2017-05- / 04-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>06-

2017.05.15 (Mon)

こんぶ巻きとたけのこの炊き合わせ<カンタン♪>

こんぶ巻き 大
市販の味付きこんぶ巻き、たけのこの水煮を使って炊き合わせを作りました。味付きこんぶ巻きは醤油と砂糖でが味付けがされているので、水を加えて浸してから煮るだけで作れます。別の鍋にお出汁と調味料を加えてたけのこの水煮に味を含ませるとカンタンに炊き合わせが出来上がります。優しい味わいと風味がしっかりした柔らかい昆布のうま味がおうちで楽しめますよ~♪

【材料(三~四人分)】
・市販の味付きこんぶ巻き1袋 ・たけのこの水煮100g ・お好みで型抜きにんじん適量
こんぶ巻き 材料① こんぶ巻き 材料②
<こんぶ巻き 水>
水300cc

<たけのこの煮物 お出汁と調味料>
・お出汁200㏄ ・砂糖大さじ1/2 ・薄口醤油大さじ1 ・みりん大さじ1 ・酒大さじ1

【作り方】
1.鍋に水300ccとこんぶ巻きを入れ、5分浸してこんぶに水を含ませます。
こんぶ巻き 調理① こんぶ巻き 調理②
2.鍋を火にかけ、中火で約15分ぐらい煮てこんぶ巻きが柔らかくなれぱ火を止めます。

3.別の鍋に<たけのこの煮物 お出汁と調味料>を入れて火にかけ、煮立てば
  食べやすい大きさに切ったたけのこの水煮、型抜きにんじんを入れて煮ます。
  にんじんが柔らかくなれば火を止めます。
こんぶ巻き 調理③ こんぶ巻き 調理④
4.器にこんぶ巻き、たけのこ、にんじんを盛り付けて出来上がりです。

こんぶ巻き B
こんぶ巻きとたけのこの炊き合わせが出来上がりました~。こんぶ巻きの柔らかい食感と風味、たけのこの歯ざわりがたまりません。こんぶ巻きは食物繊維とカルシウムがたっぷりでヘルシーですよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:42  |  京都のおばんざい  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.04.28 (Fri)

小松菜とお揚げのさっと煮<5分で出来る副菜>

小松菜とお揚げ 大
身近な青菜の小松菜、煮物に使うとコクが出るお揚げ(油揚げ)を煮物でいただきました~。小松菜とお揚げは相性が抜群で、優しい味わいの煮物が出来上がります。材料を切ってお出汁や調味料で味を調えた煮汁でさっと煮るだけ♪ 小松菜の葉の部分は余熱で火が通るので、お出汁を用意してあれば約5分で出来上がります。身体にも優しく、飽きのこない副菜が出来上がりました~♪

【材料(二~三人分)】
・小松菜1パック  ・お揚げ(油揚げ)1枚 
小松菜とお揚げ 材料① 小松菜とお揚げ 材料②
<小松菜とお揚げのさっと煮 お出汁と調味料>
・お出汁200㏄ ・酒大さじ1 ・みりん大さじ1 ・砂糖小さじ1 ・薄口醤油大さじ1

【下準備】
1.小松菜は水洗いして根元の部分を切り落とし、5~6cmの長さに切ります。
2.お揚げ(油揚げ)は拍子切りにします。

【作り方】
1.鍋に<小松菜とお揚げのさっと煮 お出汁調味料>、お揚げ、小松菜の茎の
  部分を入れてひと煮たちさせます。
小松菜とお揚げ 調理① 小松菜とお揚げ 調理②
2.小松菜の茎がしんなりしてきたら、小松菜の葉の部分を加えてさっと煮て火を
  止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

小松菜とお揚げ B
小松菜とお揚げのさっと煮が出来上がりました~。お揚げの油からコクが出て煮汁にうま味が加わります。小松菜の柔らかい茎と葉がしっとりしてお箸も進みます。ぜひぜひ、さっと煮るだけの一品を味わってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:48  |  京都のおばんざい  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.04.19 (Wed)

花麩と青ねぎのからし酢味噌和え<京のおばんざい>

花麩 大
息子が勤務先近くの百貨店で開催されていた京の名舗展で麩嘉(ふうか)さんのなま麩(花麩)」を買ってきてくれました~。この時期の季節物は桜の花麩です。煮物、焼き物、揚げ物、和え物など、何でも使えますが、今回は青ねぎと一緒にからし酢味噌でいただきました。花麩と青ねぎをさっと下ゆでして、からし酢味噌で和えるだけの簡単な一品です。彩りもキレイでお箸が進みますよ~♪

【材料(二人分)】
・なま麩(花麩)1/2本  ・青ねぎ(またはわけぎ)2~3本
生麩 材料① 生麩 材料②
<花麩(なま麩)と青ねぎのからし酢味噌和え 調味料>
・市販のからし酢味噌適量

【作り方】
1.青ねぎ(またはわけぎ)を熱湯でさっとゆでてザルに上げます。粗熱が取れたら
  食べやすい長さに切ります。
生麩 調理① 生麩 調理②
2.花麩(なま麩)は食べやすい幅に切り、熱湯でさっと下ゆでして粗熱を取ります。
3.器に青ねぎ、花麩を盛りつけ、からし酢味噌をかけて出来上がりです。

花麩 B
もちもちした優しい食感の花麩、ゆでて甘みを増した青ねぎとからし酢味噌は相性抜群です。酢と味噌とからしのバランスがほど良く合わさり、しっかりした味わいが楽しめますよ~♪

麩嘉(ふうか)さんの創業は約200年前の1810年頃とされ、京料理に欠かせない食材の一つ、生麩を作り続けておられる老舗です。本店には20種類以上の生麩があります。また人気の麩まんじゅうが有名です。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:51  |  京都のおばんざい  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.04.03 (Mon)

ひろうすと筍の煮物<アスパラ添え>

ひろうす 大
京都の「賀茂とうふ 近喜さんのひろうす(飛龍頭)」をいただいたので、春らしいおばんざいを作りました~。具材はひろうす(飛龍頭)、筍(水煮)、春にんじん、アスパラです。色合いを引き立たせるため、薄味の煮物に仕上げました。ゆり根、銀杏、きくらげが入った優しい味わいのひろうす(飛龍頭)の美味しさがたまりません~。身体にも優しい春の煮物が出来上がりました~♪

【材料(二人分)】
・ひろうす(飛龍頭)2個  ・筍(水煮)1/4個  ・型抜きの春にんじん2個
・アスパラ2本
ひろうす 材料① ひろうす 材料②
<ひろうす(飛龍頭)と筍の煮物 お出汁と調味料>
・お出汁400cc  ・薄口醤油小さじ2  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1
・塩ほんの少々 ・砂糖小さじ1

【下準備】
1.アスパラはさっと下ゆでして冷水に放ち、粗熱を取って食べやすい長さに切ります。
2.筍の水煮は食べやすい長さの縦切りにします。型抜きにんじんを用意します。

【作り方】
1.鍋に<ひろうす(飛龍頭)と筍の煮物 お出汁と調味料>を入れて煮立て、ひろうす
  (飛竜頭)、筍、にんじんを入れて弱火で10分ほど煮ます。
ひろうす 調理① ひろうす 調理②
2.お出汁と調味料の味をしみ込ませませてから火を止め、器に具材と煮汁を盛り付け
  ます。アスパラを添えて出来上がりです。

ひろうす B
春を感じさせる「ひろうすと筍の煮物」が出来上がりました~。これからが旬の生の筍を使うと香りもぐっと引き立ちます。賀茂とうふ近喜さんの創業は1834(天保五)年、飛龍頭(ひろうす)は炊き上げても形が崩れず、お出汁をしっかり吸い込む生地が特徴です~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:53  |  京都のおばんざい  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2017.04.01 (Sat)

生ひじきと竹輪の煮物<旬の味わい>

ひじき 大
春になると店頭に並ぶ生ひじきを使って副菜を作りました~。一緒に組み合わせたのは身近な食材の竹輪とお揚げ(油揚げ)です。ひじきはカルシウム、鉄分、食物繊維が豊富でヘルシーそのもの♪具材を胡麻油で炒めてお出汁などの調味料でしっかり味を含ませます。しっとりと煮上がったひじきの磯の香りがたまりません~。身体に優しい旬の味わいを試してみて下さいね~。

【材料(三~四人分)】
・生ひじき1パック  ・竹輪2本  ・お揚げ(油揚げ)1/2枚
ひじき 材料① ひじき 材料②
<生ひじきと竹輪の煮物 お出汁と調味料>
・お出汁200㏄  ・薄口醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・砂糖大さじ1
・みりん大さじ1

【作り方】
1.流水で汚れを洗い流した生ひじきをザルにあげ、熱湯で下ゆでして殺菌を
  行います。乾燥ひじきと違って、調理前に下ゆでして下さい。
ひじき 調理① ひじき 調理②
2.竹輪は輪切り、お揚げは食べやすい大きさの短冊に切ります。

3.鍋に胡麻油を熱し、食べやすい長さに切った生ひじき、竹輪、お揚げを炒めます。
ひじき 調理③ ひじき 調理④
4.お出汁、薄口醤油、砂糖、みりんを加え、汁気がなくなるまで煮ます。味がしみた
  ら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

ひじき B
生ひじき、竹輪、お揚げの煮物が出来上がりました~。生ひじきの磯の風味をいかし、さっぱりした味に仕上げました。身体に優しい具材ばかりでお箸も進みます。ほっこりする副菜で旬を味わって下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:52  |  京都のおばんざい  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)
 | ホーム |  NEXT>>