• 豚こまとキャベツのしょうが焼き<食材二つ♪>
    豚こまキャベツしょうが焼き 大
    家計に優しい豚こま、身近な野菜のキャベツ、食材二つのシンプルな炒め物を作りました~。味付けはおうちご飯に欠かせない甘辛調味料、「しょうが焼き」のタレです。豚こまの旨みとキャベツの甘み、ご飯にぴったりのおかずです。しょうが焼きのタレはチューブタイプのねりスパイスを使うと簡単、超速でメインの一品が出来上がります。ぜひぜひ、味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)140~160gぐらい ・キャベツ1/4個ぐらい
    豚こまキャベツしょうが焼き 材料① 豚こまキャベツしょうが焼き 材料②
    <豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>
    ・醤油大さじ2  ・酒大さじ2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)大さじ1

    【作り方】
    1.ボウルか器に<豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理① 豚こまキャベツしょうが焼き 調理②
    2.キャベツはザク切り、豚こまは食べやすいひと口大に切ります。

    3.フライパンに油を熱し、キャベツを入れて中火で炒め、火を通して別皿に取ります。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理③ 豚こまキャベツしょうが焼き 調理④
    4.フライパンをキレイにして油を熱し、豚こまを入れて中火で炒めます。

    5.キャベツを戻し入れてさっと炒め合わせます。
    豚こまキャベツしょうが焼き 調理⑤ 豚こまキャベツしょうが焼き 調理⑥
    6.<豚こまとキャベツのしょうが焼き 合わせ調味料>を回し入れます。
      火加減を中火の強火にして炒め、調味料の味が全体にしみたら火を止め、器に
      盛り付けて出来上がりです。味付けは薄味なのでお好みの味に調えて下さい。

    豚こまキャベツしょうが焼き 拡大
    豚こまとキャベツのしょうが焼きが出来上がりました~。うま味のある豚こま、甘みのあるキャベツに甘辛のしょうが焼きのタレがからんでお箸も進みます。ご飯にぴったりの炒め物、おすすめです~♪

    豚こまキャベツしょうが焼き B
    しょうが焼きはフライパン一つで手軽に出来る定番おかずですよね。キャベツを加えると栄養バランスも良くなり、ボリューム感も出ます。しっかりした美味しさが楽しめますよ~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    タレに使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜は「山東菜(さんとうな)のおひたし<優しい味わい>」です。
    山東菜 大
    山東菜は白菜の一種で、中国の山東省が原産とされています。白菜の仲間ですが、流通しているものは早めに収獲されているので結球していません。さっぱりした味わいが楽しめます。

    【材料(二人分)】
    ・山東菜1パック  ・かつお節適量
    山東菜 材料① 山東菜 材料②
    <おひたし 調味料>
    ・お出汁大さじ2  ・みりん小さじ2   ・薄口醤油小さじ2

    【下準備】
    1.山東菜は水洗いして根の部分を切り、さっと下ゆでしてからザルに取り、
      水気を切ります。柔らかいので熱湯をくぐらす程度でも大丈夫です。
    2.食べやすい長さ(4~5cmぐらい)に切ります。

    【作り方】
    1.ボウルに下ゆでした山東菜を入れます。
    山東菜 調理① 山東菜 調理②
    2.<おひたし 調味料>とかつお節で和えて出来上がりです。

    山東菜 B
    関東では「山東菜」、または「べか菜」とも呼ばれています。関西や九州などでは単に「なっぱ」と呼ばれているとのこと。葉は黄緑色でとても柔らかく、アクも無いので生のままでも食べることができますよ~♪

    もう一品は「豆腐とさつま揚げの煮物<ヘルシー♪旨コク>」です。
    豆腐さつま揚げ 大
    身近な食材の木綿豆腐、さつま揚げ、しらたき(糸こんにゃく)、長ねぎの煮物を作りました~。味付けは甘辛のすき焼き風仕立てです。お肉の代わりに白身魚から作られるさつま揚げを使いました。ヘルシーな豆腐、しらたきと組み合わせると身体に優しい煮物に仕上がります。練り物の旨味がしみた豆腐が絶妙です~。お酒の肴、お弁当のおかずとしてもおすすめです~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・木綿豆腐1丁 ・さつま揚げ(小)6個 ・しらたき(糸こんにゃく)1パック ・青ねぎ1本
    豆腐さつま揚げ 材料① 豆腐さつま揚げ 材料②
    <豆腐とさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>
    ・お出汁400㏄ ・酒大さじ2  ・醤油大さじ3  ・みりん大さじ2  ・砂糖大さじ2

    【作り方】
    1.豆腐全体をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に入れて600Wのレンジで2分30秒
      加熱し、粗熱が取れたら水気を切ります。青ねぎは斜め切りにします。
    豆腐さつま揚げ 調理① 豆腐さつま揚げ 調理②
    2.鍋に<豆腐とさつま揚げの煮物 お出汁と調味料>を入れて煮立てます。煮立て
      ば、さっと下ゆでしたしらたき(糸こんにゃく)を入れて中火で5分ほど煮ます。

    3.ひと口ぐらいに切った豆腐、斜め半分に切ったさつま揚げを加えて7~8分ほど煮ます。
    豆腐さつま揚げ 調理③ 豆腐さつま揚げ 調理④
    4.具材にお出汁と調味料がしみたら青ねぎを加えてひと煮たちさせます。火を止め、器に
      盛り付けて出来上がりです。味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

    豆腐さつま揚げ B
    豆腐とさつま揚げの煮物が出来上がりました~。お肉を使っていないのでさっぱりしていますが、練り物の旨味がしっかり楽し
    めます。身近な食材と調味料で作るカンタン煮物、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪

    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
    スポンサーサイト
  • 肉豆腐<すき焼き風の味付け♪栄養満点>
    肉豆腐 大
    居酒屋の定番メニュー「肉豆腐」を作りました~。具材は身近な豚こま、木綿豆腐、しめじ、青ねぎです。今回の味付けはすき焼き風の甘辛い味付けにしました。豚こまは下ゆでして余分な脂を落としてから煮ているので、すっきりした味わいが楽しめます。うま味がしみた豆腐が絶妙です~。夏バテ予防にバッチリの豚こま、ヘルシーな豆腐、栄養満点の煮物です~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)200g ・木綿豆腐1丁 ・しめじ1パック ・青ねぎ2本
    肉豆腐 材料① 肉豆腐 材料②
    <すき焼き風の肉豆腐 お出汁と調味料>
    ・お出汁400㏄ ・酒大さじ2 ・醤油大さじ3 ・みりん大さじ2 ・砂糖大さじ2

    【下準備】
    1.豆腐全体をキッチンペーパーで包み、耐熱皿に入れて600Wのレンジで2分30秒
      加熱し、粗熱が取れたら水を切ります。
    肉豆腐 【下準備】① 肉豆腐 【下準備】②
    2.青ねぎは斜め切りにします。

    【作り方】
    1.鍋に熱湯を沸かし、豚こまを入れてさっと下ゆでして別皿に取り、水気を切って
      から食べやすいひと口ぐらいに切ります。
    肉豆腐 調理① 肉豆腐 調理②
    2.鍋をキレイにして<すき焼き風の肉豆腐 お出汁と調味料>を入れて煮立てます。

    3.煮立てば豚こまを入れて中火で3分ほど煮ます。
    肉豆腐 調理③ 肉豆腐 調理④
    4.その間に豆腐をひと口ぐらいに切ります。

    5.鍋に豆腐としめじを加えて中火で5分ほど煮ます。
    肉豆腐 調理⑤ 肉豆腐 【下準備】②
    6.青ねぎを加えてひと煮たちさせます。全体に味がしみたら火を止め、器に盛り付け
      て出来上がりです。味付けは薄味なので、お好みで調えて下さい。

    肉豆腐 拡大
    すき焼き風の肉豆腐が出来上がりました~。旨味のしみた豆腐の味わいがたまりません~。豚こまの下ゆでにひと手間かかりますが、直ぐに火が通る食材ばかりなので忙しい時はおすすめです。ご飯にも、お酒にも合いますよ~♪

    肉豆腐 B
    豚こま(豚肉)は疲労回復、夏バテ予防にぴったりの食材です。暑い夏場の煮物ですが、元気で猛暑を乗り切るためにもぜひぜひ味わってみて下さいね。甘辛の味わいでお箸が進みますよ~♪

    副菜は「豆苗と炒り卵のさっと炒め<さっぱり♪>」です。
    豆苗卵 大

    【材料(二人分)】
    ・豆苗1袋  ・卵1個
    豆苗卵 材料① 豆苗卵 材料②
    <豆苗と炒り卵のさっと炒め 調味料>
    ・酒大さじ1  ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)小さじ1  ・胡椒適量

    【下準備】
    1.豆苗は根元の部分を切り落とします。
    2.卵は割りほぐし、溶き卵にします。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、溶き卵を入れてよく混ぜ、半熟状の炒り卵になれば、
      別皿に取ります。
    2.フライパンをキレイにして油を熱し、豆苗を入れて強火で一気に炒めます。
      炒り卵を戻し入れ、酒、鶏がらスープ(顆粒、または粉末)、胡椒で味を調えます。
      さっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。 

    豆苗卵 B
    ヘルシーな豆苗と彩りの良い炒り卵の炒め物が出来上がりました。強火で一気に炒めると、豆苗の香りと歯ざわり(食感)、卵の優しい味わいが楽しめます。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    ご飯は「とうもろこしご飯<夏の炊き込みご飯>」です。
    とうもろこし 大
    旬のとうもろこしを炊き込みご飯でいただきました~。とうもろこしの甘味を引き出すには塩が一番です。今回は塩と昆布茶で炊き上げました。またとうもろこしの芯も一緒に炊き込みます。芯は食物繊維たっぶりで、旨み成分も詰まっています。とうもろこしをほぐし、味を調えてあとはスイッチを入れるだけ♪ カンタンに出来て、旬の味わいがしっかりと楽しめますよ~。

    【材料(三~四人分)】
    ・お米2合  ・とうもろこし1本

    <とうもろこしご飯 調味料>
    ・酒大さじ1  ・塩小さじ1/2  ・昆布茶小さじ1

    【下準備】
    米を研ぎ、ザルにあげて30分以上おきます。

    【作り方】
    1.とうもろこしの皮をむきます。
    とうもろこし 調理① とうもころこし 調理②
    2.とうもろこしを5cmぐらいの長さの輪切りにして、包丁で芯から実をこそげるよう
      に取って粒状にほぐします。

    3.炊飯器にお米、とうもろこし、芯、<とうもろこしご飯 調味料>を入れ、通常に炊く時
      の水量線までの水を加えてひと混ぜして炊飯器のスイッチを入れます。
    とうもろこし 調理③ とうもろこし 調理④
    4.炊き上がれば芯を取り出し、全体を軽く混ぜ、茶碗に盛り付け出来上がりです。味付けは
      薄味です。お好みで調えて下さい。

    とうもろこし B
    甘みたっぷりで、プリッとした食感が何とも美味しい「とうもろこしの炊き込みご飯」が出来上がりました~。気持ちもホッと和む旬の優しい味わい、ぜひぜひ一度試してみて下さいね~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまとキャベツの一味しょうが焼き<ほど良い辛味>
    一味しょうが焼き 大
    使い勝手の良い豚こま、身近な野菜のキャベツを炒め物でいただきました~。味付けはいつものしょうが焼きのタレに、ピリッとした辛みと香りが味わえる一味唐がらしを加えました。豚こまのうま味、キャベツの甘味をさわやかでほど良い辛味のタレが引き立てくれます。材料も調味料もシンプルそのもので、カンタン・超速で作れます。忙しい時は超おすすめの一品です~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)150gぐらい ・キャベツ1/8個ぐらい ・ピーマン2個
    一味しょうが焼き 材料 一味しょうが焼き 調味料
    <一味しょうが焼き タレ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが大さじ1  ・ハウス一味唐がらし適量

    【下準備】
    1.ボウルか器に<一味しょうが焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。
    2.キャベツはザク切り、豚こま(豚こま切れ肉)はひと口ぐらいに切ります。
      ピーマンは食べやすい大きさに切ります。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、豚こまを入れて中火で炒め火が通れば、別皿に取ります。
    一味しょうが焼き 調理① 一味しょうが焼き 調理②
    2.フライパンをキレイにして油を熱し、キャベツを入れて中火で炒め、火が通れば
      ピーマンを加えて炒めます。

    3.豚こまを戻し入れてさっと炒め合わせます。
    一味しょうが焼き 調理③ 一味しょうが焼き 調理④
    4.<一味しょうが焼き タレ調味料>、を回し入れて炒めます。全体にタレの味が
      なじんだら火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。
      タレは薄味なので、お好みに合わせて調えて下さい。

    一味しょうが焼き B
    豚こまとキャベツの一味しょうが焼きが出来上がりました~。タレを用意したら材料を切って炒めるだけ♪ 超速で一品出来上
    がります。一味唐がらしの香りが引き立つピリ辛でさわやかな味わいがおすすめです~。

    タレに使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウス一味唐がらし 説明用写真
    同じく、ハウス一味唐がらしは刺激的な辛さが特徴です。英語では“hot”と表現する、口の中がカッと熱くなるような辛さが特徴の赤唐辛子。辛味だけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果も大きいスパイスです。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • ポークソテー<照り焼きソース+青じそおろし>
    青じそおろし 大改
    暑い日もお箸(フォーク)の進むポークソテー(トンテキ)を作りました~。材料は厚切り豚ロース肉、ソースは甘辛うまコクの照り焼きソース、そして青じそおろしです。さっぱりした大根おろしに、青じそ(大葉)のみじん切りを加えるとさわやかな風味が楽しめます。カリッと焼き上げたジューシーなポークソテーに甘辛ソースと青じそおろし、ヘルシーでうま味たっぷりの一品です♪

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(トンカツ用)2枚 ・大根5cmぐらい ・青じそ(大葉)5枚
    ・小麦粉適量 ・お好みの付け合せ野菜
    青じそおろし 材料① 青じそおろし 材料②
    <照り焼きソース 調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1

    <豚ロース肉 下味調味料>
    ・塩、胡椒適量

    【作り方】
    1.青じそ(大葉)はみじん切りにしてザルに入れてさっと水で洗います。
    青じそおろし 調理① 青じそおろし 調理②
    2.大根をすりおろし、水気を切って青じそ(大葉)のみじん切りを加えて混ぜます。

    3.常温に戻した豚ロース肉は脂と肉の間にある筋を3~4か所切り、塩、胡椒を
      ふって下味をつけ、小麦粉をまんべんなくまぶします。
    青じそおろし 調理③ 青じそおろし 調理④
    4.フライパンに油を熱し、余分な粉をはたいた豚ロース肉を入れて中火で両面を
      焼いて火を通します。焼ければ付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けます。
      お好みで食べやすい大きさに切って盛りつけます。

    5.フライパンをキレイにして<照り焼きソース 調味料>を入れて煮立てます。
      少し煮詰めて、濃度と照りが出てきたら火を止めます。
    青じそおろし 調理⑤ 青じそおろし 調理⑥
    6.豚ロース肉に照り焼きソースをかけ、青じそおろしを添えて出来上がりです。
      青じそおろしにも少しソースをかけます。

    青じそおろし 拡大
    さっぱりした夏バージョンのポークソテーが出来上がりました~。うま味たっぷりのお肉に甘辛ソースと青じそおろしをからめて
    いただくとお箸も進みます~。夏バテ予防、疲労回復におすすめの一品です~♪

    青じそおろし B
    フライパン一つでカンタンに出来上がるのもうれしいですよね。青じそおろし、今回は豚ロース肉(ポークソテー)に添えましたが、鶏もも肉、白身魚、鮭などのソテーでも美味しく召し上がれますよ~♪

    副菜の一品目は「もずくとオクラの酢の物<ミニトマト添え>」です。
    オクラもずく 大

    【材料(二人分)】
    ・もずく(酢の物 市販)2個  ・オクラ4本  ・ミニトマト2個
    オクラもずく 材料① オクラもずく 材料②


    【作り方】
    1.板ずりしたオクラを塩ゆでにして冷水に放ち、粗熱が取れれば水気を切って
      2cmぐらいの長さに切ります。
    2.器にもずくをタレごとそのまま入れ、オクラ、ミニトマトを添えて出来上がりです。

    オクラもずく B
    市販の「もずく酢」にオクラとミニトマトを添えた一品が出来上がりました~。シンプルですが、彩りが良くなり、食欲をそそりますよ~。カンタン、時短で出来る、美味しいもずくを召し上がってみて下さいね~♪

    もう一品は「春雨と青梗菜のナムル<鶏がらスープで味付け>」です。
    春雨青梗菜 大
    ツルンとした食感の春雨、ヘルシーな青梗菜を使ってナムルを作りました~。味付けはいつもの胡麻油、醤油、砂糖に鶏がらスープ(顆粒)を加えました。胡麻油の風味、醤油のコク、鶏がらスープの旨味が具材に合わさってお箸が進みます~。暑い日もさっぱりした味わいとのど越しの良さが楽しめます。緑と白の色合いも鮮やかです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二~三人分)】
    ・春雨20gぐらい  ・青梗菜1株  ・白煎り胡麻適量
    春雨青梗菜 材料① 春雨青梗菜 材料②
    <春雨と青梗菜のナムル 調味料>
    ・胡麻油小さじ2  ・醤油小さじ2  ・砂糖小さじ1
    ・鶏がらスープ(顆粒、または粉末)少々

    【作り方】
    1.春雨は熱湯でゆでるか、熱湯につけて戻し、冷水にさらして水気を切って食べ
      やす長さに切ります。
    春雨青梗菜 調理① 春雨青梗菜 調理②
    2.青梗菜は根元の部分をよく洗ってから食べやすい大きさに切ります。鍋に熱湯を
      沸かし、青梗菜をさっとゆでてザルにあげ、粗熱を取って水気を絞ります。

    3.ボウルに春雨、青梗菜を入れます。
    春雨青梗菜 調理③ 春雨青梗菜 調理④
    4.胡麻油を加えて混ぜ、醤油、砂糖、鶏がらスープ、白煎り胡麻を加えて混ぜます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    春雨青梗菜 B
    春雨の食感、青梗菜の優しい味わいを楽しむナムルが出来上がりました~。さっぱりした中にしっかりした旨味を感じさせる一品です。飽きの来ない味わいがおすすめですよ~♪

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                   ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまと卵のピリ辛炒め<唐辛子の辛味&香味>
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 大
    豚こま、卵、青梗菜、玉ねぎの炒め物を作りました~。味付けは和の照り焼きダレに、あらびきの唐辛子(チリペパー)を加えたちょっとピリ辛味です。あらびきチリペパーの辛味はそれほど強くなく、香味をより感じられて料理の旨みを増す効果もあります。豚こまの旨味、卵の優しい味わい、青梗菜と玉ねぎの甘味をしっかり引き出す唐辛子パワー、おいしさ広がる♪かんたん夏レシピです。

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)150g ・卵2個 ・青梗菜(大)1株 ・玉ねぎ1/2個
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 材料① 青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 材料②
    <豚こまと卵のピリ辛炒め  合わせ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・GABANあらびきチリペパー適量

    <豚こま 下味調味料>
    ・酒大さじ1  ・醤油小さじ2  ・ハウスおろし生しょうが小さじ ・片栗粉大さじ1

    【下準備】
    1.豚こまは食べやすいひと口大に切り、<下味 調味料>を加えて混ぜます。
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 【下準備】① 青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 【下準備】②
    2.ボウルか器に<豚こまと卵のピリ辛炒め  合わせ調味料>を入れて混ぜます。
    3.卵をボウルに割り入れ、溶き卵にします。
    4.青梗菜はひと口ぐらいに切ります。玉ねぎは繊維と逆方向の薄切りにします。

    【作り方】
    1.フライパンに油を熱し、火加減は中火にして溶き卵を入れてかき混ぜながら半熟状
      にして炒り卵を作り、別皿に取ります。
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理① 青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理②
    2.フライパンをキレイにして油を熱し、豚こまを入れて中火で炒めて別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、玉ねぎを加えて中火で炒めます。
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理③ 青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理④
    4.青梗菜を加えて炒め合わせます。

    5.全体に油がなじんだら、豚こまを戻し入れ、<合わせ調味料>を回し入れて調味料
      が具材にからむようしっかり炒め合わせます。
    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理⑤ 青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 調理⑥
    6.最後に炒り卵を戻し入れ、さっと炒めて火を止め、器に盛り付けて出来上がりです。

    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め 拡大
    豚こまと卵のピリ辛炒めが出来上がりました~。旨味、コク、辛味、香味が楽しめる炒め物です。白ご飯にはぴったりで、お酒との相性も抜群です。ほど良い唐辛子(あらびきチリペパー)の風味で食欲をそそりますよ~♪

    青梗菜と豚こまのピリ辛炒め B
    下味をつけて炒めた豚こまの旨味もたまりません。青梗菜、玉ねぎの代わりにキャベツ、にんじん、ピーマンなどの冷蔵庫にある野菜を使っても美味しく召し上がれます。ぜひぜひ、あらびきチリペパー(唐辛子)の風味を味わってみて下さいね~♪

    GABANあらびきチリペパーはおなじみの赤唐辛子です。赤く熟した唐辛子を乾燥させたもので、「あらびき」は粒子が細かいタイプにくらべると辛味がそれほど強くなく、香味をより感じられ、料理の旨みを増す効果もあります。
    GABANあらびきチリペパー 説明用写真 ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    豚こまの下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    GABANあらびきチリペパーはハウス食品さん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「スパイスでお料理上手 スパイスでおいしさ広がる♪かんたん夏レシピ」でいただきました。おいしい炒め物が出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    ピリ辛スパイシー料理レシピ
    ピリ辛スパイシー料理レシピ  スパイスレシピ検索

    副菜の一品目は「三つ葉のおろし塩昆布和え<さっぱり♪>」です。
    三つ葉のおろし塩昆布和え 大

    【材料(二人分)】
    ・三つ葉1パック  ・大根10cmぐらい  ・塩昆布適量
    三つ葉のおろし塩昆布和え 材料① 三つ葉のおろし塩昆布和え 材料②
    【作り方】
    1.大根は皮をむいてすりおろし、軽く水気を切ります。
    2.三つ葉はさっと下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れたら食べやすい長さに切ります。
    3.ボウルに三つ葉、大根おろし、塩昆布を入れて和えます。
      器に盛り付けて出来上がりです。

    三つ葉のおろし塩昆布和え B
    三つ葉と大根おろしの塩昆布和えが出来上がりました~。三つ葉のさわやかな香りとさっぱりした大根おろしに旨味ある塩昆布、暑い日もお箸の進む一品です。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

    もう一品は「トマトとほうれん草のわさびマヨポンサラダ」です。
    トマトわさびマヨポン 大
    旬のトマトとヘルシーなほうれん草を組み合わせたサラダを作りました~。味付けはねりわさび(チューブタイプ)、マヨネーズ、ポン酢を組み合わせた「わさびマヨポン」です。ほど良い辛味とさわやかな風味にコクが合わさった味わいがトマトとほうれん草の美味しさを引き立ててくれます。身体にも優しくて、簡単に出来るサラダです。冷蔵庫にある調味料で味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・トマト1個 ・ほうれん草1/2パックぐらい
    トマトわさびマヨポン 材料① トマトわさびマヨポン 材料②
    <わさびマヨポン 調味料>
    ・マヨネーズ大さじ2  ・ポン酢醤油小さじ2
    ・ハウス【特選 本香り】やさしい辛さの生わさび適量

    【下準備】
    ほうれん草は熱湯でさっと下ゆでして冷水に放ち、水気をしっかり絞ってから食べ
    やすい5~6cm位の長さに切ります。

    【作り方】
    1.器かボウルにマヨネーズ、ポン酢醤油、わさびを入れます。
    トマトわさびマヨポン 調理① トマトわさびマヨポン 調理②
    2.全体をしっかり混ぜ合わせます。

    3.サラダ用の器に食べやすい形に切ったトマトを置き、ほうれん草を盛りつけます。
      わさびマヨポンドレッシングをかけて出来上がりです。

    トマトわさびマヨポン B
    ヘルシーなトマトとほうれん草のサラダが出来上がりました~。彩りも良くて、わさびの風味がきいたマヨポンでお箸も進みますよ~♪お酒にもぴったりです。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~。
    ハウス【特選 本香り】やさしい辛さの生わさび 説明用写真
    味付けに使ったハウス【特選 本香り】やさしい辛さの生わさびは 「わさびの風味は好きだけど、鼻にツーンとくる辛さは苦手」という方にも、本わさびの香りをお楽しみいただけます。無着色です。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                          
     
                  ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚肉とピーマンの一味みそ炒め<ピリ辛うまコク>
    豚こまボールのユーリンチー 大
    豚肩ロース、ピーマン、玉ねぎを使って炒め物を作りました~。味付けは和の味噌、醤油、酒などに一味唐がらしを加えたピリ辛味です。豚肉本来の旨味が味わえる肩ロースと旬のピーマンは相性抜群です。味噌と醤油のコクに、ほど良い辛味が合わさった調味料はしっかりした味わいで、お肉と野菜の美味しさを引き出してくれます。旨味とコクが味わえるピリ辛の炒め物、おすすめです~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肩ロース肉(塊、または薄切り)200gぐらい ・ピーマン4個ぐらい ・玉ねぎ1/2個
    豚肉とピーマンの味噌炒め 材料① 豚肉とピーマンの味噌炒め 材料②
    <一味みそ炒め 合わせ調味料>
    ・味噌大さじ1  ・醤油小さじ2  ・酒大さじ1  ・ぬるま湯大さじ1  ・砂糖小さじ2
    ・鶏がらスープ(顆粒・または粉末)ほんの少々

    <豚肩ロース肉 下味調味料>
    ・酒小さじ2  ・醤油小さじ1  ・胡麻油小さじ1  ・片栗粉大さじ1と1/2
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1

    【下準備】
    1.ボウルか器に<一味みそ炒め 合わせ調味料>を入れます。
    豚肉とピーマンの味噌炒め 【下準備】① 豚肉とピーマンの味噌炒め 【下準備】②
    2.全体をしっかり混ぜ合わせます。

    【作り方】
    1.豚肉は食べやすいひと口ぐらいの大きさにに切ってボウルに入れ、下味調味料を
      加えてもみ込んでおきます。15~20分ぐらい置くとしっかりした下味がつきます。
    豚肉とピーマンの味噌炒め 調理① 豚肉とピーマンの味噌炒め 調理②
    2.ピーマンと玉ねぎは細切りにします。玉ねぎは繊維と逆方向に切っています。

    3.フライパンに油を熱し、下味をつけた豚肉を入れて中火で炒め、火が通れば別皿
      に取ります。
    豚肉とピーマンの味噌炒め 調理③ 豚肉とピーマンの味噌炒め 調理④
    4.フライパンをキレイにして油を熱し、玉ねぎ、ピーマンを入れて中火で炒めます。

    5.全体に油がなじんだら豚肉を戻し入れてさっと炒め合わせます。
    豚肉とピーマンの味噌炒め 調理⑤ 豚肉とピーマンの味噌炒め 調理⑥
    6.<一味みそ炒め 合わせ調味料>を回し入れ、具材に調味料の味がなじんだら
      火を止めます。器に盛り付け出来上がりです。

    豚肉とピーマンの味噌炒め 拡大
    豚肉とピーマンの一味みそ炒めが出来上がりました~。旨味、コク、ほど良い辛味が合わさった味わいがたまりません~。片栗粉などで下味をつけた豚肉がも柔らくてお箸も進みますよ~♪

    豚肉とピーマンの味噌炒め B
    疲労回復に良いとされる豚肉、健康にも美容にも良いとされるピーマン、相性抜群の組み合わせですよね。主菜、お酒の肴、お弁当のおかずにぴったりの一品です。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

    味付けに使ったハウス一味唐がらしは刺激的な辛さが特徴です。英語では“hot”と表現する、口の中がカッと熱くなるような辛さが特徴の赤唐辛子。辛味だけではなく独特の香味をもち、料理のうまみを増す効果も大きいスパイスです。
    ハウス一味唐がらし 説明用写真 ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    豚肉の下味に使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています

    副菜の一品目は「三つ葉のナムル<シャキッシャキッ>」です。
    三つ葉のナムル大

    【材料(二人分)】
    ・三つ葉2パック  ・白煎り胡麻適量  ・胡麻油小さじ1

    <三つ葉のナムル 調味料>
    ・塩ほんの少々  ・醤油小さじ1  ・砂糖ほんの少々

    【作り方】
    1.三つ葉は根元の部分を切り落とし、水にさらしてシャキとさせてザルに取ります。
      さっと下ゆでして冷水に放ち、水気をしっかり絞ってから食べやすい長さに切ります。
    三つ葉 調理① 三つ葉 調理②
    2.ボウルに三つ葉を入れ、胡麻油を加えて混ぜます。塩、砂糖、醤油で味を調え、
      白煎り胡麻を加えて混ぜます。器に盛り付けて出来上がりです。

    三つ葉のナムル  B
    緑が鮮やかに映える「三つ葉のナムル」が出来上がりました~。胡麻油でしっかり和えてから味付けをすると照りも出て、色合いもキレイに仕上がります。香りと歯ざわりを楽しめるさっぱりしたナムル、おすすめです~♪

    もう一品は「トマトと青紫蘇の海苔サラダ<わさびマヨポン>」です。
    海苔トマト 大
    甘味を増してきたトマト、さわやかな青紫蘇(大葉)に和の味付け海苔を加えてサラダを作りました~。ドレッシングはほど良い辛味としっかりしたコクの「わさびマヨポン」です。さわやかなトマトと青紫蘇に、海苔の風味と旨味がぴったり合う一品です。口の中に広がる磯の香りとわさびの風味が食欲をそそります~。トマト・海苔・わさびマヨポンの組み合わせ、ぜひぜひ一度試してみて下さいね~♪

    【材料二人分】
    ・トマト1個  ・青紫蘇(大葉)5枚ぐらい ・味付け海苔適量
    海苔トマト 材料① 海苔トマト 材料②
    <わさびマヨポンドレッシング 調味料>
    ・マヨネーズ大さじ2  ・ポン酢醤油大さじ1 ・ねりわさび(チューブタイプ)適量

    【作り方】
    1.ボウルか器に<わさびマヨポンドレッシング 調味料>を入れます。
    海苔トマト 調理① 海苔トマト 調理②
    2.青紫蘇(大葉)は千切りにして冷水にさらして水気を切ります。
    3.サラダ用の器にトマト、大葉を盛り付け、食べやすい大きさにちぎった味付け
      海苔を添えます。わさびマヨポンドレッシングをかけて出来上がりです。

    海苔トマト B
    風味豊かなトマトと海苔のサラダが出来上がりました~。トマトのさわやかな美味しさを、海苔の香りがうまく引き出してくれます、お酒の肴にもおすすめです~。

    前田屋海苔さんからいただいた海苔
    今回使った味付け海苔は広島の「前田屋」さんからいただきました。海苔の製造・販売にしっかりしたコンセプトをお持ちの企業です。以前アップした私のレシピ、「 ほうれん草と海苔のコンソメオイル醤油和え」が前田屋さんの目に止まり、同社サイトの「海苔を楽しむレシピ」に掲載いただいた御礼の海苔です。

    献海苔プロジェクト 前田屋海苔さん
    社内で「献海苔プロジェクト」として位置づけられ、 「食」や「ライフスタイル」などをテーマに書かれているブログ記事をサイトに掲載し、暮らしや子育てや役立てていただくというプロジェクトです。多くのブログから、海苔レシピに目を止めていただき、サイト掲載と海苔を送ってもらいました。美味しい海苔、本当にありがとうございました。

    前田屋さん → ホームページ

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 胡麻うまソースの豚カツ<風味抜群>
    豚カツ 大
    すり胡麻とブルドックうまソースを組み合わせたソースで豚カツをいただきました~。香ばしいすり胡麻の風味に、ソース・たれ・つゆのうまさを併せ持つ「うまソース」の深みが加わり、豚肉本来の美味しさが楽しめます。カラッと揚げたジューシーな豚カツに胡麻うまソースがぴったりなじんでお箸も進みます~。カンタンに出来て、絶妙の味わいの豚カツ、ぜひぜひ一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚ロース肉(豚カツ用)2枚  ・塩、胡椒適量  
    ・フライ衣(小麦粉、溶き卵、パン粉)適量  ・お好みの付け合わせ野菜
    豚カツ 材料 豚カツ 調味料
    <胡麻うまソース 調味料>
    ・白煎りすり胡麻大さじ2  ・ブルドックうまソース大さじ3

    【作り方】
    1.豚ロース肉は脂と肉の間にある筋を3~4カ所切り、軽く塩、胡椒をふり、
      小麦粉・溶き卵・パン粉の順に衣をつけます。
    豚カツ 調理① 豚カツ 調理②
    2.白煎り胡麻をすり、器かボウルに入れ、ブルドックうまソースを加えて混ぜます。

    3.揚げ油を170度位の温度に熱し、豚カツがきつね色になるまでカラッと揚げて油を
      切ります。
    豚カツ 調理③ 豚カツ 調理④
    4.食べやすい大きさに切り、付け合わせ野菜と一緒に器に盛り付けます。小皿にソース
      を取り分けるか、直接ソースをかけて出来上がりです。

    豚カツ B
    カラッと揚がった豚カツのサクサクした心地よい衣の食感、豚肉のうま味、胡麻うまソースの風味と美味しさが口の中に広がります。チキンカツ、魚介のフライにもおすすめです~♪
    うまソース 説明用写真
    ブルドックうまソースはかけるのはもちろん、炒めて、焼いて、調理しておいしいソースです。添加物(着色料・増粘剤・化学調味料・甘味料)を加えていません。

    うまソースはブルドックソースさん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「うまソースで失敗知らず!お酒にもぴったりなおかずレシピ」でいただきました。美味しい豚カツが出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    うまソースを使った料理レシピ
    うまソースを使った料理レシピ


    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                  ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • うまソーストマトタイプ で味わうお肉だけの酢豚<簡単♪>
    うまトマトソースで酢豚 大
    うまソーストマトタイプを使って酢豚を作りました~。野菜無しのシンプルなお肉だけ酢豚です。味付けはトマトのうま味がしっかりきいたソースに酢、砂糖、酒を加えた合わせ調味料です。ハーブも入ったうまソーストマトタイプは洋風の味わいですが、チキンのコクやうまみも味わえるので、中華の調味料としてもバッチリ使えます。いつもとひと味違う深い味わいの酢豚、一度試してみて下さいね~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚肩ロース肉300gぐらい ・お好みでレタス、青ねぎ適量
    うまトマトソースで酢豚 材料 うまトマトソースで酢豚 調味料
    <うまソーストマトタイプ酢豚 合わせ甘酢あん 調味料>
    ・うまソーストマトタイプ大さじ4 ・酢大さじ2 ・砂糖大さじ1 ・酒大さじ1 

    <酢豚 豚肩ロース肉の下味調味料>
    ・醤油小さじ1 ・酒小さじ2 ・すりおろししょうが小さじ1 ・片栗粉大さじ2

    【作り方】
    1.ボウルか器に、<うまソーストマトタイプ 酢豚 合わせ甘酢あん 調味料>を入れて
      混ぜます。
    うまトマトソースで酢豚 調理① うまトマトソースで酢豚 調理②
    2.豚肩ロースは常温に戻し、ひと口大に切って<下味調味料>を加えて混ぜます。
      15~20分ぐらい漬け込むと味もしっかりしみ込みます。

    3.豚肩ロース肉は170度位の中温でじっくり中まで火を通します。
    うまトマトソースで酢豚 調理③ うまトマトソースで酢豚 調理④
    4.油をしっかり切ります。

    5.フライパンに<うまソーストマトタイプ 酢豚 合わせ甘酢あん 調味料>を入れて火に
      かけます。
    うまトマトソースで酢豚 調理⑤ うまトマトソースで酢豚 調理⑥
    6.中火で煮立て、煮立てば豚肩ロース肉を入れて甘酢あんを全体にからめます。
      火を止め、お好みでレタスを敷いた器にソースごと盛り付けます。お好みで青
      ねぎの千切り(または白髪ねぎ)を添えて出来上がりです。
      
      豚肩ロース肉の下味に片栗粉をつけているので、トロミが自然と出ます。
      お好みで炒めた玉ねぎ、ピーマン、筍などを加えても美味しく召し上がれます。

    うまトマトソースで酢豚 拡大
    うまソーストマトタイプを酢豚の甘酢あんにアレンジした一品が出来上がりました~。コクのある甘酸っぱいあんが、豚肉にからんでうま味が口の中に広がります。照り照りの酢豚、食欲を刺激しますよね。ご飯が進む中華の一品、おすすめです~♪

    うまトマトソースで酢豚 B
    うまソーストマトタイプはトマトの味わいと調味料のコクがしっかりしているので、ケチャップ以上の味の深みが楽しめます。今回、豚肉を揚げてから調理しましたが、フライパンで焼くか、レンジグリルで火を通してから調理してもOKです。お好みの調理方法でうまソース酢豚を召し上がってみて下さいね~♪
    うまソーストマトタイプ 説明用写真
    ブルドック うまソース トマトタイプはかんたんに炒め、焼きメニューなどができるトマトタイプのソースです。※添加物(着色料・増粘剤・化学調味料・甘味料)を加えていません。

    うまソース トマトタイプはブルドックソースさん×レシピブログさんのモニターコラボ企画、「うまソースで失敗知らず!お酒にもぴったりなおかずレシピ」でいただきました。美味しい酢豚が出来上がりました~。ごちそうさまでした~♪
    うまソースを使った料理レシピ
    うまソースを使った料理レシピ


    副菜の一品目は「ちくわとオクラのナムル<さっぱり♪>」です。
    オクラちくわ 大

    【材料(二人分)】
    ・ちくわ2本 ・オクラ6~8本 ・白煎り胡麻適量 ・塩ほんの少々 ・胡麻油小さじ1

    <オクラと竹輪のナムル 調味料>
    ・醤油小さじ1  ・塩ほんの少々 ・砂糖ほんの少々

    【作り方】
    1.オクラに少量の塩をまぶし、板ずりして表面のうぶ毛を取り除きさっと洗います。オクラ
      をお好みの固さに下ゆでして冷水に放ち、粗熱が取れれば水気をふき取ります。
    オクラちくわ 調理① オクラちくわ 調理②
    2.竹輪は斜め切りにします。ボウルにお好みの形に切ったオクラと竹輪を入れます。
      胡麻油を加えて全体を混ぜ、醤油、塩、砂糖で味を調えます。白煎り胡麻を加えて
      さっと混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

    オクラちくわ B
    旬のオクラと身近な食材のちくわを使ったナムルが出来上がりました~。身体にも優しく、簡単に出来るので忙しいときはおすすめの一品です♪ネバネバ野菜のオクラ、うま味のあるちくわ、相性もバッチリですよ~。

    もう一品は「アジの干物ときゅうりのしょうが胡麻ポン和え」です。
    アジきゅうり 大
    うま味のあるアジ(鯵)の干物、さっぱりしたきゅうりを和え物でいただきました~。味付けは身近な万能調味料のポン酢に胡麻油とおろししょうが(チューブタイプ)を加えたしょうが胡麻ポン酢です。香ばしいアジ、歯ざわり抜群のきゅうり、相性の良い組み合わせをさわやかな合わせ調味料が引き立ててくれます。副菜としても、またお酒の肴にもぴったりの一品、一度味わってみて下さいね~♪

    【材料(二人分】
    ・アジ(鯵)の干物1枚  ・きゅうり2/3本ぐらい
    アジきゅうり 材料① アジきゅうり 材料②
    <アジときゅうりのしょうが胡麻ポン和え 調味料>
    ・胡麻油小さじ2 ・ポン酢醤油大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが(チューブタイプ)小さじ1

    【作り方】
    1.ボウルか器に<アジときゅうりのしょうが胡麻ポン和え 調味料>を入れて混ぜます。
    アジきゅうり 調理① アジきゅうり 調理②
    2.アジの干物は魚焼きグリル、焼き網、レンジグリル等で焼いて火を通します。

    3.きゅうりは輪切りにして塩(分量外)少々をふり、しばらく置いて水気を絞ります。ボウル
      に骨、頭、尾、尾びれを取り除いて身をほぐしたアジ、きゅうりを入れます。
    アジきゅうり 調理③ アジきゅうり 調理④
    4.<アジときゅうりのしょうが胡麻ポン和え 調味料>を回し入れて混ぜます。しばらく
      置いて(10分ぐらい)味をなじませ、器に盛り付けて出来上がりです。

    アジきゅうり B
    相性の良い干物ときゅうりのしょうが胡麻ポン和えが出来上がりました~。さわやかなしょうがとポン酢の風味がしっかりきいた一品です。お好みの干物を使って、さっぱりした味わいとうま味を試してみて下さいね~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    味付けに使ったハウス「おろし生しょうが」はすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • しゃぶしゃぶ用の豚バラで雲白肉<ウンパイロー>風
    雲白肉 大
    中国(四川)料理の前菜で、ゆで豚の香味ソースと呼ばれる雲白肉<ウンパイロー>をおうち仕様にアレンジしました。本来は豚バラのブロック(塊)肉をゆでて作りますが時間も手間もかかるので、しゃぶしゃぶ用の薄切り豚バラ肉を使いました。ソース(タレ)のベースは甘味噌の甜麺醤(テンメンジャン)、おろししょうが、おろしにんにくなどです。カンタンに出来る一品を味わってみて下さいね~♪

    【材料(ニ人分)】
    ・しゃぶしゃぶ用の薄切り豚バラ肉150~200gぐらい ・きゅうり1本
    雲白肉 材料① 雲白肉 材料②
    <雲白肉(ウンパイロー)風 調味料>
    ・甜麺醤(テンメンジャン)大さじ2 ・酒小さじ2 ・醤油大さじ1 ・酢小さじ2 ・胡麻油小さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが小さじ1  ・ハウスおろし生にんにく小さじ1/2
    ・お好みでラー油適量

    【作り方】
    1.ボウルか器に<雲白肉(ウンパイロー)風 調味料>を入れます。
    雲白肉 調理① 雲白肉 調理②
    2.全体をしっかり混ぜ合わせます。

    3.きゅうりは横半分に切って薄切りにします。ピーラーを使ってもOKです。
      薄切りにしたきゅうりは冷水にさらしてシャキッとさせます。
    雲白肉 調理③ 雲白肉 調理④
    4.器にきゅうりを盛り付けます。

    5.鍋に水適量と酒(分量外)少々を入れて沸かし、豚バラ肉をさっとゆでて
      しゃぶしゃぶにして器に取り、水気を切ります。
    雲白肉 調理⑤ 雲白肉 調理⑥
    6.きゅうりの上に豚バラ肉を盛りつけ、ソース(タレ)をかけて出来上がりです。

      ソース(タレ)の味は薄味なので、お好みで調えて下さい。甜麺醤(テンメンジャン)
      の代わりに和の味噌でもOKです。その際は砂糖を加えて甘みをつけて下さい。

    雲白肉 拡大
    しゃぶしゃぶ用の豚バラで作る「雲白肉<ウンパイロー>風」が出来上がりました~。甜麺醤(テンメンジャン)、おろししょうが、おろしにんにくなどの風味豊かなソース(タレ)とうま味たっぷりの豚バラ肉の相性が抜群です~♪

    雲白肉 B
    タレときゅうりを用意すれぱ、あとはしゃぶしゃぶを作るだけ♪ カンタンにメインの料理が出来上がります。チューブタイプのしょうが、にんにくを使うとタレもラクラクで出来ます。ぜひぜひ、おうちで中華の味わいを楽しんで下さいね~。

    タレに使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真 ハウスおろし生にんにく 説明用写真
    同じく、ハウスおろし生にんにくはすりおろしたにんにくの風味。素材をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    副菜の一品目は「ちくわとさつまいもの磯辺揚げ<磯の香り♪>」です。
    磯辺揚げ 大
    【材料(二人分)】
    ・ちくわ(小)3~4本  さつまいも(小)1/2本 ・青海苔適量 ・天ぷら粉適量
    磯辺揚げ 材料① 磯辺揚げ 材料②

    【下準備】
    1.さつまいもは皮付きのまま食べやすい大きさに切り、水につけてアクを
      取ってから水気をふきます。
    2.ちくわは食べやすい大きさに切ります。

    【作り方】
    1.市販の天ぷら粉に、水を規定量入れて溶きます。
    2.衣に青海苔を加えて混ぜます。
    3.衣をくぐらせた「ちくわ」と「さつまいも」を170度ぐらいの油温でカラッと揚げて
      出来上がりです。

    磯辺揚げ B
    大人もお子様も大好きな青海苔の風味がきいた磯辺揚げは美味しいですよね~。ちくわのうま味、さつまいもの甘味を味わう一品が出来上がりました~。お酒の肴、お弁当のおかずにもおすすめです~♪

    もう一品は「ナスの醤油焼き<材料一つ、調味料一つ>」です。
    ナスの醤油炒め 大
    縦切り(櫛形切り)にしたナスを少し多めの油で焼き、柔らかくなったら醤油を回し入れて味を調えるだけ♪ カンタンに出来るナス料理です~。さっぱりした焼きナスも大好きですが、油のコクがしみたナスもおすすめです。材料一つ、調味料も一つでうま味とコクが味わえる一品に仕上がります。トローとしたナスの美味しさとお酒との相性も良いですよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね。

    【材料(二人分)】
    ・ナス(小)3個  ・お好みでミニトマト2個  ・青ねぎ(小口切り)適量
    ナスの醤油炒め 材料 ナスの醤油炒め 調味料
    <ナスの醤油焼き 調味料>
    ・醤油適量

    【作り方】
    1.ナスは縦に4等分(櫛形切り)にして水に10分漬けてアクを取ります。
    ナスの醤油炒め 調理 ナスの醤油炒め 調理②
    2.フライパンに少し多めの油を熱し、水気をふいたナスを入れて焼きます。

    3.身に軽く焼き色がついて、柔らかくなればOKです。
    ナスの醤油炒め 調理③ ナスの醤油炒め 調理④
    4.醤油で味を調えて火を止めます。器に盛り付け、お好みでミニトマト、青ねぎ
      の小口切りを添えて出来上がりです。

    ナスの醤油炒め B
    フライパンで柔らかく調理したナスの醤油焼きが出来上がりました~。醤油のほど良い香りとコクがナスにしみて絶妙の味わいです。トローとしたナスの美味しさが楽しめますよ~。お酒にもぴったりの一品です~♪
    おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ
    おうちのみ大使 初夏の和風おつまみ料理レシピ


    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
  • 豚こまと新玉ねぎのしょうが焼き<白ご飯にピッタリ>
    豚こま新玉ねぎ 大
    家計に優しい豚こま(豚こま切れ肉)、旬の新玉ねぎを使ってしょうが焼きでいただきました~。味付けはおうちご飯の最もポピュラーな甘辛でさわやかな「しょうが焼き」のタレです。うま味のある豚こま、甘味のある新玉ねぎにタレが合わさってコクのある味わいが楽しめます。今回はにんじんも一緒に炒め、仕上げにアスパラを添えました。白ご飯にピッタリのおかずが出来上がりました~♪

    【材料(二人分)】
    ・豚こま(豚こま切れ肉)150gぐらい ・新玉ねぎ(中)1個 ・にんじん4cmぐらい
    ・お好みでアスパラ2本
    豚こま新玉ねぎ 材料① 豚こま新玉ねぎ 材料②
    <しょうが焼き タレ調味料>
    ・醤油大さじ1と1/2  ・酒大さじ1と1/2  ・みりん大さじ1  ・砂糖大さじ1
    ・ハウスおろし生しょうが大さじ1

    【下準備】
    1.新玉ねぎとパプリカ(赤)は繊維と逆方向の0.7~0.8mm幅ぐらいの細切り、
      にんじんは拍子切りにします。
    2.豚こま(豚こま切れ肉)はひと口ぐらいに切ります。

    【作り方】
    1.ボウルか器に<しょうが焼き タレ調味料>を入れて混ぜます。
    豚こま新玉ねぎ 調理① 豚こま新玉ねぎ 調理②
    2.フライパンに油を熱し、豚こまを中火で炒め、火が通れば別皿に取ります。

    3.フライパンをキレイにして油を熱し、新玉ねぎとにんじんを入れて中火で炒めます。
    豚こま新玉ねぎ 調理③ 豚こま新玉ねぎ 調理④
    4.新玉ねぎがしんなりしてきたら豚こまを戻し入れ、さっと炒め合わせます。

    5.<しょうが焼き タレ調味料>を回し入れて炒めます。
    豚こま新玉ねぎ 調理⑤ 豚こま新玉ねぎ 調理⑥
    6.全体にタレの味がなじんだら火を止め、器に盛り付けます。お好みで下ゆでした
      アスパラを添えて出来上がりです。薄味なので、お好みに合わせて調えて下さい。

    豚こま新玉ねぎ B
    豚こまと新玉ねぎのしょうが焼きが出来上がりました~。タレを用意したら材料を切って炒めるだけ♪超速でメイン料理が出来上がります。さわやかなしょうがの風味がきいた豚こまと新玉ねぎ、うま味たっぷりでご飯が進みます~♪
    ハウスおろし生しょうが 説明用写真
    タレに使ったハウスおろし生しょうがはすりおろしたしょうがのさわやかな香りと辛みが味わえます。しょうがの繊維感をいかした無着色タイプです。最後まで使い切れる「しぼり切りチューブ」を採用しています。

    本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                           
                     ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
    毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

プロフィール

syu♪

Author:syu♪
ご訪問ありがとうございます。

横浜市北部の田園風景の残るエリアで妻と長男の三人暮らし。

身近な食材と調味料を使って簡単に出来る「作り方写真付きレシピ」を毎日紹介しています。市販の合わせ調味料もバンバン使いますよ~。

家庭料理人気ブログランキングに
参加中です♪

↓↓↓毎日更新の励みになりますので、「ポチッ」とお願いいたします♪

レシピブログに参加中です♪

最新コメント

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新トラックバック

カウンター

スパイス大使2014に選ばれました

スパイス大使2015に選ばれました

スパイス大使2016に選ばれました

スパイス大使2017に選ばれました

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

ブログレシピ 人気レシピTOP5

家庭料理ブログランキング