2017-03- / 02-<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>03-

2017.01.09 (Mon)

キャベツとアンチョビのパスタ<甘みと塩気が絶妙>

キャベツとアンチョビのパスタ 大
カタクチイワシの塩漬けをオリーブオイルに浸したアンチョビを使ったパスタのご紹介です。アンチョビと相性抜群の食材はやはりキャベツですよね。キャベツはパスタがゆで上がる直前に同じ鍋でゆでます。キャベツの甘みとアンチョビの塩気が絶妙のパスタです。今回は赤唐辛子、あらびきガーリック(乾燥タイプ)でオイルの風味付けをしました。おうちで風味豊かな味わいを楽しんで下さいね~♪

【材料(二人分)】
・パスタ160~200g(お好みの量) ・キャベツ1/8個ぐらい  ・赤唐辛子1個
・アンチョビ(フィレ)4~5枚  ・GABANあらびきガーリック(乾燥タイプ)適量
キャベツとアンチョビのパスタ 材料① キャベツとアンチョビのパスタ 材料②
<キャベツとアンチョビのパスタ 味付け調味料>
・塩、胡椒(あれば荒挽黒胡椒)適量  ・パスタのゆで汁75cc

【作り方】
1.キャベツは食べやすい大きさのザク切りにします。
キャベツとアンチョビのパスタ 調理① キャベツとアンチョビのパスタ 調理②
2.鍋に水を入れ、パスタの麺をゆでるため火にかけます。沸騰を確認し、塩を加えて
  パスタを入れます。沸騰が続く火加減にして時々混ぜながら、規定の表示時間を
  目安にしてゆでます。

3.フライパンにオリーブオイルを熱し あらびきガーリックと種を取り出した赤唐辛子
  を入れて弱火でオイルの香り付けをします。
キャベツとアンチョビのパスタ 調理③ キャベツとアンチョビのパスタ 調理④
4.アンチョビを加えてさっと炒め、パスタのゆで汁を少しずつ加えてオイルと和えます。

5.パスタがゆで上がる1分前にキャベツを鍋に入れてゆで、パスタと一緒にザルに
  上げます。
キャベツとアンチョビのパスタ 調理⑤ キャベツとアンチョビのパスタ 調理⑥
6.フライパンにパスタとキャベツを加え、塩、胡椒(あれば荒挽き黒胡椒)で味を調え
  ます。全体をさっと混ぜ合わせ、器に盛り付けて出来上がりです。

キャベツとアンチョビのパスタ 拡大
アンチョビとキャベツのパスタが出来上がりました~。アンチョビの塩気とうま味が、パスタとキャベツにしみ込み、絶妙の味わいが楽しめます。ガーリックの風味、赤唐辛子の辛味がアクセントになり、フォークも進みますよ~♪

キャベツとアンチョビのパスタ B
アンチョビを使うパスタとしては定番ですが、おうちでもカンタンに美味しいパスタが楽しめます。アンチョビなどを炒めたオリーブオイルとゆで汁をしっかり和えればお店と同じ味に近づけますよ~。ぜひぜひ、一度試してみて下さいね~♪

GABANあらびきガーリックは乾燥タイプで生のにんにくに直接触れずに使えるので、手ににおいがつかず便利です。スパゲッティや炒めもの、肉料理などに手軽にガーリックの風味づけができます。魚介や肉のくさみ消しに使う場合は、調理中か下ごしらえに使うのがポイントです。
GABANあらびきガーリック 説明用写真 GABAブラックペッパー荒挽 説明用写真
ギャバン(GABAN)のブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

副菜の一品目は「きぬさやとベーコンのペパーソテー」です。
きぬさやベーコン 大

【材料(二人分)】
・きぬさや10~12枚ぐらい ・ベーコン2枚  ・玉ねぎ1/2個  ・卵1個
・お好みでパプリカ(赤)1/6個ぐらい  

<きぬさやとベーコンのペパーソテー 調味料>
・塩、胡椒適量

【下準備】
1.きぬさやは筋を取り、さっと下ゆでして冷水に放ち、水気を切ります。
  ベーコンとパプリカはひと口ぐらいに、玉ねぎは櫛型に切ります。
2.ボウルに卵を割り入れ、溶き卵にします。

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルを熱し、溶き卵を入れてかき混ぜながら半熟状
  にして炒り卵を作り、別皿に取ります。
2.フライパンをキレイにして、再度オリーブオイルを熱し、ベーコン、玉ねぎ、き
  ぬさや、パプリカの順に炒め合わせます。
3.炒り卵を戻し入れ、塩、胡椒で味を調え、さっと炒め合わせて火を止め、器に
  盛り付けて出来上がりです。

きぬさやベーコン B
ベーコンのうま味がきいたペパーソテーが出来上がりました~。下ゆでしたきぬさやは柔らかくて甘みも味わえます。歯ざわりも楽しめて、鮮やかな緑色が食欲をそそらせてくれますよ~♪

もう一品は「カリフラワーのアンチョビサラダ」です。
アンチョビカリフラワー 大
パスタに使ったアンチョビの残りはドレッシングに仕立てました。調味料はアンチョビ、オリーブオイル、レモン汁、ホワイトペパーです。サラダの具材は優しい食感のカリフラワーときゅうりを使いました。ホクホクした甘みのあるカリフラワーにアンチョビとレモンの風味がきいたドレッシング、もう相性抜群です。バケットと一緒に味わうのもおすすめです。お酒の肴にも合いますよ~♪

【材料(二人分)】
・カリフラー1/2株ぐらい ・きゅうり1/3本ぐらい
アンチョビカリフラワー 材料 アンチョビカリフラワー 材料②
<アンチョビサラダ ドレッシング調味料>
・アンチョビフィレ3枚ぐらい  ・オリーブオイル大さじ2  ・レモン汁大さじ1
・GABANホワイトペパー(胡椒)適量  ・塩適量  ・お好みで醤油小さじ1

【作り方】
1.アンチョビはみじん切りにします。
アンチョビカリフラワー 調理① アンチョビカリフラワー 調理②
2.ボウルか器にアンチョビのみじん切り、オリーブオイル、レモン汁、塩、胡椒、
  お好みで醤油を加えてよく混ぜ合わせます。

3.カリフラワーは小房に切り分けます。
アンチョビカリフラワー 調理③ アンチョビカリフラワー 調理④
4.熱湯で固ゆでにして冷水に放ち、粗熱を取って水気を切ります。
  器にカリフラワー、乱切りにしたきゅうりを盛り付け、アンチョビドレッシングを
  かけて出来上がりです。

アンチョビカリフラワー B
カリフラワーのアンチョビサラダが出来上がりました~。カリフラワーの甘みと食感をほど良い塩気のアンチョビドレッシングが引き立ててくれます。さっぱりした中にうま味とコクも味わえるサラダ、おすすめです~♪
GABANホワイトペパー 説明用写真
ドレッシングに使ったGABANホワイトペパー<パウダー>は香りがおだやかで上品な風味なので、白身魚、鶏肉、卵などの比較的淡白な素材の料理に向いています。またホワイトソースのように白く仕上げたいお料理にも欠かせません。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。
スポンサーサイト

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:07  |  パスタ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2016.12.07 (Wed)

ペンネのカレーチーズ焼き<残りカレーリメイク>

ペンネのカレーチーズ焼き 大
残りカレーを使ってペンネのチーズ焼きを作りました~。しっかりしたコシが味わえるペンネをゆで、オリーブオイルのコクを加えてからカレーをのせて焼き上げました。今回はカレーに使った鶏もも肉、じゃがいも、にんじんも一緒に加えています。具材のうま味のしみたカレーソースがペンネにからみ合い、チーズの香ばしさと風味が合わさった熱々の一品です。残りカレーならではの味が楽しめますよ~♪

【材料(二人分)】
・残りカレー(具材入り)1カップと1/2ぐらい  ・ペンネ適量  ・オリーブオイル小さじ2
・溶けるチーズ、粉チーズ適量  ・お好みでドライパセリのみじん切り適量
ペンネのカレーチーズ焼き 材料① ペンネのカレーチーズ焼き 材料②

【作り方】
1.ペンネはお好みのコシに仕上がるようゆでてザルにあげ、粗熱を取ります。
ペンネのカレーチーズ焼き 調理① ペンネのカレーチーズ焼き 調理②
2.ボウルにペンネを入れ、オリーブオイルを加えて全体を混ぜます。

3.グラタン用の耐熱皿にペンネを入れます。
ペンネのカレーチーズ焼き 調理③ ペンネのカレーチーズ焼き 調理④
4.残りカレーをのせて、ソースと具材を広げます。

5.カレーの上に溶けるチーズをのせ、粉チーズをふります。
ペンネのカレーチーズ焼き 調理⑤ ペンネのカレーチーズ焼き 調理⑥
6.オーブントースター、またはオープン、レンジグリルでチーズが溶けるまで焼きます。
  調理器具から取り出し、お好みでパセリのみじん切りをふって出来上がりです。

ペンネのカレーチーズ焼き 拡大
焼き上げ中の写真です。具材入りの残りカレー、ペンネ、チーズだけで作る一品が出来上がりました~。シンプルな材料で簡単に出来て、熱々のチーズ焼きが味わえます。ペンネに合わさったスパイシーなカレーの風味がたまりません~♪

ペンネのカレーチーズ焼き B
カレーとチーズは相性バッチリの組み合わせです。カレーが少し残った際のリメイク料理として、ぜひぜひ一度試してみて下さい。お酒にも合います。身体もポカポカ温まりました~♪
GABANパセリ<缶>説明用写真
仕上げにふったGABANパセリ<缶>は肉、魚、卵、野菜など、あらゆる洋風素材と合う万能ハーブです。フライの衣に加えたり、ドレッシングやスープの浮きみのほか、サラダやパスタの彩りにも便利に使えます。

チーズ焼きと一緒にいただいたのは「ブロッコリーとソーセージのスープ」です。
ソーセージスープ 大

【材料(二人分)】
・ブロッコリー小房で6個ぐらい  ・ソーセージ4~6本  ・にんじん1/4本
・水500cc  ・顆粒のコンソメ小さじ1と1/2ぐらい  ・塩、胡椒適量

【作り方】
1.ソーセージはうま味が出やすいよう斜めに切り込みを入れます。
2.ブロッコリーは小房に切り分け、さっと下ゆでして冷水に取り、粗熱が
  取れたら水気を切ります。にんじんは細切りにします。
3.鍋に水。コンソメプ、ソーセージ、にんじんを入れて火にかけます。
  ソーセージに火が通ればブロッコリーを加え、ひと煮立ちさせます。
4.塩、胡椒で味を調え、器に注いで出来上がりです。

ソーセージスープ B
旬のブロッコリーとソーセージのスープが出来上がりました~。ソーセージのうま味をいかした、コンソメ風味のスープです。お好みの野菜を加えて、優しい味わいを楽しんで下さいね~♪

副菜は「アスパラのミモザサラダ<オーロラソース>」です。
アスパラミモザ 大
優しい食感のアスパラをサラダでいただきました~。下ゆでしたアスパラに添えたのは、ゆで卵をザルで裏ごししたミモザです。ドレッシングはレモン汁を加えたオーロラソースを使いました。緑のアスパラ、ゆで卵の白と黄、ほんのり赤みを帯びたソースのコントラストが楽しめるサラダです。目でも味わえてお箸(フォーク)も進みます~。ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・アスパラ4本  ・卵1個  ・お好みでカットレモン2個
アスパラミモザ 材料 アスパラミモザ 調味料
<オーロラソース 調味料>
・ケチャップ大さじ1と1/2  ・マヨネーズ大さじ1  ・ウスターソース小さじ2
・レモン汁小さじ2

【下準備】
1.卵は固ゆでにします。
2.器かボウルに<オーロラソース 調味料>を入れて混ぜます。

【作り方】
1.アスパラは根元の皮をむき、袴を取って、横半分に切り、さっと下ゆでして冷水に
  とり、水気を切ります。
アスパラミモザ 調理① アスパラミモザ 調理②
2.ゆで卵は黄身と白身に分け、ザルで裏ごしします。包丁でみじん切りでもOKです。
3.器にアスパラを盛り付け、ゆで卵をのせます。アスパラにオーロラソースをかけて
  出来上がりです。お好みでカットレモンを添えます。

アスパラミモザ B
アスパラのミモザサラダが出来上がりました~。ホクホクした甘みのあるアスパラ、ゆで卵、甘みとコクのあるオーロラソースが一体となったサラダです。彩りも良く、味わい深いサラダで食卓も華やぎますよ~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:44  |  パスタ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2016.09.24 (Sat)

焼き鮭のペペロンチーノ<うま味たっぷり>

焼き鮭のペペローンチーノ 大
人気パスタの一つ「ペペロンチーノ」にうま味たっぷりの焼き鮭を加えました~。焼き鮭はあまりものでもOKです。ニンニクと赤唐辛子(鷹の爪)の風味を移したオリーブオイルで焼き鮭を炒め、あとはパスタのゆで汁と塩少々を加えて乳化させます。ソースとパスタがしっかりからんで美味しいペペロンチーノが出来上がりますよ~。焼き鮭のうま味と一緒に味わうと、もうフォークが止まりません~♪

【材料(二人分)】
・甘塩鮭の切り身2枚  ・パスタ160~200g(お好みの量)  ・赤唐辛子(輪切り)1個
・ニンニク1かけ  ・オリーブオイル適量  ・大葉(青紫蘇)6枚
焼き鮭のペペロンチーノ 材料① 焼き鮭のペペロンチーノ 材料②
<焼き鮭のペペロンチーノ 味付け調味料>
・パスタのゆで汁大さじ5  ・塩適量

【下準備】
1.魚焼きグリル、オーブン、レンジグリルなどで塩鮭を香ばしく焼き上げ、骨、皮を除いて
  身をほぐします。今回はレンジグリルで焼き上げました。
  ニンニクは薄切り、赤唐辛子(鷹の爪)は小口切りにします。
焼き鮭のペペローンチーノ 【下準備】① 焼き鮭のペペローンチーノ 【下準備】②
2.大葉(青紫蘇)は千切りにして水に漬けてから全体をほぐします。

【作り方】
1.パスタは塩を加えた熱湯でゆで始めます。
焼き鮭のペペロンチーノ 調理① 焼き鮭のペペローンチーノ 調理②
2.フライパンにオリーブオイルを熱し、弱火でニンニクと赤唐辛子(鷹の爪)を炒め、香りと
  風味をオイルに移します。

3.にんにくの香りが立ってきたらほぐした焼き鮭の身を加えて中火で炒めます。
焼き鮭のペペローンチーノ 調理③ 焼き鮭のペペローンチーノ 調理④
4.パスタのゆで汁と塩少々を加え、弱火でオイルとゆで汁をなじませ(乳化させ)ます。
 
5.ゆで上がったパスタの水気を切り、フライパンに入れて全体をよくからめます。
焼き鮭のペペローンチーノ 調理⑤ 焼き鮭のペペローンチーノ 調理⑥
6.火を止めて器に盛り付け、大葉(青紫蘇)の千切りを添えて出来上がりです。

焼き鮭のペペローンチーノ 拡大
焼き鮭のペペロンチーノが出来上がりました~。ニンニクの香り、唐辛子(鷹の爪)の辛み、焼き鮭のうま味バランスが絶妙です~。千切りにした大葉(青紫蘇)の風味も味のアクセントになりますよ~♪

焼き鮭のペペローンチーノ B
パスタは忙しい日や、使える材料が少ない日でも保存してある食材、あまりものの食材でカンタンに作れるのが良いですよね。焼き鮭を使ったペペロンチーノ、ぜひぜひ一度試してみて下さいね~♪

副菜は「キャベツとにんじんのさっぱりサラダ」です。
にんじんキャベツ 大

【材料】
・キャベツ1/16個位  ・にんじん1/4本

<キャベツとにんじんのさっぱりサラダ ドレッシング>
・オリーブオイル大さじ1  ・酢大さじ1と1/2  ・塩、胡椒適量

【作り方】
1.キャベツはひと口大のザク切り、または手でちぎります。にんじんは薄く拍子切り
  にします。ビニール袋にキャベツ、にんじん、塩少々(分量外)をふってしばらく置き、
  水気を絞ります。
2.ボウルに水気を絞ったキャベツ、にんじん、ドレッシングを入れて混ぜます。30分
  ぐらい寝かせてドレッシングが野菜にしみたら出来上がりです。

にんじんキャベツ B
身近な野菜を使ったシンプルなサラダが出来上がりました~。カンタンに出来て、シャキッとした食感とさっぱり感が楽しめます。あと一品何にしようか思うときはおすすめです~♪

もう一品は「あさりと白菜のスープ<ヘルシー♪>」です。
あさりのスープ 大
春と秋に旬を迎えるあさりをスープでいただきました~。具材はあさり、白菜、にんじんの3品です。スープは顆粒のチキンコンソメを使いました。あさりから出るうま味が白菜とにんじんにしみて、優しい味わいとコクが味わえます。ヘルシーな具材で作る旬のスープ、お好みの野菜と一緒に。ぜひぜひ召し上がってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・あさり200g位  ・白菜適量  ・にんじん5cmぐらい
あさりスープ 材料① あさりスープ 材料②
<あさりと白菜の芯の鶏がらスープ煮 調味料>
・水500cc  ・顆粒のチキンコンソメ小さじ1と少々  ・塩、胡椒適量

【下準備】
1.あさりは塩水で砂抜きをし、殻と殻をこすり合わせて、きれいに洗います。
2.白菜はザク切り、にんじんは薄い拍子切りにします。

【作り方】
1.鍋に水、あさり、白菜、にんじん、チキンコンソメを入れて火にかけます。
2.あさりの口が開いて火が通れば塩、胡椒で味を調えます。
  火を止め器に注いで出来上がりです。

あさりのスープ B
あさりと白菜のスープが出来上がりました~。あさりが美味しい旬は産卵を控えた春先と秋口で、もっとも身が肥える時期です。旬のあさりの美味しさを味わってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

03:55  |  パスタ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(4)

2016.08.11 (Thu)

アスパラとペーコンのパスタサラダ<黒胡椒風味>

アスパラスパサラ 大
ホクホクした食感のアスパラ、うま味のあるベーコンを使ってパスタサラダを作りました~。マヨネーズは使わず、オリーブオイル、酢、ねりからし、醤油、塩、ねりからし、粗挽き黒胡椒で作った和風テイストのドレッシングで和えました。アスパラとベーコンは相性抜群で、パスタと合わせるとうま味のきいたサラダに仕上がります。黒胡椒のさわやかな辛味がたまりません~♪

【材料(二人分)】
・アスパラ3~4本  ・ベーコン2枚  ・お好みのパスタ50~80g位
アスパラスパサラ 材料① アスパラスパサラ 材料②
<アスパラとベーコンのパスタサラダ 黒胡椒ドレッシング調味料>
・オリーブオイル大さじ1と1/2  ・酢大さじ1  ・醤油小さじ1  ・塩適量
・ハウス料亭からし(チューブタイプ)小さじ1 ・GABANブラックペッパー荒挽適量

【作り方】
1.鍋に水を入れ、パスタをゆでるため火にかけます。沸騰したら塩を加え、半分に
  折ったパスタを入れます。規定の時間でゆで終えたら冷水に取り、水気をよく
  ふきとってからボウルに入れ、オリーブオイルで軽く和えておきます。
アスパラスパサラ 調理① アスパラスパサラ 調理②
2.ベーコンはフライパン、またはレンジグリルで焼いて拍子切りにします。

3.アスパラは筋と袴を取り、食べやすい長さにに切って下ゆでしておきます。
アスパラスパサラ 調理③ アスパラスパサラ 調理④
4.ボウルか器に<黒胡椒ドレッシング調味料>を入れて混ぜます。

5.ゆでたパスタを入れたボウルにアスパラとベーコンを加えます。
アスパラスパサラ 調理⑤ アスパラスパサラ 調理⑥
6.<黒胡椒ドレッシング>を加えて全体を混ぜ、器に盛り付けて出来上がりです。

アスパラスパサラ B
黒胡椒の風味がきいたアスパラとペーコンのパスタサラダが出来上がりました。しっかりしたうま味とコクが味わえてクセになる味です。お弁当のおかず、冷たいビールに合いますよ~。

ドレッシングに使った「ハウス料亭からし」は北海道で栽培されたオリエンタル種のからしを丸ごと挽いた辛さと味わいが楽しめます。無着色・無香料・新チューブ・キャップ・口部シールの採用で使いやすいねりスパイスです。
ハウス料亭からし 説明用写真 GABANブラックペッパー荒挽 説明用写真
ギャバン(GABAN)のブラックペッパー荒挽は「香り」と「辛味」にこだわったスパイスです。肉料理をはじめ、胡椒(ペッパー)の香りと辛味を生かした本物の味が楽しめます。

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
              ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:13  |  パスタ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(0)

2016.06.09 (Thu)

おじゃこと茸の和風パスタ<うま味たっぷり♪>

おじゃこと茸の和風パスタ 大
ヘルシーなおじゃこ(ちりめんじゃこ)のうま味をパスタで味わいました。おじゃこと組み合わせたのは香り、食感が美味しい舞茸とマッシュルーム(レトルト)です。赤唐辛子とにんにくで香り付けをしたオリーブオイルでおじゃこと茸を炒め、ゆで汁も加えてしっかり乳化させます。カリカリに炒めたおじゃこのうま味が茸とパスタににしみてフォークが止まりません~(笑)ぜひぜひ、一度味わってみて下さいね~♪

【材料(二人分)】
・お好みのパスタ)160~200g(お好みの量) ・おじゃこ(ちりめんじゃこ)大さじ3
・舞茸(小)1パック  ・マッシュルーム(レトルト)50g  ・にんにく1片
・赤唐辛子1/2本  ・お好みで青ねぎの小口切り適量  
おじゃこと茸の和風パスタ 材料① おじゃこと茸の和風パスタ 材料②
<おじゃこと茸の和風パスタ 味付け調味料>
・酒大さじ1  ・醤油小さじ2  ・パスタのゆで汁100cc  ・塩、胡椒適量

【下準備】
1.舞茸は小房に裂きます。マッシュルームの水気を切ります。
  にんにくは包丁の面でつぶし、香りが出やすくしておきます。
おじゃこと茸の和風パスタ 【下準備】① おじゃこと茸の和風パスタ 【下準備】②
2.鍋に水を入れ、パスタの麺をゆでるため火にかけます。沸騰を確認し、塩を
  加えてパスタを入れます。沸騰が続く火加減にして時々混ぜながら、規定
  の表示時間を目安にしてゆでます。

【作り方】
1.フライパンにオリーブオイルを熱し にんにくと赤唐辛子の小口切りを入れて
  焦げないよう弱火で炒めます。香りが付いたらにんにくは取り出します。
おじゃこと茸の和風パスタ 調理① おじゃこと茸の和風パスタ 調理②
2.おじゃこ(ちりめんじゃこ)を加えて中火でカリカリに炒めます。

3.舞茸、マッシュルームを加えて炒め合わせます。
おじゃこと茸の和風パスタ 調理③ おじゃこと茸の和風パスタ 調理④
4.茸がしんなりしてきたら、酒、、醤油、パスタのゆで汁、塩、胡椒を加えます。
  オイルとゆで汁がからむようフライパンをゆすりながら乳化させます。

5.ゆで上げたパスタの水気を切り、フライパンに入れて混ぜ合わせます。
おじゃこと茸の和風パスタ 調理⑤ おじゃこと茸の和風パスタ 調理⑥
6.火を止め、器に盛り付けます。お好みで青ねぎの小口切りをちらして出来上がりです。

おじゃこと茸の和風パスタ 拡大
カルシウムたっぷりのおじゃこをカリカリッと香ばしく炒めた和風パスタが出来上がりました~。たっぷりの茸の食感もたまりません~。にんにくの風味、赤唐辛子の辛味がアクセントになり、フォークも進みます~♪

おじゃこと茸の和風パスタ B
じゃこは塩抜きせずにそのまま炒めました。味付けの際の塩は全体の味を見てから加えて下さいね。おじゃこのうま味、きのこの風味、醤油のコクがしっかり味わえますよ~♪

主菜は「鶏もも肉の唐揚げ<クローブ風味>」です。
唐揚げ 大
【材料(二人分)】
・鶏もも肉1枚(200~250g) ・お好みの付け合せ野菜

<鶏もも肉の唐揚げ<クローブ風味> 下味調味料>
・酒大さじ1/2  ・ハウス本きざみ粗切り生しょうが小さじ1  ・塩適量
・GABANクローブ適量  ・GABANブラックペッパー荒挽適量  ・片栗粉大さじ3

【作り方】
1.鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、ボウルに入れます。
唐揚げ 調理① 唐揚げ 調理②
2.<鶏もも肉の唐揚げクローブ風味 下味調味料>を加えます。

3.全体をしっかり混ぜ、15~20分位漬け込むと風味がしっかり加わります。
唐揚げ 調理③ 唐揚げ 調理④
4.下味をつけた鶏もも肉を170度ぐらいの油温でカラッと揚げます。油を切り、付け
  合わせ野菜と一緒に器に盛り付けて出来上がりです。
  今回にんにくは入れていませんが、お好みで加えても美味しく召し上がれます。

唐揚げ B
さわやかな風味がしっかりきいた鶏もも肉の唐揚げが出来上がりました~。ほんのりと甘みも漂う深い味わいの一品です。うま味、風味、カリッとした食感がたまりません~♪
GABANクローブ 説明用写真
GABANクローブはバニラにも似た一種の甘さと、刺激的でさわやかな香りが特徴です。パウダーはひき肉に混ぜてハンバーグやミートソースに使うのがおすすめ。また、カカオやバニラとの相性もよく、お菓子にも使えるスパイスです。

副菜は「ナスとカラフル野菜のサラダ」です。
ナスサラダ 大
これからが旬のナス(茄子)をオリーブオイルでソテーし、カラフル野菜と一緒にサラダでいただきました。ドレッシングは市販の青じそノンオイルドレッシングです。ナスを焼くと甘みが出ます。オリーブオイルのコクと風味がしみたナスはサラダでも美味しく召し上がれます。お好みの具材と一緒にサラダで味わってみて下さいね~♪

【材料と調味料(二人分)】
・ナス(小)1個  ・お好みのサラダ食材(レタス・きゅうり・ラディッシュ・アスパラ等)

<ドレッシング>
・お好みのドレッシング(今回は市販の青じそノンオイルドレッシング)適量

【作り方】
1.ナスは食べやすい幅の輪切りにします。水に5分さらしてアクを取り、水気を切ります。
  フライパンにオリーブオイルを熱し、ナスが柔らかくなるまで炒めて火を通します。
2.お好みのサラダ食材を用意します。
3.器に野菜を盛り付け、粗熱を取ったナスをのせます。お好みのドレッシングをかけて
  出来上がりです。 

ナスサラダ B
カラフル野菜と柔らかいナスのサラダが出来上がりました~。いつものサラダに旬の食材が加わると楽しいですよね。ナスはアレンジしやすい食材なので、焼いたり、揚げたり、レンジで調理したりして、サラダでも召し上がってみて下さいね~♪

本日も最後まで読んで下さいまして、ありがとうございました~♪
                       
                 ↑家庭料理のブログランキングに参加中です♪
毎日更新の励みになりますので「ポチッ」とお願いいたします。

テーマ : 料理レシピ - ジャンル : グルメ

04:04  |  パスタ  |  トラックバック:(0)  |  コメント:(6)
 | ホーム |  NEXT>>