛味のある料理で元気が出るおすすめの一品です♪

    むね肉のディアブル風 B
    むね肉の外はカリッと、中の身はジューシーで柔らかく焼き上がりました。食べやすい大きさに切ってソテーすれば、お弁当のおかずにもぴったりです。鶏もも肉、豚ロース肉でも美味しく召し上がれます。一度味わってみて下さいね~♪

    GABANカイエンペパー<パウダー>の定義には諸説ありますが、日本で流通しているものは、大半が赤く辛い微粉末の唐辛子です。一味唐がらしやレッドペパーと同様に使えますが、粒子が細かいため、辛みや風味がシャープに感じられます。また、辛みだけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果もあります。
    カイエンペパー 説明用写真 ブラックペパー 説明用写真
    同じく、GABANブラックペパー<パウダー>は成熟したコショーの実をパウダーにしたとてもポピュラーなスパイスです。炒めもの、煮込み料理などに香りとピリッとした辛味が加わります。ジャーマンポテト、ビーフシチューにもおすすめです。

    GABANカイエンペパー<パウダー>はハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 ワインと手軽な一皿で家バルを楽しもう♪」でいただきました。おいしいバッファローチキンが出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    おうちバル料理レシピ
    おうちバル料理レシピ  スパイスレシピ検索

    副菜の一品目は「ジャガイモとベーコンの4種ペパーソテー」です。
    し゜ゃがベーコン 大

    【材料(二人分)】
    ・ジャガイモ(大)1個  ・ベーコン2枚  ・玉ねぎ(小)1/2個
    じゃがベーコン 材料① じゃがベーコン 材料②
    <ジャガイモとベーコンの4種ペパーソテー 調味料>
    ・ハウス香りソルト<4種のペパーミックス>適量

    【下準備】
    1.ジャガイモは皮をむき、6~7mm位の厚さの半月に切り、水に漬けてアクを取ります。
      玉ねぎは繊維と逆方向の細切り(幅は7~8mm)、ベーコンは食べやすいひと口ぐ
      らいに切ります。
    2.耐熱皿にじゃがいもを入れ、ラップをかけて600Wのレンジで3分加熱します。
      (熱湯でゆでてもOKです。)

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンと玉ねぎを炒めます。玉ねぎがしんなり
      してきたら、ジャガイモを加えてさっと炒めます。
    2.全体にオリーブオイルがなじんだら、香りソルト<4種ペパーミックス>をふって味を
      調えます。器に盛り付けて出来上がりです。

    じゃがベーコン B
    ベーコンのうま味と4種ペパーの風味で味わうジャガイモのソテーが出来上がりました~。ジャガイモ、ベーコン、玉ねぎ組み合わせは相性抜群です。お酒にもぴったりの一品、おすすめです~♪
    ハウス香りソルト<4種のペパーミックス>説明用写真
    味付けに使ったハウス香りソルト<4種のペパーミックス>は、ブラックペパーのきりりとした辛味を中心に、グリーンペパー、ピンクペパー、レッドペパーがブレンドされています。これ1本でお料理がスパイシーで、カラフルな仕上がりになります。

    もう一品は「さつま揚げとキャベツのサラダ<胡麻ポン風味>」です。
    さつま揚げコールスロー 大
    さつま揚げ、キャベツ、きゅうりの三品でサラダを作りました~。魚のすり身などで作られる「さつま揚げ」は煮ても焼いても美味しい食材ですが、そのままいただくとしっかりした甘味が味わえます。ドレッシングは胡麻油とポン酢醤油を合わせた「胡麻ポン」です。旨味のあるさつま揚げ、さっぱりしたキャベツときゅうりにさわやかなでコクのあるドレッシングがぴったり♪お酒にも合いますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・さつま揚げ適量  ・キャベツ1/8個ぐらい ・きゅうり5cmぐらい
    さつま揚げコールスロー 材料① さつま揚げコールスロー 材料②
    <胡麻ポンドレッシング 調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    【作り方】
    1.ボウルか器に<胡麻ポンドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    さつま揚げコールスロー 調理① さつま揚げコールスロー 調理②
    2.キャベツは千切り、きゅうりは細切りにして冷水に放ち、シャキッとさせてから
      しっかり水気を切ります。

    3.さつま揚げは食べやすい大きさの薄切りにします。
    さつま揚げコールスロー 調理③ さつま揚げコールスロー 調理④
    4.ボウルにさつま揚げ、キャベツ、きゅうりを入れ、<胡麻ポンドレッシング 調味料>
      を加えて全体を混ぜます。器に盛り付けて出来上がりです。

    さつま揚げコールスロー B
    さつま揚げの旨味とシャキッとした野菜の歯ざわりを楽しむサラダが出来上がりました~。ほど良い甘味、さっぱりした味わいでお箸(フォーク)の進む一品てす。さつま揚げの旨味がアクセントになり、どのような料理にも合います。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏むね肉のジューシー唐揚げ<下味におろし玉ねぎ>
    胸肉のジューシー唐揚げ 大
    ヘルシーな鶏むね肉を唐揚げでいただきました~。下味にすりおろした玉ねぎを加えると、柔らかくてジューシーな唐揚げが楽しめます。玉ねぎの自然の甘味が加わることで、さっぱりした鶏むね肉のうま味が引き出されますよ~。おろししょうが、おろしにんにく、胡麻油など、しっかり下味をつけてカラッと揚げるだけ♪玉ねぎをすりおろすのにひと手間かかりますが、一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉(大)1枚  ・お好みの付け合わせ野菜  ・片栗粉大さじ3
    胸肉のジューシー唐揚げ 材料① 胸肉のジューシー唐揚げ 材料②
    <鶏むね肉のジューシー唐揚げ 下味調味料>
    ・玉ねぎ1/4個  ・酒小さじ2  ・醤油小さじ2  ・胡麻油小さじ2  ・黒胡椒適量
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・ハウスおろし生にんにく小さじ1/2

    【作り方】
    1.鶏むね肉をひと口大に切り、ボウルに入れます。
    胸肉のジューシー唐揚げ 調理① 胸肉のジューシー唐揚げ 調理②
    2.玉ねぎをすりおろし、他の下味調味料を用意します。

    3.鶏むね肉に下味調味料を加えて混ぜます。
    胸肉のジューシー唐揚げ 調理③ 胸肉のジューシー唐揚げ 調理④
    4.片栗粉を加えて混ぜ合わせ、15~20分ほど漬け込みます。

    5.油温を中温(170度ぐらい)にして鶏むね肉をカラッと揚げます。
    胸肉のジューシー唐揚げ 調理⑤ 胸肉のジューシー唐揚げ 調理⑥
    6.油をしっかり切り、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付け出来上がりです。

    胸肉のジューシー唐揚げ 拡大
    下味におろし玉ねぎを加えた「鶏むね肉の唐揚げ」が出来上がりました~。柔らかくてジューシーな鶏むね肉ならではの美味しさが楽しめます。しっかりした下味は淡白な鶏むね肉にぴったりです~♪

    胸肉のジューシー唐揚げ B
    外はカリッと、中はジューシーな鶏むね肉の唐揚げ、お酒にもぴったりの一品です。鶏もも肉やささみでも美味しく召し上がれます。お好みの鶏肉を使って、おろし玉ねぎを加えた唐揚げを味わってみて下さいね~♪

    下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウスおろし生にんにく 説明用写真
    同じく、ハウスおろし生にんにくはすりおろしたにんにくの風味。素材をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「甘塩鮭ときゅうりの酢の物<みょうが添え>」です。
    甘塩鮭 大
    【材料(二人分】
    ・甘塩鮭1枚  ・きゅうり1/2本  ・みょうが1個

    <酢の物 合わせ酢>
    ・酢大さじ1と1/2 ・お出汁大さじ1 ・薄口醤油小さじ1 ・砂糖小さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に、<酢の物 合わせ酢>を入れて混ぜます。
    2.きゅうりは輪切りにして塩(分量外)少々をふってもみ、10分置いて水気を絞ります。
      みょうがは細切りにします。

    【作り方】
    1.甘塩鮭は魚焼きグリル、焼き網、レンジグリル等で火を通します。
      焼き上がれば粗熱を取り、骨、小骨等を取り除き、身をほぐします。
    甘塩鮭 調理① 甘塩鮭 調理②
    2.ボウルにほぐした塩鮭、きゅうり、みょうがを入れ、<合わせ酢>を加えて和え、
      器に盛り付け出来上がりです。合わせ酢はお好みで味を調えて下さい。

    甘塩鮭 B
    甘塩鮭ときゅうりの酢の物が出来上がりました~。さわやかなみょうがの風味がきいてお箸が進みます。塩鮭が余っているときはぜひぜひ、試してみて下さいね♪

    もう一品は「湯引きレタスのオイスターソース風味」です。
    湯引きレタス 大
    このところ、レタスの価格が安定しているのでうれしいですよね。シャキッとしたみずみずしいレタスをさっとゆで、オイスターソースなどで作った中華風のタレをかけていただきました~。タレの調味料はオイスターソース、鶏がらスープ(顆粒)、胡麻油、砂糖、酒です。生で味わうレタスとはひと味違うシンプルな美味しさが楽しめます。しっかりしたタレで、レタスがいくらでも召し上がれますよ~♪

    【材料(二人分】
    ・レタス1/2玉ぐらい
    湯引きレタス 材料 湯引きレタス 調味料
    <レタスの湯引き タレ調味料>
    ・オイスターソース大さじ1  ・鶏がらスープ(顆粒)ほんの少々 ・胡麻油小さじ2
    ・砂糖小さじ1  ・酒大さじ1


    【作り方】
    1.手鍋に<レタスの湯引き タレ調味料>を入れて煮立て、沸騰したら火を止めます。
    湯引きレタス 調理① 湯引きレタス 調理②
    2.レタスは食べやすい大きさ(5cm角ぐらい)にちぎります。

    3.大き目の鍋にお湯をわかします。沸騰しているお湯の中にレタスを入れます。
    湯引きレタス 調理③ 湯引きレタス 調理④
    4.20秒ぐらい加熱したら取り出し、水気をしっかり切ってお皿に盛り付けます。
      <レタスの湯引き タレ調味料>を適量かけて出来上がりです。

      時間を置くとレタスが変色するので、ゆでたら直ぐに召し上がって下さい。
      タレは薄味です。お好みで醤油を加えてもOKです。

    湯引きレタス B
    中華風のタレで味わう湯引きレタスが出来上がりました~。レタスを湯引きする際、熱湯にサラダ油、塩を加える調理方法もありますが、今回はシンプルに何も加えずにゆでました。タレは作らず、そのままオイスターソースをかけて召し上がっても美味しいです。オイスターソースの代わりにポン酢でもOKですよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 蒸し鶏の胡麻ポンしょうがドレッシング和え
    棒々鶏 大
    ヘルシーな鶏むね肉をレンジで調理し、さわやかでコクのあるドレッシングで和えました。調味料は粗切りおろししょうが、胡麻油、ポン酢です。むね肉は塩、胡椒で下味をつけ、酒、長ねぎの青い部分と一緒に加熱します。しっかり下味をつけた柔らかいむね肉、しょうがと胡麻の風味がきいた調味料、相性抜群の組み合わせです。バンバンジー(棒々鶏)風の盛り付けにすると食欲をそそりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉(中)1枚220g ・長ねぎの青い部分1本分 ・トマト1個 ・きゅうり1/2本
    棒々鶏 材料 棒々鶏 調味料
    <胡麻ポンしょうがドレッシング 調味料>
    ・ハウス本きざみ粗切り生しょうが大さじ1 ・胡麻油大さじ1 ・ポン酢醤油大さじ1と1/2

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・塩、胡椒適量  ・酒大さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<胡麻ポンしょうがドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    棒々鶏 【下準備】① 棒々鶏 【下準備】②
    2.トマトは薄くスライスして半月にします。きゅうりは細切りにします。

    【作り方】
    1.鶏むね肉に塩、胡椒で下味をつけます。鶏むね肉、長ねぎの青い部分をレンジ
      スチーマー(シリコンスチーマー)に入れ、酒大さじ1をふります。
    棒々鶏 調理① 棒々鶏 調理②
    2.600Wのレンジで約3分加熱します。スチーマーの代わりに耐熱皿を使う場合はラップ
      をかけて調理します。加熱時間は鶏むね肉の重量によって調整して下さい。

    3.鶏むね肉の中まで火が通ったら粗熱を取り、食べやすい長さに切るか、手で裂きます。
    棒々鶏 調理③ 棒々鶏 調理④
    4.ボウルに鶏むね肉、きゅうりを入れます。

    5.<胡麻ポンしょうがドレッシング 調味料>を加えて和えます。
    棒々鶏 調理⑤ 棒々鶏 調理⑥
    6.器にトマトを円を書くように盛り付け、上に具材を盛りつけて出来上がりです。

    棒々鶏 拡大
    さっぱりした鶏むね肉ときゅうりの胡麻ポンしょうがドレッシング和えが出来上がりました~。身近な材料とレンジを使ってカンタンに出来る一品です。さわやかでコクのある美味しさが楽しめますよ~♪

    棒々鶏 B
    今回はトマトを敷いてバンバンジー(棒々鶏)風の盛り付けにしました。赤いトマトの上でむね肉ときゅうりが映えます。彩りもキレイでお箸が進みます。お酒にもぴったりの一品を味わってみて下さいね~♪
    ハウス本きざみ粗切り生しょうが 説明用写真
    ハウス本きざみ粗切り生しょうがは粗く大きくきざんだしょうがのシャキシャキ食感が味わえる、のっけて食べる薬味です。冷奴、いかの刺身、焼きなすなどにおすすめ。しょうが焼きなどの調理にもお役立ち。辛さひかえめ、無着色です♪

    野菜料理は「ほうれん草とベーコンの黒胡椒<ヘルシー♪>」です。
    ほうれん草ベーコン 大
    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パックぐらい  ・ベーコン2枚

    <ほうれん草とベーコンの黒胡椒炒め 調味料>
    ・塩適量  ・GABANブラックペパー適量

    【下準備】
    1.ほうれん草はさっと下ゆでして冷水に放ち、水気を絞って食べやすい長さに切ります。
    2.ベーコンはひと口ぐらいの拍子切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンにオリーブオイルを熱し、ベーコンを炒めます。
    ほうれん草ベーコン 調理① ほうれん草ベーコン 調理②
    2.ベーコンの香りがオイルに移ったらほうれん草を加えて炒め合わせます。塩、黒胡椒
      を適量ふって味を調えます。火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    ほうれん草ベーコン B
    ほうれん草とベーコンの炒め物が出来上がりました~。定番の料理ですが、相性抜群の組み合わせです。ブラックペパー(黒胡椒)のほど良い辛味が具材の美味しさを引き立ててくれますよ~♪
    GABANブラックペパー 説明用写真
    味付けに使ったGABANブラックペパー<パウダー>は成熟したコショーの実をパウダーにしたとてもポピュラーなスパイスです。炒めもの、煮込み料理などに香りとピリッとした辛味が加わります。ジャーマンポテト、ビーフシチューにもおすすめです。

    ご飯ものは「唐揚げ粉で作るチャーハン<余り調味料で簡単>」です。
    唐揚げ粉炒飯 大
    市販の唐揚げ粉を使ってチャーハン(炒飯)を作りました~。具材にまぶして揚げるだけの唐揚げ粉をチャーハンの味付けに使いました。便利ではあるものの意外と余ることも多い粉、いろいな料理に使えます。唐揚げ粉にはスパイス、調味料、うま味エキスがブレンドされています。パラパラに炒めたご飯に唐揚げ粉、酒、少量の醤油で味を調えると、うま味たっぷりの炒飯が出来上がりますよ~♪

    【材料(二人分)】
    ・ご飯二人分 ・焼豚かハム50gぐらい ・長ねぎ/2本 ・卵1個
    唐揚げ粉炒飯 材料 唐揚げ粉炒飯 調味料
    <唐揚げ粉で作るチャーハン 味付け調味料>
    ・市販の唐揚げ粉大さじ1  ・醤油小さじ2  ・酒小さじ2

    【下準備】
    1.焼豚(またはハム)は角切りにします。
    2.長ねぎはみじん切り、卵は溶き卵にします。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、溶き卵を流し入れます。中火で良くかき混ぜながら半熟にします。
      ご飯を加え、しっかり炒め合わせます。
    唐揚げ粉炒飯 調理① 唐揚げ粉炒飯 調理②
    2.ご飯がパラパラになれば、焼豚(またはハム)、長ねぎのみじん切りを加えて炒めます。

    3.全体に油がなじんだら唐揚げ粉、醤油、酒で味を調えます。
    唐揚げ粉炒飯 調理③ 唐揚げ粉炒飯 調理④
    4.さっと炒め合わせて火を止めます。器に盛り付け、お好みで青ねぎの小口切りをちらして
      出来上がりです。味付けは薄味なので、唐揚げ粉の量で味を調えて下さい。

    唐揚げ粉炒飯 B
    市販の唐揚げ粉を使ったチャーハンが出来上がりました~。シンプルな具材と調味料で作る簡単チャーハンです。風味豊かな味わいが楽しめますよ~。チャーハン以外にも焼きそばや野菜炒めの味付け、ソテーの下味などにも使えます。唐揚げ粉が余っていたら、ぜひぜひ試してみて下さいね。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 鶏むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 大
    ヘルシーな鶏むね肉とほうれん草を使った炒め物のご紹介です~。味付けは顆粒のコンソメスープとブラックペパー(黒胡椒)を使いました。むね肉に下味をつけて炒めると、仕上げの調味料はコンソメと黒胡椒だけでOKです。柔らかくてジューシーなむね肉、栄養満点のほうれん草にコンソメのコクと黒胡椒のキリッとした辛味がバッチリ合います。さっぱりした中にほど良いうま味を感じさせる一品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・鶏むね肉1枚(200gぐらい) ・ほうれん草1/2パック  ・にんじん少々
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 材料① むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 材料②
    <鶏むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調味料>
    ・顆粒のコンソメスープ1/2本ぐらい  ・GABANブラックペパー適量

    <鶏むね肉 下味調味料>
    ・酒小さじ2 ・オリーブオイル小さじ2 ・塩、胡椒適量 ・片栗粉大さじ1と1/2
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.鶏むね肉は一口ぐらいの削ぎ切りにしてボウルに入れ、<下味調味料>を加えて
      混ぜます。にんじんは拍子切りにします。
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 【下準備】① むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 【下準備】②
    2.顆粒のコンソメスープとブラックペパー(黒胡椒)を用意しておきます。

    【作り方】
    1.水洗いしたほうれん草をさっとゆでて冷水に放ちます。
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理① むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理②
    2.粗熱が取れたら水気を絞り、5~6cmぐらいの食べやすい長さに切ります。

    3.フライパンに油を熱し、鶏むね肉の両面を中火で焼いて火を通します。
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理③ むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理④
    4.ほうれん草とにんじんを加えて炒め合わせます。

    5.顆粒のコンソメスープとブラックペパー(黒胡椒)で味を調えます。
    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理⑤ むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 調理⑥
    6.さっと炒めて火を止め、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
      コンソメスープの量でお好みの味に調えて下さい。

    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め 拡大
    鶏むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒めが出来上がりました~。コンソメのコクとブラックペパーの辛味がさっぱりしたむね肉の味をしっかりと引き立ててくれます。ほうれん草と組み合わせると栄養バランスも抜群です~♪

    むね肉とほうれん草のコンソメペパー炒め B
    鶏むね肉の下味に片栗粉をまぶしてから炒めるとジューシーで柔らかいお肉が楽しめます。むね肉は冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすめです。いつもとひと味違うコンソメペパー炒めを味わってみて下さいね~♪
    GABANブラックペパー 説明用写真
    味付けに使ったGABANブラックペパー<パウダー>は成熟したコショーの実をパウダーにしたとてもポピュラーなスパイスです。炒めもの、煮込み料理などに香りとピリッとした辛味が加わります。ジャーマンポテト、ビーフシチューにもおすすめです。

    副菜の一品目は「生わかめと大根の酢の物<さっぱり>」です。
    わかめの酢の物 大
    【材料(二人分)】
    ・生わかめ適量  ・大根ほんの少々  ・きゅうり1/3本
    わかめの酢の物 材料 わかめの酢の物 調味料
    <酢の物 合わせ調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酢大さじ1  ・薄口醤油小さじ1  ・みりん大さじ1/2

    【作り方】
    1.ボウルか器に<わかめと大根の酢の物 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    2.きゅうりは輪切りにして塩少々(分量外)をふり、しばらく置いて水気を絞ります。
      大根は細切りにします。わかめは食べやすい大きさに切ります。
    3.ボウルにわかめ、大根、きゅうりを入れ、<酢の物 合わせ調味料>を入れて
      混ぜ合わせ、器に盛りつけて出来上がりです。

    わかめの酢の物 B
    旬の生わかめ(春わかめ)を使った酢の物が出来上がりました~。この時期の生わかめは柔らかくて味もしっかりしています。磯の香りが漂うさっぱりしたわかめの酢の物、お箸も進みます~♪

    もう一品は「タコと青梗菜のわさび醤油和え<歯ざわり抜群>」です。
    タコ青梗菜 大
    かむほどにうま味が味わえるタコ、さっぱりした青菜の青梗菜で和え物を作りました~。今回の味付けは辛さ控えめの粗切り生わさびと醤油です。青梗菜はさっと下ゆですると甘味が出ます。歯ざわりの良いタコ、優しい味わいの青梗菜にわさび醤油の辛味とコクが合わさってさっぱりした副菜に仕上がります。タコの酢の物も大好きですが、シンプルなわさび醤油の味わいもおすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・タコの足1~2本  ・青梗菜(大)1株(小さい青梗菜なら2株)
    タコ青梗菜 材料① タコ青梗菜 材料②
    <タコと青梗菜のわさび醤油和え 調味料>
    ・醤油小さじ2  ・ハウス本きざみ粗切り生わさび適量

    【作り方】
    1.青梗菜は根元の部分をよく洗ってから食べやすい大きさに切ります。
    タコ青梗菜 調理① タコ青梗菜 調理②
    2.鍋に熱湯を沸かし、青梗菜をさっとゆでてザルにあげ、粗熱を取って水気を絞ります。

    3.ボウルか器に<タコと青梗菜のわさび醤油和え 調味料>を入れて混ぜます。
    タコ青梗菜 調理③ タコ青梗菜 調理④
    4.ボウルにひと口ぐらいに切ったタコ、水気を絞った青梗菜を入れ、わさび醤油を加えて
      混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

    タコ青梗菜 B
    タコと青梗菜のわさび醤油和えが出来上がりました。カンタンに出来て、タコのうま味と青梗菜のさっぱりした味わいが楽しめます。ご飯にもお酒にも合う、ヘルシーな副菜を試してみて下さいね~♪
    ハウス本きざみ粗切り生わさび 説明用写真
    味付けに使ったハウス本きざみ粗切りわさびは粗くきざんだわさび茎のシャキシャキ食感と香り立ちが味わえる、のっけて食べる薬味(わさび調整品)です。辛さひかえめ、無着色です。ステーキ、ローストビーフ、手巻き寿司、うなぎ、山芋などにおすすめです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング