• 豚こまとキャベツの甘辛炒め<簡単♪楽々>
    甘辛炒め 大
    使い勝手の良い豚こま、身近な野菜のキャベツとにんじんを炒め物でいただきました。味付けは甘辛の照り焼きダレです。タレの用意、食材の切り込み、炒め時間を入れて、食卓にのるまで15分もあれぱ出来上がります。コクのあるタレがしみた具材の美味しさがたまりません~。あと一品、何にしようかなぁ~、と悩んだ際のおすすめ副菜、煮物と組み合わせて召し上がってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま120gぐらい  ・キャベツ1/8個ぐらい  ・にんじん4センチぐらい
    甘辛炒め 材料① 甘辛炒め 材料②
    <豚こまとキャベツ1の甘辛炒め 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ1 ・酒大さじ1  ・みりん小さじ2  ・砂糖小さじ2

    【作り方】
    1.器かボウルに<豚こまとキャベツの甘辛炒め 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    甘辛炒め 調理① 甘辛炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、ひと口ぐらいに切った豚こまを入れて中火で炒めます。

    3.続いてザク切りしたキャベツ、拍子切りにしたにんじんを加えて炒め合わせます。
    甘辛炒め 調理③ 甘辛炒め 調理④
    4.にんじんがしんなりしてきたら、<甘辛炒め 合わせ調味料>を回し入れます。
      全体をっと炒め、タレがなじんだら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    甘辛炒め B
    身近な食材と調味料を使って、簡単・超速で出来る炒め物が出来上がりました~。甘辛の照り焼きダレが合わさった具材の美味しさが楽しめます。ご飯にもお酒にも合う炒め物を味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • ジューシー生姜焼き<パイナップルジュースダレ>
    ジューシーしょうが焼き 大
    おうちご飯の定番、豚ロース肉の生姜焼きを作りました~。今回はいつもの生姜焼きのタレ(合わせ調味料)にパイナップルジュースを加えています。パイナップルに含まれる酵素がお肉を柔らかくして、ジューシー感が出ます。冷めても美味しく召し上がれるので、お弁当のおかずにもおすすめです。さわやかな香りで味わうジューシーな生姜焼き、ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉 (しょうが焼き用)6枚ぐらい ・塩、胡椒適量 ・小麦粉適量
    ・お好みの付け合せ野菜
    ジューシーしょうが焼き 材料 ジューシーしょうが焼き 調味料
    <ジューシー生姜焼き タレ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・パイナップルジュース大さじ1  ・おろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2

    【作り方】
    1.付け合わせの野菜(今回はキャベツの千切り)を用意します。
    ジューシーしょうが焼き 調理① ジューシーしょうが焼き 調理②
    2.ボウルか器に<ジューシー生姜焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。

    3.豚肉は脂と肉の間にある筋を3~4カ所切り、塩、胡椒をふって、小麦粉を
      まんべんなくまぶします。
    ジューシーしょうが焼き 調理③ ジューシーしょうが焼き 調理④
    4.フライパンに油を入れて熱し、豚肉の余分な小麦粉はたき、中火で両面を
      香ばしくカリッと焼いて火を通します。

    5.キッチンペーパーでフライパンの余分な脂をふき取り、<タレ>の半量を加え
      て中火にかけ、ひと煮立ちさせます。
    ジューシーしょうが焼き 調理⑤ ジューシーしょうが焼き 調理⑥
    6.照りとトロミがついたら野菜を盛りつけたお皿に豚肉をのせ、フライパンに
      残った<タレ>をかけて出来上がりです。

      豚肉は厚めのトンカツ用の豚ロース肉、豚こまでも美味しく召し上がれます。
      今回は豚ロース肉を3枚ずつ、2回に分けて焼きました。  
      
    ジューシーしょうが焼き 拡大
    ジューシーで風味豊かな豚ロースの生姜焼きが出来上がりました~。パイナップルジュースと生姜の組み合わせはお肉を柔らかくする効果がある言われています。うま味たっぷりの豚ロース肉の生姜焼き、お箸が進みます~♪

    ジューシーしょうが焼き B
    千切りにしたキャベツに、生姜焼きのタレをかけていただくと美味しいですよね(笑) コクのある生姜焼きとキャベツ、相性抜群です。いつもとひと味違うパイナップルジュース入りの生姜焼きを試してみて下さいね~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    タレに使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「トマトとベーコンの炒り卵サラダ」です。
    トマトとベーコンの炒り卵サラダ 大

    【材料二人分】
    ・トマト1個  ・きゅうり1/3本  ・ベーコン2枚  ・レタス適量  ・卵1個
    トマトとベーコンの炒り卵サラダ 材料① トマトとベーコンの炒り卵サラダ 材料②
    <和風ドレッシング 調味料>
    ・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・酢大さじ1と1/2  ・醤油小さじ2
    ・塩、胡椒適量  ・ねりからし(チューブタイプ)小さじ1/2

    【下準備】
    1.ボウルか器に<和風ドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。
    2.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れて中火で混ぜ、半熟状の炒り卵にします。
      火が通れば別皿に取り出します

    【作り方】
    1.ベーコンは拍子切りにしてフライパンで炒めて火を通します。
      トマトはひと口位の食べやすい大きさに切ります。お好みでトマトは湯むきします。
      きゅうりは乱切り、ひと口大にちぎったレタスは冷水でシャキッとさせます
    2.器に野菜と炒り卵を盛り付け、ドレッシングをかけて出来上がりです。

    トマトとベーコンの炒り卵サラダ B
    トマトなどの野菜とベーコンに優しい味わいの炒り卵がぴったりのサラダが出来上がりました~。醤油のコクがきいた和風ドレッシングとの相性もバッチリ♪ 彩りも楽しめるカラフルサラダ、おすすめです~。

    もう一品は「レンコンの磯辺焼き<シャキシャキ♪>」です。
    レンコン 大
    レンコンにてんぷら粉、水、青海苔をからめてフライパンで焼き上げました~。磯辺揚げならぬ「磯辺焼き」です。味付けは塩だけ♪ シャキシャキした歯ざわりに青海苔の風味が合わさってお箸が進みます~。揚げないので調理も簡単でラクラクです。レンコンならではの甘味も楽しめます。食物繊維もたっぷり摂れるヘルシーな副菜が出来上がりました~♪一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・レンコン(大)適量  ・お好みでラディッシュ2個
    レンコン 材料① レンコン 材料②
    <レンコンの磯辺焼き 粉と調味料>
    ・てんぷら粉適量  ・水適量  ・青海苔適量 ・塩適量  

    【作り方】
    1.レンコンは皮をむき、歯ごたえが残る厚さの輪切りにして5~10分くらい
      水にさらします。
    レンコン 調理① レンコン 調理②
    2.ボウルにてんぷら粉(または小麦粉)、水、青海苔、塩を入れて混ぜます。

    3.水気を切ったレンコンに衣をからめます。
    レンコン 調理③ レンコン 調理④
    4.フライパンに油を熱し、衣をまぶしたレンコンの両面を焼きます。レンコンに
      火が通れば出来上がりです。お好みでラディッシュと一緒に器に盛り付けます。

    レンコン B
    レンコンの磯辺焼きが出来上がりました~。シャキシャキ感と香りがたまりません~。お酒にも、お弁当のおかずにもぴったりの一品です♪ 彩りも楽しめますよ~。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • チンジャオロース<シャンタン&オイスターソース>
    チンジャオロース 大
    中華の定番料理、チンジャオロース(青椒肉絲)を作りました~。具材は薄切りの豚ロース肉、ピーマン、筍の水煮です。味付けは本格中華調味料の「創味シャンタンDX」とオイスターソースなどで作った合わせ調味料です。下味をしっかりつけてから炒めた豚ロースのうま味、ピーマンと筍の歯ざわりと調味料の相性がばっちり♪ おうちでカンタンに出来る炒め物、おすすめです~。

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(しょうが焼き用)6枚ぐらい ・ピーマン5~6個  ・筍(水煮)1/2個
    チンジャオロース 材料① チンジャオロース 材料②
    <豚ロース肉の下味調味料>
    ・酒小さじ2 ・醤油小さじ1 ・胡麻油小さじ2 ・ハウスおろし生しょうが小さじ1
    ・片栗粉大さじ1と1/2

    <チンジャオロース(青椒肉絲) 合わせ調味料>
    ・ぬるま湯大さじ3  ・オイスターソース大さじ1  ・醤油小さじ1  ・酒大さじ1
    ・砂糖小さじ1  ・シャンタン(ペースト、または粉末)小さじ1/2

    【下準備】
    1.器かボウルにぬるま湯大さじ3、シャンタン(ペースト、または粉末)小さじ1/2を
      入れて混ぜます。
    チンジャオロース 【下準備】① チンジャオロース 【下準備】②
    2.オイスターソース、醤油、酒、砂糖を加えて混ぜます。

    【作り方】
    1.豚ロース肉を1cm幅ぐらいの細切りにしてボウルに入れます。<下味調味料>を
      加えてもみ込みます。
    チンジャオロース 調理① チンジャオロース 調理②
    2.筍の水煮は細切りにします。

    3.ピーマンは細切りにします。
    チンジャオロース 調理③ チンジャオロース 調理④
    4.フライパンに油を熱し、下味をつけた豚ロース肉を入れて中火で炒めて火を通し、
      別皿に取ります。

    5.フライパンをキレイにして油を熱し、筍、ピーマンを中火で炒めます。具材に火が
      通れば豚ロースを戻し入れてさっと炒め合わせます。
    チンジャオロース 調理⑤ チンジャオロース 調理⑥
    6.<チンジャオロース 合わせ調味料>を加えて強火で炒め合わせて火を止め、器に
      盛り付け出来上がりです。合わせ調味料はお好みで味を調えて下さい。

    チンジャオロース 拡大
    シャンタン&オイスターソースのコク旨チンジャオロース(青椒肉絲)が出来上がりました~♪豚ロースの下味に片栗粉を入れているので、仕上げの水溶き片栗粉は加えなくても弱いトロミがつきます。シャキシャキピーマンと筍の歯ざわりもたまりません~♪

    チンジャオロース B
    下味をつけた豚ロース肉は柔らかくてしっかりした味わいです。白ご飯にはもちろん、お酒にも合うおうちで作る中華の炒め物、おすすめです~♪ お弁当のおかずにも合いますよ~。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    豚ロースの下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    汁物は「青梗菜と春雨のスープ<のど越しさっぱり」です。
    春雨青梗菜 大

    【材料(二人分)】
    ・青梗菜(大)1株 ・春雨(はるさめ)15gぐらい ・豚こま50gぐらい

    <スープ 水と調味料>
    ・水500㏄  ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)小さじ1と1/2  ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.春雨は袋の表示に従って戻します。
    2.青梗菜と豚こまは食べやすい大きさに切ります。

    【作り方】
    1.鍋に水、鶏がらスープ(顆粒、または粉末)を入れて煮立て、豚こまを入れて煮ます。
    春雨青梗菜 調理① 春雨青梗菜 調理②
    2.豚こまに火が通れば春雨と青梗菜を加えて煮ます。ひと煮たちさせて塩、胡椒で味を
      調えます。火を止め、器に注いで出来上がりです。

    春雨青梗菜 B
    さっぱりした青梗菜と春雨のスープが出来上がりました~。今回は豚こまのうま味と一緒に味わうスープです。鶏がらスープを使ったシンプルな味付けですが、具材の美味しさがしっかり楽しめます。ツルンとした春雨の食感もたまりません~♪

    副菜は「しらたきと竹輪のきんぴら<ヘルシー♪>」です。
    しらたきのきんぴら 大
    超ヘルシーで低カロリーのしらたき(糸こんにゃく)、身近な食材の竹輪とにんじんを使って「きんぴら」を作りました~。味付けはお出汁と甘辛調味料です。今回は先日のテレビ放映(ガッテン)を参考にして、しらたきを砂糖で水出しをしてから炒めました。水分をしっかり出してから炒めると調味料ののりも良く、美味しいきんぴらに仕上がります。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・しらたき(糸こんにゃく)1パック  ・竹輪(小)2本  ・にんじん適量
    ・お好みで青柚子の千切り適量
    しらたきのきんぴら 材料① しらたきのきんぴら 材料②
    <しらたきと竹輪のきんぴら 水と調味料>
    ・薄口醤油小さじ2 ・みりん小さじ2 ・砂糖小さじ1 ・酒大さじ1  ・水大さじ2
    ・顆粒の出汁ほんの少々

    【下準備】
    1.水気を切った砂糖をボウルに入れ、砂糖(分量外)小さじ1を加えてもみ込み、
      5分ぐらい置いて水分を出し、軽く水洗いしてから水気を切ります。
    しらたきのきんぴら 調理① しらたきのきんぴら 調理②
    2.竹輪とにんじんは細切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に胡麻油を熱し、しらたき、竹輪、にんじんを炒めます。
    しらたきのきんぴら 調理③ しらたきのきんぴら 調理④
    2.全体に油がなじんだら、<しらたきと竹輪のきんぴら 水と調味料>を加え、
      からめるようにして炒めます。汁気がなくなる直前に火を止め、器に盛り付
      けて出来上がりです。お好みで青柚子の千切りを添えます。

    しらたきのきんぴら B
    しらたきと竹輪のきんぴらが出来上がりました~。しらたきのツルンとした食感、竹輪のうま味がたまりません~。甘辛の味付けはご飯にもお酒にも合いますよね。ヘルシーなしらたきはダイエットにもおすすめです~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまと焼き豆腐のすっきり煮<カンタン♪旨うま>
    豚こま焼き豆腐 大
    身近な食材の豚こま、焼き豆腐、しらたきなどを使って煮物を作りました~。豚こまは下ゆでして、余分な脂を落としてから煮るのですっきりした味わいに煮上がります。ヘルシーな焼き豆腐としらたき(糸こんにゃく)、秋の味覚の香りしめじも加え、しっかりした味わいが楽しめます。お出汁と調味料がしみた具材の美味しさがたまりません~。気持ちも和む和の煮物、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま150~180gぐらい ・焼き豆腐(小)1丁 ・しらたき(糸こんにゃく)1袋
    ・しめじ1/2パックぐらい  ・お好みでカイワレ適量
    豚こま焼き豆腐 材料① 豚こま焼き豆腐 材料②
    <豚こまと焼き豆腐のすっきり煮 お出汁と調味料>
    ・お出汁400cc  ・酒大さじ1  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・濃口?油大さじ1と1/2  ・薄口醤油大さじ1

    【下準備】
    1.焼き豆腐全体にキッチンペーパーをかぶせ、耐熱皿に入れます。600Wの
      レンジで2分30秒加熱して水切をします。
    豚こま焼き豆腐 【下準備】① 豚こま焼き豆腐 【下準備】②
    2.しらたき(糸こんにゃく)は熱湯でさっと下ゆでしてザルにあげます。

    【作り方】
    1.鍋に熱湯を沸かし、豚こまを入れてさっと下ゆでして別皿に取ります。
    豚こま焼き豆腐 調理① 豚こま焼き豆腐 調理②
    2.鍋をキレイにして<豚こまと焼き豆腐のすっきり煮 お出汁と調味料>を
      入れて火にかけます。

    3.焼き豆腐はひと口大、しらたき(糸こんにゃく)はザク切りにします。
    豚こま焼き豆腐 調理③ 豚こま焼き豆腐 調理④
    4.煮立てている鍋にしらたき、しめじを入れて中火で煮ます。

    5.具材に火が通れば豚こまと焼き豆腐を加えて煮ます。
    豚こま焼き豆腐 調理⑤ 豚こま焼き豆腐 調理⑥
    6.全体に調味料の味がしみたら火を止め、煮汁と一緒ら器に盛り付けます。
      お好みで青みのカイワレを添えて出来上がりです
      味付けは薄味なので、お好みの味に調えて下さい。

    豚こま焼き豆腐 拡大
    すっきりした味わいの煮物が出来上がりました~。下ゆでした豚こまはアクが出ないのでキレイな煮汁に仕上がります。焼き豆腐もレンジでしっかり水切りを行うとお出汁と調味料の味がしみ込みます。優しい味わいでお箸が進みます~♪

    豚こま焼き豆腐 B
    食材も調味料も身近なものばかりで、カンタンに出来上がります。お好みですき焼き風の濃い味付けでも美味しく召し上がれます。朝晩の涼しさとともに、煮物の美味しい季節になりました~♪

    副菜の一品目は「春菊(菊菜)のおひたし<さっぱり>」です。
    春菊 大
    【材料(二人分)】
    ・春菊(菊菜)1/2パックぐらい  ・白煎り胡麻適量
    春菊 材料① 春菊 材料②
    <おひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・みりん小さじ2   ・薄口醤油小さじ2

    【作り方】
    1.春菊(菊菜)は熱湯でさっとゆでて冷水に放ち、粗熱が取れたら水気を切って
      3~4cmぐらいの長さに切ります。
    2.ボウルに春菊を入れ、<おひたし 調味料>、白煎り胡麻を加え、全体を混ぜ
      合わせます。器に盛りつけて出来上がりです。

    春菊 B
    さっぱりした春菊(菊菜)のおひたしが出来上がりました~。歯ざわりと香りが楽しめる一品です。栄養バランスも良くて、色合いもキレイな春菊、お鍋以外でも召し上がってみて下さいね~♪

    もう一品は「ぼたん焼きちくわの磯辺揚げ<粉チーズもプラス>」です。
    磯辺揚げ 大
    肉厚でモチモチッとした「弾力」が特徴のぼたん焼きちくわを磯辺揚げでいただきました~。今回は、磯辺揚げに欠かせない青海苔に粉チーズを加えた風味豊かな揚げ物です。チーズのうま味とコク、青海苔の磯の香りのダブル効果でお箸も進みます。形をひと口大ぐらいの小さなサイズで揚げました。衣もしっかりついて、パクパク召し上がれます。お弁当にも、お酒にも合いますよ~♪

    材料(二人分)】
    ・ぼたん焼きちくわ2本  ・粉チーズ適量  ・青海苔適量
    ・天ぷら粉(市販)と水適量
    磯辺揚げ 材料① 磯辺揚げ 材料②

    【作り方】
    1.ぼたん焼きちくわは2センチのぐらいの長さに切ります。
    磯辺揚げ 調理① 磯辺揚げ 調理②
    2.市販の天ぷら粉に、水を規定量入れて溶きます。衣に粉チーズと青海苔を
      加えて混ぜます。ちくわを入れて衣をくぐらせます。

    3.170度ぐらいの油温でカラッと揚げて油を切ります。
    磯辺揚げ 調理③ 磯辺揚げ 調理④
    4.器に盛り付けて出来上がりです。

    磯辺揚げ B
    ぼたん焼きちくわのチーズ磯辺揚げが出来上がりました~。ちくわのうま味、ほのかに香るチーズの風味、カラッと揚がった食感が楽しめます。サイズが小さいので食べやすいですよ~♪ ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまミルフィーユカツ<つぶ入りマスタード風味>
    ミルフィーユカツ 大
    豚こまをひと口大ぐらいに重ね、さわやかな「つぶ入りマスタード」をサンドしてカツ(フライ)にしました。ワインビネガーと醸造酢、二種のお酢の風味が旨味たっぷりの豚こまにピッタリ♪ カラッと揚げたカツを口に含むと、さっぱりしたマスタードの風味が口の中に広がります。家計にも優しい旨味たっぷりの豚こまミルフィーユカツ、ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(三人分)】
    ・豚こま200gぐらい  ・お好みの付け合わせ野菜
    ミルフィーユカツ 材料 ミルフィーユカツ 調味料
    <豚こまミルフィーユカツ 調味料>
    ・ハウスつぶ入りマスタード大さじ3  ・塩、胡椒適量

    <フライ衣>
    ・小麦粉、溶き卵、パン粉を各適量

    【作り方】
    1.豚こまのスライスを2~3枚ぐらい折りたたみ、ひと口大に形を調えます。
      今回は8個の下地を作りました。
    ミルフィーユカツ 調理① ミルフィーユカツ 調理②
    2.つぶ入りマスタードを中央に置きます。

    3.豚こまのスライスを重ねて折りたたみ、上にのせてしっかりサンドします。
    ミルフィーユカツ 調理③ ミルフィーユカツ 調理④
    4.両面に塩、胡椒をふり、フライ衣をつけます。

    5.揚げ油を170度ぐにいの温度に熱し、きつね色になるまでカラっと揚げます。
    ミルフィーユカツ 調理⑤ ミルフィーユカツ 調理⑥
    6.油を切り、お好みの付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
      お好みでソース、トマトケチャップをかけて召し上がって下さい。

    ミルフィーユカツ 拡大
    つぶ入りマスタード風味の豚こまミルフィーユカツが出来上がりました~。豚こまの旨味とほど良い酸味が合わさり、口の中で美味しさがはじけます。ご飯にもお酒にもぴったりの一品です~♪

    ミルフィーユカツ B
    外はサクサクとした衣の食感、中はジューシーで、マイルドな辛さが豚こまの美味しさを引き立ててくれます。家計に優しい豚こまがボリュームたっぷりのカツ(フライ)に大変身です~。
    ハウスつぶ入りマスタード 説明用写真
    豚こまの下味に使った「ハウスつぶ入りマスタード」は素材本来の色あいを活かした、着色料を使用していないつぶ入りマスタードです。ワインビネガーと醸造酢の2種のお酢の風味を生かしたマイルドな辛さが料理の味を引き立てます。
    レシピブログアワード2017
    レシピブログアワード2017


    汁物は「しめじとハムのさっぱり旨コクスープ」です。
    ハムスープ 大

    【材料(二人分)】
    ・しめじ1/2パックぐらい  ・ハム2枚  ・にんじん少々  ・長ねぎ1/2本
    ハムスープ 材料② ハムスープ 材料①
    <しめじとハムのスープ 水と調味料>
    ・水500㏄  ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)小さじ2  ・胡椒適量
    ・醤油小さじ2

    【下準備】
    1.ハム、にんじんは拍子切り、長ねぎは斜め切りにします。
    2.しめじは石づきを切り落とし、小房に裂きます。

    【作り方】
    1.鍋に水と鶏がらスープ(顆粒、または粉末)を入れて中火にかけ、しめじと
      にんじんを入れて煮ます。煮立てば弱火にします。
    2.具材に火が通ればハムと長ねぎを加え、醤油と胡椒で味を調えます。ひと煮
      たちさせて火を止め、器に注いで出来上がりです。味付けは薄味なので、お
      好みの味に調えて下さい。

    ハムスープ B
    しめじとハムのスープが出来上がりました~。初秋らしくきのこ(茸)を使ったスープです。鶏がらスープとハムの旨味がしみたしめじの香りが楽しめます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね。

    もう一品は「きゅうりとしらすの胡麻ポン和え<優しい味わい>」です。
    しらすきゅうり 大
    歯ざわりの良いきゅうり、甘みのあるしらす(しらす干し)を使って和え物を作りました~。味付けは胡麻油とポン酢を合わせた「胡麻ポン」です。さわやかなポン酢とコクのある胡麻油は相性も良く、具材にしっかりした風味をつけることが出来ます。優しい口あたりと香りがたまりません~。身近な食材と調味料でカンタンに出来てお箸が進みますよ~♪一度味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・きゅうり(小)1本   ・しらす大さじ4ぐらい
    しらすきゅうり 材料① しらすきゅうり 材料②
    <きゅうりとしらすの胡麻ポン和え 調味料>
    ・ポン酢?油大さじ1と1/2  ・胡麻油小さじ2

    【作り方】
    1.ボウルか器にポン酢?油と胡麻油を入れてしっかり混ぜます。
    しらすきゅうり 調理① しらすきゅうり 調理②
    2.きゅうりは薄く輪切りにして塩少々(分量外)をふり、しばらく置いて水気を
      絞ります。

    3.ボウルにきゅうり、しらすを入れます。
    しらすきゅうり 調理③ しらすきゅうり 調理④
    4.胡麻ポンを加えてさっとを混ぜ合わせ、器に盛りつけて出来上がりです。

    しらすきゅうり B
    きゅうりとしらすの胡麻ポン和えが出来上がりました~。さっぱりした酢の物とはひと味違う風味が楽しめます。カンタン、超速で出来る一品です。ご飯にもお酒にも合いますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚ロースと舞茸のみぞれ煮<さっぱり♪旨コク>
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 大
    トンカツやトンテキ用の厚切り豚ロース、初秋にふさわしい舞茸を使ってみぞれ煮を作りました~。ひと口ぐらいに切った豚ロースにおろししょうが、醤油などでしっかりと下味をつけて焼き上げ、舞茸を加えて和の煮汁でさっと煮ます。仕上げにたっぷりの大根おろしを加えてひと煮するだけ♪ さっぱりした味わいのみぞれ煮ですが、豚ロースの旨味と舞茸の歯ざわりがたまりません~。

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(トンカツ用)2枚  ・舞茸1パック  ・大根10cmぐらい
    ・お好みでキャベツの葉1枚ぐらい
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 材料① 豚ロースと舞茸のみぞれ煮 材料②
    <みぞれ煮 お出汁と調味料>
    ・お出汁400cc ・酒大さじ1 ・醤油大さじ1と1/2 ・みりん大さじ1 ・砂糖小さじ2

    <豚ロース肉 下味調味料>
    ・酒小さじ2  ・醤油小さじ2  ・胡麻油小さじ2  ・片栗粉大さじ2
    ・おろししょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.豚ロース肉はひと口ぐらいの大きさに切ります。
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 【下準備】① 豚ロースと舞茸のみぞれ煮 【下準備】②
    2.ボウルに入れて下味調味料を加え、全体を良く混ぜて15~20分ほど置きます。

    【作り方】
    1.大根をすりおろします。
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理① 豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理②
    2.鍋に油を熱し、豚ロースを入れて中火で両面に焼き色をつけて取り出します。

    3.鍋をキレイにして<みぞれ煮 お出汁と調味料>を入れて中火で煮立てます。
      煮立てば豚ロースを戻し入れて煮ます。
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理③ 豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理④
    4.豚ロースに火が通れば舞茸を加えて煮ます。

    5.舞茸に火が通ればザク切りにしたキャベツと大根おろしを加えてさっと煮ます。
    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理⑤ 豚ロースと舞茸のみぞれ煮 調理⑥
    6.大根おろしに火が通れば火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      煮汁は薄味なので、お好みで調えて下さい。麺つゆを利用してもOKです。

    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 拡大
    さっぱりした中に旨味とコクが味わえる「豚ロースと舞茸のみぞれ煮」が出来上がりました~。和の味付けでホッと気持ちも和みます。食欲の無い日もお箸の進むみぞれ煮、優しい味わいが楽しめますよ~♪

    豚ロースと舞茸のみぞれ煮 B
    下味をつけてから焼き上げた豚ロースはしっかりした味で、旨味が逃げずジューシーです。煮込む時間そのものは短いので、簡単・楽々で出来上がります。キャベツなどの青みも加えると栄養バランスもバッチリです~♪
    おうちのみ大使 秋の味覚で絶品おつまみ
    おうちのみ大使 秋の味覚で絶品おつまみ


    副菜の一品目は「ほうれん草とおじゃこのおひたし<ヘルシー♪>」です。
    おじゃこほうれん草 大

    【材料(二人分)】
    ・ほうれん草1/2パックぐらい  ・おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ2ぐらい
    おじゃこほうれん草 材料① おじゃこほうれん草 材料②
    <ほうれん草とおじゃこのおひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ1  ・酒小さじ1   ・みりん小さじ1   ・薄口醤油小さじ2

    【作り方】
    1.ほうれん草は熱湯でゆでて冷水にとり、水気を切って食べやすい長さに切ります。
    おじゃこほうれん草 調理① おじゃこほうれん草 調理②
    2.ボウルにほうれん草、おじゃこ、<おひたし 調味料>を入れて和えます。器に
      盛り付けて出来上がりです。
      おじゃこ(ちりめんじゃこ)の塩分が多い場合は塩抜きを行って下さい。

    おじゃこほうれん草 B
    ヘルシーなほうれん草とおじゃこ(ちりめんじゃこ)のおひたしが出来上がりました~。ほうれん草の甘味、おじゃこのうま味が合わさったしっかりした味の一品です。カルシウム補給にもピッタリ~♪

    もう一品は「トマトと豆腐のサラダ<麺つゆオイルドレッシング>」です。
    豆腐とトマト 大
    トマトと豆腐を使って、身体に優しいサラダを作りました~。ドレッシングは麺つゆ、オリーブオイル、レモン汁を組み合わせた旨味とコクのあるさっぱり系です。今回は千切りにした青じそ(大葉)も加えました。風味豊かな麺つゆ、コクのあるオイル、さわやかなレモン汁がヘルシーな具材を引き立ててくれます。レモン汁の代わりに酢を使ってもOKです。一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・豆腐(木綿、または絹ごし)小サイズ1丁  ・青じそ(大葉)4~5枚
    豆腐とトマト 材料① 豆腐とトマト 材料②
    <麺つゆオイルドレッシング 調味料>
    ・麺つゆ大さじ2  ・オリーブオイル大さじ1  ・レモン汁(または酢)小さじ2

    【作り方】
    1.豆腐全体をキッチンペーパーで包み、600Wの電子レンジで2分30秒加熱して
      粗熱を取り、水気をしっかり切ります。
    豆腐とトマト 調理① 豆腐とトマト 調理②
    2.器かボウルに、<麺つゆオイルドレッシング 調味料>入れて混ぜます。

    3.青じそ(大葉)は千切りにして水でさっと洗って水気を切ります。
    豆腐とトマト 調理③ 豆腐とトマト 調理④
    4.器に食べやすいに大きさに切ったトマト、豆腐、青じそ(大葉)を盛り付け、
      ドレッシングをかけて出来上がりです。

    豆腐とトマト B
    さっぱりたトマトと豆腐のサラダが出来上がりました~。身近な食材と調味料でカンタン、手軽に出来ます。さわやか味わいでお箸(フォーク)も進みます。身体にも優しい味わいが楽しめますよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまとエノキのしょうがポン酢炒め<さわやか~>
    豚こまエノキ 大
    身近な食材の豚こまとえのき茸を使って炒め物を作りました。味付けはさっぱりしたポン酢、さわやかな風味のおろししょうが(チューブタイプ)を組み合わせた「しょうがポン酢」です。豚こまのうま味、えのき茸の歯ざわりと調味料の相性が抜群で、ご飯にぴったりのおかずに仕上がります。さっぱりした旨味がたまりません~。ぜひぜひ、しょうがポン酢炒めを味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま150gぐらい ・えのき茸1袋 ・玉ねぎ1/2個 ・お好みでいんげん5~6本
    カレーうまソース煮 材料① 豚こまエノキ 材料②
    <しょうがポン酢炒め 合わせ調味料>
    ・ポン酢醤油大さじ3 ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ2

    【作り方】
    1.ボウルか器にポン酢とおろししょうがを入れて混ぜます。
    豚こまエノキ 調理① 豚こまエノキ 調理②
    2.えのき茸は石づきを落として横半分に切ります。玉ねぎは繊維と逆方向の薄切り
      (幅0.7~0.8mmぐらい)にします。お好みでインゲンを下ゆでします。

    3.フライパンに油を熱し、ひと口ぐらいに切った豚こま肉を入れて中火で炒めます。
    豚こまエノキ 調理③ 豚こまエノキ 調理④
    4.玉ねぎを加えて炒め合わせます。

    5.えのき茸と食べやすい長さに切ったインゲンを加えて炒め合わせます。
    豚こまエノキ 調理⑤ 豚こまエノキ 調理⑥
    6.しょうがポン酢を回し入れます。全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付けて
      出来上がりです。

    豚こまエノキ 拡大
    ご飯にぴったりのおかず、豚こまとえのき茸のしょうがポン酢炒めが出来上がりました~。身近な食材と調味料でカンタンに出来て、しっかりした味わいが楽しめます。お酒にも合いますよ~♪

    豚こまエノキ B
    えのき茸の香りと歯ざわり、玉ねぎの甘味もたまりません~。スタミナを付けたい場合は、おろしにんにくを少し加えても美味しく召し上がれます。さわやかな風味の炒め物をぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    調味料として使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    汁物は「豆腐と青梗菜のスープ<さっぱり♪ヘルシー>」です。
    豆腐と青梗菜 大

    【材料(二人分)】
    ・豆腐(絹ごし、または木綿)1/4丁ぐらい  ・青梗菜(小)1株
    ・あれば干しエビ適量

    <豆腐と青梗菜のスープ 水と調味料>
    ・水500cc  ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)小さじ2ぐらい  ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.青梗菜はひと口ぐらいの食べやすい大きさに切ります。
      豆腐は1cmぐらいの各切りにします。
    豆腐と青梗菜 調理① 豆腐と青梗菜 調理②
    2.鍋に水と鶏がらスープ、青梗菜の茎の部分を入れて火にかけ、煮立たせます。
      3~4分ぐらい煮込んで、豆腐と青梗菜の葉を加え、ひと煮立ちさせます。
      塩、胡椒で味を調え、器に注ぎます。お好みで干しエビを添えて出来上がりです。

    豆腐と青梗菜 B
    豆腐と青梗菜のスープが出来上がりました~。クセの少ない青梗菜をスープでいただくと彩りがぐっと良くなります。ヘルシーな豆腐と青梗菜に干しエビの風味を加えたさっぱりしたスープ、おすすめです~♪

    副菜は「アジの干物ときゅうり 麺つゆしょうが和え>」です。
    アジの干物 大
    アジ(鯵)の干物とさっぱりしたきゅうりを和え物でいただきました~。味付けは麺つゆとチューブタイプのおろししょうがだけです。うま味のあるアジ、歯ざわり抜群のきゅうりをさわやかでコクのある合わせ調味料がしっかり引き立ててくれます。香ばしいアジの美味しさがたまりません~。副菜としても、またお酒の肴にもぴったりの一品です。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~。

    【材料(二人分】
    ・アジ(鯵)の干物1枚  ・きゅうり1/2本ぐらい
    アジの干物 材料 アジの干物 調味料
    <アジときゅうりの麺つゆしょうが和え 調味料>
    ・麺つゆ大さじ1と1/2  ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<アジときゅうりの麺つゆしょうが和え 調味料>を入れて混ぜます。
    2.きゅうりは縦半分に切ってから斜め薄切りにして塩(分量外)少々をふり、しばらく
      置いて水気を絞ります。

    【作り方】
    1.アジの干物は魚焼きグリル、焼き網、レンジグリル等で焼いて火を通します。
    アジの干物 調理① アジの干物 調理②
    2.ボウルに骨、頭、尾、尾びれを取り除いて身をほぐしたアジ、きゅうりを入れます。

    3.<アジときゅうりの麺つゆしょうが和え 調味料>を回し入れてさっと混ぜます。
    アジの干物 調理③ アジの干物 調理④
    4.器に盛り付けて出来上がりです。

    アジの干物 B
    アジの干物ときゅうりの麺つゆしょうが和えが出来上がりました~。さわやかなしょうがと麺つゆの風味がきいてお箸も進みます。お好みの干物を使って、うま味とさわやかな味わいを楽しんで下さいね~♪
    ハウス【特選 本香り】生しょうが 説明用写真
    調味料に使ったハウス【特選 本香り】生しょうがはシャキシャキの繊維感と、しょうがのおろしたての生しょうがのような風味が楽しめる粗おろし仕立てです。無着色です。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚ロースのオイマヨ照り焼きソース<旨うま♪>
    オイマヨテリヤキ 大
    豚ロース肉を香ばしく焼き上げ、照り焼きダレ+オイスターソース+マヨネーズを組み合わせた「オイマヨ照り焼きソース」をかけていただきました。いつもより照り焼きダレの醤油を少し減らし、しっかりしたうま味とコクがきいたオイマヨを加えます。カリッと焼き上げたジューシーな豚ロースに、甘辛うまコクソースがぴったり♪ご飯に合うポークソテー(トンテキ)が楽しめますよ~。

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(トンカツ用)2枚 ・小麦粉適量 ・お好みの付け合せ野菜
    ・お好みで青ねぎの小口切り適量
    オイマヨテリヤキ 材料 オイマヨテリヤキ 調味料
    <オイマヨ照り焼きソース 調味料>
    ・醤油大さじ1  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖小さじ2
    ・オイスターソース小さじ2  ・マヨネーズ大さじ3

    <豚ロース肉 下味調味料>
    ・塩、胡椒適量

    【下準備】
    1.ボウルか器に<オイマヨ照り焼きソース 調味料>を入れます。
    オイマヨテリヤキ 【下準備】① オイマヨテリヤキ 【下準備】②
    2.マヨネーズが分離しないようしっかり全体を混ぜます。

    【作り方】
    1.常温に戻した豚ロース肉は脂と肉の間にある筋を3~4か所切り、塩、胡椒を
      ふって下味をつけ、小麦粉をまんべんなくまぶします。
    オイマヨテリヤキ 調理① オイマヨテリヤキ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、余分な粉をはたいた豚ロース肉を入れて中火で両面を
      焼いて火を通します。

    3.焼き上がれば付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けます。
      お好みで食べやすい大きさに切って盛りつけます。
    オイマヨテリヤキ 調理③ オイマヨテリヤキ 調理④
    4.豚ロース肉にオイマヨ照り焼きソースをかけ、お好みで青ねぎの小口切りをちらして
      出来上がりです。

    オイマヨテリヤキ 拡大
    うま味たっぷりのポークソテー(トンテキ)が出来上がりました~。和の甘辛調味料+洋のマヨネーズ+中華の調味料が合わさった深い味わいがたまりません~♪ いつもとひと味違う豚ロースの美味しさを味わってみて下さいね~。

    オイマヨテリヤキ B
    ソースは掛けソースなので、ソースを用意したら豚ロースを焼くだけで簡単に出来上がります。今回は豚ロース肉(ポークソテー)に掛けましたが、鶏もも肉、白身魚、鮭などのソテーでも美味しく召し上がれますよ~♪
    CookDo オイスターソース 説明用写真
    ソースに使ったCook Doオイスターソースは牡蠣(カキ)のコクはそのままに、生臭みを抑えた、コク深くまろやかな味わいが特長のオイスターソースです。ほどよいトロミで素材になじみやすく、バランスの整った味付けができるので、炒めものや中華メニューの他にも、煮物や素材の下味付けとしても使えます。くせがなくまろやかなので、幅広い料理に応用OK!簡単にワンランクアップしたおいしさに仕上がります。
    レシピブログアワード2017
    レシピブログアワード2017


    副菜の一品目は「トマトとカニカマのサラダ<カリフラワー添え>」です。
    トマトカリフラワー 大

    【材料(二人分)】
    ・トマト1個  ・カニカマ(フレークタイプ)60gぐらい  ・カリフラー1/4株(約150g)
    ・お好みできぬさや4個
    トマトカリフラワー 材料① トマトカリフラワー 材料②
    <和風ドレッシング 調味料>
    ・オリーブオイル大さじ1と1/2 ・酢大さじ1  ・胡椒適量  ・醤油小さじ2

    【下準備】
    1.カリフラワーは小房に切り分け、熱湯で固ゆでにして冷水に放ち、粗熱を取ってから
      水気を切ります。お好みできぬさやも一緒に下ゆでしておきます。
    2.ボウルか器に<和風ドレッシング 調味料>を入れて混ぜます。

    【作り方】
    1.サラダの器にひと口ぐらいに切ったトマト、カリフラワー、身をほぐしたカ二カマ、
      きぬさやを盛り付けます。
    2.和風ドレッシングをかけて出来上がりです。

    トマトカリフラワー B
    トマトとカニカマのサラダが出来上がりました~。トマトの甘酸っぱさ、カニカマの風味、カリフラワーの甘みと歯ざわりが楽しめるサラダです。具材と和風ドレッシングの相性のバッチリですよ~♪

    もう一品は「さつまいもの天ぷら<抹茶塩添え>」です。
    さつまいも 大
    野菜売り場にいっぱい並び始めた旬のさつまいもを天ぷらでいただきました~。晩秋から冬にかけての甘みはまだ望めませんが、この時期ならではの新鮮さと美しさが味わえます。いろいろなさつまいも料理がありますが、今回は定番の一つ、天ぷらを作りました。サクサクした天ぷらは甘さが引き立っています。シンプルに「抹茶塩」で味わうとお酒にもピッタリ♪ 一度試してみて下さいね~。

    【材料(二人分)】
    ・さつまいも(小)1本  ・お好みで抹茶塩適量
    さつまいも 材料① さつまいも 材料②
    <天ぷら 揚げ衣>
    ・市販の天ぷら粉1/2カップ  ・冷水100㏄

    【作り方】
    1.さつまいもは皮ごと水洗いし、食べやすい厚さの輪切りにして塩水に放ちます。
    さつまいも 調理① さつまいも 調理②
    2.天ぷらの衣を作ります。粉に冷水を加えて溶きます。

    3.さつまいもの水気をふき取り、<天ぷら 揚げ衣>に通します。
    さつまいも 調理③ さつまいも 調理④
    4.170度ぐらいの揚げ油に入れ、少し揚げ色がつくくらいまで揚げます。
      油を切り、器に盛り付けます。お好みで抹茶塩を添えて出来上がりです。
      または天つゆ、塩などで召し上がって下さい。

    さつまいも B
    さつまいもの天ぷらが出来上がりました~。じっくり揚げると甘味がぐっと増します。外はカリッと、中はホクホク♪ ぜひぜひ、これからが旬のさつまいも料理を楽しんで下さいね~。
    ハウス 料亭 抹茶塩 説明用写真
    天ぷらに添えた「ハウス 料亭 抹茶塩」は静岡産抹茶原料と伯方の塩をバランスよくブレンドしています。香料、着色料不使用です。一ひねりで開け閉めできるカチッとキャップを採用しています。

    ブログのコメント欄は各記事ごとに設定されています。記事(料理名)のタイトルをクリックしていただけると、ページの一番下に表示されます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    続きを読む
  • 豚こまと小松菜のオイスターソースバター炒め
    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 大txt
    使い勝手抜群の豚こま、ヘルシー青菜の小松菜、歯ざわりの良いエリンギを炒め物でいただきました~。味付けは鶏がらスープを使った中華出汁にオイスターソースとバターを加えた「オイバター」です。鶏がらスープとオイスターソースだけでもしっかりした味ですが、バターのコクが加わると最強の旨コク炒めに仕上がります。ぜひぜひ、一度オイバター炒めを試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)120~150gぐらい  ・小松菜1パック ・エリンギ(中)2本
    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 材料① 豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 材料②
    <オイスターソースバター炒め 調味料>
    ・水大さじ2  ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)小さじ1/2  ・酒大さじ1
    ・砂糖小さじ1  ・Cook Doオイスターソース大さじ1  ・バター小さじ2

    <豚こま 下味調味料>
    ・酒小さじ2  ・醤油小さじ1  ・塩、胡椒適量  ・片栗粉大さじ1
    ・おろししょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【下準備】
    1.バターを耐熱皿に入れてレンジで加熱して溶かします。
      ボウルか器に<オイスターソースバター炒め 調味料>を入れて混ぜます。
    豚こまと小松菜のオイスターソース炒め 【下準備】① 豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 【下準備】②
    2.豚こまは食べやすい大きさに切り、<下味調味料>を加えて混ぜます。
    3.エリンギは食べやすい太さに切ります。

    【作り方】
    1.小松菜は5cmぐらいのザク切りにして茎の部分と葉の部分に分けます。
    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理① 豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理②
    2.フライパンに油を熱し、豚こまを入れて中火で炒め、火が通れば別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、エリンギを入れて中火で炒めます。
    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理③ 豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理④
    4.小松菜の茎の部分を加えて炒め合わせます。

    5.豚こまを戻し入れ、小松菜の葉の部分を加えてさっと炒め合わせます。
    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理⑤ 豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 調理⑥
    6.<オイスターソースバター炒め 調味料>を回し入れ、全体に味がしみたら火を
      止めます。器に盛り付けて出来上がりです。

    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め 拡大
    豚こまと小松菜のオイスターソースバター炒めが出来上がりました~。鶏がらスープ、オイスターソース、バターのうま味とコクが合わさってご飯にぴったりのおかずです。お酒にも合いますよ~♪

    豚こまと小松菜のオイバターソース炒め B
    身近な食材と調味料でカンタンに出来る中華風の炒め物です。豚こまの下味に片栗粉を加えているので、炒め上がると優しいトロミがつきます。オイスターソースとバターを組み合わせて炒め物を召し上がってみて下さいね~♪
    CookDo オイスターソース 説明用写真
    味付けに使ったCook Doオイスターソースは牡蠣(カキ)のコクはそのままに、生臭みを抑えた、コク深くまろやかな味わいが特長のオイスターソースです。ほどよいトロミで素材になじみやすく、バランスの整った味付けができるので、炒めものや中華メニューの他にも、煮物や素材の下味付けとしても使えます。くせがなくまろやかなので、幅広い料理に応用OK!簡単にワンランクアップしたおいしさに仕上がります。
    レシピブログアワード2017
    レシピブログアワード2017


    副菜の一品目は「さつまいもの醤油煮<甘味たっぷり♪>」です。
    さつまいも 大

    【材料と調味料(二人分)】
    ・さつまいも(中サイズ)1個

    ・お出汁300㏄ ・淡口醤油大さじ1 ・酒大さじ1 ・砂糖大さじ1 ・塩ほんの少々

    【下準備】
    さつまいもを洗い、皮がついたまま輪切りにして、水を二、三度入れ替え、にごりが
    なくなるまでアク抜きをします。

    【作り方】
    1.お出汁を入れた鍋にさつまいもを入れ、柔らかくなるまで煮ます。
    さつまいも 材料 さつまいも 調理
    2.薄口醤油、酒、砂糖、塩で味を調え、味がしみたら火を止めます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    さつまいも B
    さつまいもの醤油煮が出来上がりました~。今回のさつまいもは「葵はるか」と言う、宮崎県串間市のさつまいも農園「くしまあおいファームさん」が販売されている紅はるかです。しっとりした高糖度のさつまいもで、甘くてすっきりした後味がします。醤油と塩が、甘いさつまいもの美味しさを引き出してくれますよ~♪

    もう一品は「焼き甘長とうがらしのかつおポン酢<うま甘♪>」です。
    甘長とうがらし 大
    肉厚で、しっかりした甘味が楽しめる甘長とうがらしの焼き物を作りました~。今回は種を取り出した甘長とうがらしを香ばしくフライパンで焼き上げ、かつお節とポン酢?油でいただきました。フライパンで焼くので、超カンタンに一品作れます。ご飯にもお酒にもぴったりで、お箸もお酒も進みます。そろそろ終売を迎える甘長とうがらし、ぜひぜひシンプルに味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・甘長とうがらし10本ぐらい   ・かつお節少々  ・ポン酢醤油、または醤油適量
    甘長とうがらし 材料 甘長とうがらし 調味料

    【作り方】
    1.甘長とうがらしを洗って、水気をふき取ります。
      甘長とうがらしに包丁で縦の切れ目を入れ、種を取り出します。
    甘長とうがらし 調理① 甘長とうがらし 調理②
    2.フライパン、または焼き網、またはレンジグリルで焦がさないよう両面を焼きます。
      器に盛り付け、かつお節を添え、ポン酢醤油または醤油をかけて出来上がりです。

    甘長とうがらし B
    甘長とうがらしは焼くと甘みとうま味がぐっと増します。シンプルに焼くだけですが、肉厚の歯ざわり(食感)がたまりません~炒め物、煮物などなど、いろいろな料理が楽しめますよ~♪

    ブログのコメント欄は各記事ごとに設定されています。記事(料理名)のタイトルをクリックしていただけると、ページの一番下に表示されます。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまとキャベツのしょうが焼き<食材二つ♪>
    豚こまキャベツしょうが焼き 大
    家計に優しい豚こま、身近な野菜のキャベツ、食材二つのシンプルな炒め物を作りました~。味付けはおうちご飯に欠かせない甘辛調味料、「しょうが焼き」のタレです。豚こまの旨みとキャベツの甘み、ご飯にぴったりのおかずです。しょうが焼きのタレはチューブタイプのねりスパイスを使うと簡単、超速でメインの一品が出来上がります。ぜひぜひ、味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)140~160gぐらい ・キャベツ1/4個ぐらい
    豚こまキャベツしょうが焼き 材料① 豚こまキャベツしょうが焼き 材料②
    <豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ2  ・酒大さじ2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)大さじ1

    【作り方】
    1.ボウルか器に<豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理① 豚こまキャベツしょうが焼き 調理②
    2.キャベツはザク切り、豚こまは食べやすいひと口大に切ります。

    3.フライパンに油を熱し、キャベツを入れて中火で炒め、火を通して別皿に取ります。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理③ 豚こまキャベツしょうが焼き 調理④
    4.フライパンをキレイにして油を熱し、豚こまを入れて中火で炒めます。

    5.キャベツを戻し入れてさっと炒め合わせます。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理⑤ 豚こまキャベツしょうが焼き 調理⑥
    6.<豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>を回し入れます。
      火加減を中火の強火にして炒め、調味料の味が全体にしみたら火を止め、器に
      盛り付けて出来上がりです。味付けは薄味なのでお好みの味に調えて下さい。

    豚こまキャベツしょうが焼き 拡大
    豚こまとキャベツのしょうが焼きが出来上がりました~。うま味のある豚こま、甘みのあるキャベツに甘辛のしょうが焼きのタレがからんでお箸も進みます。ご飯にぴったりの炒め物、おすすめです~♪

    豚こまキャベツしょうが焼き B
    しょうが焼きはフライパン一つで手軽に出来る定番おかずですよね。キャベツを加えると栄養バランスも良くなり、ボリューム感も出ます。しっかりした美味しさが楽しめますよ~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    タレに使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜は「山東菜(さんとうな)のおひたし<優しい味わい>」です。
    山東菜 大
    山東菜は白菜の一種で、中国の山東省が原産とされています。白菜の仲間ですが、流通しているものは早めに収獲されているので結球していません。さっぱりした味わいが楽しめます。

    【材料(二人分)】
    ・山東菜1パック  ・かつお節適量
    山東菜 材料① 山東菜 材料②
    <おひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・みりん小さじ2   ・薄口醤油小さじ2

    【下準備】
    1.山東菜は水洗いして根の部分を切り、さっと下ゆでしてからザルに取り、
      水気を切ります。柔らかいので熱湯をくぐらす程度でも大丈夫です。
    2.食べやすい長さ(4~5cmぐらい)に切ります。

    【作り方】
    1.ボウルに下ゆでした山東菜を入れます。
    山東菜 調理① 山東菜 調理②
    2.<おひたし 調味料>とかつお節で和えて出来上がりです。

    山東菜 B
    関東では「山東菜」、または「べか菜」とも呼ばれています。関西や九州などでは単に「なっぱ」と呼ばれているとのこと。葉は黄緑色でとても柔らかく、アクも無いので生のままでも食べることができますよ~♪

    もう一品は「豆腐とさつま揚げの煮物<ヘルシー♪旨コク>」です。
    豆腐さつま揚げ 大
    身近な食材の木綿豆腐、さつま揚げ、しらたき(糸こんにゃく)、長ねぎの煮物を作りました~。味付けは甘辛のすき焼き風仕立てです。お肉の代わりに白身魚から作られるさつま揚げを使いました。ヘルシーな豆腐、しらたきと組み合わせると身体に優しい煮物に仕上がります。練り物の旨味がしみた豆腐が絶妙です~。お酒の肴、お弁当のおかずとしてもおすすめです~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・木綿豆腐1丁 ・さつま揚げ(小)6個 ・しらたき(糸こんにゃく)1パック ・青ねぎ1本
    豆腐さつま揚げ 材料① 豆腐さつま揚げ 材料②
    <豆腐とさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁400㏄ ・酒大さじ2  ・醤油大さじ3  ・みりん大さじ2  ・砂糖大さじ2

    【作り方】
    1.豆腐全体をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に入れて600Wのレンジで2分30秒
      加熱し、粗熱が取れたら水気を切ります。青ねぎは斜め切りにします。
    豆腐さつま揚げ 調理① 豆腐さつま揚げ 調理②
    2.鍋に<豆腐とさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>を入れて煮立てます。煮立て
      ば、さっと下ゆでしたしらたき(糸こんにゃく)を入れて中火で5分ほど煮ます。

    3.ひと口ぐらいに切った豆腐、斜め半分に切ったさつま揚げを加えて7~8分ほど煮ます。
    豆腐さつま揚げ 調理③ 豆腐さつま揚げ 調理④
    4.具材にお出汁と調味料がしみたら青ねぎを加えてひと煮たちさせます。火を止め、器に
      盛り付けて出来上がりです。味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

    豆腐さつま揚げ B
    豆腐とさつま揚げの煮物が出来上がりました~。お肉を使っていないのでさっぱりしていますが、練り物の旨味がしっかり楽し
    めます。身近な食材と調味料で作るカンタン煮物、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪

    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング